ワイヤレスイヤホン

Galaxy Buds Live(SM-R180)レビュー|カジュアルに使えるカナル型のオープンイヤーイヤホン

2020年9月30日

サムスンのワイヤレスイヤホンシリーズ「Galaxy Buds」。シリーズの中で唯一のオープンイヤーイヤホンとして展開されるのが今回レビューする「Galaxy Buds Live」だ

オープンイヤーというと骨伝導イヤホンだったり、耳周りに引っ掛けて使うイヤホンが一般的だが、Galaxy Buds Liveはごく一般的なカナル型イヤホン(耳栓型イヤホン)。耳穴にイヤホンを突っ込んで使う。

その独特な”そら豆”風のクネクネしたイヤホン形状により耳穴に隙間を作り、カナル型ながらもオープンイヤーに近い開放感を得た。

イヤーピースは付いてない

オープンイヤーイヤホンながらノイズキャンセリング(ANC)に対応。さすがに騒音のある場所だとオープンイヤーの開放感が勝ってしまうが、自宅や静かな場所で使えばノイズキャンセリングならではの濁音ノイズがカットされた静寂が得られる。

オープンイヤーのおかげでイヤホンのつけ心地は非常に軽やか。スポーツ用途で使うのはもちろん、在宅用の軽くて長時間と装着していられるイヤホンを探している人にも丁度よさそうだ。

以下「Galaxy Buds Live」の実機を使ってその使い勝手などレビューしていく。ぜひチェックしてみてほしい。

目次

【レビュー対象製品】Galaxy Buds Live

発売時期2020年9月
市場価格2万円前後

カラーリングはブロンズ、ブラック、ホワイトの3色。レビューはブロンズで行う。

Amazonで製品をチェック

 

Galaxy Buds Live(SM-R180)の製品概要

Galaxy Buds Live(SM-R180)は、2020年9月より発売開始されたサムスンの新作ワイヤレスイヤホン。市場価格はおおよそ2万円前後。製品保証は1年。

Galaxy Budsシリーズで唯一となるオープンイヤーイヤホンに位置づけ。イヤホンを装着したままでも周囲の音が聞き取れる。

Galaxy Budsというネーミングのせいか、Galaxyスマホでしか使えないイメージがあるが、Galaxyスマホ以外のAndroidスマホでも、なんならiPhoneでも問題なく利用できる。専用アプリも iPhoneAndroid 双方に配信されているので細かなイヤホンカスタマイズも可能だ。

 

Galaxy Buds Liveの製品特徴




カナル型のオープンイヤーイヤホン
イヤホンを付けたままでも周囲の音が聞こえる。カナル型(耳栓型)とあり、多少なりに遮音性あり。

ノイズキャンセリング(ANC)対応
自宅や静かな場所なら静寂が得られる。屋外だとオープンイヤーの開放感の方が目立つ。

オーディオは根っからの重低音
12mmドライバー&ベースダクト内蔵。オープンイヤーのおかげで音がこもりにくい。

バッテリー駆動時間は充電ケース併用で最大21時間
ノイズキャンセリングONの場合。ノイズキャンセリングOFFの場合は同29時間とロングスタミナ仕様に。

ノイズカット付き通話マイク搭載
周囲の音をカット、口元の音だけピックアップして通話転送してくれる。在宅ワーク時の生活音シャットアウトにも役立つ。

防水性能はオマケ(IPX2)
水しぶきを防ぐ程度。雨濡れ、水濡れは故障リスクあり。
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、Samsung Scalable
バッテリー駆動時間イヤホン単体8時間、ケース併用で最大29時間
(ノイズキャンセリング利用時)イヤホン単体6時間、ケース併用で最大21時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水性能○(IPX2)
通話マイク○(ノイズカット機能あり)
ノイズキャンセリング(ANC)

Amazonで製品をチェック

 

世界初?の豆型イヤホン、カナル型ながらオープンイヤーに近い開放感

イヤホンは、ほぼ世界初?となる「そら豆」形状のデザインを採用。

耳穴に突っ込むとクネッとした形状のおかげで耳穴に隙間ができるので、カナル型イヤホンながらオープンイヤーイヤホンに近い開放感が得られる。イヤーピースは使っていない。

