(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
開催中
【2024年7月11日〜】Amazonプライムデーで安く買えるワイヤレスイヤホンまとめ

続きを見る

ワイヤレスイヤホン

Google「Pixel Buds A-Series」レビュー|マルチペアリング&上書き接続切り替え可能な隠れた良機

2022年8月18日

Google純正ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」。

その通常版モデルが「Pixel Buds A-Series」。上位版モデルと異なりノイズキャンセリングやマルチポイントこそ対応しないものの、公式価格で11,900円、相場8,000円前後で購入できるコスパのよさが魅力だ。

また、この価格帯のワイヤレスイヤホンでは珍しくペアリング接続先の上書き切り替えに対応違うデバイスにペアリング接続を切り替えるとき、Bluetooth設定画面からイヤホン名を選択するだけで切り替わる

他社ワイヤレスイヤホンのように切り替え都度、現在のペアリング接続を解除したり、イヤホンの電源を入れ直す必要はない。もとより複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわす予定の人だと勝手よい。

この記事では、以下のような観点から Pixel Buds A-Series を実機レビューしていく。

  • 音質は?
  • 細かな使い勝手は?
  • iPhoneとの相性は?

Pixel Buds A-Series の購入を検討している人は記事を参考にしてみてほしい。


広告

Google「Pixel Buds A-Series」レビュー

【総評】ペアリング切り替え勝手のよさを評価する人におすすめ




発売時期2021年8月
公式価格11,800円
販売元メーカーGoogle(米国)

製品評価

低音(3.5)
中音(3.5)
高音(3.5)
イヤホンの装着感(5)
ノイズキャンセリング-
外音取り込み機能-
マイク性能(4)
バッテリー性能(4)
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能×
マルチポイント×
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体5時間
ケース併用で最大24時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

【Good!】よかったところ

  • ペアリング接続の上書き切り替え可能
  • イヤホンサイズは軽量コンパクトで装着感よし
  • ケース併用24時間使える相場平均的なバッテリー水準キープ

【Bad...】気になったところ

  • 音質はごくごく普通(というか特色ない)
  • iPhoneだとイコライザー調整できない
  • 費用対効果の観点から見ると割高

Pixel Buds A-Series は、複数デバイス間で使いまわしやすいワイヤレスイヤホンを探している人におすすめ。

全体的に特色ないワイヤレスイヤホンだが、ただ唯一ペアリング切り替え勝手のみ優秀。この価格帯の製品では珍しくペアリング接続先の上書き切り替えに対応する。違うデバイスにペアリング接続を切り替えるとき、Bluetooth設定画面からイヤホン名を選択するだけで切り替わる

いかんせんワイヤレスイヤホンは複数デバイス間で使いまわしにくい。違うデバイスに接続を切り替え都度、現在のペアリング接続を解除したり、イヤホンの電源を入れ直す必要が出てくる。こうした作業を面倒に感じている人だとペアリング接続先が上書き切り替えできる Pixel Buds A-Seriesを重宝するはずだ

音質はいたって普通。低音〜高音までフラット。音の強弱が少ないので奇しくも公式いわくの「耳に心地よいサウンド」は嘘偽りない。長時間のリスニングでも聞き疲れることはないと思う。

ノイズキャンセリングやマルチポイントといった最新機能には対応せず。ここらは上位版モデルである「Pixel Buds Pro」の専売特許だ。もとより機能面を重視する人なら上位版モデルを選びたい。

Google「Pixel Buds Pro」(価格2.3万円)

機能性を重視する人ならこれ。ノイズキャンセリング、マルチポイント、ケースのワイヤレス充電(Qi)などもろもろ対応。Pixelスマホとセットで使えば空間オーディオ再生も可能。

iPhone向けのおすすめワイヤレスイヤホンを探す

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

Androidスマホ向けのおすすめワイヤレスイヤホンを探す

Androidスマホと相性よし!おすすめワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

 

 

Google「Pixel Buds A-Series」を項目別にレビュー

音質はフラット(or のっぺり)

音質は中音域〜高音域がメイン。音場(音の広がり)は狭め。のっぺりした音というのが妥当なところ。

全体としてものすごい地味で控えめな音質だが、音の強弱が少ないので公式いわくの「耳に心地よいサウンド」は嘘偽りない。長時間のリスニングでも聞き疲れることはないと思う。

Androidスマホユーザーであれば専用アプリから低音だけ増強カスタムできる。気持ち低音「3」くらいに引き上げると低音こもらず、ボーカル映える丁度いいサウンドになる。Androidスマホユーザーなら試してみてほしい。なお、iOS向けには専用アプリの配信ない。

 

 

バッテリー駆動時間は相場水準(ケース併用24時間)

バッテリー駆動時間は相場水準。イヤホン単体5時間、ケース併用で最大24時間と使いまわせる。

ケース充電はUSB Type-Cケーブル(&充電器)で行う。ケースのワイヤレス充電(Qi)には対応せず

 

 

ペアリング接続先の上書き切り替え可能

Pixel Buds A-Series の最大のセールスポイント。ペアリング接続先の上書き切り替えに対応する

違うデバイスにペアリング接続を切り替えるとき、Bluetooth設定画面からイヤホン名をタップするだけで切り替えられる。都度、現在のペアリング接続を解除したり、イヤホンの電源を入れ直す必要はない。

もとより複数デバイス間でワイヤレスイヤホンを使いまわそうと考えてる人だと同仕様がセールスポイントになる。

 

 

防水性能はIPX4と相場水準

イヤホン本体のみIPX4の防水性能あり。充電ケース側は防水非対応。

がっつり濡れるようなシチュエーションを除けば、普段使いで特に問題らしい問題なし。濡れた手で触ったり、汗がついても故障しない。

 

 

iPhone向けには専用アプリの提供なし(イコライザー調整不可)

専用アプリ「Pixel Buds」はAndroid向けに提供。iOS向けには配信なし。アプリが使えないと主に以下2点のデメリットあり。

  1. イコライザー調整不可
  2. ソフトウェア・アップデート不可

ワイヤレスイヤホンでたまにあるソフトウェア・アップデートは専用アプリ通じて行う。iPhoneユーザーだとアップデートがもろもろ受けられない(スタンダード帯の製品であり、そこまで新機能が追加されるとは思えないが...)。

 

 

上位版モデルとの違いは?

Pixel Buds A-Series の上位版モデルとして「Pixel Buds Pro」あり。

よくも悪くも価格差・性能差・機能差が大きめ。特に機能面を重視する人なら Pixel Buds Pro を選んで問題なし。

Google Pixel 現行モデルの主な違い

Pixel Buds A-Series(レビュー品)Pixel Buds Pro
製品ポジション通常版モデル上位版モデル
公式価格11,900円23,800円
ノイズキャンセリング×対応
外音取り込み機能×対応
マルチポイント×対応
空間オーディオ再生×対応
ケースのワイヤレス充電(Qi充電)×対応
バッテリー駆動時間イヤホン単体5時間イヤホン単体11時間
ケース併用24時間ケース併用31時間

価格差は丁度2倍だが、それだけの価値はある。もとよりノイズキャンセリングやマルチポイントが使いたい人なら Pixel Buds Pro がおすすめ

Google「Pixel Buds Pro」レビュー|Androidスマホ向けのGoogle版AirPods Pro

続きを見る

 

 

この記事のまとめ

Pixel Buds A-Series はペアリング切り替えしやすいワイヤレスイヤホンを探している人に特におすすめ

音質は普通だし、機能面も普通。ペアリング切り替えのしやすさが唯一無二の強みと言っても過言ではない。

公式価格は11,800円だが、すでにAmazonだと9,000円前後で購入可能。イオシスの未使用品なら8,980円で購入できる(在庫あれば)。

”ペアリング切り替えのしやすいワイヤレスイヤホン”という地味だがニーズありそうな強みを評価する人、評価できる人なら Pixel Buds A-Series をおすすめしたい。

 

Pixel Buds A-Seriesの代替候補

Google「Pixel Buds Pro」(価格2.3万円)

Pixel Buds上位版モデル。ノイズキャンセリング、マルチポイント、ケースのワイヤレス充電(Qi)などもろもろ対応。Pixelスマホとセットで使えば空間オーディオ再生も可能(レビュー記事を見る)。

ソニー「WF-C700N」(価格1.4万円)

2023年に登場したソニーの中堅モデル「WF-C700N」。ノイズキャンセリング&マルチポイントに対応。なおかつ、ペアリング接続先の上書き切り替えにも対応。もとより複数デバイス間で使いまわしやすいワイヤレスイヤホンを探している人だと相性よい(レビュー記事を見る)。

Amazon「Echo Buds」(価格12,980円)

Amazon純正ワイヤレスイヤホン。ペアリング接続先の上書き切り替えに対応。Amazonセール期間なら6,980円〜購入可能(レビュー記事を見る)。

 

関連記事

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

Galaxyスマホと相性よし!おすすめワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

Androidスマホと相性よし!おすすめワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品&人気製品まとめ(発売予定含む)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ワイヤレスイヤホン
-, ,