ワイヤレスイヤホン

ヤマハ「TW-E3C」レビュー|マルチポイント初対応。人気モデルが待望のアップデート

2022年12月12日

ヤマハの人気ワイヤレスイヤホンがついにアップデート。

2020年に発売開始され、AirPods Proやソニーワイヤレスイヤホンと並んでベストセラー記録したヤマハ「TW-E3B」。

2022年11月より、これの後継モデルとなる「TW-E3C」の発売が開始された。

ヤマハ「TW-E3C」

前作モデルの勝手そのままに新たにマルチポイントに対応。最大2台のデバイスを同時接続。なにかしらオーディオ再生しているデバイス側に音声出力先だけ自動で切り換えられるように。

スマホ単体で使うワイヤレスイヤホンであれば前作モデルでも問題ないが、スマホ←→PC間など複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわそうと考えている人であればマルチポイント対応の「TW-E3C」の方がおすすめ。

オーディオ再生を開始するだけで音声出力先が自動で切り替わるため、都度都度ペアリング接続を切り替える手間暇が省ける。ワイヤレスイヤホンを日常使いするにあたって多分にストレスが軽減されるはずだ。

そきあきら(筆者)
この記事では、TW-E3C をレビューしていきます

ヤマハ「TW-E3C」製品評価

発売時期2022年11月
市場価格1万円前後

ヤマハ「TW-E3C」の製品評価は以下のとおり。

低音(4.5)
中音(4.5)
高音(4.5)
イヤホンの装着感(4)
ノイズキャンセリング--
外音取り込み機能(3.5)
マイク性能(3.5)
バッテリー性能(4)

ここがGood!!

  • 原音重視の優しく丁寧な音質
  • イコライザー調整(音質カスタム)対応
  • 聴覚保護機能あり、小音量でも明瞭な音が聞き取れる
  • マルチポイント対応、2台のデバイスをペアリング切り替えせずに使える
  • IPX5の防水性能あり、汚れたら水洗いも可

ここがBad...

  • ペアリング可能台数(保持台数)は最大3台と少なめ
  • マイク性能はごく普通
  • タッチ操作コマンドが左右バラバラで使いにくい

 

製品カラーリングは6色

カラーリングはレッド、ブラック、グリーン、グレー、ネイビー、ベージュの6色。レビューはレッドで行う。

 

.

この記事の目次(タッチで移動)

広告

ヤマハ「TW-E3C」の製品概要

スペックシート抜粋

Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、aptX Adaptive
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水性能IPX5
バッテリー駆動時間イヤホン単体9時間
ケース併用で最大24時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ
専用アプリあり(iOS、Android)

ヤマハ「TW-E3C」はBluetoothオーディオコーデック「aptX Adaptive」に対応。一部Androidスマホと接続すればハイレゾ(ハイレゾ・ワイヤレス)相当の高音質なオーディオ再生が可能になる。

aptX Adaptiveは下位互換性あり。aptX Adaptiveに対応していないAndroidスマホであればaptXで接続代替される。

なお、iPhoneはaptX Adaptive、およびaptXに非対応。

 

 

付属品

イヤーピース、USBケーブル、取扱説明書が付属する。

イヤーピースはXS、S、M、Lの4サイズ用意。

↑ 目次へ戻る

 

 

ヤマハ「TW-E3C」のペアリング仕様

ペアリング仕様抜粋




Google Fast Pair×
マルチポイント対応(最大2台)
マルチペアリング対応(最大3台
ペアリング接続の上書き切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)
新規ペアリングモードの起動方法イヤホンのタッチボタンを左右同時に3秒長押し

マルチペアリング台数は最大3台と前作モデルまま

3台以上のデバイスのペアリング情報が保持できず、4台目以降のデバイスをつなぐと古いペアリング情報から上書き削除されるので注意。

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、専用のポップアップ画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数デバイスを同時接続できる機能のこと。

なにかしらオーディオ再生しているデバイスに音声出力先が自動で切り替わる。

関連記事:マルチポイント対応の完全ワイヤレスイヤホンまとめ

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数デバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。

1度記録してしまえば次回以降に再度セットアップする必要がなくなり、ケースふたを開くだけでデバイスと再接続できる。

昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

ペアリング接続の上書き切り替えとは?

