ワイヤレスイヤホン

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」レビュー|動画を楽しむための低遅延ワイヤレスイヤホン

2021年8月12日

1962年創業の国産オーディオメーカー大手「オーディオテクニカ」。

同社は2018年に完全ワイヤレスイヤホン市場に参入。これまでスポーツモデル、ハイエンドモデルを中心に手がけていたが、2020年10月にエントリーモデルとなる新作を発表。

それが今回レビューするオーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」だ。

市場価格8,000円。今までになくポップで明るいデザインに一新され、女性でも気軽に使いやすい。

見てくれだけでなく、ボーカル主体のオーディオと圧倒的な低遅延に強み。特にアンダー1万円モデルながら低遅延モードを搭載しており、機能ONにすれば動画やゲームが遅延(音ズレ)なく楽しめる。

巷ではゲームに特化した低遅延モードが多いが、オーディオテクニカの低遅延モードは動画再生時にも使える。YouTubeやNetflixをよく視聴している人であれば、日常的に活用する機会がありそうだ。

この記事ではオーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」をレビューしていきたい。

【レビュー対象製品】オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」

発売時期2020年10月
市場価格8,000円前後

カラーリングは6色(ブラック、ホワイト、ネイビーレッド、ピンクブラウン、ブルー、マスタード)。レビューはピンクブラウンで行う。

Amazonで製品をチェック

 

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」製品概要

製品概要

オーディオテクニカのエントリーモデル(2020年10月発売)

音質は中音域〜高音域メイン、ボーカル主体で楽しめる

低遅延モード搭載、ゲームだけでなく動画再生時にも利用可能

生活防水(IPX4)対応、雨や汗に耐えられる

留意点ないしデメリット

ノイズキャンセリング(ANC)非対応

外音取り込み機能に対応しているが、実用性はほぼない

新規ペアリングモードの起動方法が面倒くさい

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応せず

 

スペックシート




Bluetooth最新規格「Bluetooth 5.0」対応
屋外でもワイヤレス接続がしっかりしてる。音ズレや接続切れは限りなく少ない。

低遅延モード搭載
タッチ操作コマンドで適時ON/OFF可能。動画視聴やゲームプレイ時の遅延(音ズレ)が少なくなる。

音質は中音域〜高音域メイン
全体的に優しめサウンド。ボーカルを主として音楽を聞きたい人におすすめ。

最大19.5時間のバッテリー駆動時間
イヤホン単体6.5時間、ケース併用で最大19.5時間のバッテリー持ち。

生活防水(IPX4)対応
雨や汗は問題なし。潜水、浸水、イヤホンの水洗いは故障リスクあり。
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC
バッテリー駆動時間イヤホン単体で6.5時間、ケース併用で19.5時間
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能○(IPX4)
通話マイク
外音取り込み機能
ノイズキャンセリング(ANC)×

Amazonで製品をチェック

 

「三代目 J SOUL BROTHERS」とのコラボモデルあり

三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTOがプロデュースするブランド「STUDIO SEVEN」とのコラボモデルあり。市場価格は1万円前後。

中身(スペック仕様)はそのまま通常版と同じ。外観デザインだけが変更される。

 

充電ケースはクリームケースサイズ

直径5cmほど

厚み3.3cmほど

ケースサイズは直径5cmほど、厚み3.3cmほど。

他社製品に比べてもコンパクト。ハンドクリームの(小)容器くらいの大きさ。ズボンのポケットに入れっぱなしでも邪魔にならない。

左右対称のスクエアデザインがこれまたおしゃれ

充電ポートはUSB Type-C

USB Type-Cケーブルを使った有線充電のみ対応。ワイヤレス充電(Qi充電)には対応せず。

 

イヤホンはスクエア仕様でおしゃれ

イヤホン本体は、耳元アクセサリー感あるスクエアデザイン。イヤホン本体からはみ出るようにして付いてる耳型パーツがこれまた良いアクセントであり存在感に。

マスク紐にも干渉なし

イヤホンサイズは小さめ。おかげで耳の穴にきれいに収まる。イヤーピースのサイズを調整すればホールド感もばっちしだ。

 

ペアリング接続のこと

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」の主なペアリング仕様




マルチペアリング対応(最大?台)
新規ペアリングモードの起動方法既存ペアリングデバイスのBluetoothをオフに → 再接続できない状態で数秒経つと新規ペアリングモードが起動
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え×(先に現在のペアリングを解除する必要あり)

マルチペアリングとは?

マルチペアリングとは、複数のBluetoothデバイスのペアリング情報が記録できる機能のこと。昨今のワイヤレスイヤホンだとおおよそ5台〜10台のデバイスのペアリング情報が記録できる。

新規ペアリングモードの起動方法について

初回設定時はケース蓋を開くだけで自動で新規ペアリングモードが起動する。2回目(2台目)以降のペアリングを行う場合は新規ペアリングモードを手動で起動する必要がある。

マルチポイントとは?

マルチポイントとは、複数のBluetoothデバイスを同時接続できる機能のこと。オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」はマルチポイント非対応。

複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替えとは?

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、先に現在のペアリングを解除する必要がある。一部の製品だと現在のペアリングを解除せずにペアリングが切り替えられるが、オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」は同仕様に対応せず。


「Google Fast Pair」によるペアリング接続に対応

Googleが提供するペアリング簡素化システム「Google Fast Pair」に対応。

Android 6.0以上のAndroidスマホを使っている人であれば、専用のポップアップ画面が表示され、そのままワンタッチでペアリング接続できる。

新規ペアリングモードの起動コマンドは用意されず

新規ペアリングモードを起動するためのタッチ操作コマンドは用意されず。

初回の新規ペアリングであればケース蓋を開けば自動で開始される。2回目(2台目)以降の新規ペアリングを行う場合、まず現在ペアリングしているデバイスのBluetoothをオフにして、イヤホンが「再接続」できない状態にする。

イヤホンが「再接続」できない状態で数秒経つと新規ペアリングモードに切り替わる。あとはBluetooth設定画面から接続設定するだけだ。

ここらは典型的な格安ワイヤレスイヤホン仕様なので面倒くさい。

Amazonで製品をチェック

 

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」を実際に使ってみた感想とレビュー

低遅延モードはたしかに効果ある

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」の最大のセールスポイントたる低遅延モード。ゲームだけでなく動画再生時にも利用できるので他社の低遅延モードよりも汎用性が高い。

低遅延モードは、左イヤホンのタッチパッドを3秒長押しで機能ON/OFFできる。

いざ機能ONにするとYouTubeやNetflixなど動画サービスを視聴する程度であれば、ほぼ音ズレが認知できないレベルに落ち着く。音質が少しばかり悪くなるのだが、実用性の観点で言えば合格ラインだ。

ゲームに関しても限りなく違和感なくプレイできる。ただ、無線通信である以上、どう頑張っても100%の遅延回避は無理。特に音ゲーあたりをやりこんでる人だとタイミング調整も含めて使った方がいいかもしれない。

 

音質は中音域〜高音域メイン、ボーカル主体で楽しめる

土台の音は中音域〜高音域。気持ち高音域が強い。低音はそこまで強くない。

全体的に優しめサウンドなので長時間のリスニングでも聞き疲れしない。ボーカル音声がわりと前のめりに出ているので、バックサウンドでノリノリになりたい人よりかはボーカルをしっかりと聞きたい人におすすめのワイヤレスイヤホンだ。

低音が弱めなので、聞く曲によっては盛り上がりに欠けるかもしれない。あくまでもバックサウンドよりもボーカル重視のワイヤレスイヤホンだ。なお、イコライザー調整には対応しておらず、音質を別途カスタマイズすることはできない。

 

ワイヤレス接続は思っていたよりも安定してる

土台Bluetooth 5.0のワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)ということもあり、屋外で使った場合でも酷い音飛び、ブツ鳴り、接続切れはみられない。

あくまでワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)なので周囲のBluetoothデバイスと電波干渉する可能性も無きにあらずだが、製品それ自体の性能としてそこまでワイヤレス接続が弱い製品には思えない。

ちなみに、iPhoneだとiPhone 7/7 Plus以前の機種がBluetooth 5.0に非対応。否応にもiPhone側のスペックに合わせて接続されるBluetoothバージョンが引き下げられ、ワイヤレス接続も不安定になりがちだ。ここらの古いiPhoneを使っている人は注意した方がいい。

