ワイヤレスイヤホン

スポーツ特化ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 4 Active」レビュー【ランニング中に外れない】

2022年2月23日

ランニング中に使えるワイヤレスイヤホンを探している人におすすめ。「Jabra Elite 4 Active」。

意外と選びづらいランニング中のワイヤレスイヤホン。ランニング中は体が上下に動いて振動が大きいからイヤホンのフィット感が合わないとイヤホンがすぐに外れる。イヤホンこそ外れずとも妙なむずかゆさを感じてる人もいるかと思う。

こうしたランナーならではの悩みを着実に堅実に改善してくれるであろうワイヤレスイヤホンがある。

それが、今回レビューする「Jabra Elite 4 Active」だ。

Jabra Elite 4 Active

デンマークの大手オーディオブランド「Jabra」(ジャブラ)が手がけるスポーツイヤホン。

IP57の防水防塵性能。イヤホン単体7時間使えるロングバッテリー。骨伝導イヤホンのように活用できる「外音取り込み機能」。イヤホン紛失時の保険「イヤホンを探す機能」。ーーースポーツイヤホンに求められる性能、機能をひととおり押さえる。

そして、それ以上に注目すべきがイヤホン着用時の揺れを軽減するイヤホンデザイン。

揺れを軽減するテトラポット形状のイヤホンデザイン

テトラポット形状のイヤホンデザインを採用しており、イヤホンがパズルのピースのごとく耳穴に”すぽり”とハマる。イヤーピースのサイズさえ調整すればイヤホンがほぼ揺れない。ランナーにとって理想的すぎるイヤホンだったりする

かくいう筆者も現在進行系で愛用中。あまりに揺れず存在感がないので「イヤホンが抜け落ちてるのか?」と逆に不安になってくるくらいだ。

ランニング中に使えるワイヤレスイヤホンを探している人に「Jabra Elite 4 Active」をぜひともおすすめしたい。

以下のレビューもチェックしてみてほしい。

Jabra Elite 4 Active 製品評価

発売時期2022年1月
市場価格1.3万円前後

Jabra Elite 4 Active の製品評価は以下のとおり。

低音(4.5)
中音(4)
高音(4)
イヤホンの装着感(5)
ノイズキャンセリング(3.5)
外音取り込み機能(5)
マイク性能(5)
バッテリー性能(4)

ここがGood!!

揺れが少ないテトラポット形状のイヤホンデザイン

「外音取り込み機能」は高精度、骨伝導イヤホンのような使い方も可能

IP57の防水防塵あり、雨、汗、プール、砂ホコリまで耐える

イヤホン単体7時間、ケース併用28時間使えるロングバッテリー搭載

低音重視のパワフルな音質、アップテンポな曲との相性よし

ここがBad...

iPhoneとの相性は悪い(AACコーデック非対応)

ケースがワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

マルチポイント非対応

 

製品カラーリングは3色

カラーリングはブラック、ネイビー、ライトミントの3色。レビューはブラックで行う。

広告

Jabra Elite 4 Active の製品概要

3行でわかる!Jabra Elite 4 Active

  • Jabraのスポーツ特化ワイヤレスイヤホン
  • ランニング中でも揺れが少ないイヤホンデザイン
  • 外音取り込み機能は高精度、骨伝導イヤホンのようにして使える

 

Jabra Elite 4 Active は2022年1月に発売開始。

Jabraワイヤレスイヤホンのスポーツモデルに相当。IP7の防水、そしてワイヤレスイヤホンでは珍しくIP5の防塵性能を備える。雨や汗に耐えるのはもちろん、プール水泳中でも使えるし、砂ホコリ舞う中で使っても故障しにくい。

Jabraワイヤレスイヤホンならではのテトラポット形状のイヤホンデザインを踏襲。イヤホンが耳穴の中にすぽりとハマるので体を上下に動かしてもイヤホンが揺れにくい。ランニング中に使うイヤホンとしては最高だ。

イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる「外音取り込み機能」にも対応。これまた非常に取り込み精度が高く、常時機能ONにしておけば骨伝導イヤホンそのもの。屋外ランニングのときに安全面を考慮してイヤホンを使いたい人なら丁度いい。

 

 

基本的なスペック情報




発売時期2022年1月
市場価格1.3万円前後
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント×
防水性能IP57
バッテリー駆動時間イヤホン単体7時間
ケース併用で最大28時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)
発売時期2022年1月
市場価格1.3万円前後
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、aptX
バッテリー駆動時間
イヤホン単体7時間、ケース併用で最大28時間
(ノイズキャンセリング利用時)
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能IP57
ノイズキャンセリング(ANC)対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント×

