Galaxy Buds Live(SM-R180)レビュー|そら豆イヤホンは予想以上に実用的

スポンサーリンク
広告

2020年9月より国内発売が開始されたサムスンのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」(SM-R180)をレビュー。

Galaxy Buds Live は、Galaxy Budsシリーズの最新モデルであると同時に上位版モデル。昨今のワイヤレスイヤホン・トレンドたる「ノイズキャンセリング」にシリーズで初対応した。

また、その独特な”そら豆”風のイヤホンデザインにも注目が集まっており、おしゃれアイテムとしてのニーズも強い。購入を検討している人はレビューを参考にしてほしい。

【レビュー対象製品】Galaxy Buds Live

発売時期 2020年9月
市場価格 2万円前後

カラーリングはブロンズ、ブラック、ホワイトの3色。レビューはブロンズで行う。

 
Galaxy Buds Live の評価ポイント
つけ心地が最高級によい、ホールド感&軽さを両立
アクセサリーのような高級デザイン
高性能マイク搭載(雑音カット機能あり)
 
× ダメなところ
ノイズキャンセリングの静音効果は弱め
防水(防滴)はIPX2とオマケ程度

▶ Amazonで製品をチェック

 

Galaxy Buds Live(SM-R180)レビュー

製品概要

Galaxy Buds Live(SM-R180)は、2020年8月に発表されたサムスンの新作ワイヤレスイヤホン。日本では2020年9月4日より発売開始された。市場価格はおおよそ2万円前後。製品保証は1年。

Galaxy Budsシリーズの上位版に位置付けられ、シリーズ初となるノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)に対応した。サムスン曰く、電車や自動車の走行音など低周波ノイズを97%除去できるとしている。

Galaxy Budsというネーミングのせいか、Galaxyスマホでしか使えないイメージがあるが、Galaxyスマホ以外のAndroidスマホでも、なんならiPhoneでも問題なく利用できる。専用アプリも iPhoneAndroid 双方に配信されているので細かなカスタマイズも行える。

 

外観デザイン

筆者が購入したのはミスティック・ブロンズ色。

ブロンズカラー(銅色)をベースにした重厚で高級感のある大人フェミニンな色合いだ。黒や白のイヤホンに比べて主張しつつも主張しない程よいアクセントカラーとして機能している。

ケースサイズは縦5cm、横5cm、厚さ2.5cmとコンパクト。丸みを帯びたケース形状がミスティック・ブロンズの高級感ある色合いとマッチしていて、さながらジュエリーケースのよう。

イヤホン本体は、ほぼ世界初?となる「そら豆」形状のデザインになっている。イヤーピースを使わず、豆の先っちょを耳の穴に突っ込んで使う。

見た目に反してイヤホンは”非常”につけ心地が安定している。

イヤーピースこそ使っていないが、耳の穴の凹凸に沿うようにしてイヤホンがひっ付くので安定感がある。寝転んだ状態でイヤホンが抜けたり、走っていても揺れたりブレたりしない。サムスン曰くの「人間工学に基づくデザイン」とは伊達ではない。

また、ワイヤレスイヤホンならではの耳から飛び出てる感がない。耳の穴の中にきれいに隠れていて物理的にもビジュアル的にも収まりがよい。これもまた評価ポイントだ。

 

ペアリング勝手

iPhone、Androidスマホともにケース蓋を開くだけで初回のペアリングが可能。物自体は普通のBluetoothイヤホンとあり、特にクセなく設定できる。

マルチペアリング対応。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合、ケース蓋を開いた状態で左右イヤホンのタッチパッドを7秒ほど同時に長押しすれば新規ペアリングモードに移行できる。

タッチパッド

マルチポイントには対応しておらず、複数デバイスと同時接続できない。都度使うデバイスに合わせてペアリング先を切り替える必要がある。

なお、Galaxy Budsシリーズは、複数デバイス間のペアリング切り替えがBluetooth設定画面からワンタッチで可能。他のワイヤレスイヤホンのように切り替え都度デバイスとのペアリングを切断する必要はない。Androidスマホであれば専用アプリ起動でも切り替えられる。

 

オーディオ性能

Galaxy Buds Live は、12mmの大型スピーカーと重低音を響かせるベースダクトを内蔵しているので、とかくまあ重低音サウンドだ。

従来のGalaxy Budsシリーズは典型的なドンシャリイヤホンであり、無理やり響いているような低音サウンドだった。これに比べれば Galaxy Buds Live は上位版モデルならではのこだわり、より高級感のあるオーディオ・サウンドとして差別化できていると思う。

一方で高音の抜けがあまりよくない。女性声優ソングが鼻声ソングに聞こえる。高音シャンシャンした音を楽しみたい人だとオーディオ相性が悪いかもしれない。

 

ノイズキャンセリング性能

Galaxy Budsシリーズで初対応となったノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)。ただ、思いのほか静音効果は低めだ。

いざ使うと確かに騒音カットされており、耳に付けた瞬間に1段階ほど膜がかかったような静けさは感じられる。ただ、Galaxy Buds Live はオープンイヤー構造のイヤホンとあり、物理的な遮音性が低めだ。そのせいか、特に屋外だとあまりノイズキャンセリングらしい静寂は味わえない

自宅や図書館など静かな場所でより静けさを得るために使うならまだしも、カフェや街中など騒音の中で静寂を得るのは難しいと思う。

 

