スマホ

中古iPhoneどこで買うのが安い?おすすめ中古販売ショップを比較

昨今、活況を見せる中古iPhone市場。

もともと格安SIMブームを受けて注目され始めた中古iPhoneだが、近年ではiPhone価格の高騰を受けてコスパの観点から中古iPhoneを選ぶ人が増えている。

スペックそれ自体は最新モデルと過去モデルの差が小さくなってきたこともあり、実用面で言うと2世代、3世代前のiPhoneでも問題なく使える時代だ。どうしても最新iPhoneがほしい人を除けば中古iPhoneで十分だったりする。

この記事では、こうした中古iPhoneが購入できる大手ネットショップを紹介。ショップの特徴やiPhoneの販売価格を基に比較・解説している。

中古iPhoneの購入を検討している人は記事を参考にしてみてほしい。

広告

中古ショップでiPhoneを購入するときに注意したいこと

赤ロム保証のある中古ショップを選ぶ

まずなによりこれ。

赤ロムとは、SIMカードで通信できないiPhoneのことを指す用語

ドコモ、au、ソフトバンク版のiPhoneだと、iPhoneの前契約者の支払いが延滞したり、SIMカードの不正利用があったりすると、前契約者が過去に契約していたiPhone含めてSIMカードで通信できないようロックがかかる。同ロックがかかった状態を「赤ロム」という。

対して、大手の中古ショップであれば赤ロムになってしまったiPhoneの返品・返金を無制限で受け付ける「赤ロム保証」といったサービス展開している。

中古iPhoneが赤ロム化して通信できなくなるリスクを考慮すると最低限、赤ロム保証を提供している中古ショップを選びたい。

 

 

SIMロックの有無は気にしなくていい

日本の携帯業界の悪しき風習として知られるSIMロック。ドコモならドコモ、auならau、ソフトバンクならソフトバンクと特定キャリアのSIMカードでしか通信できない縛りがある。

ただ、2021年10月よりSIMロックが原則禁止に。2021年10月以降に契約・購入されたiPhoneならキャリア関係なくSIMロックがかかっていない。

2021年10月以前に販売されたiPhoneだとSIMロックがかかった状態の中古製品もあるが、現在すでにドコモ、au、ソフトバンクともに無料でSIMロック解除できる。SIMロックの有無はさして気にする必要はない。

 

 

メルカリ、ヤフオク、そのほかフリマアプリは上級者向け

中古iPhoneの販売価格だけで見るとメルカリ、ヤフオクの方が安かったりするが、あくまでも個人間取り引きのリスク込みの安さ。

個人間取引なので「赤ロム保証」は提供されないし、下手したらアクティベーションロック(盗難防止機能)がかかったままのiPhoneもある。

問題なく使えるiPhoneを見極めるリテラシーが必要なのはもちろん、それ以上に出品者側のリテラシーの程度を把握する必要がある。そこまで勝手を理解してない人なら素直に中古ショップを使った方がいい。

 

 

中古iPhoneどこで買うのが安い?

ネット通販で中古iPhoneを購入するのであれば、以下の4社がおすすめ。いずれも大手で安心。

  1. イオシス
  2. じゃんぱら
  3. ゲオモバイル
  4. にこスマ

 

1. イオシス

赤ロム保証あり
送料640円
代金引換対応(手数料500円〜1,000円)

中古相場を決めるデファクトスタンダードとも言える大手中の大手ショップ「イオシス」。

日本中の中古iPhoneをかき集めているのでは?と思わす圧倒的な在庫量が魅力。

Amazonアカウントを使った代行決済「Amazon Pay」にも対応しているので個人情報を入力したくない人(あるいは入力が面倒くさい人)にもおすすめ。

イオシスで中古iPhoneを探す

いま狙い目の中古iPhoneはこれ。

価格目安商品リンク
iPhone SE3(2022)5万円前後〜イオシスで見る
iPhone SE2(2020)2.8万円前後〜イオシスで見る
iPhone 12(2020)7.5万円前後〜イオシスで見る
iPhone 11(2019)5万円前後〜イオシスで見る

中古市場でまだまだ人気の2モデルもチェック。

価格目安商品リンク
iPhone 8(2017)2万円前後〜イオシスで見る
iPhone 7(2016)1.5万円前後〜イオシスで見る

そのほかのiPhoneをイオシスで探す

 

 

2. じゃんぱら

赤ロム保証あり
送料770円
代金引換対応(手数料550円)

ビックカメラグループ傘下「じゃんぱら」。イオシスと並ぶ圧倒的な在庫量が魅力の大手中古ショップだ。

購入前に問い合わせフォームを使って店舗側とやりとり可能。傷の具合など詳しく調べられる。商品の取り置きにも対応している。

中古購入に際してよりコミュニケーションを重視する人だと心理的に安心できそう。

じゃんぱらで中古iPhoneを探す

いま狙い目の中古iPhoneはこれ。

価格目安商品リンク
iPhone SE3(2022)4.6万円前後〜じゃんぱらで見る
iPhone SE2(2020)3.5万円前後〜じゃんぱらで見る
iPhone 12(2020)8万円前後〜じゃんぱらで見る
iPhone 11(2019)5.2万円前後〜じゃんぱらで見る

中古市場でまだまだ人気の2モデルもチェック。

価格目安商品リンク
iPhone 8(2017)2万円前後〜じゃんぱらで見る
iPhone 7(2016)1.5万円前後〜じゃんぱらで見る

そのほかのiPhoneをじゃんぱらで探す

 

 