 

 

ペアリング仕様




Google Fast Pair対応
マルチペアリング対応(最大6台)
新規ペアリングモードの起動方法左右イヤホンのボタンを同時に3秒長押し
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)

[/st-mybox]

Jabraワイヤレスイヤホンの代名詞たる「マルチポイント」(2台のデバイスの同時接続)には非対応。どうしてもマルチポイントが使いたい場合は上位版モデルの「Jabra Elite 7 Active」など検討した方がいい。

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、新規ペアリングモードの起動と同時に専用のポップアップ画面が表示され、画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。

Jabra Elite 4 Active は最大6台のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる。7台目以降は古いペアリング情報から上書きされる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。

Jabra Elite 4 Activeはマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。

一部の製品だと現在のペアリングを解除せずにペアリングが切り替えられるが、Jabra Elite 4 Active は同仕様に対応せず。


 

 

兄弟モデル「Jabra Elite 3」との違い

Jabra Elite 4 Active は2022年1月に発売開始。昨年10月に登場した「Jabra Elite 3」の兄弟機に相当する。

Jabra Elite 3 が日常的な使用を想定したスタンダードモデルなのに対し、Jabra Elite 4 Activeはスポーツ用途のワイヤレスイヤホンとして打ち出される。

主たる違いは以下のとおり。

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
製品コンセプトスポーツ特化モデル日常用途モデル
ノイズキャンセリング対応×
外音取り込み機能の性能高性能オマケ程度
音質低音重視中音重視
防水防塵性能IP57IP55
市場価格1.3万円前後8,000円前後

Jabra Elite 4 Activeはスポーツイヤホンとして作られていることもあり、全体的なスペックで見るとJabra Elite 3よりもガチな仕様が並ぶ。

Jabra Elite 3はもとよりスタンダードモデルなのでノイズキャンセリングに対応せず。その分、価格も8,000円前後とコスパよい。

土台の製品コンセプトからしてJabra Elite 4 Activeはスポーツイヤホン、Jabra Elite 3が日常用途イヤホンと明確に区分されているので、基本はこの区分に従って選べばいい

あわせて読みたい「Jabra Elite 4 Active」と「Jabra Elite 3」何が違う?性能・機能・使い勝手を徹底比較

続きを見る

「Jabra Elite 3」をAmazonでチェック

「Jabra Elite 4 Active」をAmazonでチェック

 

 

ランナーにこそおすすめしたい「Jabra Elite 4 Active」の9つの魅力

1. テトラポット形状のイヤホンデザイン採用、ランニング中でもイヤホンが揺れない

イヤホン外側

イヤホン内側

テトラポットみたいなイヤホン形状

Jabra Elite 4 Activeは、Jabra製品でおなじみのテトラポット形状のイヤホンデザインを採用。適度な丸み、そしてカクカク具合を併せ持つ。

いざ装着すると耳穴にパズルのピースのごとく”すぽり”とハマる。イヤーピースのサイズさえ調整すれば「ジャストフィット!!」と叫びたくなる装着感でもはや感動するレベル。

ランニング中でもイヤホンの揺れが少なく、イヤホンの抜け落ちを心配したり、イヤホンの位置を都度調整する必要がない。ランナーならではのイヤホン装着によるストレスを堅実に軽減している。

イヤホン外装はシリコン素材なので長時間とイヤホン装着してても耳が痛くならない。また、手が濡れてるときでもしっかりとイヤホンがつかめる。ここらもスポーツイヤホンならではの工夫だろう。

耳穴から飛び出てるイヤホン面積が少ないのでマスク着脱時にマスク紐が引っかかることもない。物理的にもビジュアル的にも”シュッ”ときれいに耳穴に収まってる。スポーツイヤホンとして考えれば、この収まりのよさは譲れない評価ポイント。

 

 

2. 防水防塵性能はIP57と業界最強クラス、雨、汗、砂ホコリまでカバー

Jabra Elite 4 ActiveはIP7の防水性能、そしてIP5の防塵性能を備える。

雨、汗、プール、潜水、イヤホンの水洗いに耐えられる。また、(理論上)30分以内の水没なら故障しない。ワイヤレスイヤホンとして考えれば最高級の防水性能だ。

ワイヤレスイヤホンでは珍しく防塵性能にも対応。砂ホコリが激しい場所での屋外ランニングでも故障をおそれずに使えるのは嬉しいところ。

製品登録(無料)すれば防水防塵のみ製品保証が2年に延長される

ちなみに、防水防塵に関連する故障のみ製品保証を2年に引き伸ばせる(他の故障は1年)。専用アプリから製品登録(無料)すれば無条件で保証が受けられので購入したら忘れずに登録あれ。

 

 

3. イヤホン単体7時間使えるロングバッテリー搭載

バッテリー性能も悪くない。イヤホン単体7時間、ケース側の予備バッテリーを含めれば最大28時間使える。

数時間のランニングないし運動するくらいであればバッテリー切れを恐れる必要はない。巷のワイヤレスイヤホンだとイヤホン単体で4〜5時間前後の製品が一般的だが、これに比べてさすがのスポーツ仕様といったところ。

 

 

4. 外音取り込み機能に対応、骨伝導イヤホンのようにして使いたい人にも丁度いい

Jabra Elite 4 Activeは、イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる「外音取り込み機能」に対応。左イヤホンのボタンを1回押すと機能ON/OFFできる。

外音取り込み機能はなんちゃって機能の代表格だったりするのだが、Jabra Elite 4 Activeの外音取り込み機能は思いのほか高性能。きちんと周囲の音を集音してて驚く。集音に伴うノイズも少なく、常時ONで使えば骨伝導イヤホン代わりにも活用できる。

屋外ランニングで安全面を考慮しながらイヤホンを使いたい人だったり、並走している人と会話しながらイヤホンを使いたい人であれば重宝しそう。

 

 

5. ノイズキャンセリング(ANC)も使える、1人集中したいときにおすすめ

ノイズキャンセリングの強度調整も可能

周囲の騒音を低減するノイズキャンセリング(ANC)に対応している。左イヤホンのボタンを1回押すと機能ON/OFFできる(外音取り込み機能と入れ替え)。

高価格モデルのような完全な音のシャットアウトとはいかないが、工事現場の音など軽減されるので聴覚保護くらいには使えるかもしれない。自動車の走行音などは認知できるので安心あれ。

とはいえ、屋外よりかは屋内で使った方が活躍する。それこそ屋内でトレッドミル(ランニングマシン)など使うときであれば、ノイズキャンセリングONにしておけば適度に周囲の音を軽減して集中できてよさそう。

 

 

6. 物理ボタンで安定したイヤホン操作が可能、「Spotify Tap」機能にも対応

タッチセンサーのように見えるが、実はボタン仕様

イヤホン本体に物理ボタンを搭載。ボタンでスマホ本体のオーディオ操作、通話操作が可能。

Spotifyユーザーであれば「Spotify Tap」機能も利用できる。ボタン1回押し、2回押しでそのままオーディオ再生が始まる(Androidスマホと接続した場合のみ、iPhone接続時は利用不可)。

タッチセンサー仕様のワイヤレスイヤホンに比べて、ふとしたタイミングの誤タッチが起きないのでストレスない。また、ランニング中のボタン操作であっても1回押し、2回押しが確実に実行できるのも評価。

Jabra Elite 4 Active のオーディオ操作コマンド

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し(選択)ノイズキャンセリング←→外音取り込み機能の切り替え、Spotify再生起動オーディオ再生/停止
2回押し(選択)音声アシスタント起動、Spotifyランダム再生起動次のオーディオを再生
3回押し--前のオーディオを再生
長押し音量ダウン音量アップ

Jabra Elite 4 Active の通話操作コマンド

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し着信受け、(通話時)マイクミュートON/OFF
2回押し着信拒否、(通話時)通話終了
3回押し----
長押し音量ダウン音量アップ

 

 

7. 通話マイクはノイズカット対応、ランニング中の通話もストレスなく可能

イヤホン片側2つのマイクを搭載

イヤホン本体にノイズカット付きの通話マイクを搭載。イヤホン片側2つのマイクを使って口元の音と周囲の音を聞き分け、通話先には口元の音をメインに転送してくれる。

口元の音の見極め精度は高い。筆者が試してみた限り、おおよそ口元の音7:周囲の音3くらいの比率で音声が転送された(比較的騒音のある場所で使用)。もっと静かな場所で使えば口元の音だけがらくらく届きそう。

マイクはメッシュ仕様。風切り音を防ぐ。

マイクの風切り音を防ぐメッシュカバーも搭載。屋外での通話時に入り込みがちな風が当たった音、”シュバババ”といった音が軽減できる。ここらもスポーツイヤホンならではの心遣い設計だろう。

