ワイヤレスイヤホン

スポーツイヤホンの革命児「Amazon Echo Buds」(第2世代)レビュー

2022年3月4日

スポーツイヤホンとしておすすめしたい。Amazon Echo Buds(アマゾン・エコー・バッズ)。

ーーースポーツイヤホンというと防水性能だったりイヤホンのフィット感を売りにする製品が多いが、それらとは全く異なるアプローチでスポーツイヤホンを成立させた製品がある。

それが、今回レビューする Amazon Echo Buds(アマゾン・エコー・バッズ)。通販サイトのAmazonが直々に手がけるワイヤレスイヤホンだ。

その最大の製品特徴はAmazonの音声サービス「アレクサ」(Alexa)を搭載すること

他社メーカー品でもアレクサが使えるワイヤレスイヤホンがあるが、アレクサを起動するためにボタン操作が必要。対してAmazon Echo Budsならボタン操作を必要とせず、「アレクサ!○○して」と声で言うだけで起動&操作できる。

Amazonの音声サービス「アレクサ」

勘のいい人だとすでに気づいたかもしれない。そうである。運動中、ランニング中など手を使わず、口元でブツブツ言ってるだけでアレクサが操作できるのである。

アレクサを操作することで音楽再生をザッピングしたり、タイマーを60秒でセットしたり、現在の時刻もアレクサが答えてくれる。

これもう逐一スマホどころかイヤホンも腕時計もいじくる必要がなくなる

Amazon Echo Buds

音声操作デバイスは未来チックだけど実用性が微妙なのは否めなかった。ただ、Amazon Echo Budsはスポーツイヤホンの皮を被ることで、ようやく音声操作デバイスの実用的な未来像を提示したといっても過言ではない。

スポーツイヤホンはスポーツイヤホンでも未来感を多分に重視する人にAmazon Echo Budsをおすすめしたい。

以下はスポーツイヤホンとしての Amazon Echo Buds の強みと弱みをまとめたので参考にしてみてほしい。

Amazon Echo Buds 製品評価

発売時期2022年2月
直販価格(税込)12,980円〜14,980円

Amazon Echo Buds の製品評価は以下のとおり。

低音(3.5)
中音(3.5)
高音(3.5)
イヤホンの装着感(4.5)
ノイズキャンセリング(4)
外音取り込み機能(3)
マイク性能(4.5)
バッテリー性能(2)

ここがGood!!

スポーツイヤホンとして文句ない仕様・性能

音声サービス「アレクサ」をボタン操作せずに声だけで起動&操作できる

イヤーウィングあり、ランニング中のイヤホン揺れなど軽減

アレクサ操作&ビデオ通話で役に立つ高性能マイク搭載

ノイズキャンセリング(ANC)は実用水準の静けさに

ここがBad...

「アレクサ」と呼んでも反応しないことがある

風切り音が大きめ、屋外で「外音取り込み機能」を使うと風がうるさい

バッテリー駆動時間が相場よりも短め(アレクサ常時待機でイヤホン5時間)

 

製品カラーリングは2色

カラーリングは白と黒の2色。レビューは白で行う。

広告

Amazon Echo Buds の製品概要

基本的なスペック情報




発売時期2022年2月
直販価格(税込)12,980円〜14,980円
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント×
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体6.5時間
ケース併用で最大19.5時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
特記アレクサ搭載

※Qi対応は別途オプション

発売時期2022年2月
直販価格(税込)12,980円〜14,980円
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体6.5時間、ケース併用で最大19.5時間
(Alexa & ノイズキャンセリング利用時)イヤホン単体5時間、ケース併用で最大15時間
充電方法USB Type-C(有線)、Qi(無線)
防水性能IPX4
ノイズキャンセリング(ANC)
外音取り組み機能
マルチポイント×

※Qi対応は別途オプション


 

 

ペアリング仕様




Google Fast Pair×
マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法イヤホンをケースに仕舞った状態にして、ケース背面のボタンを3秒長押し
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

ペアリングまわりのTipsは以下記事を参考にしてほしい。

【Tips】Amazon Echo Buds(第2世代)のペアリングまわりの設定方法まとめ

続きを見る

Google Fast Pairとは?

