ワイヤレスイヤホン

Galaxy Buds2(SM-R177)レビュー|全人類の耳穴にフィットする丸形ワイヤレスイヤホン

2021年9月27日

サムスンのワイヤレスイヤホンシリーズ「Galaxy Buds」。その最新モデルとなる「Galaxy Buds2」の発売が開始された。

Galaxy Buds2は、「Galaxy Buds」(初代)、「Galaxy Buds+」の後継モデルに位置づけられるエントリーモデル。これまで上位版モデルの専売特許だったノイズキャンセリング(ANC)を初搭載。上位版モデル顔負けの高い騒音カット効果が味わえる。

勾玉ライクな新設計の丸形イヤホンデザインにも注目。

非常に軽くて小さくて、耳の大きさ、耳の形に関係なく耳穴にヌメリと入り込む新触感。イヤホンのフィット感を重視する全人類は無条件でこれを使え!と言わんばかりの非常に快適なつけ心地を実現している。1度付けてしまうと病みつき間違いない。

なお、Galaxy Buds2は名前こそ「Galaxy Buds」だが、別にGalaxyスマホでなくても使えるし、AndroidスマホともiPhoneとも接続できる。中身はごく一般的なBluetoothイヤホンだ。

この記事ではGalaxy Buds2の実機をレビューしていきたい。日常的にストレスフリーに使いまわせるワイヤレスイヤホンを探している人は、ぜひ記事をチェックしてみてほしい。

目次

【レビュー対象製品】サムスン「Galaxy Buds2」

発売時期2021年9月
市場価格1.6万円前後

カラーリングはオリーブ、ホワイト、グラファイト(ブラック)、パープルの4色。レビューはオリーブで行う。

Amazonで製品をチェック

 

サムスン「Galaxy Buds2」の概要

Galaxy Buds2 は2021年9月に発売開始したサムスンの完全ワイヤレスイヤホン。

Galaxy Budsシリーズの中ではエントリーモデルに位置づけ。「Galaxy Buds」(初代)、「Galaxy Buds+」(第2世代)に続く第3世代モデルとなる。

Galaxy Budsシリーズは上位版モデルとして「Galaxy Buds Live」「Galaxy Buds Pro」の2機種が存在するが、これらとは別枠。Galaxy Buds Liveがオープンイヤーイヤホン(耳をふさがないイヤホン)、Galaxy Buds Proは全部入りの最上位モデルの位置づけだ。

Galaxy Budsシリーズの位置づけ

  • Galaxy Buds2 → エントリーモデル
  • Galaxy Buds Live → オープンイヤーモデル(耳をふさがないイヤホン)
  • Galaxy Buds Pro → 最上位モデル
【Galaxy Buds選び方ガイド】Buds2/Pro/Liveの違いを比較解説

続きを見る

 

サムスン「Galaxy Buds2」の製品特徴




ノイズキャンセリング(ANC)対応
機能ONで周囲の騒音(主に低周波音)を静音化できる。オーディオ止めての耳栓利用も可能。

オーディオは低音寄りのフラット
バックサウンド重視で音楽が楽しめる。

Bluetooth最新規格「Bluetooth 5.2」対応
ワイヤレス接続の安定感は極めて強固。Galaxyスマホなら専用Bluetoothオーディオコーデックでさらに強固に。

バッテリー駆動時間は充電ケース併用で最大20時間
ノイズキャンセリングONの場合。ノイズキャンセリングOFFの場合は同28時間とスタミナ仕様に。

ノイズカット付き通話マイク搭載
周囲の音を除去、口元の音だけを通話転送してくれる。在宅ワークでの生活音シャットアウトにも活用できる。

防水性能はオマケ程度(IPX2)
ほぼ水滴を防ぐ程度。雨に打たれながらの利用、汗だくだく状態での利用は推奨されず。
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、Samsung Scalable
バッテリー駆動時間
イヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大28時間
(ノイズキャンセリング利用時)イヤホン単体5時間、ケース併用で最大20時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水性能○(IPX2)
通話マイク○(ノイズカットあり)
ノイズキャンセリング(ANC)

Amazonで製品をチェック

 