イヤーピースで装着ポジションが固定されない分、耳の形を問わず最適な場所に突っ込める。イヤホンのフィット感で悩みがちの人にもおすすめ。

イヤホンは片耳5gと軽量

イヤホンのつけ心地は意外にも安定してる。

イヤーピースこそ使っていないが、寝転んだ状態でイヤホンが抜けたり、ランニングマシンで走っていても揺れたりブレたりしない。耳の穴の凹凸に沿うようにしてイヤホンがひっ付いてて非常に堅牢。

また、ワイヤレスイヤホンならではの耳から飛び出てる感がない。耳の穴の中にきれいに隠れていて物理的にもビジュアル的にも収まりがよい。これまた評価ポイント。

 

充電ケースはラグジュアリー感はんぱない。

今回、ミスティック・ブロンズ色を購入した。

ブロンズカラー(銅色)をベースにした重厚で高級感のある大人フェミニンな色合い。黒や白のイヤホンに比べて主張しつつも主張しない程よいアクセントカラーとして機能している。

購入前は「派手色なのかな?」と思っていたが、そんなことはなかった。黄色人種の肌色に思いのほか馴染む。ここらはやはり韓国企業(アジア企業)であるサムスンが開発しただけのことはある。

この色味のためだけに購入しても損はない。それくらい美しい。

ケースサイズは縦5cm、横5cm、厚さ2.5cmのマカロンサイズ。男性ズボンのポケットに入れておいても邪魔にならない。

充電はUSB Type-Cポートから可能。ワイヤレス充電(Qi充電)にも対応している。

 

ペアリングまわりのこと

Galaxy Buds Live の主なペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大?台)※5台は繋げた
新規ペアリングモードの起動方法左右イヤホンのタッチパッドを5秒長押しで新規ペアリングモードが起動
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応(専用アプリ起動による切り替えも可能)

そのほかペアリングまわりの情報は以下記事を参考に

【Tips】Galaxy Budsシリーズの新規ペアリング方法&ペアリングの切り替え方法まとめ

続きを見る

 

サムスン「Galaxy Buds Live」を実際に使ってみた感想とレビュー

オープンイヤーイヤホン同等の開放感は確かにあり

Galaxy Buds Liveの最大の製品特徴たるオープンイヤー。

いざ使うと骨伝導イヤホンよりも遮音性は高いが、それでも周囲の音は聞き取れてる。人の話し声はもちろん、屋外で使えば車や自転車の音、自宅で使うときなら宅配便のチャイムも認知できる。

バイクライダーが運転中に使うには少し不安あるかもしれないが、ジョギングやジム運動中に安全を考慮して使う程度なら問題らしい問題はない。十分に実用範疇のオープンイヤーイヤホンだ。

そこまでガチなオープンイヤーイヤホンを必要としておらず、日常的に使いまわせるオープンイヤー志向のワイヤレスイヤホンを探している人には丁度いい選択肢だと思う。

Amazonで製品をチェック

 

ノイズキャンセリング(ANC)は自宅で使えばそこそこ活用できる、屋外だとあまり意味なし

Galaxy Buds Liveは意外にもノイズキャンセリング(ANC)に対応。

屋外だったりうるさい場所だとオープンイヤーならではの開放感が勝ってしまうが、自宅や静かな場所で使う程度であれば、きちんと静かになる。低周波音、もっぱらエアコンの音だったり、屋外から聞こえてくる濁音ノイズが低減できる。

なお、ノイズキャンセリング(ANC)は高周波音にはほとんど効果ないこともあり、ノイズキャンセリング中に人から話しかけられれば気づくし、在宅中に宅配便のチャイムなどを聞き逃すこともない。

 

オーディオは根っからの重低音モデルだが、オープンイヤーのおかげで聞き心地がよい

Galaxy Buds Live は、12mmの大型スピーカーと重低音を響かせるベースダクトを内蔵しているので、とかくまあ重低音サウンド。

一方では、オープンイヤーとあって、あまり音がこもった感じにならない。重低音の美味しい部分だけ残した聞き心地のよい重低音サウンドが味わえる。

12mmの重低音重視イヤホンと言うと、「音が重い」「リスニングが疲れる」「うるさいだけ」等々のイメージがあるかもしれないが、Galaxy Buds Live はオープンイヤー構造にすることでそうした欠点を回避しているよう思える。

 

