ワイヤレスイヤホン

「Jabra Elite 4 Active」と「Jabra Elite 3」何が違う?性能・機能・使い勝手を徹底比較

2022年2月23日

デンマークのオーディオブランド「Jabra」(ジャブラ)。

Jabraは2022年1月より新作モデル「Jabra Elite 4 Active」を発売開始。ただ、これと瓜二つの新作モデル「Jabra Elite 3」が2021年9月に発売されたばかりとあり、いざどちらを購入すべきか迷っている人も多いのではないだろうか。

それこそ価格帯も似てる。Jabra Elite 4 Activeが相場1.3万円。Jabra Elite 3が相場8,000円。予算1万円前後の人であれば、どちらも選べてしまう価格帯とあり、これまた迷うところ。

そこで、この記事ではJabra Elite 4 ActiveとJabra Elite 3を比較。性能、機能、使い勝手の違いを整理し、それぞれどういった人におすすめの製品なのか解説していく。購入を検討している人は記事を参考にしてほしい。

広告

「Jabra Elite 4 Active」と「Jabra Elite 3」の明確に違うところ

もっぱらの違いは以下7点。

  1. そもそもの製品コンセプト
  2. ノイズキャンセリングの対応有無
  3. 外音取り込み機能の性能
  4. 音質
  5. イコライザー調整できるカスタム範囲
  6. マイクの風切り音対策
  7. 防水防塵性能

 

1. そもそもの製品コンセプト

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
製品コンセプトスポーツ特化モデル日常用途モデル

Jabra Elite 4 Activeは、"Active"の名前のとおりスポーツ特化モデル。プール水泳中にも使えるIP57の防水防塵性能を備える。屋外でのマイク通話の風切り音をカットするメッシュカバーを搭載しており、屋外ランニング中に通話したい人にも最適化される。また、Jabra Elite 3だと対応しないノイズキャンセリング(ANC)が利用できる。

対してJabra Elite 3は、ごくごく普通のスタンダードモデル。日常的にカジュアルに使えるワイヤレスイヤホンとして打ち出される。Jabra Elite 4 Activeと異なりノイズキャンセリングには対応せず、防水防塵性能もIP55(プール利用不可)にとどまる。

 

 

2. ノイズキャンセリングの対応有無

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
ノイズキャンセリング対応×

Jabra Elite 4 Activeのみノイズキャンセリング(ANC)に対応。高価格モデルのノイズキャンセリングに比べると静音効果は弱めだが、工事現場の音のような低周波音が低減できるので聴覚保護くらいには活用できるかと。もとより静かな場所であれば耳栓を使ったような静けさが味わえる。

 

 

3. 外音取り込み機能の性能

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
外音取り込み機能の性能高性能オマケ程度

双方ともに外音取り込み機能に対応。機能ONにするとイヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる。

Jabra Elite 4 Activeの外音取り込み機能の精度は極めて高い。きちんと周囲の音が集音できてるほか、取り込み音のこもりも少ないので音を聞いてて気持ち悪さない。常時ONにして骨伝導イヤホンのようにして使ったり、イヤホンを付けたまま周囲の人と会話したいときに存分にその性能が活かせる。

対してJabra Elite 3は外音取り込み機能こそ対応するが、あまり音が取り込めてない。ほんの気持ち周囲の音が大きくなる程度の性能しかなくて実用性の観点から言うと微妙だ。少なからず機能狙いでの購入はおすすめできない。

 

 

4. 音質

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
音質低音重視中音重視

Jabra Elite 4 Activeはアップテンポな曲と合う低音重視モデル。バックサウンドのノリのよさなど楽しめる。スポーツ特化モデルとあり、おそらくは運動中に聞きがちなアップテンポな曲が映えるようにチューニングしたのだろう(...と思う)。

Jabra Elite 3は中音重視(ボーカル重視)の音質。俗に言うクリアな音が楽しめる。長時間のリスニングでも聞き疲れることがなく、Netflix視聴でイヤホンを長時間と使いっぱなしたいときにも丁度いい。

 

 

5. イコライザー調整(音質調整)できるカスタム範囲

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
イコライザー対応範囲目盛り設定、プリセットプリセットのみ

