Galaxy Buds Live(SM-R180)レビュー|そら豆イヤホンは予想以上に実用的

スポンサーリンク
広告

2020年9月より国内発売が開始されたサムスンのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」(SM-R180)をレビュー。

Galaxy Buds Live はGalaxy Budsシリーズの最新作であると同時に上位版モデル。シリーズ初となるノイズキャンセリングに対応した。そのうえで価格2万円に抑えた。

また、その独特な”そら豆”風のイヤホンデザインにも注目が集まっており、おしゃれアイテムとしてのニーズも強い。以下ひととおりレビューしていくので購入を検討している人は参考にしてほしい。

レビュー対象製品

Galaxy Buds Live(SM-R180)レビュー

製品概要

Galaxy Buds Live(SM-R180)は、2020年8月に発表されたサムスンの新作ワイヤレスイヤホン。日本では2020年9月4日より発売開始された。市場価格はおおよそ2万円前後。製品保証は1年。

Galaxy Budsシリーズの上位版に位置付けられ、シリーズ初となるノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)に対応した。サムスン曰く、電車や自動車の走行音など低周波ノイズを97%除去できるとしている。

Galaxy Budsというネーミングのせいか、Galaxyスマホでしか使えないイメージがあるが、Galaxyスマホ以外のAndroidスマホでも、なんならiPhoneでも問題なく利用できる。専用アプリも iPhoneAndroid 双方に配信されているので細かなカスタマイズも行える。

 

外観・つけ心地

筆者が購入したのはミスティック・ブロンズ色。

ブロンズカラー(銅色)をベースにした重厚で高級感のある大人フェミニンな色合いだ。黒や白のイヤホンに比べて主張しつつも主張しない程よいアクセントカラーとして機能している。

ケースサイズは縦5cm、横5cm、厚さ2.5cmとコンパクト。丸みを帯びたケース形状がミスティック・ブロンズの高級感ある色合いとマッチしていて、さながらジュエリーケースのよう。

イヤホン本体は、ほぼ世界初?となる「そら豆」形状のデザインになっている。イヤーピースを使わず、豆の先っちょを耳の穴に突っ込んで使う。

イヤホンを実際に付けてみると意外や意外につけ心地が安定している。

イヤーピースを使っておらず、ホールド感に不安があったが、耳の穴の凹凸に沿うようにしてイヤホンがひっ付くので安定感がある。寝転んだ状態でイヤホンが抜けたり、走っていても揺れたりブレたりしない。サムスン曰くの「人間工学に基づくデザイン」とは伊達ではない。

イヤホンは片耳5gと軽量仕様なのに加えて、イヤーピースによる締め付け感がないので長時間使っていても疲れない。

また、ワイヤレスイヤホンならではの耳から飛び出てる感がない。耳の穴の中にきれいに隠れていて物理的にもビジュアル的にも収まりがよい。これもまた評価したい。

Galaxy Buds Live をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

性能レビュー

Galaxy Buds Liveの総合評価

※評価はSが最高、A、Bと続きCが最低

(クリックで詳細項目に移動) 評価 コメント
オーディオ性能(音質) A 根っからの重低音サウンド
ノイズキャンセリング性能 B 物理的な遮音性が低めなのでノイキャン効果も薄め
外音取り込み 機能非搭載
接続安定性 S 従来シリーズと変わらぬ安定感
ペアリング勝手 S 複数デバイス間のペアリング切り替え楽々
バッテリー持ち A ノイキャンONでケース併用21時間と優秀
タッチセンサー C タッチセンサーの位置が不明瞭で押し間違い多い
マイク性能 S 屋外でもOK、従来シリーズから劇的進化
防水性能 C シリーズ初対応の防水だが、IPX2とオマケ程度

ノイズキャンセリング性能はそこまで評価できず

Galaxy Buds Live はノイズキャンセリングを初搭載。いざ使うと低周波音が除去されていて一定の効果は確認できる。ただ、イヤホンの遮音性が低く、あまりノイズキャンセリングらしい静寂は味わえない。静かな環境まだしも電車の中や屋外で使うと満足度は低いだろう。

オーディオは重低音で高級感あり

従来Galaxy Budsシリーズは典型的なドンシャリイヤホンだったが、Galaxy Buds Live は重低音イヤホンにリニュアル。シャンシャンしすぎない高級オーディオ感あふれる。長時間のリスニングでも疲れない音だ。

