スマホ

【iPhone】ロック画面ウィジェットにiPhone本体のバッテリー残量を固定表示する方法(iOS 16仕様)

2022年9月29日

ロック画面が大幅にリニュアルされたiPhoneの最新バージョン「iOS 16」。

「バッテリー」ウィジェットをロック画面に設置することでiPhoneのバッテリー残量を%表示できるようになる。

ただ、AirPodsやApple WatchなどをiPhoneと接続している状態だと肝心のiPhone本体のバッテリー残量が表示されないことがある。

こうした人であれば、設定を変更してiPhone本体のバッテリー残量を固定表示してしまえばいい。

iPhoneのバッテリー残量を固定表示した状態

この記事では、iPhoneのロック画面ウィジェットにiPhone本体のバッテリー残量を固定表示する方法を解説する。

広告

iPhoneのロック画面ウィジェットにiPhone本体のバッテリー残量を固定表示する方法

ロック画面でFace ID解除後、そのままロック画面を長押ししてカスタマイズ画面に入る。

画面最下部の「カスタマイズ」をタップ。

先に「バッテリー」ウィジェットを設置する。

設置した「バッテリー」ウィジェットを1回タップ。詳細画面に入る。

自動を「オフ」にする(スライドして緑色を無色に)

デバイス項目に表示される青文字部分をタップ。

ここで選択したデバイスのバッテリー残量がウィジェットに固定表示されるようになる。

ここではiPhoneを選択する。

以上で作業完了。これでAirPodsやApple Watchの接続状況関係なく、常時iPhoneのバッテリー残量が表示されるようになるはずだ。

 

 

関連記事

iPhoneのロック画面カスタマイズのやり方・基本技まとめ(iOS 16準拠)

続きを見る

【にゃー】iPhoneのロック画面の鍵マークを「猫」にする方法

続きを見る

【リンク一覧集】iPhoneのホーム画面・ロック画面・iOSショートカット関連のカスタマイズ記事まとめ(iOS 16準拠)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの(2022)

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-スマホ
-,