ワイヤレスイヤホン

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」レビュー|最大50時間のバッテリー駆動可能な最強ズボラ仕様のワイヤレスイヤホン

2021年11月27日



2021年11月より発売開始されたオーディオテクニカの新作ワイヤレスイヤホン「ATH-CKS50TW」をレビューしたい。

同イヤホンはオーディオテクニカのフラッグシップモデルに相当。ノイズキャンセリング(ANC)、ハイレゾ、マルチポイントなど今日のワイヤレスイヤホンの主要機能をもろもろ搭載した。

これに加えてバッテリー駆動時間はケース併用50時間と超絶スタミナ仕様。イヤホン単体で20時間。ケース側に予備バッテリーとして30時間分を内蔵する。

業界相場だとケース併用で20時間〜30時間のバッテリー持ちが一般的だが、それを遥かに凌ぐ変態モデル。1日数時間しかワイヤレスイヤホンを使わない人であれば軽く2〜3週間はケースに入れとくだけで使いまわせる

ワイヤレスイヤホンの充電がめんどうくさいと考えているズボラなら間違いなく気に入るズボライヤホン。以下実機をレビューしていくので参考にしてほしい。

目次

【レビュー対象製品】オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」

発売時期2021年11月
直販価格(税込)18,480円

カラーリングはブルー、ベージュ、ブラックの3色展開。レビューはブルーで行う。

Amazonで製品をチェック

 

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の製品概要

製品概要

オーディオテクニカの重低音ブランド「SOLID BASS」名義の新作モデル

音質は低音強めも中音域〜高音域も楽しめる

aptX Adaptive対応、一部のAndroidスマホと接続すればハイレゾ相当の高音質オーディオ再生が可能

50時間使えるロングバッテリー搭載(イヤホン単体20時間、ケース側30時間)

マルチポイント対応、OS、デバイス関係なく2台のデバイスを同時接続可能

生活防水(IPX4)対応、雨、汗は問題なし

留意点ないしデメリット

ノイズキャンセリング(ANC)は弱め、そこまで静かにならない

通話マイク性能は普通(cVc8.0仕様と格安モデルと変わらず)

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

 

スペックシート




Bluetooth最新バージョン「Bluetooth 5.2」対応
iPhone、Androidスマホ、どちらで使う場合でもワイヤレス接続の安定感あり。

重低音オーディオ仕様(イコライザー調整可能)
重低音よりかは適度に強い低音イヤホン。中音域〜高音域も楽しめる。専用アプリを使えばイコライザー調整可能。

ハイレゾ再生対応(※一部スマホに限り)
aptX Adaptive対応。ハイレゾ相当の音源(最大24bit/48kHz)が高音質そのままで再生できる。

ノイズキャンセリング(ANC)対応
機能ONで周囲の騒音(主に低周波音)を低減できる。ホワイトノイズ(サーっといった機械音)もなし。

低遅延モードあり(音ズレほぼなし)
通常利用でも遅延が少ないが、aptX Adaptive接続であれば、aptXをもしのぐ圧倒的な低遅延仕様に化ける。これに加えて動画&ゲームで使える低遅延モードも搭載。

最大50時間使える長時間バッテリー駆動(ケース併用時)
イヤホン単体で20時間使える変態。業界相場の2倍以上持つ”超”スタミナ仕様。

通話マイク搭載(ノイズカットあり)
ビデオ通話、ハンズフリー通話のイヤホン&マイクとして利用可能。ノイズカットはcVc8.0仕様。

生活防水(IPX4)対応
雨、汗など問題なし。イヤホンの水洗いは推奨されず。

マルチポイント対応(最大2台)
OS関係なく最大2台のデバイスを同時接続できる。
Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
バッテリー駆動時間
イヤホン単体20時間、ケース併用で最大50時間
(ノイズキャンセリング利用時)不明
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能○(IPX4)
通話マイク○(ノイズカットあり)
外音取り組み機能
ノイズキャンセリング(ANC)

ペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大?台)
マルチポイント対応(最大2台)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

Amazonで製品をチェック

 

イヤホンサイズは意外にも小さい(20時間バッテリー内蔵も)

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

イヤホン本体だけで20時間バッテリーを内蔵しているのだが、思いのほか普通のイヤホンサイズだったので驚いた。

他社のワイヤレスイヤホンだとイヤホン単体で10時間前後のバッテリーだが、そのレベルの製品と比べても変わらないごくごく普通のサイズ感。イヤホン重量も片耳8gと相場範疇におさまる。いったいどこらへんに20時間ものバッテリーを内蔵しているのか不思議になる小ささ

イヤホンのフィット感も問題なし。イヤーピースのサイズさえ調整すれば、ぬめりこむようにしてイヤホンを耳穴に押し込める。

耳からの飛び出し部分も少なく、マスク着脱時にマスク紐が引っかかることもない。

イヤホン外側のLEDのように光ってる輪っか部分(写真だと青色部分)はただの飾り。光の当たり具合で発光しているように見える。下手に安っぽく見えず、ちらりと光る差し色感あって個人的に気に入ってる。

 

充電ケースも意外に小さい(50時間バッテリー何処に)

縦横5.5cmほど

厚み3cmほど

30時間バッテリー(イヤホンと合わせて計50時間バッテリー)を内蔵した充電ケースだが、こちらも思っていたよりも小さかった。

縦横5.5cm、厚み3cmほど。他社ワイヤレスイヤホンよりもサイズこそ1割、2割ほど大きいが、それでもバカでかいというわけではない。男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズ感はキープしてる

ケースの大きいワイヤレスイヤホンと言うと、ソニー「WF-1000XM3」やBeats「Powerbeats Pro」あたりが有名だが、これらよりも小さい。本体重量も72g(ケース+イヤホン)と100gオーバーの同2製品よりも軽量だ。

 

イヤホン、充電ケースともにヌメ素材で高級感あり

自動車の革シートのようなしっとりとしたヌメっ気あり。思わず手で握りこめたくなる。

購入したのはブルー色だが、色味と素材が相まって高見えする。「大人の逸品」と言いたくなる所有欲を刺激する仕上がりで特に男性目線で見たときの格好よさが節々まで詰まってる。

 

充電はUSB Type-C、ワイヤレス充電には非対応

USB Type-Cポートを搭載。Androidスマホを使ってる人ならUSB Type-Cケーブルがそのまま使いまわせる。

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応しないのは残念なところ。

とはいえ、最大50時間使える大容量バッテリー搭載モデルなので、あまり充電仕様は気にしなくてもいいかもしれない。1日数時間使うくらいであれば、ゆうに2週間、3週間は充電する機会がない。

 

ペアリング接続のこと

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の主なペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法ケースに仕舞った状態のイヤホンの物理ボタンを左右同時に5秒押し → イヤホンをケースから取り出す
マルチポイント対応(最大2台)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。今日のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のBluetoothデバイスの情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は最大2台のBluetoothデバイスを同時接続。オーディオ再生しているデバイス側にオーディオ出力元が自動で切り替えられる。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

一般的なワイヤレスイヤホンだと複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。ごく一部だが、現在のペアリングを解除せずにワンタッチでペアリングが切り替えられる製品もある。


「Google Fast Pair」対応

Googleが提供するペアリング簡素化システム「Fast Pair」対応。Android 6.0以上のスマホを使っている人であれば、専用のポップアップ画面からワンタッチでの接続設定が行える。

マルチポイント対応、OS、デバイス関係なく最大2台まで同時接続可能

最大2台のデバイスを同時にペアリング接続して、オーディオ再生しているデバイス側に音声出力を自動で切り替えられる。

都度ペアリング切り替えする必要がなくなるので、普段からスマホとPCなど特定2台のデバイス間でワイヤレスイヤホンやイヤホンを使いまわしている人であれば重宝すること違いない。

ただ、マルチポイントしたいデバイス2台を固定設定しておくことはできない。あくまで最後にペアリングしていたデバイス2台を同時接続してるだけであり、3台目、4台目と違うデバイスをつなぐと都度マルチポイントするデバイス情報が更新される。この点、勝手が悪い。

Amazonで製品をチェック

 

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」を実際に使ってみた感想とレビュー

音質は低音強め、そこまでガチな感じの重低音ではないのでカジュアルに使える

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、オーディオテクニカの重低音ブランド「SOLID BASS」を冠する重低音モデル。

とはいえ、重低音よりかは低音強めのフラットといった方が正確かと思う。SOLID BASS自体がクリアな重低音を目指したオーディオ設計とあり、低音が強いんだけど、それでも音のクリアな感じは残ってる。

気持ち、中音域の低音寄りの部分が最も色濃く描写されてる印象。ガチの重低音イヤホンがほしい人だと不満かもしれないが、カジュアルに使いまわせる低音強めのワイヤレスイヤホンとして考えれば丁度いい仕上がりだと思う。

なお、専用アプリを使えばイコライザー調整(音質調整)可能。低音〜高音まで細かく目盛り設定できる。音質シチュエーションに合わせたテンプレ設定も用意されるので、そこまでオーディオに詳しくない人でも安心あれ。

 

aptX Adaptiveの恩恵は多分にあり、ハイレゾ相当楽曲をそのまま再生できる

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、Bluetoothオーディオコーデック「aptX Adaptive」に対応。

Bluetoothオーディオコーデックは、SBC、AAC、aptXの3つが主流だが、aptX AdaptiveはaptXのさらに上位に位置づけられるプレミアコーデック。通常オーディオの高音質化もちろん、ハイレゾ楽曲なども情報量を削らず、ダウングレードせずに再生できる(最大24bit/48kHz)。

Apple Musicのロスレス楽曲だったり、Amazon Music HDのULTRA HD楽曲などハイレゾ相当の楽曲を提供する音楽サブスクが増えているが、こうしたサービスを使っている人ならaptX Adaptive接続によるハイレゾ相当の高音質再生の恩恵が多分に受けられる。

いざaptX Adaptive接続の方が重低音オーディオっぽさは出る。通常のオーディオ再生よりも音の厚みが増すし、低音の”ズーン”といった残響も堪能できる。中音域〜高音域も解像度が引き上がるので文句なしだ

24bit/48kHzでのハイレゾ再生が限度となる

【補足】ハイレゾ上限は24bit/48kHz止まり

aptX Adaptiveは理論値では24bit/96kHzまでサンプリングレートを上げられるが、オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」だと上限値が24bit/48kHzとなる。

もとよりAndroidスマホ上でのオーディオ再生だとSRCの仕組みからサンプリングレート上限が強制的に24bit/48kHzに引き下げられるのでデメリットではないが、aptX Adaptiveの売り文句たる「24bit/96kHzの高音質再生」とはならないので勘違いせぬように。

 

遅延(音ズレ)ほぼなし、低遅延モードも効果あり

aptXないしaptX Adaptiveで接続した状態であれば、極めて遅延(音ズレ)は少ない。YouTubeやNetflixなど動画が問題なく見れるし、認知できるレベルの音ズレはほぼ存在しないに等しい。

これにくわえて動画/ゲームで使える低遅延モードを搭載。専用アプリからモードON/OFFできる。どの程度の低遅延スペックなのかは公表されていないが、荒野行動などプレイしていて射出音や足音が極度にずれることなく熱中できる。ごくごく一部のガチ勢を除けば十分と言える低遅延スペックに仕上がっている。

低遅延モードはゲームだけでなく動画再生にも対応

なお、低遅延モードをONにするとBluetoothコーデックが強制的に「AAC」に引き下げられる。もとよりAAC接続のiPhone・iPadなら関係ないが、aptXやaptX Adaptiveで接続できるAndroidスマホだと少しばかり音質に影響が出そうだ。

 

ノイズキャンセリングはオマケ程度、静音効果は高くない

ノイズキャンセリング(ANC)対応だが、そこまでのセールスポイントではない

機能ONにすると低周波音(濁音ノイズ)を中心に除去。ノイズキャンセリングっぽさは味わえる。

ただ、騒音除去といっても周囲の音を1段階、2段階ほど低減させる程度。それこそオーディオ再生している状態でも駅のアナウンスが聞こえるし、人の話し声など高周波音に関してはほぼほぼ残ってる。あまり高精度、高性能なノイズキャンセリングとは言いがたい。

集音マイクは片側1つのみ...(通話マイクと兼用)

ちなみにノイズキャンセリング対応モデルだが、ノイズキャンセリングで使う集音マイクは片側1つづつしか搭載していない。それも通話マイクと兼用だ。

昨今のノイズキャンセリング対応モデルだと片側3個のマイク(通話マイク1個、集音マイク2個)を搭載する製品が増えているが、そうした製品に比べていかんせん地味。コストカットなのか知らんが、そこまでノイズキャンセリングに力を入れてる製品には思えない。

 

外音取り込み機能(ヒアスルー機能)はとりあえずは使える

外音取り込み機能(オーディオテクニカいわくの”ヒアスルー")を搭載。イヤホンボタンを1.5秒長押しすれば機能ON/OFFできる。

ノイズキャンセリングと同じくそこまで目立った特徴、性能はない。機能ONにすると気持ち1段階ほど周囲の音が”パッと”明るくなる感じはあるが、自然な音の取り込みとはいいがたい。どちらかと言うと、こもり気味の音だ。

ただ、機能ONにするとオーディオ音量が最小に自動調整されるのでイヤホンを付けたままの会話はなんとか可能。コンビニレジなどで少しばかり会話する程度であればこれでも十分かと思う。

 

イヤホンのボタン操作は快適、丁度いい場所にある

物理ボタン搭載

イヤホンに物理ボタンを搭載。タッチセンサー式ではない物理ボタンだ。

ボタンの使い勝手はよい。それこそイヤホンを耳に装着したときに丁度12時の位置にボタンが来る。人差し指で上から押す感じにらくらく操作できる。実によく考えられた場所に設置されたボタンだなと関心してる。

【補足】ボタンの操作コマンドはカスタム可能

ボタンの操作コマンドはデフォルト状態だと以下のとおり。

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し音量1UP、着信受け再生/停止、着信受け
2回押し音量1DOWN次の曲へ
3回押し--前の曲へ
1.5秒長押し着信終了、着信拒否