ワイヤレスイヤホンとしての使いやすさはピカイチ

ワイヤレス接続の安定感やペアリングまわりの使い勝手はさすがの完成度。また、Galaxy Buds Live はマイク性能も強化された。ノイズカットがきちんと機能していて屋外でも屋内でも安定して通話伝送できる。テレワーク用のマイクとしても丁度いいだろう。

 

オーディオ性能(音質)【評価A】

Galaxy Buds Live は、12mmの大型スピーカーと重低音を響かせるベースダクトを内蔵しているので、とかくまあ重低音サウンドだ。

従来のGalaxy Budsシリーズは典型的なドンシャリイヤホンだったので、上位版モデルならではのこだわり、より高級感のあるオーディオ・サウンドとして差別化できていると思う。

一方で高音の抜けがあまりよくない。女性声優ソングが鼻声ソングに聞こえる。高音シャンシャンした音を楽しみたい人だとオーディオ相性が悪いかもしれない。

 

ノイズキャンセリング性能【評価B】

Galaxy Budsシリーズで初対応となったノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)。

いざ使ってみると確かに騒音カットされており、耳に付けた瞬間に1段階ほど膜がかかったような静けさは感じられる。ただ、イヤホンの遮音性が低めとあり、あまりノイズキャンセリングらしい静寂は味わえない

Galaxy Buds Liveはイヤーピースを使わないオープンイヤー構造のイヤホンとあり、耳の穴を完全に塞いでいない。耳の穴の隙間から周囲の音が入ってきてしまうので、ノイズキャンセリング効果が半減しているのは否めない。

自宅や図書館など静かな場所でより静けさを得るために使うならまだしも、カフェや街中など騒音の中で静寂を得るのは難しいだろう。

 

外音取り込み機能は非搭載

外音取り込み機能とは、イヤホンを付けたまま周囲の音、人の話し声などを聞くことができる機能。ジョギング中に安全面考慮して使ったりする。

ただ、先述とおり Galaxy Buds Live  は、オープンイヤー構造で遮音性が低めのイヤホンだ。メディア再生さえ停止させれば、あえて外音取り込みする必要がないレベルに周囲の音が聞こえる。正直、外音取り込み機能がなくてもそこまで関係ない。

 

接続安定性【評価S】

ワイヤレスイヤホンと言うと特に屋外で使う場合に接続が不安定とのイメージがあるが、Galaxy Buds Live に関しては安定した使い心地だ。音切れ、接続切れなど全くと言っていいほど遭遇しない。

対応コーデックはSBC/AACGalaxyスマホに限れば従来どおり専用コーデック「Scalable Codec」で接続できる。Scalable Codecはapt-X以上の強固なワイヤレス接続、低延滞を謳う。

 

ペアリング勝手【評価S】

Galaxy Buds Live は複数デバイスとペアリングできる。また、業界で数少ない複数デバイス間でワンタッチでペアリングが切り替えられるワイヤレスイヤホンだ。

新規ペアリング

初回はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングが始まる。2回目以降は左右イヤホンのタッチパッドを7秒ほど同時押しすれば新規ペアリングモードが起動できる。

再接続

ケース蓋を開くだけで最後にペアリングしていたデバイスと自動で接続される。

複数デバイス間のペアリング切り替え

ペアリング済みデバイス間でペアリングを切り替えたい場合、Bluetooth設定画面から手動で繋ぎ直す。

Androidスマホの場合、専用アプリ「Galaxy Wearable」を起動すれば強制的にペアリングが切り替えられる。iOS版アプリでは切り替え不可。

「再接続」成立時のペアリング切り替え

すでに他のデバイスと再接続されている状態でも上書きでペアリングが切り替えられる。

他社のワイヤレスイヤホンだと現在のペアリングを解除しないと他のデバイスとペアリングを繋ぎ直せなかったりするが、Galaxy Buds Live はそうした手間がかからない。普段から同一ワイヤレスイヤホンを複数デバイス間で使い回している人だと重宝する。

 

バッテリー持ち【評価A】

ノイズキャンセリングONの状態であればイヤホン6時間、ケース15時間、最大21時間のバッテリー持ち。ノイズキャンセリングOFFなら最大29時間までバッテリー時間を引き伸ばせる。ケースサイズの小ささから見ると相当な省エネモデルだ。