複数デバイス間でペアリング接続を切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。

一部のワイヤレスイヤホンであれば現在のペアリング接続を解除せず、ペアリングを移したいデバイスのBluetooth設定画面でイヤホン名を選択するだけでペアリングを上書きして切り替えられる。

関連記事:スマホ←→PC間のペアリング接続切り替えが簡単な完全ワイヤレスイヤホンまとめ

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケースふたを開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。

2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。


 

 

新規ペアリングモードの起動方法

新規ペアリングモードの起動方法は簡単。

左右イヤホンをケースから取り出した状態にして、イヤホン本体のタッチボタンを左右同時に3秒長押しするだけ。

 

 

複数デバイス間のペアリング切り替え方法

複数デバイス間でペアリング接続を切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要あり。

ペアリングが解除された状態にして、ペアリングを移したいデバイスのBluetooth設定画面からイヤホン名をタップすればペアリング接続先が切り替わる。

ペアリングを解除するには新規ペアリングモードを起動、あるいは現在のペアリングデバイスのBluetoothをオフにする。

 

 

マルチポイント対応

ヤマハ「TW-E3C」はマルチポイント対応。最大2台のデバイスを同時接続できる。

なにかしらオーディオ再生しているデバイス側に音声出力先だけ自動で切り替わる。

マルチポイントの勝手は #重点レビュー1 項目で詳しく解説している。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

ヤマハ「TW-E3C」の機能レビュー

バッテリーまわりのこと

バッテリー駆動時間イヤホン単体9時間
ケース併用で最大24時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

バッテリー駆動時間は前作と変わらず24時間。

充電方法もUSB Type-Cケーブルのみとそのまま。ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず

 

 

通話マイク仕様

通話時ノイズカット機能△(cVc8.0仕様)
風切り音カット対応

通話マイク性能はまずまず。

クアルコム製チップに標準搭載されるcVc仕様のノイズカットに対応。ただ、これは通話音声をクリアに加工するもの。周囲の音をトーンダウンさせる効果はほとんど見られず。

もとより周囲の音がうるさい場所だとあまりノイズカットらしいノイズカットは味わえない。基本的には室内など静かな場所で使った方がいい。

 

 

ボタン操作




ボタン種類タッチボタン
操作コマンドの割り当て変更×

イヤホン本体にタッチセンサー内蔵。オーディオ操作、通話操作、音声アシスタント起動などひととおり可能。

前作モデルは物理ボタンだったが、一転してタッチセンサー仕様に。そこまで誤タッチは気にならないが、それゆえ2回タッチ処理など上手く反応しないこともある。筆者個人としては前作の物理ボタンの方が操作感が安定してて良かった。

スマホ操作コマンド(割り当て変更不可)

左イヤホン右イヤホン
1回タッチ再生/停止外音取り込み機能のON/OFF
2回タッチ前の曲へ戻る次の曲へ進む
3回タッチ音声アシスタント起動ゲーミングモードON/OFF
1秒長押し音量1下げ音量1上げ

通話対応コマンド(割り当て変更不可)

左イヤホン右イヤホン
1回タッチ着信対応--
3回タッチ--着信拒否
1秒長押し通話を切る--

 

 

イヤホン着脱検出(装着検出)

イヤホンの着脱検出(装着検出)×

イヤホンの着脱検出(装着検出)には非対応。

対応モデルであればオーディオ再生中にイヤホンを耳から外すとオーディオ再生が自動停止。イヤホンを耳に装着し直すとオーディオ再生が自動開始する。

 

 

防水性能

防水性能IPX5(IP5)
防塵性能×

防水性能は前作モデルと同じくIPX5。雨や汗が防げるほか、いざとなればイヤホンの水洗いも可能だ。

 

 

低遅延モード

低遅延モードあり
遅延性能非公表
ゲーム以外での利用可能

低遅延モード(ゲーミングモード)あり。ゲームや動画視聴時に機能する。

デフォルトでもそこまで遅延は酷くないが、モードONにすると明確に遅延が低減される。遅延性能は非公表も使ってみた限りでは他社イヤホンの低遅延モードよりも優秀な部類に含まれると思う。

動画を見たりポチゲーするだけなら問題なし。原神やFPSをプレイする人なら丁度よし。なお、遅延が完全に0になるわけではないので音ゲーガチ勢だと別途アプリ側でタイミング調整した方がいいかもしれない。

 

 

専用アプリ

専用アプリあり(iOS、Android)
イコライザー調整対応
タッチ操作コマンドの割り当て変更×
低遅延モードON/OFF対応
イヤホンを探す×

前作モデルから一転、専用アプリ「Headphone Control」に新対応。

ひととおりのカスタム機能は揃う。アプリは必須ではないが、もっぱらイコライザー調整したい人だとアプリもセットで使いたい。

Headphone Control

Headphone Control

無料posted withアプリーチ

 

 

iPhoneとの相性

iPhoneとの相性(非常によい)
AACコーデック対応
iOS向け専用アプリあり

iPhoneとの相性は非常によい。

iPhoneで主流のBluetoothオーディオコーデックである「AAC」に対応。専用アプリもそのまま利用できるほか、専用アプリ通じたイコライザー調整も可能だ。

マルチポイントに関してもiPhoneでも問題なく利用できる(マルチポイントに組み込める)。特段iPhoneユーザーであっても割を食うことはない。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

ヤマハ「TW-E3C」の外観デザイン&イヤホン装着感

イヤホン形状は前作モデルを踏襲、無難に装着しやすい

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

イヤホン形状は前作モデル「TW-E3B」を踏襲。

イヤーピースを耳穴に突き刺して、そのままイヤホンを時計回りに回すとイヤホンが耳穴にジャストフィットする。

イヤーピースのサイズさえ調整すれば大方問題なく使える。無難で使いやすいイヤホン形状だ。

 

 

 

ケースもほぼ前作まま、高級感だけプラス

ロゴマークは刻印仕様

ケースに関しても前作モデル「TW-E3B」を使いまわしたようなデザイン。

サイズで言うと縦3.2cm、横7cm、厚み2.8cmほど。握りこぶし一つで包めるサイズ感。

男性であればズボンのポケットにしろ胸ポケットにしろ仕舞っておける。

ケース素材はプラスチック。底面はスリ傷付きやすそう。できればケースカバーを使いたい。

ケース内部には物理的なザラザラ加工が追加された。どことなく高級感あって良き。

なお、今回レビューしているモデルカラーはレッド(ラズベリー)だが、どちらかと言うと「えんじ色」に近い、なかなか渋味ある色合い。

男性が使っててもさまになる色合い一方、明るめのレッドではないのでフレッシュな色合いをイメージしている人は注意した方がいい。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

ヤマハ「TW-E3C」の音質

原音重視の高音質オーディオは健在

前作同様に原音重視、ヤマハいわくの"TRUE SOUND"を志向した高音質オーディオあり。

低音、中音、高音、いずれもバランスよく音が鳴る。中途半端な味付けなく、楽曲の持つ味をそのまま引き出してる。

音はこもらず、音場(音の広がり)もそこそこあり。長時間のリスニングでも聞き疲れずに使える王道の高音質オーディオらしさは多分に感じられる。

今作モデルはイコライザー調整にも対応したので、あまりに丁寧な音にむずかゆさ感じた人であればイコライザー調整を活用したい。

 

 

イコライザー調整も可能

iOS、Android向けに配信している専用アプリ「Headphone Control」に初対応。これに伴いイコライザー調整できるようになった。

低音重視、ボーカル重視など音楽シチュエーションに合わせたテンプレ設定を用意しているため、そこまでオーディオが詳しくない人でも問題なし。

目盛り単位で細かくチューニングすることも可能。2つまで独自チューニング設定を保存できる。こだわりたい人ならこっち。

Headphone Control

Headphone Control

無料posted withアプリーチ

 

 

一部Androidスマホであれば「aptX Adaptive」接続が可能

Bluetoothオーディオコーデック「aptX Adaptive」に新対応。一部Androidスマホと接続すればハイレゾ(ハイレゾ・ワイヤレス)相当の高音質なオーディオ再生が可能になる。

通常のオーディオ再生に比べて劇的に音が変わるわけではないが、流行り物が好きな人だと試してみる価値あり。

ただ、aptX Adaptiveは対応しているスマホが少ない。もっぱらソニー、シャープ、Xiaomiのスマホのみ。iPhone、Pixel、Galaxyなど主要なスマホはaptX Adaptiveに非対応だ。

aptX Adaptiveは下位互換性あり。aptX Adaptiveに対応していないAndroidスマホであればaptXで接続代替される。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

【重点レビュー1】マルチポイントの使い勝手は?

着信に反応した音声出力先の切り換え可能

ヤマハ「TW-E3C」はマルチポイント対応。最大2台のデバイスを同時接続できる。

なにかしらオーディオ再生しているデバイス側に音声出力先だけ自動で切り替わる。

着信に反応した音声出力の切り換えも可能。着信があったデバイスに一時的に音声出力先が切り替わり、そのまま着信対応できる。

在宅ワーカーなど普段はPCでオーディオ再生してて、ときたまスマホで着信を受ける... みたいな使い方をしてる人だと特に勝手いい。着信対応はタッチボタン操作で可能だ。

 

 

オーディオ再生中だと音声出力先が切り替わらず(着信時を除き)

ヤマハ「TW-E3C」のマルチポイント機能は、オーディオ再生が停止している状態でないと音声出力先が切り替わらない。

他社マルチポイントだと現在のオーディオ再生の有無関係なく、新たにオーディオ再生を開始したデバイスに自動で音声出力先が切り替わる製品が多いが、これに比べると勝手が悪い。

たとえば、スマホでソシャゲ中にPC側でオーディオ再生を開始しても音声出力先はスマホまま。スマホのソシャゲを1度閉じて、スマホのオーディオ再生が停止している状態でPC側でオーディオ再生を開始することで、ようやく音声出力先が切り替わる。

なお、通話着信時であればオーディオ再生の有無関係なく着信デバイス側に一時的に音声出力先が切り替わる。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

【重点レビュー2】外音取り込み機能の実力は?

外音取り込み機能はそこまで高性能ではない、素直にイヤホン音量を下げた方が早い

ヤマハ「TW-E3C」は外音取り込み機能に初対応。機能ONにするとイヤホンを装着したままイヤホンマイク通じて周囲の音が聞き取れる。

ただ、取り込み性能はごく普通。機能ONにすると周囲の音が(気持ち)明るくなるが、明瞭とは言いがたい。イヤホン音量も下げないと正直そこまで機能ON/OFFの違いはわからない。

また、トンネル内を走行している列車のような”コーっ"といったノイズ音が目立つので長時間と常用すると気持ち悪さ感じる人もいるかもしれない。

概して外音取り込み機能はそこまで高性能ではない。セールスポイントとは言いがたい。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

【重点レビュー3】前作モデル「TW-E3B」との違いは?

主たるアップデート点は「マルチポイント」「イコライザー調整」対応

ヤマハ「TW-E3B」

前作モデル「TW-E3B」

現在も販売が続くヤマハ「TW-E3B」。2020年に発売開始して長らくヒット飛ばした人気モデルだ。

TW-E3C」はそのまま後継モデルの位置づけ。主たる違いは以下のとおり。

TW-E3C(レビュー品)TW-E3B(前作モデル)
製品ポジションエントリーモデル
価格10,000円前後6,000円前後
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能対応×
マルチポイント対応×
aptX Adaptive対応×
イコライザー調整対応×
防水性能IPX5
バッテリー駆動時間イヤホン単体9時間、ケース併用で最大24時間

TW-E3C」はマルチポイントに初対応。外音取り込み機能も性能は微妙だが使えるには使える。

音質に関してはどちらも原音重視、ヤマハいわくの"TRUE SOUND"路線の優しく丁寧な音が鳴る。

プラスアルファで「TW-E3C」はイコライザー調整に対応。自分好みの音にカスタムしたい人だと評価ポイントとなる。

イヤホン筐体デザインはほぼそのまま。「TW-E3C」は「TW-E3B」の中身だけアップデートした文字どおりの意味での後継モデルに。

昨今だとマルチポイント対応の有無が製品選びの評価軸となりつつあるが、スマホ単体で使うワイヤレスイヤホンを探している人なら前作モデル「TW-E3B」でも問題ない。

TW-E3C」はマルチポイントを活用したい人、複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわそうと考えている人が選ぶと丁度よさそうだ。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

ヤマハ「TW-E3C」の気になったところ(あるいはデメリット)

ペアリング情報の保持可能台数は最大3台と少なめ

ヤマハ「TW-E3C」のペアリング可能台数は最大3台。

3台以上のデバイスのペアリング情報が保持できず、4台目以降のデバイスをつなぐと古いペアリング情報から上書き削除される。

スマホ、タブレット、PCと使いまわす人だと3台ギリギリ。Nintendo Swtichやスマートウォッチも含めるとペアリング枠が足りない。

せっかくのマルチポイント対応なのだし3台以上のペアリング枠がほしかった...

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

↑ 目次へ戻る

 

 

この記事のまとめ

ここまでヤマハ「TW-E3C」をレビューしてきた。

前作モデル「TW-E3B」の純然たるアップデートモデルであり後継モデル。マルチポイントが使えるのがなによりの評価ポイントだ。

よくも悪くも物自体は前作モデル「TW-E3B」と代わり映えしない印象も受けた。マルチポイントが必要ない人であれば「TW-E3B」でも問題ないかと思う。これも販売が続いてて価格6,000円前後で購入できる(価格参考:Amazon)。

TW-E3C」はマルチポイントが使いたい人、イコライザー調整したい人、あるいは新しいもの好きな人におすすめしたい。

 

 

レビュー対象製品

 

 

前作モデル「TW-E3B」(現在も販売中)

他のカラーリングも含めてAmazonでチェックする

 

 

似た価格のおすすめワイヤレスイヤホンを探す

オーディオテクニカ「ATH-CKS30TW」レビュー|国産かつ1万円でマルチポイント対応したコスパモデル

続きを見る

1万円で買えるソニーのワイヤレスイヤホン「WF-C500」レビュー

続きを見る

【イヌホン】Victor HA-A30T レビュー|音質よし、ノイズキャンセリング普通。

続きを見る

JBL WAVE BUDS レビュー|王道アップデートされた格安ワイヤレスイヤホンの大本命

続きを見る

 

 

他のワイヤレスイヤホンを探す

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2023年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介(2023年)

続きを見る

【2023年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ワイヤレスイヤホン
-, ,