付属品

充電ケーブル(USB Type-C to A)と替えのイヤーピース(S、L)が付属。初期装備のイヤーピースはMサイズ。

 

イヤホンは勾玉のような丸々デザイン、フィット感は100点満点

縄文時代の出土品かと勘違いする勾玉デザイン。今回オリーブ色を購入したのだが、外装ボディのツルテカ具合と相まって予想以上に勾玉だった。

イヤホンサイズは一般的なワイヤレスイヤホンとそこまで変わらない。ただ、突っかかりのない丸みを帯びた形状なので、耳の大きさや耳の形にかかわらず、耳に装着すると面白いように耳穴にヌメリ?と入り込む。

マスク紐への干渉も問題なし

これもうイヤホンのフィット感は100点満点の完成度

イヤホンをねじ込む方向が固定化された他社のワイヤレスイヤホンだとフィット感の合う、合わないが明確に出る。

他方、Galaxy Buds2 だと耳穴の中でイヤホンがクルっと動き、人それぞれ、耳それぞれの最適なポジションでフィットするので当たり外れが少ない。耳が小さい人、耳穴の形がいびつな人でも現状を前提にした最適なポジションが見つかること違いない。

横に出っ張ったイヤホンデザインではないので、イヤホンが耳の穴の中できれいに収まる。イヤホンの紛失リスクやマスク紐への干渉リスクが軽減できてよい。なによりビジュアル的に「シュッ」と収まっていて好印象だ。

 

充電ケースは「Galaxy Buds Pro」「Galaxy Buds Live」を踏襲したスクエアデザイン

ここ最近のGalaxy Budsシリーズでおなじみのスクエア型の充電ケースを採用。

縦横5cm、厚み2.5cmのマカロンサイズ。男性ズボンのポケットに入れてももっこりしない。

充電ケースの寸法は「Galaxy Buds Pro」「Galaxy Buds Live」と全く変わらないので、すでに同機種の保護ケースやデザインケースを持ってる人ならそのまま使いまわせる。

写真左がGalaxy Buds2、写真右がGalaxy Buds Live

写真左がGalaxy Buds2、写真右がGalaxy Buds Live

外装ボディがものすごくツルテカしてるので擦り傷が簡単につきそうな印象。保護ケースを付けることを強くおすすめする。Galaxy Harajukuで1回300円でデザインケースが作れるのでこちらも活用あれ(オンラインでのケース作成&宅配も可能)。

ケースはUSB Type-Cケーブルで充電できるほか、ワイヤレス充電(Qi充電)にも対応している。

 

ペアリング接続のこと

Galaxy Buds2の主なペアリング接続仕様

マルチペアリング対応(最大?台)※5台は繋げた
初回のペアリングケース蓋を開けば自動でスタート
2回目(2台目)以降のペアリング耳に装着した左右イヤホンのタッチパッドを同時に3秒押しで新規ペアリングモードが起動
マルチポイント× ※1
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

※1 One UI 3.1以上を搭載したGalaxyデバイス間であればマルチポイント可能(オートスイッチング機能)

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え可能

スマホやPCなど複数デバイス間でペアリングを切り替える際、現在のペアリングを解除せず、Bluetooth設定画面からワンタッチでペアリングが切り替えられる。

また、Androidスマホであれば専用アプリ起動で、iOSデバイスだとAirPlayを使ったショートカット経由のペアリング切り替えも可能。

そのほか細かなペアリング仕様は以下記事を参考に

【Tips】Galaxy Budsシリーズの新規ペアリング方法&ペアリングの切り替え方法まとめ

続きを見る

Amazonで製品をチェック

 

サムスン「Galaxy Buds2」を実際に使ってみた感想とレビュー

ノイズキャンセリング(ANC)はエントリーモデルながらも高性能

エントリーモデルのノイズキャンセリングとあり、オマケ程度の機能かと思っていたのだが、いい意味で裏切られた。

低周波音を中心にきちんと静音化しており、オーディオ再生している状態であれば周囲の音が気にならない環境が作れる。出先ならではのガヤガヤ音を低減することで音楽を聞いたり、動画を見たりするときの没入感が劇的にアップする。

人の話し声など高周波音は残り気味だが、オーディオ再生していればほぼシャットアウトできるので問題ない。

イヤーピースをLサイズにすると遮音性が向上するのでおすすめ

イヤーピースをワンサイズ大きいものに変更すれば、物理的な遮音性を高め、より徹底した静けさが味わえる。イヤーピースによる耳穴への締め付けが苦手な人でなければ試してみる価値ありだ。

また、ホワイトノイズ(ノイズキャンセリング利用中の”サーっ”といった機械音)も発生していないのでオーディオ止めての耳栓利用にも最適。勉強グッズ、集中グッズとしての採用もいいかもしれない。

Amazonで製品をチェック

 

外音取り込みは非常にクリア、実用性は重々にある

外音取り込みは3段階で調整できる

外音取り込み機能こと「周囲の音」機能。ONにするとイヤホンを付けたまま周囲の音が聞き取れる。

いざ使うときちんと音が集音できてるし、音が反響したり増強したりもほとんどない

取り込みレベル「中」であればホワイトノイズ(”サーっ”といった機械音)もほぼ聞こえないので、オーディオ停止した状態なら違和感なく周囲の人と会話できる。普段使いするにあたっての実用性は十分にある

外音取り込み機能は、タッチセンサーを長押しするとノイズキャンセリングと入れ替える形で起動できる。

 

音質は低音寄りフラットで迫力あり

Galaxy Buds2 は、従来Galaxy Buds同様に高音域と低音域を担当する2つのスピーカーを搭載。そのうえで低音をより重視したオーディオ配分になった。

厚みのある低音サウンドを土台に中音域〜高音域を響かせる。ただ、それでもなお低音の強さが少し上回っている感じ。ボーカルよりかはバックサウンドを楽しむためのイヤホンだ。

上位版モデルの「Galaxy Buds Pro」は中音域〜高音域を重視した解像度高めの音質だったが、Galaxy Buds2はそれと真逆のアプローチ。曲のメロディラインを聞きながらノリノリになりたい人ならGalaxy Buds2の方がおすすめだ。

なお、Galaxy Buds2は専用アプリからイコライザー調整できる。イコライザー「クリア」あたりに変更すれば、ほぼGalaxy Buds Proと変わらぬボーカル主体のサウンドになる。

専用アプリはAndroid版のみ利用可能。iOS版アプリだとGalaxy Buds2に対応しておらず、イコライザー調整できない。

Amazonで製品をチェック

 

遅延(音ズレ)ほぼなし、Galaxyスマホとセットで使えばさらに無敵

Galaxy Budsシリーズは動画視聴時などの遅延(音ズレ)が少ないことで知られるが、Galaxy Buds2 に関しても非常に安定している。

ワイヤレスなので100%遅延を回避しているとは言えないだろうが、普段YouTubeやNetflixを視聴するときに使っていて、音ズレらしい音ズレは確認できない。喋り動画を見ていてもリップシンクのような違和感はない。

Galaxyスマホと接続すれば専用のBluetoothコーデック「Samsung Scalable」が使えるので、これもう有線かと思うレベルに違和感がなくなると思う。

ただ、ゲームプレイ時の遅延はまだまだ回避できる状態ではない。ポケモンGOをプレイする程度なら問題ないが、音ゲーやFPSだと専用アプリで試験的に提供される「ゲームモード」にしてプレイしても音ズレがある。音ゲーやFPSガチ勢だと辛そうだ。

 

ノイズカット通話マイクは優秀、騒音のある場所でも問題なく使える

イヤホンに通話マイク搭載。テレワーク用途だったり、スマホのハンズフリー通話のときに活用できる。

上位版モデル「Galaxy Buds Pro」「Galaxy Buds Live」同様に口元から離れた音を検出してノイズカット(厳密にはトーンダウン)してくれるので騒音のある場所でも通話音声だけを伝達しやすい。それこそ自宅テレワークでの生活音シャットアウトにも活用できる。

通話マイク性能だけで見れば上位版モデルとなんら変わらぬレベルに仕上がっているので、テレワーク用のイヤホン&マイクとして考えれば非常にお買い得だと思う。

Amazonで製品をチェック

 

サムスン「Galaxy Buds2」の気になったところ(あるいはデメリット)