Google Fast PairはGoogleが提供するペアリング簡素化システム。Android OS 6.0以上のスマホであれば、専用のポップアップ画面からワンタッチで初回の接続設定が行える。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

Amazon Echo Budsはイヤホンをケースに仕舞った状態にして、ケース背面のペアリングボタンを3秒長押しすると新規ペアリングモードに移行できる。

ケース背面にペアリングボタンあり

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。Amazon Echo Budsはマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。

対してAmazon Echo Budsは、現在のペアリングを解除する必要なく、Bluetooth設定画面からイヤホン名をタッチするだけでペアリングが切り替えられる。


 

 

Amazon Echo Buds の外観&使用感チェック

充電ケースは片手で握り込めるコンパクトサイズ、ズボンのポケットinでも邪魔にならない

充電ケースはコンパクト。サイズで言うと縦4cm、横6cm、厚さ3cmほど。男性であれば片手で握り込めるサイズ感。ズボンのポケットに入れておく場合でもモッコリせず、邪魔にもならない。

ケース外装はマット感のあるプラスチック。適度に磨き上げた触り心地のよさ、質感のよさがあって、そこまで安っぽさは感じない。

 

 

充電はUSB Type-Cケーブルで、ワイヤレス充電も可能

充電ポートはUSB Type-C

ワイヤレス充電(Qi充電)にも対応

ケースの充電ポートはUSB Type-C。AndroidスマホユーザーなどUSB Type-Cケーブルがそのまま使える。

短時間充電機能も搭載。15分の充電でオーディオ再生2時間分のバッテリーがチャージできる。充電し忘れたときなどパパっと充電して、とりあえずはイヤホンとして使えるようになるので便利。

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応したカスタムケース版を購入すれば、ワイヤレス充電も可能。ワイヤレス充電版は通常ケース版に2,000円をプラスすれば購入できる(通常版12,980円、ワイヤレス充電版14,980円)。

 

 

イヤホンはイヤーウィングあり、揺れの少ない装着感

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

イヤホンサイズはコンパクト。イヤーピースとイヤーウィングのサイズがカスタムできるので、各々の耳のサイズにあった大きさに調整すれば丁度いい装着感が得られる。

イヤホンが気持ち横に出っ張っていて、装着すると耳穴からイヤホンが飛び出る。

ただ、イヤーウィングを耳のひだにしっかりとフィットさせておけばイヤホンの抜け落ちリスクは軽減できるし、ランニング中などのイヤホン揺れも防げる。見た目とは裏腹にイヤホンの装着感は安定している。

イヤーピース、イヤーウィングはサイズ変更可能。シリコン素材なので長時間の装着でも耳への負担が少ない。

イヤーピース、イヤーウィングともにサイズ変更可能

 

 

イヤホンの防水性能はIPX4、雨、汗なら問題ない

イヤホン本体の防水性能はIPX4。雨や汗に耐えられる。プール利用やイヤホンの水洗いには耐えられない。

とはいえ、ジムで運動するときだったり、屋外ランニング中に使うには十分の性能だ。

 

 

(基本は音声操作だが)タッチセンサー操作も可能

イヤホン外側にタッチセンサーあり

イヤホン外側にタッチセンサーを搭載。タッチセンサー操作で音楽再生コントロールほか、アレクサ起動、ノイズキャンセリングのON/OFFなどひととおりの操作が可能。

タッチセンサーは結構しっかりとタッチしないと反応しない。おそらくは誤タッチによる誤操作を防ぐための措置だろうか。「アレクサ」アプリを使えばタッチセンサーの操作機能を部分的にOFFにすることも可能なので、タッチセンサーの誤反応に鬱陶しさを感じる人ならカスタムしたい。

タッチ操作コマンド(初期状態、割り当て変更可能)

