スマホ

iPhone「時計」アプリのタイマーを使ってオーディオ再生を自動停止させる方法

意外と知られていないiPhone純正「時計」アプリを使ってオーディオ再生を停止させる方法。

タイマー機能でサウンドを鳴らす代わりにオーディオ再生を停止させて、そのままiPhoneを画面スリープさせられる。

音楽再生だけでなくYouTubeやNetflixも停止するので寝落ちタイマーとして非常に有用。以下、設定方法を解説していく。

広告

設定方法

「時計」アプリを開き、タイマーを開く。

タイマー音を設定する「タイマー終了時」部分をタップする。

一番下までスクロールして「再生停止」を選択。

画面右上の「設定」をタップ。

以上で準備完了。

この状態でタイマーセットするとタイマー終了時にオーディオ再生が停止する(※サウンドは鳴らない)。

 

 

音楽再生以外(YouTubeやNetflix)も停止させられる

「時計」アプリを使ったオーディオ再生停止は、iPhoneのオーディオ再生そのものを停止させるので音楽アプリだろうがYouTubeだろうがNetflixだろうが関係なし。

オーディオ再生の停止後はロック画面に遷移。そのまま画面スリープ状態になる。寝落ちタイマーとして非常に優秀だ。

 

 

都度タイマーセットするのが面倒くさい人なら「ショートカット」を活用あれ

iPhoneの自動化アプリ「ショートカット」を使うことで特定の時刻になったら強制的にオーディオ再生を停止させられる。

ショートカットなので都度タイマーセットする必要なし。さながら見守り先生のごとく毎晩オーディオ再生の有無をチェックして、オーディオ再生状態であればオーディオ再生を停止しておいてくれる。

「時計」アプリを使う方法だと都度都度のタイマーセットが必要なので面倒に感じる人もいそう。日常的にオーディオ再生を停止させる必要がある人ならショートカットの方がおすすめ。

ショートカットの作り方(使い方)は以下記事で紹介している。

【寝落ちタイマー】iPhoneで特定時刻にオーディオ再生を自動停止させる方法

続きを見る

 

 

iPhoneショートカットのレシピノート作りました

iPhoneホーム画面カスタマイズを始めたい人におすすめ

まずはこの記事から。誰でもかんたんに始められるiPhoneホーム画面カスタマイズの基本技を解説します。

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-スマホ
-