(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

開催中Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

続きを見る


ホーム画面カスタマイズ(iPhone)

iPhoneのホーム画面カスタマイズアプリ「Widgetsmith」(ウィジェットスミス)の使い方

2022年5月28日

iPhoneのホーム画面カスタマイズアプリとして高い人気を誇る「Widgetsmith」(ウィジェットスミス)。

もっぱら「写真」「日時」「カレンダー」ウィジェットを作成可能。いずれもホーム画面に追加・設置できる。

作成できるウィジェットの種類

  • 写真
  • 日時
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 歩数計

有料プラン(月額200円〜)に加入すると以下のようなウィジェットも作成可能。

有料プランで使えるウィジェット

  • 天気
  • 花粉情報
  • 大気汚染情報

この記事では、Widgetsmithの大まかな使い方を紹介するとともに、無料プランの対象となる「写真」「日時」「カレンダー」ウィジェットの作り方を解説していく。

広告

Widgetsmithの大まかな使い方

Widgetsmith

Widgetsmith

無料posted withアプリーチ

WidgetsmithはiOS向けに配信されるウィジェット作成アプリ。

先にアプリ内でウィジェットを作成して、iPhoneのホーム画面にウィジェットを追加して使う。

大まかな使い方としては以下のとおりだ。

  1. 「Widgetsmith」アプリでウィジェットを作成する
  2. ウィジェットをホーム画面に追加する
  3. ウィジェットに表示する内容を指定する

 

【STEP1】「Widgetsmith」アプリでウィジェットを作成する

Widgetsmithは、ウィジェットサイズとして「SMALL」「MEDIUM」「LARGE」の3サイズを用意している。

これはそのままホーム画面に追加するウィジェットのサイズとなる。

ウィジェット「SMALL」サイズ、「MEDIUM」サイズ

ウィジェット「LARGE」サイズ

ホーム画面に追加したいウィジェットのサイズに合わせて、アプリ内でウィジェットを作成していく。

 

 

【STEP2】ウィジェットをホーム画面に追加する

他のウィジェット同様にiPhoneのホーム画面を長押しして編集画面に移行。「Widgetsmith」ウィジェットを選択・追加する。

ウィジェットサイズは【STEP1】で作成したものと同じサイズのものを選ぶ。

 

 

【STEP3】ウィジェットに表示する内容を指定する

ホーム画面に追加したウィジェットをタップすると「ウィジェットを編集」が表示されるので、これをタップ。

【STEP1】で作成したウィジェットを指定することで情報がウィジェットに適用される。

 

 

「写真」ウィジェットの作り方

Widgetsmithで最もオーソドックスな使い方と言える「写真」ウィジェット。任意の写真、画像をホーム画面に追加できる。

 

作成手順

「Widgetsmith」アプリを開き、一番左のタブ「Widget」を選択。

作成したいウィジェットサイズ項目にある「Add 〇〇 Widget」部分をタップする。

PHOTOS項目からウィジェットの種類を選択。

最もスタンダードなのは「Photo」。アルバム単位でランダム表示したい場合は「Photos in Album」を選ぶ。

なお、「★」マークが付いてる項目は有料プラン加入者のみ利用可能。無料では使えない。

次に細かな設定。以下3項目をそれぞれ指定する。

Aesthetic / Theme(写真の背景色の設定)

任意項目。必要なければ"Basic"を選択。

Selected Photo(表示する写真の選択)

必須項目。ウィジェットに表示する写真を「写真」アプリから選択・設定する。

Photo Filter(写真加工)

任意項目。なにかしら加工したい場合は設定する。初期状態ではオリジナルまま。

ここまで完了したら画面左上にある「Back」をタップ。

初見だとわかりにくいのだが、設定した内容は自動で保存されているので「Back」で戻ってしまって問題ない。

画面上部の中央部分をタップするとショートカットの名前が入力できる(そのままでも問題ない)。

最後に画面右上の「Save」をタップして完成。

これでウィジェットがストックに追加された。

あとは先項目の【STEP2】【STEP3】に従いウィジェットをホーム画面に追加するだけ。

 

 

「日時」ウィジェットの作り方

現在時刻や今日の日付を表示できる「日付」ウィジェット。

わりかしシンプルなデザインのウィジェットが多く、視認性もばっちし。ホーム画面を見て時刻をパパっと確認できる強みがある。

作成手順

「Widgetsmith」アプリを開き、一番左のタブ「Widget」を選択。

作成したいウィジェットサイズ項目にある「Add 〇〇 Widget」部分をタップする。

TIME項目からウィジェットの種類を選択する。

次に以下3点を指定する。

Aesthetic / Theme(ウィジェットの背景色の設定)

任意項目。必要なければ"Basic"を選択。

なお、「Customize Theme」をタップするとフォントやフォントカラーが細かく設定できる。こだわりたい人はこちらから調整あれ。

設定したら画面右上の「Save」タップを忘れずに

Location(取得するタイムゾーンの設定)

任意項目。初期状態では東京準拠。

Time Format(24時間表記の設定)

任意項目。初期状態ではiPhone本体設定に準拠。

ここまで完了したら画面左上にある「Back」をタップ。

初見だとわかりにくいのだが、設定した内容は自動で保存されているので「Back」で戻ってしまって問題ない。

画面上部の中央部分をタップするとショートカットの名前が入力できる(そのままでも問題ない)。

最後に画面右上の「Save」をタップして作成完了。

これでウィジェットがストックに追加された。

あとは先項目の【STEP2】【STEP3】に従いウィジェットをホーム画面に追加するだけ。

 

 

「カレンダー」ウィジェットの作り方

カレンダーそのものを表示するウィジェット。

より大画面のウィジェットで作成すると視認性もよくなる。

作成手順

「Widgetsmith」アプリを開き、一番左のタブ「Widget」を選択。

作成したいウィジェットサイズ項目にある「Add 〇〇 Widget」部分をタップする。

DATE項目からウィジェットの種類を選択する。

次に細かな設定。

画面下の「Aesthetic / Theme」部分をタップして、ウィジェットの背景色を指定する。必要なければ"Basic"を選択。

なお、「Customize Theme」をタップするとフォントやフォントカラーが細かく設定できる。

設定したら画面右上の「Save」タップを忘れずに

ここまで完了したら画面左上にある「Back」をタップ。

初見だとわかりにくいのだが、設定した内容は自動で保存されているので「Back」で戻ってしまって問題ない。

画面上部の中央部分をタップするとショートカットの名前が入力できる(そのままでも問題ない)。

最後に画面右上の「Save」をタップして完了。

これでウィジェットがストックに追加された。

あとは先項目の【STEP2】【STEP3】に従いウィジェットをホーム画面に追加するだけ。

 

 

Widgetsmithの注意点(ないしデメリット)

ウィジェット下に表示される名前は消せない

ホーム画面にウィジェットを追加するとウィジェット下に「Widgetsmith」とのアプリ名が表示される。

これはあくまでiPhone側の仕様であり、現時点でアプリ設定をどうこうして非表示にできない。

どうしても名前を非表示にしたい場合は、「Widgety」アプリがおすすめ。実質的に写真ウィジェットしか使えないが、それでもウィジェット下の名前を非表示にできる。写真ウィジェットを作りたいだけの人なら試してみてはどうだろうか。

画像右が「Widgety」アプリで作成したウィジェット。名前が非表示になる。

「Widgety」アプリのくわしい使い方は以下記事で説明している。

【iPhone】ウィジェット下の名前が消せる写真ウィジェット作成アプリ「Widgety」の使い方

続きを見る

 

 

iPhoneのホーム画面カスタマイズ関連記事

入門編

iPhoneのホーム画面カスタマイズのやり方・基本技まとめ(iOS 16〜)

続きを見る

 

アプリアイコンを変更する

iPhoneのアプリアイコンを変更する方法(ショートカット使用)

続きを見る

 

ホーム画面に写真を追加する

【iPhone】ウィジェット下の名前が消せる写真ウィジェット作成アプリ「Widgety」の使い方

続きを見る

 

ホーム画面に写真や日時を追加する

iPhoneのホーム画面カスタマイズアプリ「Widgetsmith」(ウィジェットスミス)の使い方

続きを見る

 

ホーム画面に空白を追加する

iPhoneのホーム画面に余白(空白ウィジェット)を作る方法

続きを見る

【iPhone】ホーム画面の上部・中部に余白(空白エリア)を作る方法

続きを見る

 

ショートカット(便利ツール)を追加する

【iPhoneショートカットまとめ】日常的に使えるおすすめレシピを厳選紹介(iOS 16〜)

続きを見る

【iPhoneの裏技】iOSショートカットのレシピ一覧集(iOS 16・iOS 17対応)

続きを見る

 

iPhone関連記事のリファレンスガイド作りました

新着記事


2024/3/2

【2024年3月1日〜】Amazon新生活セールで買っておきたい!おすすめ家電・ガジェット製品まとめ

セール期間 2024年3月1日(金)9時 〜 3月5日(火)23時59分 まで 3月1日よりAmazonの大型タイムセール「新生活セール」が開催中。 期間中、ポイントアップ・キャンペーンを活用することで最大8%のポイント還元が受けられる。 今回は新生活セールとあり、家電やガジェットの購入が追加ポイントアップの対象になる。普段からAmazonで家電やガジェットを購入している人なら散財するのに丁度いいタイミングだ。 そきあきら(筆者)この記事では、Amazon新生活セールで狙い目の製品を紹介していきます セー ...

続きを見る

2024/2/27

【一人暮らし向け】コスパ抜群。月額定額サブスクおすすめ10選(2024年版)

すっかり馴染みの存在になった月額定額のサブスク・サービス。一人暮らしの人ならサブスクだけあれば生活の7割が賄える勢いだ。 一方ではサブスクの数が種類が多すぎて、いざ「どのサブスクがおすすめなの?」と迷ってしまいそう。 そこで、この記事では筆者が実際に使ってるサブスクの中から10つ厳選して紹介したい。 いずれもコスパ重視。かつ一人暮らしの人を前提としたサブスクをピックアップした。各々の生活・ライフスタイルに照らして気になるのがあったら試してみてほしい。 この記事の目次(タッチで移動)【一人暮らし向け】コスパ ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向け】本革レザーのおすすめケースカバー3選(2024年版)

iPhoneのごとくAirPodsの充電ケースにもケースカバーを付けるのが一般的な文化になってきた。 今では高級ブランド品から中華品まで数多くのAirPods向けケースカバーが展開される時代だ。 よくも悪くも数も種類も多く、いざ「どのケースカバーを選べばいいのかわからない」みたいな悩みを抱えてる人も多いかもしれない。 そこで、この記事では、筆者が実際に購入したおすすめのAirPods向けケースカバーを3つ紹介したい。 いずれも本革ケースカバー。革系小物が好きな人など記事をチェックしてみてほしい。 この記事 ...

続きを見る

2024/2/17

【AirPods向けケースカバー】elago LEATHER CASE for AirPods(牛革レザー)レビュー

アメリカのガジェット・ブランド「elago」が手がけるAirPods向けケースカバー「elago LEATHER CASE for AirPods」。 牛革(カウハイド本革)を使った本物志向のレザーケースカバー。フェイクレザーを貼り付けただけの製品では見られない、艶やかで適度なしっとり感のある革が魅力的。 リングやカラビナも装着可能。カバンにキーホルダーがてらAirPodsを引っかけておきたい人でも問題ない。 ケースカバーはAirPods(第3世代)向け、AirPods Pro(第2世代)向けの2種類あり ...

続きを見る

2024/2/12

【iPhone】AssistiveTouchの表示ON/OFFするショートカット(iOS 17仕様)

iPhoneの地味だが人気の機能の一つ「AssistiveTouch」。 画面上に表示される丸いポインターを使ってiPhoneが所々操作できる。 ただ、丸いポインターが常時画面に表示されるので邪魔に感じる人もいそう。 そこで活用したいのがiPhone純正アプリ「ショートカット」。iOS 17にて「AssistiveTouchを表示ON/OFFする操作コマンド」が登場。ショートカットから1タップで機能ON/OFFできるようになった。 ショートカットはホーム画面からタップ起動したり、背面タップで起動できるので ...

続きを見る


セール・値下げ情報



Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ホーム画面カスタマイズ(iPhone)
-