業界一般的なバッテリー水準、それこそAirPodsシリーズなどと変わらぬバッテリー水準なので、普段使っていて電池切れは気にならない。

充電仕様について

充電はUSB Type-C充電、Qi充電(ワイヤレス充電)に対応している。最新のGalaxyスマホであれば背面チャージも可能だ。

 

タッチ操作性【評価C】

外側マイク周辺部がタッチセンサーエリア

タッチ操作性は悪い。おそらく Galaxy Buds Live の最大のデメリットだろう。

タッチセンサーエリアがイヤホン筐体デザインに溶け込んでおり、タッチセンサーの位置が非常に不明瞭だ。初見だとどこをタッチすればいいのか分からないと思う。

タッチセンサーの位置を理解してなお、少しズレた場所をタッチしていてタッチ反応しないことが多々ある。この点、普段使っていてストレスに感じる。

タッチ操作コマンドについて

タッチ操作コマンドは従来Galaxxy Budsシリーズと変わらない。1回タッチで音楽再生/停止、2回タッチで音楽先送り、3回タッチで音楽巻き戻し、長押しはカスタマイズ。着信対応も可能だ。カスタマイズは専用アプリ(iOSAndroid)にて行える。

長押しはノイキャンON/OFF、音声アシスタントON/OFF、音量ダウン&アップから選択可能

 

マイク品質【評価S】

通話用マイクは内側に

マイク品質は非常によい。AirPods Proとタイマン張れるレベルだ。テレワーク用のマイクとしても十分に活用できる。

内蔵された(片側)3つのマイクのうち、ノイズキャンセリング用の集音マイク2つをそのまま通話時のノイズ除去マイクとして活用している。口元以外の音が極力除去されるので、たとえば、近くでテレビの音を流していても、テレビの音だけがきれいにトーンダウンするトリッキーな技が見れる。

 

防水【評価C】

防水(防滴)はIPX2仕様。プール利用や水洗いには耐えられないが、雨の日に使ったり、ジムやジョギングなど汗をかく環境で使う程度なら大方問題ないだろう。

 

Galaxy Buds Liveの評価まとめ

※評価はSが最高、A、Bと続きCが最低

(クリックで詳細項目に移動) 評価 コメント
オーディオ性能(音質) A 根っからの重低音サウンド
ノイズキャンセリング性能 B 物理的な遮音性が低めなのでノイキャン効果も薄め
外音取り込み 機能非搭載
接続安定性 S 従来シリーズと変わらぬ安定感
ペアリング勝手 S 複数デバイス間のペアリング切り替え楽々
バッテリー持ち A ノイキャンONでケース併用21時間と優秀
タッチセンサー C タッチセンサーの位置が不明瞭で押し間違い多い
マイク性能 S 屋外でもOK、従来シリーズから劇的進化
防水性能 C シリーズ初対応の防水だが、IPX2とオマケ程度
Galaxy Buds Live をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

この記事のまとめ

Galaxy Buds Live をレビューした。

Galaxy Budsシリーズで初対応となったノイズキャンセリングだが、遮音性の低さと相まり、お世辞にも性能がよいとは言えない。ノイズキャンセリング狙いで購入すると製品に不満を覚えそうだ。

Galaxy Buds Live は、そのデザイン性の高さ、イヤホンのつけ心地のよさ、重低音オーディオなどを評価すべきイヤホンだ。ノイズキャンセリングの優先度が低い人で、Galaxyユーザーだったり、そのビジュアルに魅せられた人であれば、試してみてはどうだろうか。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

Galaxy Buds Live 保護クリアケース「Ringke」(リンケ)レビュー
Galaxy Buds Live購入に伴い、Galaxy Buds Liveの保護クリアケース「Ringke」(リンケ)を購入したのでレビューしたい。 ...
【レビュー】Galaxy Buds LiveがiPhoneで使えるか試してみた
サムスンの新作ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」。昨今のトレンドたるノイズキャンセリングに対応した製品とあり、気になっている人も多い...
Galaxy Buds Pro(SM-R190)レビュー|従来シリーズの総決算たる王道ワイヤレスイヤホン
2021年4月に日本国内での発売が開始された Galaxy Buds Pro。サムスン純正ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」シリーズの最新モデ...
【Galaxy Buds選び方ガイド】初代/Buds+/Live/Proの違いを比較解説
サムスンが手がけるワイヤレスイヤホンシリーズ「Galaxy Buds」(ギャラクシー・バッズ)。 2019年に初代モデルが発売され、2021年5月...
タイトルとURLをコピーしました