3. ゲオオンラインストア

赤ロム保証あり
送料0円(商品が2,000円以下だと550円)
代金引換対応(手数料440円)

ビデオレンタルショップ「ゲオ」(GEO)が手がけるオンラインストア。

全国各地のゲオ店舗で仕入れたiPhoneをオンライン上でチェックできる。傷ランクごとの販売料金が全国均一なのも特徴的。

唯一のデメリットは通販サイトの使い勝手の悪さ。商品の検索フォームがポンコツすぎて商品を探しづらい。この点、少しばかり辛抱が必要だ。

ゲオオンラインストアで中古iPhoneを探す

いま狙い目の中古iPhoneはこれ。

価格目安商品リンク
iPhone SE3(2022)5万円前後〜ゲオオンラインストアで見る
iPhone SE2(2020)2.5万円前後〜ゲオオンラインストアで見る
iPhone 12(2020)8万円前後〜ゲオオンラインストアで見る
iPhone 11(2019)4.5万円前後〜ゲオオンラインストアで見る

中古市場でまだまだ人気の2モデルもチェック。

価格目安商品リンク
iPhone 8(2017)1.8万円前後〜ゲオオンラインストアで見る
iPhone 7(2016)1.5万円前後〜ゲオオンラインストアで見る

そのほかのiPhoneをゲオオンラインストアで探す

 

 

4. にこスマ

赤ロム保証あり
送料0円
代金引換対応(手数料0円)

にこスマは、ファミリーマートなど手がける伊藤忠商事の子会社。

後発ではあるが、各種手数料の無料、購入後1年の初期不良保証など手厚いサポートを強みに知名度を高めつつある。

ただ、商品の在庫数がかなり少なめ。価格帯こそ相場同等だが、特に最新iPhoneなど在庫数が少ないので売り切れ注意。

にこスマで中古iPhoneを探す

いま狙い目の中古iPhoneはこれ。

価格目安商品リンク
iPhone SE3(2022)5万円前後〜にこスマで見る
iPhone SE2(2020)4万円前後〜にこスマで見る
iPhone 12(2020)7.5万円前後〜にこスマで見る
iPhone 11(2019)5万円前後〜にこスマで見る

中古市場でまだまだ人気の2モデルもチェック。

価格目安商品リンク
iPhone 8(2017)2.5万円前後〜にこスマで見る
iPhone 7(2016)1.5万円前後〜にこスマで見る

そのほかのiPhoneをにこスマで探す

 

 

狙い目の中古iPhoneまとめ

2022年現在に狙い目の中古iPhoneは以下の4つ。

  • iPhone SE3
  • iPhone SE2
  • iPhone 12
  • iPhone 11

 

iPhone SE3(2022年モデル)

発売時期2022年3月
公式販売価格62,800円〜
中古相場5万円前後〜

コンパクトiPhoneこと「iPhone SE」シリーズの最新モデル。2022年3月に発売開始。シリーズで初めて5G通信に対応した。

iPhone 8 / iPhone 7の筐体をそのまま流用したサイズなので、iPhone 8、iPhone 7ユーザーだと乗り換えても違和感ない。本体重量も144gと軽いまま。ホームボタンも残ってる。

価格も手頃。最安の64GBモデルであれば、おおよそ5万円前後で購入できる。

 

 

iPhone SE2(2020年モデル)

発売時期2020年4月
公式販売価格(販売当時)49,800円〜
中古相場3万円前後〜

2020年に復活した第2世代iPhone SE。

iPhone 11同等の性能を持つハイエンド・コンパクトスマホとして展開。5G通信には対応しないが、その分、中古で3万円台で購入できるコスパのよさが光る。5G通信を使う予定がない人(あるいは使えない地域に住んでる人)だと第2世代モデルでも十分。

サイズ感はiPhone 8 / iPhone 7まま。ホームボタンことTouch IDも残っているので顔認証だとめんどい、不安という人にもおすすめ。

 

 

iPhone 12(2020年モデル)

(画像)iPhone 12

発売時期2020年10月
公式販売価格(販売当時)94,380円〜
中古相場8万円前後〜

2020年10月に発売開始したiPhone 12。iPhoneシリーズで初めて5G通信に対応した。

5G通信の対応有無を除けば、基本的なスペックは前年度モデル「iPhone 11」から変わらず。ただ、本体重量は194g→162gと劇的シェイプアップした。軽めのiPhoneがほしい人だとiPhone 12の方が相性がよさそう。

 

 

iPhone 11(2019年モデル)

(画像)iPhone 11

発売時期2019年9月
公式販売価格(販売当時)80,784円〜
中古相場5万円前後〜

iPhoneの2019年版モデル「iPhone 11」。

従来モデル「iPhone XS」からメジャーアップデート。本体デザインが変更され、従来の丸みがあった側面が平坦に。画面サイズは5.8インチから6.1インチに大型化した。5G通信には対応せず。

本体重量は歴代シリーズで最も重い194gに(スタンダードサイズのiPhoneとして最も重い)。軽いスマホがほしい人だと相性が悪そう。

 

 

この記事のまとめ

ここまで中古iPhoneが購入できる大手ネットショップをまとめてきた。

前述した大手4ショップのうち、特におすすめなのが「イオシス」と「じゃんぱら。在庫数が圧倒的であるのはもちろん、相場的にも、サービス的にも割を食うことはない。中古iPhoneの購入がはじめての人なら同2つのショップをおすすめしたい。

 

 

関連記事

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

iPhoneのホーム画面カスタマイズのやり方・基本技まとめ(iOS 15準拠)

続きを見る

この記事をシェアする

-スマホ
-