Surface用USB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」レビュー

スポンサーリンク
広告

Surface用のUSB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」を購入したのでレビューしたい。

Surfaceシリーズは専用端子「Surface Connect」経由でしか充電できないが、充電仕様としてUSB PD充電には対応している。そのため、Surface Connect端子とUSB Type-C端子を繋ぐUSB PD充電ケーブルを使えば、SurfaceでもUSB PD充電できる。

そこで今回、Surface用のUSB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」を購入した。ほぼほぼ非公式の製品なので将来的にどうなるかは知らんが、とりあえず試してみた。

▼ Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル レビュー

Surface ProやSurface Laptopシリーズは、専用端子「Surface Connect」経由でしか充電できない。ただ、充電規格としてのUSB PD充電には対応しており、Surface ConnectとUSB Type-C端子を繋ぐケーブルを使えばUSB PD充電が可能である。それを実現したのが今回レビューする Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル だ。

SurfaceでのUSB PD充電はマイクロソフトも一応認知しており、事実上のUSB PD充電を可能とする純正ケーブル(アダプタ)も存在する。

▼ Surface Connect to USB-C アダプター(純正品)

Surface Connect to USB-C アダプター を購入 - Microsoft Store ja-JP
Microsoft Store で Surface Connect to USB-C アダプター を入手し、最新のカスタマー レビューや評価をご覧になり、製品を比較してください。ダウンロードや発送は無料です。返品も無料でできます。

ただ、純正品は直販9,680円(税込)と高め。対してAmazonで売ってるサードパーティ製品であれば、大方1,500円〜3,000円で購入できるため、こちらを購入してみた。

▼ Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

メジャーな会社の製品は存在せず、ほとんどOEMの同一製品のような感じだったので、あえて高い製品を選ぶ必要はないと思う。購入したAnikks社?の「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」は購入時価格1,799円、プライム発送だった。

商品パッケージ

 

実際に充電してみた

Surface Laptop 2を充電してみる。USB PD充電ではケーブルとは別にUSB PD充電器が必要だ。以下ではAnker社のUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」(最大出力60W)を使ってレビューしていく。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)レビュー|MacBookも充電できるUSB PD充電器
MacBook Proで使える充電器を探しているのなら今回レビューする「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」はまさにうってつけの...

 

充電結果

約28W(14.4V=2.07A)で問題なくUSB PD充電できた。15V=3Aを上限として出力調整され、途中で充電が止まったりせず、フル充電できることも確認した。

専用ACアダプタ(ケーブル)と同じく充電中はライトが点灯する。

最大出力30Wの別のUSB PD充電器でも充電してみたが、こちらもほぼ同出力で充電できた。ただ、異様に積算電流量が低く、先の60W充電器よりも充電時間は遅くなった。

Surface Laptop 2の専用ACアダプタが最大45Wなので、「もしかしたら充電速度が遅くなってる?」とも考えたが、専用ACアダプタで充電しても充電速度は変わらなかった。

充電残量21%時点での充電完了までの時間は以下のようになった。

  • 専用ACアダプタ(&専用ケーブル使用)は2時間4分
  • 最大60WのUSB PD充電器は1時間54分
  • 最大30WのUSB PD充電器だと2時間4分

(専用ACアダプタ)

(最大60WのUSB PD充電器)

(最大30WのUSB PD充電器)

 

この記事のまとめ

サードパーティ製品の Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル を使ってSurfaceがUSB PD充電できることが確認できた。これが当記事の結論だ。

ただ、マイクロソフトはAppleのMFi認証(Apple認証)のような仕組みがなく、からなずしもサードパーティ製品の動作が保証されない。将来的な製品アップデートなどで充電できなくなる可能性もあるので、その点は留意すべきだろう。

100%の動作保証を求めるのであれば、やはりマイクロソフト純正ケーブル(アダプター)を使うほかない。直販9,680円(税込)とお高めだが、安心安全安牌という意味ではこちらが上だ。

▼ Surface Connect to USB-C アダプター(純正品)

Surface Connect to USB-C アダプター を購入 - Microsoft Store ja-JP
Microsoft Store で Surface Connect to USB-C アダプター を入手し、最新のカスタマー レビューや評価をご覧になり、製品を比較してください。ダウンロードや発送は無料です。返品も無料でできます。

▼ Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

タイトルとURLをコピーしました