 

 

8. 低音重視の音質、運動中に聞きたくなるアップテンポの曲との相性よし

Jabra Elite 4 Activeは低音強め。ドンシャリしているわけではなく高音は弱め。とかく低音を重視した音質構成だ。

スポーツ用途のワイヤレスイヤホンを謳っているだけあり、おそらくは運動中に聞きがちなアップテンポな曲を聞くのに最適化したチューニングだと思ってる。中音域が適度に残っているので低音で音がこもることもない。パワフルで広がりあるサウンドにテンション上がる。

Bluetoothオーディオコーデック「aptX」にも対応。AndroidスマホであればaptXで接続でき、より高音質で解像度が高めのオーディオになる(iPhoneはaptX非対応)。

イコライザー調整もひととおり可能

専用アプリ「Jabra Sound+」(iOS、Android向け)を使えばイコライザー調整もできる。

デフォルトだと低音が強めの音質とあり、もっぱら中音域、高音域をプラスしたい人であれば専用アプリを活用したいところ。低音一振りのワイヤレスイヤホンかと思いきや、イコライザー調整で中音も高音も結構な量が引き出せるのでカスタマイズしがいがある。

 

 

9. 「イヤホンを探す」機能あり

他社オーディオメーカーでも採用続く「イヤホンを探す」機能を標準搭載(正式名称は"Find My Jabra")。

スマホの専用アプリ上からイヤホンと最後にペアリングしていた場所(GPS情報)が確認できる。イヤホンをどこかに落としてしまい、スマホとのペアリングが解除されてる場合でも、そのペアリングが解除された場所にたどり着けるので、結果としてイヤホンを紛失したであろう場所の見当がつく。

使わないに越したことはない機能だが、いざイヤホンを紛失してしまったときの保険として記憶の片隅にでも...

Amazonで製品をチェック

 

 

Jabra Elite 4 Active の気になったところ(あるいはデメリット)

iPhoneとの相性悪い、「Spotify Tap」機能も利用できず

Jabra Elite 4 Activeのほぼ唯一にして最大のデメリットと言えるのがこれ

Bluetoothオーディオコーデック「AAC」に対応しておらず、iPhone、iPad(総じてiOS)で使う場合は最低グレードのSBC接続になる。

接続自体は可能だが、Androidスマホで使う場合に比べて転送できる音の情報量は減るため、自ずと音質は落ちる。地味で質素な感じの音になると言うべきだろうか。

また、iPhoneと接続している状態だと「Spotify Tap」機能も利用できない。同機能はAndroidスマホと接続している場合のみ対応だ。

総じてiPhoneとの相性は悪い。特に音質にこだわりたい人だとAndroidスマホを使うのが半ば必須かな...と思う。

 

 

ケースのワイヤレス充電(Qi充電)非対応

充電ポートはUSB Type-C

価格1万円超のワイヤレスイヤホンだとワイヤレス充電(Qi充電)に対応する製品が一般的となりつつあるが、Jabra Elite 4 Activeは非対応だ。

ワイヤレス充電なんて使ってないという人なら関係ない話だが、購入に際して理解しておくべき点(割り切るべき点)だと思う。

なお、ケースの充電ポートはUSB Type-C。AndroidスマホユーザーならUSB Type-Cケーブルが使いまわせる。

Amazonで製品をチェック

 

 

この記事のまとめ

ここまで Jabra Elite 4 Active をレビューしてきた。

とことんまでに考え抜かれたスポーツ特化のワイヤレスイヤホン。ランナーもちろん、ジムで運動中に使える揺れの少ないワイヤレスイヤホンを探している人に文句なしの1品としておすすめできる。

「AAC」コーデックに対応しておらず、iPhoneユーザーとの相性が悪いのがネック。iPhoneでも使えなくはないが、理想としてはAndroidスマホで使うべきだと思う。

これ以外は特に留意点なし。スポーツイヤホンならではのニーズに狙いすました Jabra Elite 4 Active。ぜひ試してみてほしい。

 

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

 

 

関連記事

「Jabra Elite 4 Active」と「Jabra Elite 3」何が違う?性能・機能・使い勝手を徹底比較

続きを見る

「Jabra Elite 3」は完全ワイヤレスイヤホン入門に最適な王道モデル【レビュー】

続きを見る

【おすすめ抜粋】1万円前後で安く買えるノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン3選

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-