通話マイク品質は従来モデルから劇的進化

通話用マイクは内側に

通話マイク品質は非常によい。屋外でのハンズフリー通話はもちろん、在宅ワークでの生活音シャットアウトにも活用できる。

ノイズキャンセリング用の集音マイクをそのまま通話時のノイズ除去マイクとして転用している。口元から離れた場所にある周囲の音が極力除去されるので(厳密にはトーンダウン)、たとえば、近くでテレビの音を流していてもテレビの音だけがきれいに取り除かれる。

 

専用アプリ対応、iPhone、Androidかかわらずアプリ利用可能

iPhoneでもアプリ利用可能

専用アプリ「Galaxy Wearable」(iPhone版はGalaxy Buds)が利用できる。

前作「Galaxy Buds+」同様にiPhone版アプリにも対応しており、iPhoneユーザーであってもイヤホンのイコライザー調整やタッチ操作コマンドのカスタマイズが可能。

iPhoneユーザーでGalaxy Buds Liveの利用を考えている人でも安心してほしい。

【レビュー】Galaxy Buds LiveがiPhoneで使えるか試してみた

続きを見る

Amazonで製品をチェック

 

サムスン「Galaxy Buds Live」の気になったところ(あるいはデメリット)

シチュエーションによっては音漏れあり

イヤホン下部(耳奥部)にスピーカー穴あり

Galaxy Buds Liveは一般的なオープンイヤーイヤホンよりも遮音性が高い。骨伝導イヤホンなどと違って耳穴に突っ込んだイヤホン下部のスピーカーから音が出ているので音漏れも少ない。

ただ、それでも静かな場所だったり、30cm〜50cmくらいの近距離に人がいる環境だと音が漏れてしまいそう。電車や図書館で使う場合はイヤホン音量は半分より下にしておいた方がよさそうだ(※スマホ基準のイヤホン音量)。

 

タッチセンサーの位置がわかりずらい(押し間違えることが多い)

外側マイク周辺部がタッチセンサーエリア

タッチ操作性は悪い。おそらく Galaxy Buds Live の最大のデメリット。

タッチセンサーエリアがイヤホン筐体デザインに溶け込んでいてタッチセンサーの位置が非常に不明瞭。初見だとどこをタッチすればいいのか分からないと思う。

タッチセンサーの位置を理解してなお、少しズレた場所をタッチしていてタッチ反応しないことが多々ある。この点、普段使っていてストレスに感じる。

【補足】タッチ操作コマンド(デフォルト状態)は以下のとおり

右イヤホン左イヤホン
1回タッチ再生/停止
2回タッチ次の曲へ進む
3回タッチ前の曲へ戻る
長押しノイズコントロール(ノイズキャンセリング←→外音取り込み)

着信対応は2回タッチ。着信終了も2回タッチ。着信拒否は長押し。

専用アプリを使えば「長押し」コマンドのみ割り当て変更可能。音声アシスタント起動、ボリューム変更から選択できる(※AndroidスマホであればSpotify再生起動も選択可能)。

 

防水(防滴)はIPX2とオマケ程度

防水(防滴)は水しぶきを防ぐ程度の性能しかない。

運動中に汗がつく程度であれば問題ないと思うが、土砂降りの雨の中で使ったり、水まわりで使うのは少し不安が残る。

Amazonで製品をチェック

 

この記事のまとめ

Galaxy Buds Live をレビューしてきた。

カナル型のオープンイヤーイヤホンという挑戦的な製品だが、予想外にも実用性があって好印象。

屋外や人のいる場所で使えばほぼオープンイヤーイヤホンそのものだし、自宅や静かな場所であれば遮音性のある普通のワイヤレスイヤホンとして活用できる。

スポーツ用途で使うのは王道として、イヤホンの軽さと相まって在宅ワークなどで長時間とイヤホンをつけっぱなしのシチュエーションでも活躍しそうだ。

そこまでガチなオープンイヤーイヤホンを必要とせず、そこそこ開放感のあるオープンイヤーのワイヤレスイヤホンを探している人であれば、Galaxy Buds Live を試してみてはどうだろうか。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

【レビュー】Galaxy Buds LiveがiPhoneで使えるか試してみた

続きを見る

Galaxy Buds Live 保護クリアケース「Ringke」(リンケ)レビュー

続きを見る

Galaxy Buds ProとGalaxy Buds Live、何が違う?使い勝手やオーディオ性能を比較する

続きを見る

【Galaxy Buds選び方ガイド】Buds2/Pro/Liveの違いを比較解説

続きを見る

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,