スマホ

【iPhone向け】Google検索ショートカットの作り方

2021年1月6日

Google検索ウィジェットをカスタマイズしたい人におすすめ。

すでにGoogle検索ウィジェットがGoogleから公式提供されるが、ウィジェットサイズが大きく、デザインも微妙という欠点がある。

そこでiPhoneアプリ「ショートカット」の出番。

Google検索するショートカットを作成して、ショートカットの起動アイコンをホーム画面に追加すれば、実質的なGoogle検索ウィジェットとして活用できる。そのうえホーム画面の専有スペースは1マスで済むし、アイコンデザインも自由に変更できるし、いたれりつくせりだ。

ショートカット版Google検索(右下)

この記事では、Google検索ショートカットの作り方について解説していきたい。

広告

ショートカットの動作イメージ

ホーム画面に設置したショートカットの起動アイコン(画面左上)をタップすることで以下3つの動作が行われる。

  1. 「Chrome」アプリを起動
  2. 「Chrome」アプリの新規タブを開く
  3. Google検索の入力画面に遷移

Googleが提供しているGoogle検索ウィジェットは、あくまで「Google」アプリ上での検索なのでChromeで開くにはもうひと手間かかる。

同ショートカットを使えばワンタップでChromeの新規タブ上でGoogle検索が始められるので勝手いい。

 

 

ショートカットのレシピをダウンロードする

ショートカットのレシピをダウンロードする

この記事で作成するショートカットをiCloud(Apple公式サイト)経由でダウンロード可能。筆者が作成したものをアップロードした。

特に設定変更することなくそのままショートカットが利用できる。

 

 

ショートカットの使い方

【カスタム必要なし】ショートカットはそのまま利用可能

同ショートカットはレシピをダウンロードすればそのまま利用できる。特にカスタム変更は必要ない。

ただ、ショートカットの起動アイコンをホーム画面に設置するのは自ら行う必要あり。方法は以下で解説する。

 

 

ホーム画面にショートカットの起動アイコンを設置する方法

画面右上にある「」(トグルボタン)をタッチ。

ホーム画面に追加」を選択。

ここでホーム画面に出すショートカット起動アイコンの画像と名前を設定する。

名前は空欄ままでもOK。アイコン画像はiPhoneに保存している任意のものが設定できる。

アイコン画像はAppleが用意しているテンプレアイコンも利用可能。先の画面でショートカットのアイコン部分をタップすることで設定できる。

カラーリングも変更可能

設定が完了したら画面右上にある「追加」をタップ。

そのままショートカットがホーム画面に追加される。

これで作業は完了。アイコンをタップすると以下のような挙動になるはず。

 

 

ショートカットの作り方(自分で作りたい人向け)

この記事で紹介するショートカットはほんの数ステップで作成できる。慣れてる人ならぱぱっと作れるかと思う。

「ショートカット」アプリを起動。

画面右上にある「」を選択し、新規ショートカットの作成画面を開く。

アクションを追加」→「App」と進む。

App一覧から「Chrome」を選択。

Chromeが提供しているショートカット機能の中から「Chromeで検索」を選択。

これでショートカットは完成。

 

 

関連するショートカット

【iPhone】ChromeアプリでWebページを「ホーム画面に追加」する方法

続きを見る

iPhoneのアプリアイコンを変更する方法(ショートカット使用)

続きを見る

 

 

日常的に使えるおすすめショートカットレシピ10選

【iPhoneショートカットまとめ】日常的に使えるおすすめレシピを厳選紹介(iOS 16準拠)

続きを見る

 

 

【随時更新中】これまで作成したショートカットレシピは以下記事でまとめてます

【iPhoneの裏技】iOSショートカットのレシピ一覧集(iOS 16準拠)

続きを見る

iPhoneホーム画面カスタマイズを始めたい人におすすめ

まずはこの記事から。誰でもかんたんに始められるiPhoneホーム画面カスタマイズの基本技を解説します。

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-スマホ
-, ,