ワイヤレスイヤホン

【安定のヤマハ】楽器の音色を丁寧に描く「YAMAHA TW-E5B」レビュー

ワイヤレスイヤホンだと無駄に低音が強くて楽器の音なんて楽しめない製品が多いのだけど、そうした考えももう古いのかもしれない。

楽器メーカーとして名高いヤマハ(YAMAHA)から登場した新作ワイヤレスイヤホン「TW-E5B」は、まさしく楽器の音色を堪能したい人におすすめのワイヤレスイヤホン。

音の解像度が高いのはもちろん、楽曲の原音重視のチューニングとあって楽器の音色もきちんと残る。いやむしろ"残している”と言うべきだろうか。楽器メーカーこその楽器にフォーカスをあてた音質だ。

Yamaha TW-E5B

もとより"ヤマハ”ブランドのワイヤレスイヤホンなのでネームバリューの時点で興味を持っている人も多いかと思う。

そうしたネームバリューへの期待を裏切らない、楽器の音色まで楽しめるワイヤレスイヤホンとあり、楽器への理解ある人だったり、楽器の音に聞き心地よさ感じる人であれば気に入ること違いない。

この記事では、ヤマハ「TW-E5B」をレビューしていきたい。

ヤマハ「TW-E5B」製品評価

発売時期2022年3月
市場価格1.5万円前後

ヤマハ「TW-E5B」の製品評価は以下のとおり。

低音(4)
中音(4.5)
高音(5)
イヤホンの装着感(4)
ノイズキャンセリング-
外音取り込み機能(4.5)
マイク性能(3.5)
バッテリー性能(5)

ここがGood!!

楽曲の原音再生を指向した高音質オーディオ

「aptX Adaptive」対応、一部Androidスマホで使えばより高音質に

小ボリュームでもしっかりと音が聞き取れる(リスニングケア)

最大30時間使えるロングバッテリー搭載

イヤホンが汚れたら水洗い可能(IPX5仕様)

ここがBad...

(価格のわりに)ノイズキャンセリング非対応

通話マイク性能は普通、騒音のある場所だと使いづらい

イヤホンを装着すると横に出っ張る、寝転がった状態だと使いにくい

左右イヤホンのボタン配置が異なるトリッキー仕様

ペアリング可能台数が最大3台と相場よりも少なめ

 

製品カラーリングは4色

カラーリングはブラウン、ブラック、グレー、ブルーの4色展開。レビューはブラウンで行う。

広告

ヤマハ「TW-E5B」の製品概要

基本的なスペック情報




発売時期2022年3月
市場価格1.5万円前後
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能対応
マルチポイント×
防水性能IPX5
バッテリー駆動時間イヤホン単体8.5時間
ケース併用で最大30時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)
補足aptX Adaptive対応
発売時期2022年3月
市場価格1.5万円前後
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、aptX Adaptive
バッテリー駆動時間
イヤホン単体8.5時間、ケース併用で最大30時間
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能IPX5
ノイズキャンセリング×
外音取り組み機能対応
マルチポイント×

 

 

ペアリング仕様




Google Fast Pair×
マルチペアリング対応(最大3台)
新規ペアリングモードの起動方法左右イヤホンのボタンを同時に3秒押し(右イヤホンは+ボタン押し)
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)

複数デバイス間のペアリング切り替えは、先に現在のペアリングを解除する必要あり。

接続しているデバイスのBluetoothをオフにするか、あるいはイヤホンのボタンを操作して新規ペアリングモードを起動することでペアリングが一時的に解除できる。

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、新規ペアリングモードの起動と同時に専用のポップアップ画面が表示され、画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。ヤマハ「TW-E5B」は最大3台と少なめ。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要あり。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。ヤマハ「TW-E5B」はマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。一部メーカーのワイヤレスイヤホンなら現在のペアリングを解除せずに切り替えられるが、ヤマハ「TW-E5B」は同仕様には非対応。


 

 

現行モデル(併売モデル)「TW-E3B」との違い

ヤマハ「TW-E3B」

Yahama「TW-E3B」

ヤマハは完全ワイヤレスイヤホンの現行ラインナップとして「TW-E5B」(レビュー品)、そして「TW-E3B」の2製品を展開している。

この2製品の主たる違いは以下のとおり。

TW-E5B(レビュー品)TW-E3B
製品ポジション上位版モデルエントリーモデル
aptX Adaptive対応×
ノイズキャンセリング×
外音取り込み機能対応×
防水性能IPX5
発売時期2022年3月2020年11月
市場価格1.5万円前後5,000円前後

当記事でレビューする「TW-E5B」は上位版モデルの位置づけ。

aptX Adaptiveほか、イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる「外音取り込み機能」に対応している。ノイズキャンセリング(ANC)には対応しない。

対して「TW-E3B」はエントリーモデルの位置づけ。エントリーモデルとは思えぬ高音質ワイヤレスイヤホンとして2020年11月の発売以来ロングセラーを記録している。

ヤマハ「TW-E3B」

Yamaha TW-E3B

どちらも高音質オーディオを売りにした製品だが、より高音質オーディオを求める人であれば上位版モデルである「TW-E5B」がおすすめ。

高音質なBluetoothオーディオコーデックとして知られる「aptX Adaptive」に対応しているのでXperiaなどaptX Adaptiveに対応している一部のAndroidスマホとセットで使えば、より解像度の高いオーディオ再生になる。

エントリーモデルの「TW-E3B」も悪くない。もっぱら初めてのワイヤレスイヤホンとして、とりあえずワイヤレスイヤホンを使ってみたいという人におすすめだ。

あわせて読みたいヤマハ(YAMAHA)の完全ワイヤレスイヤホンを比較|TW-E5B、TW-E3B、何が違う?

続きを見る

 

 

ヤマハ「TW-E5B」の外観&使用感チェック

イヤホンの装着感は悪くないが、装着するとイヤホンが横に出っ張る

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

イヤホンの装着感は悪くない。イヤーピースを耳穴に突っ込んで少しばかり時計回りにクルッと回すと自然とフィットする。

イヤホン重量も片側6.5gと相場相当で長時間のイヤホン装着でも疲れにくい。

ただ、横に出っ張ったイヤホンデザインなので装着すると存在感ある。さながら小型ヘッドセットのよう。寝転がった状態で使うとイヤホンがぐいぐい内側に押されて鬱陶しく感じそう。

 

 

イヤホン本体の防水性能はIPX5、汚れたら水洗いしてもOK

雨や汗など日常生活レベルの水には耐える。

また、イヤホンの水洗いも可能。水道の蛇口から水を直接かけても問題ない。イヤホン汚れを気にする人、きれい好きの人だと嬉しいところ。

 

 

物理ボタン搭載、左右イヤホンのボタン配置が異なる特殊仕様

イヤホンに搭載された物理ボタンでデバイス操作可能。タッチボタンではないので、ふとしたタイミングの誤タッチ、誤反応を防げる。

ただ、右イヤホンに2つのボタン、左イヤホンに1つのボタンを搭載する特殊仕様なので操作の慣れが多分に必要。ボタン操作コマンドも割り当て変更できず。

ボタン操作コマンドは以下のとおり(割り当て変更不可)

左イヤホン右イヤホン(+)右イヤホン(-)
1回押し再生/停止音量1アップ音量1ダウン
2回押し外音取り込みON/OFF次の曲へ前の曲へ
1秒長押し--音声アシスタントON/OFF

音声アシスタントはSiriとGoogleアシスタントに対応(※アレクサ非対応)。

左イヤホンにしかオーディオの再生/停止コマンドが割り当てられないので片耳イヤホンとしては使いにくい。

通話操作コマンドは以下のとおり(割り当て変更不可)

左イヤホン右イヤホン(+)右イヤホン(-)
1回押し着信を受ける音量1アップ音量1ダウン
2回押し---
1秒長押し着信拒否、着信を終了する--

 

 

充電ケースは格別におしゃれ、楽器の収納ケースのよう

充電ケースがこれまたおしゃれ。楽器の収納ケースのようなリッチな風合い、質感が多分にある。

外観素材はプラスチックなのだが、適度にヌメリがあって安っぽさは感じない。

また、ケース蓋には凹凸あるザラザラ加工が施されててよきアクセントに。ヤマハの音叉マークと相まってケース単体でもさまになる。

ケースサイズは縦5cm、横6cm、厚み3cmほど。他社のワイヤレスイヤホンに比べると少しだけ大きめだが、それでも男性ズボンのポケットに入れておけるサイズはキープしている。特段に大きさを気にする必要もないかと思う。

男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズ感

 

 

ケース充電はUSB Type-Cケーブルで、ワイヤレス充電(Qi充電)には非対応

ケース充電はUSB Type-Cケーブルで行う。AndroidスマホユーザーならUSB Type-Cケーブルがそのまま使いまわせる。

ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず。

 

 

ヤマハ「TW-E5B」の音質チェック

音の解像度は高め、楽器の音色一つまで映える

ヤマハ「TW-E5B」はクリアな高音再生を強みとしており、いざ音楽を聞くと音の解像度の高さに驚く。

なおかつ、楽器ごとの音色を切り分けたようにして丁寧に描写。他社ワイヤレスイヤホンだと低音おろか高音に隠れてしまっているような細かな楽器の音も認知できる(聞き取れる)。

楽器の音と喧嘩しない程度にボーカルも主張してるし、音の広がりもある。YouTubeで音楽MV一つ見るにしても音楽そのものが堪能できる理想的なチューニングだと思う。

他方、さ行の音(”さしすせそ”の音)が少しばかり刺さり気味。どうしても気になる人だと専用アプリからイコライザー調整して高音域を抑えた方がいいかもしれない。

また、よくも悪くも音が丁寧。ノリノリになれる激しい音の強弱を好む人、低音をガンガン鳴らしたい人とはオーディオ相性が悪そう。

「丁寧な音」「繊細な音」「優しい音」といったキーワードに惹かれる人であればオーディオ相性はよさそうだ。

 

 

イコライザー調整(音質カスタム)に対応

専用アプリ「Headphone Control」を使えばイコライザー調整が可能。目盛り単位で細かく設定できる。

デフォルト状態だとあまりに丁寧すぎて低音がほしくなる人もいるかもしれない。そうした人なら低音域を少しばかり引き上げると丁度よさそう。

Headphone Control

Headphone Control

無料posted withアプリーチ

 

 

「リスニングケア」(聴覚保護機能)は効果あり、音量が半分以下でも音楽が聞き取りやすい

出典:Yamaha TW-E3B

ヤマハ「TW-E5B」は、ヤマハ独自機能「リスニングケア」を搭載。

音量が低い状態だとかすれてしまう低音と高音を引き立て、音量が低い状態であっても音楽を聞き取りやすくする機能。音量の上げすぎによる聴覚ダメージを防ぐための機能として提供される。

いざ使うと効果は実感できる。スマホの音量が半分以下の状態であっても低音〜高音まで音の輪郭が残る

もちろん周囲の音がうるさい場所だと物理的に音量を上げざるを得ないことはあるのだが、自宅だったり、静かな場所で使う程度であればスマホの音量を半分と上げずに使えるので聴覚保護の観点から重宝しそうだ。

 

 

aptX Adaptive対応、一部Androidスマホと接続すればより高音質に

ヤマハ「TW-E5B」の隠れたセールスポイントaptX Adaptive。

aptX AdaptiveはBluetoothオーディオコーデックの一つ。aptXの上位版であり、ハイレゾ相当の情報量(最大48kHz/24bit)をワイヤレス経由で転送&再生できる。

昨今だとApple MusicやAmazon Music HDでハイレゾ相当楽曲の配信が始まっている。もっぱらここらの楽曲を高音質ままで再生したい人だとaptX Adaptive対応は譲れぬセールスポイントとなる。

とはいえ、通常のオーディオ再生でも音の解像度が高いワイヤレスイヤホンとあり、aptX Adaptiveだからといって劇的に音質や音の解像度が引き上がるわけではない

そもそものaptX Adaptive対応スマホが限られており、XperiaやAQUOS、シャオミスマホを除けば対応しない。iPhone、Google Pixel、GalaxyなどはaptX Adaptive非対応。

正直なところ... aptX Adaptiveを活用できる人は少なさそうだ。

aptX Adaptiveに対応しているAndroidスマホは米クアルコムの公式サイトから確認できる。

 

 

ヤマハ「TW-E5B」の機能面チェック

外音取り込み機能は高性能、周囲の音を9割方通す

イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる「外音取り込み」機能に対応。

いざ機能ONにすると周囲の音を9割方を通し、イヤホンを付けてないような錯覚を覚える。ホワイトノイズ(サーっといった機械音)もなく、常時機能ONでも気持ち悪くない。

歩行中、運動中くらいであれば安全面を考慮して常時機能ONで使うのもよさそう。

ただ、さすがに骨伝導イヤホンよりは遮音性が残るのでバイクライダーなどにはおすすめできない。

 

 

通話マイクはごく普通のでき

イヤホン本体に通話マイクを搭載。ビデオ通話やハンズフリー通話のスピーカー&マイクとして活用できる。

集音性能こそ問題ないが、周囲の騒音がうるさい場所で使うと騒音ごと集音してしまう。基本的には静かな場所で使った方がよさそう。

なお、通話時のノイズカット機能に対応しているが、米クアルコムが提供しているcVc仕様のノイズカットとあって性能はたかか知れる。

あくまで通話音声をクリアに補正しているだけであって、口元から離れた場所にある騒音のカット機能(ビームフォーミング)とは異なる。もとより騒音がうるさい場所だとノイズカットが機能していないに等しい。

 

 

ゲーミングモード初搭載、ゲームだけでなく動画視聴時にも使える

ゲーミングモードは専用アプリから機能ON/OFF可能

ヤマハのワイヤレスイヤホンでは初となるゲーミングモード(低遅延モード)搭載。動画視聴やゲームプレイによる音ズレを低減できる。

低遅延スペックは公表されていないが、他社メーカー品に習えば60ms(遅延0.06秒)で抑える程度だろうか。言ったところで今日のワイヤレスイヤホン技術で音ズレを0にするのは不可能だ

とはいえ、動画を見たり、ポチゲーをプレイする程度であれば音ズレなど無いに等しい。よほど目がいい人を除けば音ズレを認知できないレベルに仕上がってる。

ただ、音ゲーなどコンマ数秒の遅延が影響するゲームをプレイしたい人だとゲームアプリ側からタイミング調整など行った方が無難かもしれない。

 

 

ヤマハ「TW-E5B」の気になったところ(あるいはデメリット)

(価格のわりに)ノイズキャンセリング非対応

ヤマハ「TW-E5B」は価格1.5万円前後の製品だが、ノイズキャンセリングに対応していない。

オーディオ特化のワイヤレスイヤホンとして考えれば妥当な価格設定かもしれないが、昨今だと1万円前後のワイヤレスイヤホンでもノイズキャンセリングに対応する時代とあり、イヤホンよりかはガジェットの観点から見ると割高に感じそう。

 

 

ペアリング可能台数が最大3台と少なめ

ヤマハ「TW-E5B」の地味なデメリットがペアリング可能台数。

最大3台のデバイスのペアリング情報しか記録できない。スマホ、タブレット、PCと1台づつ接続すればペアリング枠をすべて使い切ってしまう。

4台目以降は古いデバイスのペアリング情報から上書きされるので、たとえばNintendo Switchだったりスマートウォッチも繋ぎたい人だとペアリング枠が足りなくて辛そう。

昨今だと8台前後のデバイスのペアリング情報が記録できる製品が一般的なので、なにゆえ3台と少ないのか気になるところ...

 

 

この記事のまとめ

ここまでヤマハ「TW-E5B」をレビューしてきた。

楽器の音色まで丁寧に描写する、解像度の高いオーディオが映える1品。

もとより楽器メーカー・ヤマハの製品ラインナップの一つとあって、楽器への理解ある人だったり、楽器の音に聞き心地よさ感じる人をメインターゲットにした製品であろうと思っている。

昨今だとノイズキャンセリングや通話マイク性能などガジェットとしての側面を強めたワイヤレスイヤホンが多い。

ーーーそうした中でヤマハ「TW-E5B」はオーディオとしてのワイヤレスイヤホンを貫いた、紛うことなきオーディオ特化のワイヤレスイヤホンといってしまって問題ない。

ワイヤレスイヤホンであってもオーディオにこだわりたい人なら、ヤマハ「TW-E5B」を第一検討候補としてチェックしてみてはどうだろうか。

 

 

レビュー対象製品

 

 

関連記事

ヤマハ「TW-E3B」
YAMAHAブランドに嘘偽りなし。ヤマハのワイヤレスイヤホン「TW-E3B」レビュー

続きを見る

ヤマハ(YAMAHA)の完全ワイヤレスイヤホンを比較|TW-E5B、TW-E3B、何が違う?

続きを見る

【日本製】国産オーディオメーカーが手がける完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-