ワイヤレスイヤホン

【料金比較】ソニー「WF-1000XM4」がお試しできるレンタルサービスまとめ

2021年6月に発売開始となったソニーの新作ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」。

高性能ノイズキャンセリングにくわえて、完全ワイヤレスイヤホンでは世界初となるLDACコーデック対応を果たしたことで注目を集めた。

LDCAコーデックを使ったハイレゾ再生が可能

どこもかしこも売り切れが続いていたが、昨今ではレンタルサービスに登場。大方5,000円前後でレンタルできる

5,000円と聞くと価格が高めに感じがちだが、WF-1000XM4はフィーリングさえ合えば次2〜3年と使えるモデルだ。数年にもわたる長いお付き合いの前のフィーリングチェックとしての5,000円ならまだ割に合う。

以下ではWF-1000XM4をレンタルしているサービス事業者をまとめている。購入前のお試しに活用あれ。

ソニー「WF-1000XM4」がお試しできるレンタルサービスまとめ

2021年8月時点で以下3つのサービス事業者がWF-1000XM4のレンタルを提供している。

  1. モノカリ(4,900円〜)
  2. Rentio(4,980円)
  3. Rentoco(5,280円)

 

1. モノカリ(4,900円〜)

出典:モノカリ

公式サイトで確認する
[モノカリの公式サイトを開きます]

レンタル料金

レンタル料金(税込)レンタル日数
4,900円2泊3日
6,900円29泊30日
  • 商品の往復送料無料
  • 同料金&同期間で延長可能
  • 自身の過失による破損、故障に対する負担費用は2,000円

サービス説明

カメラや家電を中心に取り扱うレンタルサービス「モノカリ」。

29泊30日プランが少し高めに感じるが、もとより1ヶ月レンタルするつもりであれば、他社よりも安くなる。破損、故障時の自己負担も上限2,000円止まりなので長期レンタルでも安心だ。

公式サイトで確認する
[モノカリの公式サイトを開きます]

 

Rentio(4,980円)

出典:Rentio

公式サイトで確認する
[Rentioの公式サイトを開きます]

レンタル料金

レンタル料金(税込)レンタル日数
4,980円14泊15日
  • 商品の往復送料無料
  • 1日400円で延長可能
  • +30,000円でそのまま購入可能
  • 自身の過失による破損、故障に対する負担費用は2,000円

サービス説明

レンタルサービス大手「Rentio」(レンティオ)。家電からベビー用品まで取り扱う。

中古扱いだが、レンタル品をそのまま購入することも可能。WF-1000XM4は市場価格3,3万円前後なので3万円での購入はわりと現実的。

公式サイトで確認する
[Rentioの公式サイトを開きます]

 

Rentoco(5,280円)

出典:Rentoco

公式サイトで確認する
[Rentocoの公式サイトを開きます]

レンタル料金

レンタル料金(税込)レンタル日数
5,280円7泊8日
  • 商品の往復送料無料
  • 1日330円で延長可能
  • 自身の過失による破損、故障に対する負担費用額は不明

サービス説明

老舗ECサイト「ECカレント」が手がけるレンタルサービス。

2020年にサービス開始したばかりの新参なので価格設定は微妙だが、とりあえずレンタル可能。7泊8日もあればおおよその勝手は理解できるはず。

公式サイトで確認する
[Rentocoの公式サイトを開きます]

 

この記事のまとめ

ソニー「WF-1000XM4」がレンタルできるサービスをまとめた。

順当に考えれば「2. Rentio」がおすすめ。14泊15日レンタルで4,980円なので日数も価格も丁度いい。

1ヶ月レンタルなら「1. モノカリ」の29泊30日レンタル(6,900円)が最安となる。1ヶ月じっくりと使いたい人だとこちらを選ぶべきだろう。

WF-1000XM4はフィーリングさえ合えばスペック、機能ともに文句ない1品だ。このフィーリングに相当する部分をレンタルでチェックしてみてはどうだろうか。

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-,