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し再生/停止
2回押し次の曲へ移動、着信対応/終了
3回押し前の曲へ戻る
長押しノイズキャンセリング←→外音取り込み機能の切り替え、着信拒否

通話コマンドを除き、いずれの操作コマンドも割り当て変更可能。左右イヤホンに別々の操作内容を設定できるほか、機能OFFにもできる。

割り当てられる操作内容は上記の操作内容にくわえ、音量アップ、音量ダウン、マイクミュート、アレクサの起動などが選択できる。

Amazonで製品をチェック

 

 

スポーツイヤホンとしての「Amazon Echo Buds」の強み

「アレクサ!!」と呼びかけるだけでスマホ操作できる

Amazonの音声サービス「アレクサ」

Amazon Echo Budsの最大のセールスポイント、そしてスポーツイヤホンとしてのAmazon Echo Budsの最大のセールスポイントもこれだろう。

ボタン操作せずに「アレクサ!!」と呼びかけるだけでアレクサが起動。そのまま接続先のスマホが操作できる。

もっぱら以下のような操作はすべてアレクサ経由で行える(音声起動&音声操作だけでまかなえる)。

音楽再生コントロール

音声操作コマンド(一例)
再生/停止アレクサ!!曲を再生して(止めて)
特定のプレイリストを再生アレクサ!!プレイリスト「〇〇」をシャッフル
音量の上げ下げアレクサ!!音量を上げて(下げて)
次の曲へ移動アレクサ!!次
曲の名前をチェックアレクサ!!曲の名前は?

運動中に便利なコマンド

音声操作コマンド(一例)
タイマー設定&開始アレクサ!!タイマー60秒で
現在の時間確認アレクサ!!今何時?
最新のNHKニュースを聞くアレクサ!!ニュースを読んで

主に運動中、ランニング中に使う機会の多い操作コマンドをピックアップしてきた。

他社のワイヤレスイヤホンでも音声アシスタントとしてアレクサを設定できるものがあるが、大方ボタン操作でアレクサを起動する必要がある。

対してAmazon Echo Budsならアレクサが常時待機しているので「アレクサ!!」と声で呼びかけるだけで起動できる。この点、Amazon Echo Budsの絶対的な強み。

音声操作デバイスは意識高いだけで実用性が微妙だったりするが、スポーツイヤホンとして考えると予想以上に理にかなう。ランニング中に音声操作だけで音楽再生をザッピングしたり、ワークアウト休憩中のタイマーセットも音声で可能なのは、未来的であると同時に実用的だ。

 

 

通話マイクはノイズカット仕様、屋外でもアレクサ操作に支障なし

イヤホン片側に3つのマイク搭載(外側2つ、内側1つ)

他社製品だとビデオ通話のためのセールスポイントとして宣伝されることの多いノイズカット対応マイクだが、Amazon Echo Budsはアレクサ操作のためのセールスポイントとなる。

イヤホン片側3つのマイクを搭載。口元の音と周囲の音を見極め、口元の音を意識して拾ってくれる。いざ屋外でランニングしているときなどにアレクサを使っても指示内容をきちんと聞き取ってくれる。

もちろん通常のハンズフリー通話やビデオ通話のときのイヤホン&マイクとしても活躍する

騒音のある場所で使っても口元の音7:周囲の音3くらいの比率で通話転送してくれる。周囲の音こそ完全にカットできないが、それでも口元の音をメインとして通話転送してくれるので実用性は十分だ。

 

 

防水性能はIPX4、スポーツイヤホンとしては合格ライン(水泳では使えないけど...)