Amazonで製品をチェック

 

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」の気になったところ(あるいはデメリット)

外音取り込み機能はオマケ程度の効果(実用性は薄い)

右イヤホンのタッチパッドを2秒長押しで外音取り込み機能が起動する(オーディオテクニカいわくの”ヒアスルー機能”)。

ただ、あまり目立った効果は見られない。周囲の音を取り込んでいるはずなのだが、気持ち、ほんの少しだけ周囲の音が大きくなったかな?という心の持ちよう程度の変化しかない。

ほぼオマケ程度の機能と言ってしまって問題ないと思う。会話するときなどは素直にイヤホンを外した方がストレスなくてよさそうだ。

 

タッチ操作コマンドは変な割り当て(なおかつ変更不可)

タッチセンサー

左右イヤホンにタッチセンサーを使ったタッチ操作が可能。タッチ式ならではの反応処理の悪さも見られず、複数回タッチもきちんと認識される。この点、特に文句はない。

ただ、気になるのがタッチ操作コマンドの割り当て。

右イヤホンと左イヤホンに別々のコマンドが割り当てられる。タッチ操作コマンドの割り当て変更には対応しておらず、デフォルトままで使うことになる。他社だと見ない変わった割り当てなので慣れるのに時間がかかりそうだ。

▼ オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」のタッチ操作コマンド

左イヤホン操作右イヤホン操作
1回タッチ音量UPオーディオ再生/停止
2回タッチ音量DOWN次の曲へ進む
3回タッチ--前の曲へ戻る
2秒長押し--外音取り込み機能ON/OFF
3秒長押し低遅延モードON/OFF--

着信時に左右どちらかを1回タッチで着信対応できる。着信終了は2秒長押し。着信時に2秒長押しで着信拒否。

 

通話マイク性能は普通(ノイズカットなし)

通話マイクあり

イヤホン本体に通話マイクを内蔵。ハンズフリー通話で、あるいはビデオ通話のイヤホン&マイクとして活用できる。

集音性能こそ問題ないが、ノイズカット機能を搭載していないので、雑音や騒音、自宅の生活音など含めて均一に周囲の音を集音してしまう。うるさい場所だと声がかき消されてしまい使いにくい。

基本的には静かな場所での利用に留めた方がいい。騒音のある場所ならスマホのマイクの方がまだ優秀だ。

Amazonで製品をチェック

 

【まとめ】日常的にカジュアルに使える安定モデル、はじめてのワイヤレスイヤホンとしてもおすすめ

オーディオテクニカ「ATH-SQ1TW」をレビューしてきた。

低遅延性能とボーカル重視のオーディオ性能を併せ持つ日常的にカジュアルに使いまわせるワイヤレスイヤホンといったところ。ワイヤレス接続も安定していて屋外で使いたい人でも問題ない。

価格8,000円で国産メーカー品とあり、はじめてのワイヤレスイヤホンとしても丁度いいだろう。そこそこ知れてるメーカー品のワイヤレスイヤホンを探している人など、ぜひ試してみてほしい。

 

レビュー対象製品

 

似た価格の国産ワイヤレスイヤホンを探す

ヤマハ「TW-E3B」
ヤマハ「TW-E3B」レビュー|高音質オーディオがなにより魅力の最強エントリーモデル

続きを見る

JVCケンウッド「JVC HA-A50T」レビュー|U1万円でノイズキャンセリング対応した異色の国産ワイヤレスイヤホン

続きを見る

JVCケンウッド「JVC HA-A5T」レビュー|安くて高音質なワイヤレスイヤホン。はじめての1台に最適

続きを見る

パナソニック「RZ-S30W」レビュー|ケース併用で最大30時間使えるロングバッテリーモデル

続きを見る

ソニー「WF-C500」レビュー|1.1万円で購入できる、ソニー好きのための王道エントリーモデル

続きを見る

 

関連記事

【コスパよし】5000円で買える大手メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめはこれだ!

続きを見る

【日本製】国産メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(1万円以下)

続きを見る

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2022年)

続きを見る

【2022年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン