スマホ

【iPhone】WiFi設定画面をショートカットでワンタップで開く方法

2022年4月20日

日常的にフリーWiFiを活用している人におすすめ。

iPhoneアプリ「ショートカット」を使うことでホーム画面からワンタップでWiFiの設定画面が開ける。

逐一「設定」アプリからWiFi設定画面を探す必要がなくなるので、日常的にWiFi設定画面を開いている人だと手間暇ストレス軽減される。

この記事では、WiFiの設定画面をワンタップで開くiOSショートカットの作り方を解説していく。

広告

ショートカットの動作イメージ

※セキュリティ保護のためWiFiをオフにした状態で撮影してます

ホーム画面に設置したショートカットの起動アイコン(画像左上)をタップすると「設定」アプリを起動。WiFi設定のページまで飛べる。

起動アイコンは任意の画像や写真が設定できるのでホーム画面のデザインに合わせて好きなものをカスタマイズするとよい。

 

 

ショートカットのレシピをダウンロードする

ショートカットのレシピをダウンロードする

iCloud(Apple公式サイト)経由でダウンロード可能。筆者が作成したものをアップロードした。

特に設定変更することなくそのままショートカットが利用できる。

 

 

ショートカットの使い方

【カスタム必要なし】ショートカットはそのまま利用可能

同ショートカットはレシピをダウンロードすればそのまま利用できる。

「URLを開く」アクションでWiFi設定画面を開くURLスキームを展開している。

ショートカットで使っているURLスキーム

prefs:root=WIFI

なお、ショートカットの起動アイコンをホーム画面に設置するのは自ら行う必要あり。

 

 

ホーム画面にショートカットの起動アイコンを設置する方法

画面右上にある「」ボタン(トグルボタン)をタップ。

ホーム画面に追加」を選択。

ここでホーム画面に出すショートカット起動アイコンの画像と名前を設定する。

アイコン画像はiPhoneに保存している任意のものが設定できる。

名前は空欄ままでもOK。空欄にした場合、ホーム画面のアイコン下にラベルが表記されなくなる(表記されずに済む)。デザイン重視の人だと空欄の方がいいかも。

アイコン画像はAppleが用意しているテンプレアイコンも利用可能。先の画面でショートカットのアイコン部分をタップすることで設定できる。

カラーリングも変更可能

アイコンの設定が完了したら画面右上にある「追加」をタップ。

これでショートカットの起動アイコンがホーム画面に追加される。

これで作業完了。ホーム画面のアイコンをタップすることでWiFi設定ページにそのまま飛べる。

 

 

関連記事

iPhoneのWiFiをワンタップで完全オフにする方法(ショートカット利用)

続きを見る

【iPhone】Bluetooth設定画面をショートカットを使ってワンタップで開く方法

続きを見る

iPhoneショートカットで「設定」アプリの特定ページを開く操作コマンドまとめ(URLスキームまとめ)

続きを見る

【iPhoneショートカットまとめ】日常的に使えるおすすめレシピを厳選紹介

続きを見る

 

 

iPhoneショートカットのレシピノート作りました

この記事をシェアする

-スマホ
-,