スマホ

特定アプリを使っているときだけ通知を全OFFにするiPhoneショートカットの作り方

2021年5月29日

ソシャゲや読書中に通知に邪魔されたくない人におすすめ。

iPhoneアプリ「ショートカット」を使えば、特定のアプリ起動中だけ自動で「おやすみモード」をONにして通知を全カットできる。

また、特定のアプリが終了すると自動で「おやすみモード」をOFFにするショートカットも追加することで、ほぼ全自動で「おやすみモード」がON/OFFできる。

この記事では、特定アプリを使っているときだけ通知を全カットするショートカットの作り方を解説していく。

広告

ショートカットの動作イメージ

上記サンプルでは「荒野行動」を起動したときに「おやすみモード」をONに、アプリを閉じるとOFFになるよう設定した。

 

 

ショートカットの作成手順

作成手順は以下2つ。

  • 【STEP1】特定アプリ起動中に「おやすみモード」ONにする設定
  • 【STEP2】特定アプリ終了後に「おやすみモード」OFFにする設定

 

 

【STEP1】特定アプリ起動中に「おやすみモード」ONにする設定

ショートカットアプリを開く。

最下部中央タブにある「オートメーション」をタップ。

」→「個人用オートメーションを作成」と進む。

おやすみモード」を選択。

青文字で書かれた「選択」部分をタップ。

ここで起動と同時に「おやすみモード」にしたいアプリを選択する。

アプリを選択したら画面右上にある「完了」をタップ。

アプリは複数選択可能

アプリが追加されたのを確認したら画面右上の「次へ」をタップ。

次に「アクションを追加」をタップ。

検索バーに「おやすみ」と入力して検索。

検索候補に出てきた「おやすみモードを設定」を選択する。

「おやすみモードを設定」が追加されたら青文字の「オフ」の部分を1回タッチ。

おやすみモードを オフ時 まで オン にする」の表記に切り替わったら画面右上の「次へ」をタップ。

実行の前に尋ねる」をOFFにする(左スライドして緑色を無色に)。

OFFにしたら画面右上の「完了」をタップ。

これでオートメーションの設定が完了する。

ここまでオートメーションの作成完了。指定したアプリが起動すると自動で「おやすみモード」がONになる。

 

 

【STEP2】特定アプリ終了後に「おやすみモード」OFFにする設定

次に特定アプリ終了後に「おやすみモード」を自動でOFFにするオートメーション設定を行う。

【STEP1】の内容をほぼ逆にするだけなので、すでに【STEP1】を終えた人なら簡単だと思う。

」→「個人用オートメーションを作成」→「おやすみモード」と選択。

青文字で書かれた「選択」をタッチ。ここでアプリ終了と同時に「おやすみモード」を解除したいアプリを選択する。【STEP1】で指定したアプリをそのまま選ぶ。

アプリを選択したら画面右上にある「完了」をタップ。

オートメーションの発動条件を「閉じている」を選択

そのうえで画面右上の「次へ」をタップ。

アクションを追加」をタップ。

検索バーで「おやすみ」と検索。検索候補に出てきた「おやすみモードを設定」を選択する。

「おやすみモードを設定」が追加されたら青文字の部分が「オフ」のままで画面右上の「次へ」をタップ。

最終確認画面で「実行の前に尋ねる」をOFFにして、画面右上の「完了」を選択。

これでオートメーションの設定は完了。

これで特定アプリを閉じたときに「おやすみモード」が自動OFFになる。

以上で作業は完了。

指定したアプリを起動したら「おやすみモード」ONに、アプリを閉じるとOFFになるはず。

 

 

補足カスタマイズ

「おやすみモード」を適用するアプリを追加する(あるいは削除する)

「オートメーション」のトップページにある作成したオートメーションを選択。

”アプリ名”が開かれたとき」の項目を選択。

青文字で書かれたアプリ名をタップするとアプリが追加 or 削除できる。

 

 

関連記事

【iPhoneショートカットまとめ】日常的に使えるおすすめレシピを厳選紹介(iOS 15準拠)

続きを見る

iPhoneショートカットのレシピ一覧集(iOS 15準拠)

続きを見る

この記事をシェアする

-スマホ
-,