Jabra Elite 3はプリセット変更のみ対応。低音重視、高音重視などJabraが用意している6つの音質テンプレから選択できる。目盛り使った細かなイコライザー調整には対応せず。

Jabra Elite 4 Activeはイコライザーの目盛り設定が可能。プリセット設定よりも細かく柔軟にカスタムできる。プリセットも用意されるので、そこまでオーディオに詳しくない人でも安心あれ。

 

 

6. マイクの風切り音対策

Jabra Elite 4 Active(写真左)のみマイクのメッシュカバーあり

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
マイクメッシュあり×

Jabra Elite 4 Activeはスポーツ特化モデルとあって風切り音対策もばっちし。マイクに風が当たって集音されてしまう音を極力軽減できるようカスタムされる。屋外ランニング中に通話したい人など重宝しそう。

Jabra Elite 3はメッシュカバーなしの通常マイク。屋外で通話するとマイクに風が当たった音が入り込みがち。

 

 

7. 防水防塵性能

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
防水防塵性能IP57IP55
プール利用可能×

Jabra Elite 4 Activeはスポーツイヤホンを謳うだけあって防水性能も最高級仕様。雨、汗、イヤホンの水洗いに耐えられるほか、プール水泳のときにも使える。(理論上は)30分以内の水没にも耐えられるタフネス仕様だ。

Jabra Elite 3も防水性能がIP5とスペックだけ見れば優秀だが、プール水泳のときには使えない。水没もNGだ。雨、汗、イヤホンの水洗いが限度。

なお、双方ともにIP5の防塵性能にも対応しており、もっぱら砂ホコリなど耐えられる。屋外で使いたい人でも安心。

 

 

まとめると...

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
製品コンセプトスポーツ特化モデル日常用途モデル
ノイズキャンセリング対応×
外音取り込み機能の性能高性能オマケ程度
音質低音重視中音重視
イコライザー対応範囲目盛り設定、プリセットプリセットのみ
マイクメッシュあり×
防水防塵性能IP57IP55
プール利用可能×
市場価格1.3万円前後8,000円前後

全体的に見ればJabra Elite 4 Activeの方がめぼしい機能、性能が揃う。スポーツイヤホンとして設計されただけあり、水も土も風も騒音も耐える。

Jabra Elite 3はもとより日常的なイヤホンとして使うことを想定しており、そこまでのスペックモデルではない。どちらかと言うと音楽が聞ければ十分という人に向けたエントリーモデル的な製品だ。

土台の製品コンセプトからしてJabra Elite 4 Activeはスポーツイヤホン、Jabra Elite 3が日常用途イヤホンと明確に区分されてて選びやすい。基本はこの区分に従って選べばいい

ただ、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能を主として使いたい人だと”あえて”Jabra Elite 4 Activeを選ぶ理由になる。

「Jabra Elite 4 Active」をAmazonでチェック

「Jabra Elite 3」をAmazonでチェック

 

 

「Jabra Elite 4 Active」と「Jabra Elite 3」、さして変わらないところは?

基本スペックはほぼほぼ同じ

Jabra Elite 4 ActiveJabra Elite 3
Bluetoothバージョン5.2
対応BluetoothコーデックSBC、aptX
マルチペアリング対応(最大6台)
マルチポイント×
充電ポートUSB Type-C
ワイヤレス充電×
バッテリー駆動時間イヤホン単体7時間、ケース併用で最大28時間
Spotify Tap対応(iOS環境だと非対応)
専用アプリ対応(iOS、Android)

※Jabra Elite 4 Activeはノイズキャンセリング常時ONだともう少しバッテリー減りが早くなる

 

 

いずれもBluetoothオーディオコーデック「AAC」に非対応、iPhoneとの相性悪い

Bluetoothオーディオコーデック「AAC」に対応せず、「AAC」接続が基本となるiPhone、iPad(総じてiOS)との相性は悪い。

あくまでも使えないわけではない。接続自体は可能だ。ただ、「AAC」よりも低グレードな「SBC」コーデックで接続代替されるため、音楽再生一つとっても転送できるデータの情報量が減り、音質の悪さにつながる。これがネック。

音質は絶対に譲れないiPhone、iPadユーザーだと悩みどころ。

 

 

いずれも「マルチポイント」機能は非対応

マルチポイントは2台のBluetoothデバイスを同時接続できる機能。同時接続していれば、逐一手動で接続を切り替える必要なく、オーディオ再生しているデバイス側に自動で音声出力が切り替わる。