防水性能はIPX2と貧弱なので雨の日など注意

貧弱貧弱ぅ

Galaxy Buds2 の防水性能はIPX2。水しぶきを防ぐ程度の防水性能(厳密には防滴性能)しかない。

屋内であれば大方問題ないと思うが、やはり屋外利用で雨の日など気になるところ。水しぶきが飛ぶ程度ならまだしも、びっしょりと濡らしてしまうと故障リスクあるので注意。

 

タッチセンサーの場所がわかりにくい

ここらへんにタッチセンサーあり

タッチセンサーが外装ボディ(外装デザイン)と同化しててタッチする場所がわかりにくい。筆者はフィーリングでタッチして頑張ってる。

 

iPhone(iOS)だと専用アプリ使えず

前作で上位版モデルの「Galaxy Buds Pro」に続きiOS版アプリに非対応。アプリが使えないことによるデメリットは以下のとおり。

  • イコライザー調整できず
  • タッチ操作コマンドの割り当て変更できず
  • 外音取り込み機能の取り込み強度の調整できず
  • 新着通知を音声通知するアプリが選択できず
  • そのほか細かなイヤホンカスタマイズできず

デフォルト状態でも文句ない使い勝手ではあるが、音質などより自分好みにカスタマイズしたい人だとAndroidスマホの方が勝手よさそうだ。

【補足】タッチ操作コマンド(デフォルト状態)は以下のとおり

右イヤホン左イヤホン
1回タッチ再生/停止
2回タッチ次の曲へ進む
3回タッチ前の曲へ戻る
長押しノイズコントロール(ノイズキャンセリング←→外音取り込み)

着信対応は2回タッチ。着信終了も2回タッチ。着信拒否は長押し。

Android版アプリを使えば「長押し」コマンドのみ割り当て変更可能。音声アシスタント起動、ボリューム変更、Spotify再生起動から選択できる。

【レビュー】Galaxy Buds2はiPhoneでどこまで使える?実機で試してみた

続きを見る

 

「Galaxy Buds Pro」で搭載された試験的な?新機能はもろもろカット

Galaxy Buds Pro

今年4月に発売開始となった上位版モデル「Galaxy Buds Pro」。

いくつか試験的な新機能が搭載されたが、それらがこぞってGalaxy Buds2では省かれた。主に以下のような機能。

  • 音声検出(発声と同時に外音取り込みを自動でONにする機能)
  • 360度オーディオ

いずれも発展途上な機能だったので、そこまで絶対的に必要というわけでもないが、より全部盛りのハイエンドGalaxy Budsがほしい人だとGalaxy Buds Proの方が満足度が高そうだ。

Amazonで製品をチェック

 

この記事のまとめ

サムスン「Galaxy Buds2」をレビューしてきた。

エントリーモデルとして過不足ない。というか十分すぎる。音質、ワイヤレス接続、ノイズキャンセリング、いずれもきちんと仕上がってるワイヤレスイヤホンだ

ケチをつけるとしても、せいぜい防水性能のしょぼさ、タッチセンサーの勝手の悪さ(タッチする場所が不明瞭)、この2点くらいだろう。ほか特に文句らしい文句はない。

勾玉ライクな丸みを帯びたイヤホン形状のおかげで人を選ばず、耳を選ばず使いまわせる。日常的に使うイヤホンとして考えれば、ここまでのイヤホンのフィット感は何にも代えがたい。

日常的にストレスなく、なんなら少し雑に扱っても問題なく使えるワイヤレスイヤホンを探している人であれば、Galaxy Buds2 がおすすめだ。

 

レビュー対象製品

 

Galaxy Buds関連記事

【レビュー】Galaxy Buds2はiPhoneでどこまで使える?実機で試してみた

続きを見る

【Galaxy Buds選び方ガイド】Buds2/Pro/Liveの違いを比較解説

続きを見る

「Galaxy Buds2」と「Galaxy Buds Pro」何が違う?製品コンセプトやスペックの違いを解説

続きを見る

 

関連記事

【日本製】国産メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(1万円以下)

続きを見る

iPhoneで使いたい!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2021年)

続きを見る

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,