Amazon Echo Budsの防水性能はIPX4。雨や汗には耐えられる。

スポーツイヤホンだとプール水泳中に使えるIP7の防水性能だったり、砂ホコリ吹き荒れる中でも使えるIP5の防塵性能を備えるタフネスモデルがあったりするが、普段ランニングしたり、ジムで運動する程度であればIPX4の防水性能で十分だ。

 

 

イヤホンはウィングチップ搭載。ランニング中のイヤホン揺れを軽減

イヤホン本体に専用のウィングチップをカスタムできるため装着時のイヤホン揺れは極めて少ない。

もとよりスポーツイヤホンだとウィングチップを搭載している製品が多いが、それらの製品と大差ない使い勝手が得られる。ランニングやトレッドミルなどイヤホン揺れが気になるシチュエーションで使いたい人でも大丈夫だ。

イヤーウィングは3サイズ用意されるので各々の耳にあったサイズを見つけたい。

イヤーウィング、イヤーピースともにサイズ変更可能

 

 

ノイズキャンセリング(ANC)対応、1人集中して走りたいときに最適

Amazon Echo Budsはノイズキャンセリング(ANC)こと周囲の騒音の低減機能に対応している。

2万円、3万円する高価格モデルのノイズキャンセリングのような徹底した騒音カットではないが、もとよりイヤホンの物理的な遮音性が高いのでノイズキャンセリングONの状態なら静けさは得られる。

公園内の決まったランニングルートだったり、トレッドミルで1人黙々と走っていたいときなどに機能ONにして音楽を流しておけば、周囲の音が気にならない集中空間そのもの。バラード曲を流すとついつい聞き入ってしまいそう。

ノイズキャンセリングそれ自体をメインで使いたい人だと物足りなさを感じそうだが、それとなく周囲の騒音を低減する程度に使うくらいであれば実用十分なスペックだと思っている。

Amazonで製品をチェック

 

 

スポーツイヤホンとしての「Amazon Echo Buds」の弱み

「アレクサ!!」と聞き取ってくれないことがある

アレクサを起動するため、まず最初にウェイクワードとして「アレクサ!!」と口に出して呼びかけるわけだが、スルーされることが多い。

マイクの集音性能が弱いのかと思いきや、指示内容それ自体はきちんと聞き取っていたりする。とかく「アレクサ!!」の呼びかけにだけ反応してくれなくて悲しくなる。

他のアレクサ搭載デバイスでも似たようなトラブルに見舞われることはあるのだが、どうしても改善しない、勝手が悪い場合はボタン操作コマンドに「アレクサを起動」を割り当てるなどの代替手段を用意しておいた方がいいかもしれない。

 

 

アレクサを介さない着信通話だと音声操作で着信に出れず

アレクサはアレクサユーザー間の無料通話サービス(&メッセージサービス)を提供。LINEの無料通話のアレクサ版といったところ。

同通話サービスを通じた着信対応、また通話発信であれば、「アレクサ!!通話に出て」「アレクサ!!〇〇に電話して」などの音声操作コマンドで操作できる。

ただ、これ以外の通話やメッセージ、それこそLINEだったり通常の通話発信だったり、第三社企業が提供する通話・メッセージサービスだとアレクサが介入できないため、そもそもAmazon Echo Budsを通じて音声操作することもできない。

イヤホンのスピーカー通じて着信音それ自体は鳴る。タッチボタンを2回連続タッチすれば着信に出れるし、同2回連続タッチで着信終了も可能なので、どうしても通話に出たいときはタッチボタン操作で代替したい。

 

 

音楽再生コントロールできる音楽サービスは種類が限られる

アレクサ経由(音声操作経由)で音楽再生がコントロールできるのは、Amazon Musicはじめとした以下7つの音楽サービスのみ。

アレクサ経由(音声操作経由)で音楽再生がコントロールできる音楽サービス

  • Amazon Music
  • Apple Music
  • Apple Podcast
  • Spotify
  • AWA
  • dヒッツ
  • うたパス

これ以外の音楽サービスだと音声操作経由でコントロールできない。タッチボタン操作でコントロールする必要がある。とはいえ、メジャーな音楽サービスは揃っていて、もっぱらLINE MUSICあたりを使っている人を除けば不満ないかと思う。

ただ、スマホ内に保存しているローカル楽曲(ダウンロード楽曲)を再生するためのミュージックプレーヤーアプリなども音声操作できないので、英語のリスニングCD楽曲など聴いてる人とは相性が悪そうだ。

 

 

「外音取り込み機能」に対応も風切り音がうるさい、骨伝導イヤホンのような使い方には合わない

イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる「外音取り込み機能」(アンビエントサウンドモード)。骨伝導イヤホンのようにしてワイヤレスイヤホンを使いたい人だと機能を常時ONにしておく人が多い。

Amazon Echo Budsは外音取り込み機能に対応こそしているが、周囲の音とともにイヤホンマイクに風が当たった音も多分に集音している。その結果、スピーカーを通じて”シュバババ”といった風切り音が鳴り響くのでうるさい。ちょっとやそっとではなく結構うるさい。

設定変更で周囲の音の取り込み具合を「最小」にすれば多少なりに風切り音の音も小さくなるが、そうなると外音取り込み機能の意味もなくなってくる。

Amazon Echo Budsは片耳だけでも利用できるので、どうしても屋外で骨伝導イヤホンのようにして使いたい人だと外音取り込み機能は使わず、片耳イヤホンとしての運用を考えた方がいいかもしれない。

 

 

バッテリー駆動時間は相場よりも短め、アレクサ常時待機だとイヤホン単体5時間

アレクサを常時待機(音声起動待機)した状態だとイヤホン単体で5時間、ケース併用で15時間のバッテリー持ち

これにくわえて音楽再生したり、ノイズキャンセリング常時ONにしたり、イヤホン通話したりすれば、実働4時間〜5時間といったところだろうか。

空き時間にイヤホンをケースに仕舞っておいて適時充電すれば最大15時間まで使いまわせるが、イヤホン単体で1日おろか半日近く使いまわすのは現実的ではない。

なお、アレクサの常時待機(音声起動待機)をOFFにしてボタン起動だけにした場合、イヤホン単体で6.5時間、ケース併用で19.5時間のバッテリー持ちになる。気持ち少しだけバッテリー持ちはよくなる。

Amazonで製品をチェック

 

 

そういえば、音質どうなの...?

音質はよくも悪くも普通。イコライザー調整(音質カスタム)ありきで完成するAmazon Basicの極み

Amazon Echo Budsの音質を一言で言えば普通。低音、中音、高音がバランスよく鳴るフラット型の音質というべきだろうか。

そこまで音の強弱、音のメリハリなく、ただただ音が鳴ってるイメージ。とはいえ、格安の中華イヤホンのように音がスカスカというわけではなく、音の質感のようなものはきちんとある。巷で数千円で売ってるようなワイヤレスイヤホンのような粗さはないため安心あれ。

イコライザー調整(音質調整)ありきで完成するスタンダードなチューニングだと思っている。「アレクサ」アプリを使えば低音、中音、高音を10段階で細かく調整できるので、人それぞれ好みの音に合わせてカスタムしたい。

低音、中音、高音、それぞれ10段階で調整可能

音の迫力がほしければ低音(ベース)を、ボーカル重視で音楽を聞きたい人なら中音(ミドル)を、全体的に音をクリアにしたい人なら高音(トレブル)をプラスすればいい。

Amazonで製品をチェック

 

 

この記事のまとめ

ここまで Amazon Echo Buds をレビューしてきた。

音声操作を売りにしたAmazon Echo Budsはスポーツイヤホンとして悪くない選択肢。ランニング中など独り言のようにして音楽再生をザッピングできるのが本当に便利だ。

いかんせん音声操作デバイスは声に出して操作するのが気恥ずかしかったりするのだが、ランニング中や運動中ならさして気にならない(体感)。服装や動作も含めて「私は運動してますよ!」という口実あってこそなせる技だと思っている。

防水性能がIPX4なのでプールでは利用できないが、ランニングだったり、ジムでワークアウト中に使うためのスポーツイヤホンとしては問題なし。運動中のイヤホンとしておすすめ。

 

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

 

 

関連記事

スポーツ特化ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 4 Active」レビュー【ランニング中に外れない】

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-,