スマホとPC間で同一のワイヤレスイヤホンを使いまわしている人、あるいは使いまわそうと考えている人だと勝手のよさが存分に味わえるかと思う。ワイヤレスイヤホンを複数デバイス間で使う場合、手動で接続を切り替える必要があるが、この手間ひまの一切がかからなくなる。

どうしてもマルチポイント機能が使いたい人であれば、上位版モデルの「Jabra Elite 7 Pro」「Jabra Elite 7 Active」など検討あれ。価格的には2万円前後だ。

 

 

専用アプリ「Jabra Sound+」を使えばひととおりカスタム可能

Jabra Elite 4 Active、Jabra Elite 3ともに専用アプリ「Jabra Sound+」に対応。

イコライザー調整、ボタン操作の一部カスタム、「Spotify Tap」機能の設定、イヤホンを探す機能などひととおりの機能が利用できる。

アプリはiOS、Android、双方に配信している。

 

 

「Spotify Tap」機能はAndroidスマホのみで使える、iPhoneからは起動できず

専用アプリからカスタムすることでイヤホンのボタン操作に「Spotify Tap」ことSpotifyの再生コマンドを割り当てられる。

ただ、同機能はAndroidスマホと接続している場合のみ起動可能。iPhoneと接続している場合は起動できないどころかカスタムできない。

 

 

イヤホンデザイン&装着感はほぼ変わらず

イヤホン形状はほぼ同型。マイクのメッシュカバー部分を除けば、まんま同じ製品といってしまってもバレないレベル。

双方ともにJabra伝統のテトラポット形状のイヤホンデザインを採用しており、イヤホンを装着すると耳穴に”すぽり”とハマる。イヤホンの装着感、安定感は非常にしっかりしてる。

耳穴のサイズに合わせてイヤーピースのサイズさえ調整すれば、老若男女、誰が使っても最適なポジションでイヤホンが装着できると思う。

Jabra Elite 4 Activeの装着イメージ

Jabra Elite 3の装着イメージ

 

 

【まとめ】「Jabra Elite 4 Active」と「Jabra Elite 3」、どっちを選ぶべき?

Jabra Elite 4 Active をおすすめする人

  • 運動中に使えるワイヤレスイヤホンを探している人
  • 水泳中に使えるワイヤレスイヤホンを探している人
  • ノイズキャンセリング、外音取り込み機能を主として使いたい人

Jabra Elite 4 Active は紛うことなきスポーツイヤホン。防水防塵などの機能面はもちろん、音質は低音重視で運動中に聞きがちなアップテンポの曲との相性もいい。これもう本当に細かいところまで考えられてるスポーツイヤホンだ。

IP7の防水性能を備えているためプールで泳ぎながらの利用も可能。Jabra Elite 3だとプール利用できないIP5止まりなので、ここは明確な差別化ポイントだ

また、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能も実用レベルの性能あり。これらの機能を主として使いたい人だとJabra Elite 4 Activeを選ぶ理由になる。

「Jabra Elite 4 Active」をAmazonでチェック

あわせて読みたいスポーツ特化ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 4 Active」レビュー【ランニング中に外れない】

続きを見る

 

 

Jabra Elite 3 をおすすめする人

  • 音楽が聞ければ十分、動画が見れれば十分な人
  • コスパ重視の人

Jabra Elite 3 はJabra Elite 4 Activeとうってかわって日常用途のワイヤレスイヤホン。紛うことなきスタンダードイヤホンといったところだろうか。

ノイズキャンセリングこそ使えないものの、基本的な機能・性能はJabra Elite 4 Activeと変わらないのでコスパよい。もとより音楽を聞くためのイヤホンとして、動画を見るためのイヤホンとして使うだけであれば十分すぎる製品だ。

価格も8,000円と手頃。はじめてのワイヤレスイヤホンとしても丁度いい。

「Jabra Elite 3」をAmazonでチェック

あわせて読みたい「Jabra Elite 3」は完全ワイヤレスイヤホン入門に最適な王道モデル【レビュー】

続きを見る

 

 

関連記事

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【おすすめ抜粋】1万円前後で安く買えるノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン3選

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン