ワイヤレスイヤホン

充電ズボラはこれ一択。オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」レビュー【最大50時間駆動】

2021年11月27日

国産老舗オーディオメーカー、オーディオテクニカから異質なまでにロングバッテリーのワイヤレスイヤホンが登場した。それが、今回レビューするオーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」。

バッテリー駆動時間はイヤホン単体で20時間、ケース併用で最大50時間

ーーー巷のワイヤレスイヤホンだとケース併用で20時間前後のバッテリー製品が一般的だが、その水準を遥かに凌駕する”超”スタミナ仕様のワイヤレスイヤホンとなる。

サイズは意外にも普通

これだけのスタミナ仕様ながらイヤホンサイズは普通のワイヤレスイヤホンと変わらぬ大きさ。バッテリー駆動時間にしろ、イヤホンサイズにしろ、日常的に使いまわせる万人向けのワイヤレスイヤホンとしておすすめできる。

この記事では、オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」をレビューしていきたい。

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」製品評価

発売時期2021年11月
直販価格(税込)18,480円

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の製品評価は以下のとおり。

低音(4)
中音(4)
高音(3.5)
イヤホンの装着感(5)
ノイズキャンセリング(3)
外音取り込み機能(3)
マイク性能(3)
バッテリー性能(5+)

ここがGood!!

50時間使えるロングバッテリー(イヤホン単体20時間、ケース予備30時間)

イヤホンの装着感が非常に安定、耳穴にぬめりこむ

マルチポイント対応、スマホ←→PC間でペアリング切り替えの必要なし

「aptX Adaptive」対応、ハイレゾ相当の高音質オーディオ再生が可能

「低遅延モード」搭載、動画やゲームで音ズレ軽減できる

ここがBad...

マイク性能が弱め

ノイズキャンセリング、外音取り込み機能の効果弱め

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

 

製品カラーリングは3色

製品カラーリングはブルー、ベージュ、ブラックの3色展開。レビューはブルーで行う。

 

広告

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の製品概要

スペックシート抜粋

Bluetoothバージョン5.2
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
防水性能IPX4
バッテリー駆動時間イヤホン単体20時間
ケース併用で最大50時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、Bluetoothオーディオコーデック「aptX」の上位版たる「aptX Adaptive」に対応。

aptX Adaptiveに対応しているAndroidスマホと接続すれば、ハイレゾ相当の高音質オーディオ再生が可能になる(iPhoneはaptX Adaptive非対応)。

aptX Adaptiveに対応しているAndroidスマホは米クアルコムの公式サイトから確認できる。

 

 

ペアリング仕様




Google Fast Pair対応
マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法ケースにセットした状態のイヤホンの物理ボタンを左右同時に5秒押し → イヤホンをケースから取り出す
マルチポイント対応(最大2台)
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」はマルチポイント対応製品。最大2台のBluetoothデバイスを同時接続できる。

なにかしらオーディオ再生しているデバイス側に自動で音声出力が切り替わるのでデバイス間で都度ペアリングを切り替える必要なし。スマホ←→PC間でワイヤレスイヤホンを使いまわしたい人には最高の仕様だ...

Google Fast Pair とは?

Google Fast Pairは、Googleが提供するペアリング簡素化システム。

Android OS 6.0以上のスマホであれば、新規ペアリングモードの起動と同時に専用のポップアップ画面が表示され、画面からワンタッチでペアリング設定できる。

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。今日のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のBluetoothデバイスの情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は最大2台のBluetoothデバイスを同時接続。オーディオ再生しているデバイス側に音声出力元が自動で切り替えられる。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。現在のペアリングを解除せずにワンタッチでペアリングが切り替えられる製品もある。


 

 

 

バッテリーまわりのこと

バッテリー駆動時間イヤホン単体20時間
ケース併用で最大50時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

バッテリー駆動時間は業界トップクラス。ノイズキャンセリング常時ONでもイヤホン単体15時間、ケース併用で45時間ほど使える。

1日数時間のイヤホン利用であれば、数日おろか数週間は外部充電せずに使いまわせる。ワイヤレスイヤホンは充電が面倒くさそう... と考えている充電ズボラな人にこそおすすめしたい。

外部充電はUSB Type-Cケーブルで行う。ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず。

 

 

通話マイク仕様

通話時ノイズカット機能△(cVc8.0)
風切り音カット

製品ポジション的にはハイエンドモデルだが、一転して通話マイク性能はごくごく普通。

cVc8.0仕様のノイズカット機能を搭載しているが、これはあくまで通話音声をクリアに加工するだけ。口元から離れた周囲の音をカットするわけではなく、騒音のある場所で使うと周囲の音ごと通話転送してしまう。

そのため、通話マイクとして使えるには使えるものの、そこまで際立った性能を持つマイクというわけではない。

 

 

操作性

物理ボタン搭載




ボタン種類物理ボタン
操作コマンドの割り当て変更対応

イヤホンに物理ボタンを搭載。タッチセンサー式のボタンと違って、ふとしたタイミングの誤タッチ、誤反応がないのでストレスフリー。操作したいときだけ操作できるのは物理ボタンならではのメリット。

ボタンの押し硬さも問題ない。人差し指だけで力を入れずにらくらくボタン操作できる。

オーディオ操作コマンド(部分的に割り当て変更可能)

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し音量1UP再生/停止
2回押し音量1DOWN次の曲へ
3回押し--前の曲へ
1.5秒長押し(カスタマイズ枠)(カスタマイズ枠)

1.5秒の長押しコマンドのみカスタマイズ可能。以下4つから左右イヤホンに1つづつ割り当てられる。

  1. 外音取り込み機能のON/OFF
  2. 音声アシスタント起動
  3. ノイズキャンセリング←→外音取り込みの切り替え
  4. 低遅延モードON/OFF

通話対応コマンド(割り当て変更不可)

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回押し着信受け
1.5秒長押し着信終了、着信拒否

 

 

防水性能

防水性能IPX4(IP4)
防塵性能

防水性能はIPX4。雨や汗に耐えられる。イヤホンの水洗いには対応せず、水没させると故障する可能性あり。

 

 

iPhoneとの相性

iPhoneとの相性(よい)
AACコーデック対応
iOS向け専用アプリ対応

iPhoneとの相性は悪くない。

iPhoneで主流のBluetoothオーディオコーデックである「AAC」が使えるためオーディオ面は問題なし。専用アプリ使ったイコライザー調整やタッチ操作コマンドの割り当て変更などイヤホン・カスタマイズも可能だ。

ただ、製品のセールスポイントである「aptX Adaptive」はiPhone環境だと利用できず。もっぱらコスパ面において、iPhoneユーザーがあえて「aptX Adaptive」対応のワイヤレスイヤホンを選ぶべきかは疑問が残る。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェック

 

 

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の外観&使用感

イヤホンサイズは意外にも小さい(20時間バッテリー何処に)

イヤホン外側

イヤホン内側

イヤホン横側

イヤホン本体だけで20時間バッテリーを内蔵しているのだが、思いのほか普通のイヤホンサイズで驚く。イヤホン重量も片側8gと相場水準。

他社のワイヤレスイヤホンと比べても変わりないサイズ感なので、いったいどこらへんに20時間ものバッテリーを内蔵しているのか不思議だ。

 

 

イヤホンの装着感は非常によい、耳穴にぬめりこむ

イヤホンの装着感は感動するでき。イヤーピースのサイズさえ調整すれば、耳穴、耳奥にぬめりこむようにしてイヤホンを押し込める。

おかげでイヤホン揺れも極めて軽減。運動中、ランニング中に使いたい人にもおすすめだ。

耳から飛び出てるイヤホン面積も少なく、マスク着脱時にマスク紐が引っかかることもない。ビジュアル的にも”シュッ”と収まってて好印象。

 

 

充電ケースも意外に小さい(30時間バッテリー何処に)

縦横5.5cmほど

厚み3cmほど

30時間の予備バッテリーを内蔵した充電ケースだが、こちらも思っていたよりも小さかった。

縦横5.5cm、厚み3cmほど。他社ワイヤレスイヤホンよりもサイズこそ1割、2割ほど大きいが、それでもバカでかいというわけではない。男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズ感はキープしてる

ズボンのポケットにワイヤレスイヤホンを入れて手ぶら外出したい人でも問題ない。

ズボンのポケットにもらくらく入る

 

 

イヤホン、充電ケースともにヌメ素材で高級感あり

自動車の革シートのようなしっとりとしたヌメっ気あり。思わず手で握りこめたくなる。

購入したのはブルー色だが、色味と素材が相まって高見えする。「大人の逸品」と言いたくなる所有欲を刺激する仕上がりでビジュアル的な格好よさが節々まで詰まってる。特に男性。というか圧倒的に男性向け。このデザインのよさは男性ならわかるはず。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェック

 

 

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の音質

音質は低音〜中音メインのチューニング

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、同社の重低音ブランド「SOLID BASS」を冠する重低音モデル。

とはいえ、そこまでガチな重低音ではない。SOLID BASS自体がクリアな重低音を志向したオーディオ設計とあり、低音を土台にしつつ中音域〜高音域も適度に残る。

ガチの重低音を楽しみたい人よりかは、適度に強い低音サウンドを楽しみたい人の方がオーディオ相性がよさそう。

 

 

イコライザー調整(音質カスタマイズ)対応、好みの音に調整できる

iOS、Android向けに配信される専用アプリ「Connect」を使えばイコライザー調整(音質調整)可能。

低音〜高音まで細かく目盛り設定できる。デフォルトだと重低音(というか低音強め)だが、中音域〜高音域を引き上げればクリアなオーディオになる。

Audio-Technica | Connect

Audio-Technica | Connect

無料posted withアプリーチ

 

 

動画やゲームの遅延(音ズレ)ほぼなし、低遅延モードも便利

aptXないしaptX Adaptiveで接続した状態であれば、極めて遅延(音ズレ)は少ない。YouTubeやNetflixなど動画が問題なく見れるし、認知できるレベルの音ズレはほぼ存在しないに等しい。

低遅延モードはゲームだけでなく動画再生にも対応

動画/ゲームで使える「低遅延モード」も搭載。専用アプリからモードON/OFFできる

どの程度の低遅延スペックなのかは公表されていないが、他社に習えば60ms(音ズレ0.06秒)に固定する感じだろうか。

いざ荒野行動などプレイしていて射出音や足音が極度にずれることなく熱中できる。ごくごく一部のゲームガチ勢、音ゲーガチ勢を除けば十分な低遅延スペックかと思う。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェック

 

 

【重点レビュー1】aptX Adaptive

「aptX Adaptive」対応、ハイレゾ相当楽曲を高音質ままで再生できる

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、Bluetoothオーディオコーデック「aptX Adaptive」に対応。

Bluetoothオーディオコーデックは、SBC、AAC、aptXの3つが主流だが、aptX AdaptiveはaptXのさらに上位に位置づけられるプレミアコーデック。ハイレゾ相当(最大48kHz/24bit)の音楽データをワイヤレス経由で転送できる。

いざatpX Adaptive接続にして音楽再生すると通常よりも音の厚みが増し、低音の”ズーン”といった残響も堪能できる。中音域〜高音域は解像度が引き上がり、俗に言うクリアな音になる。

 

 

aptX Adaptive対応スマホは限られる、iPhoneだと非対応

aptX Adaptiveに対応するのはAndroidスマホの一部のみ。iPhoneはaptX Adaptive非対応。

AndroidスマホであってもGoogle PixelやGalaxyなどはaptX Adaptive非対応。もっぱらソニー、シャープ、Xiaomiあたりのスマホが対象だ。意外と対応機種が少ない。

aptX Adaptiveに対応しているAndroidスマホは米クアルコムの公式サイトから確認できる。

 

 

【重点レビュー2】マルチポイント

マルチポイントの切り替え安定、OS関係なく最大2台まで同時接続可能

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」はマルチポイント対応。最大2台のデバイスを同時接続して、都度オーディオ再生しているデバイス側に音声出力を自動で切り替えられる。

普段からスマホやPCなど特定2台のデバイス間でイヤホンないしワイヤレスイヤホンを使いまわしている人であれば重宝すること違いない。

接続の切り替え速度も速い。OSまたぐマルチポイントだと切り替えに数秒もたつく製品もあるが、そうした勝手の悪さは見られない。日常的に使っていてストレスないレベルに仕上がってる。

 

 

【重点レビュー3】ノイズキャンセリング&外音取り込み

ノイズキャンセリングはオマケ程度、静音効果は高くない

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」はノイズキャンセリング(ANC)対応だが、そこまでのセールスポイントではない。静音効果は弱め。

とりあえず低周波音(濁音ノイズ)を中心に除去できるのでノイズキャンセリングっぽさは味わえるが、人の話し声だったり、周囲の喧騒のようなものに関しては残り気味。音の”遮音”よりかは”低減”にとどまる。

後述するが、マイク性能が弱めなので自ずとノイズキャンセリング性能も弱め。ノイズキャンセリングを主として使いたい人だと製品との相性が悪そうだ。

 

 

外音取り込み機能(ヒアスルー機能)はとりあえずは使える

イヤホンを装着したまま周囲の音が聞き取れる「外音取り込み機能」(オーディオテクニカいわくの”ヒアスルー")。イヤホンボタンを1.5秒長押しすれば機能ON/OFFできる。

ノイズキャンセリングと同じくそこまで目立った特徴、性能はない。機能ONにすると気持ち1段階ほど周囲の音が”パッと”明るくなる感じはあるが、自然な音の取り込みとはいいがたい。どちらかと言うと、こもり気味の音だ。

ただ、機能ONにするとオーディオ音量が最小に自動調整されるのでイヤホンを付けたままの会話はなんとか可能。コンビニレジなどで少しばかり会話する程度であればこれでも十分かと思う。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェック

 

 

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の気になったところ(あるいはデメリット)

マイク性能が弱い

マイク性能は弱い

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」の弱点を挙げるとすれば、間違いなくマイク性能の弱さだろう。

ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンは周囲の音を取り込む必要があるため、総じてマイク性能がよかったりするのだが、その期待は捨てていい。ごくごく普通のマイク性能なのでノイズキャンセリングや外音取り込み機能などマイクを活用した機能が弱めだ

それこそマイクは片側1個づつしか搭載せず。それも通話マイクと兼用だ。昨今のノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンだと片側3個のマイクを搭載する時代なので、マイク1個は肩透かし感ある。

 

 

360 Reality Audio(ソニーの3Dオーディオサービス)対応は紛うことなきオマケ

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」は、ソニーが提供する3Dオーディオサービス「360 Reality Audio」にソニー他社製品ながら対応している。

ただ、360 Reality Audioは専用アプリの専用楽曲しか3Dオーディオ再生できない。Appleが提供する空間オーディオのようにYouTubeやNetflixで使えるわけではない。

肝心の専用アプリは「360 by Deezer」「ArtistConnection」など日本で馴染みない海外製サービスのみ。日本の曲もほほなし。普段から洋楽ばっか聞いてる人ならまだしも日本の曲をメインで聞いてる人だと実用性は皆無だろう。

他のカラーリングも含めてAmazonでチェック

 

 

この記事のまとめ

ここまでオーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」をレビューしてきた。

ケース併用で50時間使えるロングバッテリーが魅力の1品。1日3時間イヤホンを使っても2週間は外部充電せずに使える。充電を忘れがちな充電ズボラにはたまらない。

他方、マイク性能が弱い。イヤホンマイクを片側1個つづしか搭載せず、ノイズキャンセリング、外音取り込みなどマイクを活用した機能にマイナスの影響が出てる感は否めない。

もとより50時間バッテリーを評価したうえで購入を検討している人であればおすすめしたい。できるだけ充電を意識せずに使えるワイヤレスイヤホンとして考えれば、この上なく丁度いい1品だ。

 

 

レビュー対象製品

Amazonでくわしく製品をチェック

 

 

似た価格のワイヤレスイヤホンだとここらもおすすめ

マルチポイント初対応。パナソニック「テクニクス EAH-AZ40」はPCユーザーの必需品【レビュー】

続きを見る

AirPods 第3世代(2021)レビュー【前作から何が変わった?】

続きを見る

Beats Studio Buds レビュー|Beatsライクなドンシャリ・チューニング施したAirPodsの兄弟モデル

続きを見る

 

 

関連記事

関連記事【日本製】国産オーディオメーカーが手がける完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介

続きを見る

関連記事iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

関連記事Androidスマホとの相性がいい完全ワイヤレスイヤホン。おすすめモデルを一挙紹介(2022年)

続きを見る

関連記事マルチポイント対応の完全ワイヤレスイヤホンまとめ。おすすめ製品も紹介(2022年)

続きを見る

関連記事【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン
-