外音取り込み機能は非搭載

外音取り込み機能とは、イヤホンを付けたまま周囲の音が聞き取れる機能。もっぱらジョギング中に安全考慮して使ったりする。

Galaxy Buds Live  は機能非搭載だが、もとよりオープンイヤー構造のイヤホンとあり、あえて外音取り込みする必要がないレベルに周囲の音が聞こえる。外音取り込み機能がなくても関係ない。

 

接続安定性

ワイヤレス接続の安定感はさすがのGalaxy Budsシリーズ。Galaxy Buds Live に関しても音切れ、接続切れなど全くと言っていいほど遭遇しない安定感を誇る。

対応コーデックはSBC/AACGalaxyスマホに限れば従来どおり専用コーデック「Scalable Codec」で接続できる。Scalable Codecはapt-X以上の強固なワイヤレス接続、低延滞を謳っており、動画の音ズレなどもほとんどない。

 

充電仕様(バッテリー持ちなど)

ケース充電はUSB Type-Cケーブルによる有線充電、およびワイヤレス充電(Qi充電)に対応。

バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングONの状態であればイヤホン6時間、ケースで最大21時間。ノイズキャンセリングOFFなら最大29時間までバッテリー時間を引き伸ばせる。AirPodsシリーズで最大24時間前後なので、ほぼほぼ業界一般的なバッテリー持ちだ。

 

そのほか抑えておきたい細かいところ

マイク品質は従来モデルから劇的進化

通話用マイクは内側に

マイク品質は非常によい。AirPods Proとタイマン張れるレベルだ。テレワーク用のマイクとしても十分に活用できる。

ノイズキャンセリング用の集音マイクをそのまま通話時のノイズ除去マイクとして活用している。口元以外の音が極力除去されるので、たとえば、近くでテレビの音を流していても、テレビの音だけがきれいにトーンダウンするトリッキーな技が見れる。

 

タッチパッドは押し間違い多い(場所がわかりずらい)

外側マイク周辺部がタッチセンサーエリア

タッチ操作性は悪い。おそらく Galaxy Buds Live の最大のデメリットだ。

タッチセンサーエリアがイヤホン筐体デザインに溶け込んでおり、タッチセンサーの位置が非常に不明瞭だ。初見だとどこをタッチすればいいのか分からないと思う。

タッチセンサーの位置を理解してなお、少しズレた場所をタッチしていてタッチ反応しないことが多々ある。この点、普段使っていてストレスに感じる。

なお、タッチ操作コマンドは従来Galaxy Budsシリーズと変わらない。1回タッチで音楽再生/停止、2回タッチで音楽先送り、3回タッチで音楽巻き戻し、長押しはカスタマイズ。着信対応も可能。カスタマイズは専用アプリ(iOSAndroid)にて行える。

 

防水(防滴)はIPX2とオマケ程度

防水(防滴)はIPX2仕様。プール利用や水洗いには耐えられないが、雨の日に使ったり、ジムやジョギングなど汗をかく環境で使う程度なら大方問題ないと思う。

 

この記事のまとめ

Galaxy Buds Live をレビューしてきた。

Galaxy Buds Live の評価ポイント
つけ心地が最高級によい、ホールド感&軽さを両立
アクセサリーのような高級デザイン
高性能マイク搭載(雑音カット機能あり)
 
× ダメなところ
ノイズキャンセリングの静音効果は弱め
防水(防滴)はIPX2とオマケ程度

ノイズキャンセリング性能を除けば、ほぼほぼ文句ない出来だ。

ノイズキャンセリングは自宅で使うならまだしも、出先や屋外で使うとなるとあまり静音効果が味わえない。ノイズキャンセリング狙いで購入すると製品に不満を覚えそうだ。

Galaxy Buds Live は、そのデザイン性の高さ、イヤホンのつけ心地のよさ、重低音オーディオなどを評価すべきイヤホンだ。ノイズキャンセリングの優先度が低い人で、Galaxyユーザーだったり、そのビジュアルに魅せられた人であれば、試してみてはどうだろうか。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

Galaxy Buds Live 保護クリアケース「Ringke」(リンケ)レビュー
Galaxy Buds Live購入に伴い、Galaxy Buds Liveの保護クリアケース「Ringke」(リンケ)を購入したのでレビューしたい。 ...
【レビュー】Galaxy Buds LiveがiPhoneで使えるか試してみた
サムスンの新作ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」。昨今のトレンドたるノイズキャンセリングに対応した製品とあり、気になっている人も多い...
Galaxy Buds Pro(SM-R190)レビュー|従来シリーズの総決算たる王道ワイヤレスイヤホン
2021年4月に日本国内でも発売が開始された Galaxy Buds Pro。 サムスン純正ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」シリーズの...
Galaxy Buds ProとGalaxy Buds Live、何が違う?使い勝手やオーディオ性能を比較する
サムスンのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」。2021年5月時点で最新モデルに位置付けられるのが「Galaxy Buds Pro」、そして「G...
【Galaxy Buds選び方ガイド】初代/Buds+/Live/Proの違いを比較解説
サムスンが手がけるワイヤレスイヤホンシリーズ「Galaxy Buds」(ギャラクシー・バッズ)。 2019年に初代モデルが発売され、2021年5月...
タイトルとURLをコピーしました