長押しコマンドに関しては着信操作と併存する形で以下4つの機能から1つが割り当てられる。

  • 外音取り込み機能のON/OFF
  • 音声アシスタント起動
  • ノイズキャンセリング←→外音取り込みの切り替え
  • 低遅延モードON/OFF

左右イヤホン、それぞれ別の長押しコマンドを設定可能

 

バッテリーが全然減らない

やはり50時間バッテリーは伊達じゃない。

筆者個人としてオーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」を外出用のワイヤレスイヤホンとして仕事用カバンの中に放置プレイしてるのだが、それくらい雑な運用方法でもバッテリーがなくて困るシチュエーションがない。

それこそ外出時によくて1時間〜2時間使う程度なので単純計算で25日は充電せずに運用できる。これもう充電する機会がなさすぎて逆に充電がおろそかになりそうだなと危惧してる。

Amazonで製品をチェック

 

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の気になったところ(あるいはデメリット)

「aptX Adaptive」対応スマホは限られる

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の隠れたセールスポイントたる「aptX Adaptive」。

aptX Adaptiveで接続すればハイレゾ相当のオーディオ再生が可能なほか、aptX以上の圧倒的な低遅延になるので動画もちろんスマホゲームも音ズレなく楽しめる。

ただ、aptX Adaptiveに対応しているスマホは数が限られるクアルコムの公式サイト(英語)にaptX Adaptiveに対応しているスマホの一覧が掲載されているが、ネットレビュー探すと実際には対応してなかったみたいな話もちらほらある。

とりあえず筆者の手元環境ではXperia 10 Ⅱ(型番A001SO)でaptX Adaptiveが利用できることを確認した。

Xperia 10 Ⅱ(型番A001SO)でaptX Adaptive対応を確認

 

通話マイク性能は思いのほか普通、ノイズカット精度は高くない

通話マイク搭載

イヤホン本体に通話マイク搭載。ビデオ通話やハンズフリー通話でイヤホン&マイクとして利用できる。

集音性能は問題ないが、騒音のある場所で使うと周囲の音ごと拾ってしまう。ノイズカット機能こそ搭載しているが、cVc8.0仕様のオマケ程度のノイズカットであり、ノイズカット効果は薄め(というかノイズカットしてない...?)。

※ cVc8.0はクアルコムが提供する標準のノイズカット機能。クアルコム製チップを搭載するBluetooth製品で利用できる。

土台のハードスペックからしてイヤホンマイクを片側1個づつしか搭載していないので、口元の音と周囲の音が聞き分けられるとは思えない。

通話するにしても下手にうるさい場所で使わず、そこそこ静かな場所で使った方がよさそうだ。

 

360 Reality Audio(ソニーの3Dオーディオサービス)対応は紛うことなきオマケ

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、ソニーが提供する3Dオーディオサービス「360 Reality Audio」にソニー他社製品ながら対応している。

ただ、360 Reality Audioは専用アプリの専用楽曲しか3Dオーディオ再生できない。Appleが提供する空間オーディオのようにYouTubeやNetflixで使えるわけではない。

肝心の専用アプリは、「360 by Deezer」「ArtistConnection」など日本で馴染みない海外製サービスのみ。日本の曲もほほなし。普段から洋楽ばっか聞いてる人ならまだしも日本の曲をメインで聞いてる人だと実用性は皆無だ。

Amazonで製品をチェック

 

【まとめ】50時間使えるロングバッテリーがなによりの評価点

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」をレビューしてきた。

全体的に勝手はよい。50時間のロングバッテリー、低音強めでクリアな高音質オーディオ、マルチポイント、(使える人なら)重宝するaptX Adaptive。間違いなくセールスポイントだ。

他方、ノイズキャンセリング対応モデルなのにイヤホンマイクを片側1個づつしか搭載しておらず、ノイズキャンセリングや通話時のノイズカットなどマイク使った機能の精度が低い。ここらは拭えぬマイナス点だろう。

総じて「50時間のロングバッテリーを搭載した高音質ワイヤレスイヤホン」というのが妥当な製品評。

充電を意識せずに数週間と使いまわせるワイヤレスイヤホンを探している人がいたら、オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」をおすすめしたい。使ったら使いっぱなしの放置プレイできる最強ズボラ仕様のワイヤレスイヤホンなのできっと気に入るはずだ。

 

レビュー対象製品

Amazonで製品をチェック

 

似た価格のワイヤレスイヤホンだとここらもおすすめ

パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」レビュー|高音質オーディオ&マルチポイント対応の万能ワイヤレスイヤホン

続きを見る

AirPods 第3世代(2021)レビュー|空間オーディオで化ける次世代AirPodsの実力をチェック

続きを見る

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

 

関連記事

【日本製】国産メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(1万円以下)

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

マルチポイント対応のワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン