充電ケーブル

Surface用USB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」レビュー

2020年1月26日

Surface用のUSB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」を購入したのでレビューしたい。

Surfaceシリーズは専用端子「Surface Connect」経由でしか充電できないが、充電仕様としてUSB PD充電には対応している。そのため、Surface Connect端子とUSB Type-C端子を繋ぐUSB PD充電ケーブルを使えば、SurfaceでもUSB PD充電できる。

そこで今回、Surface用のUSB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」を購入した。ほぼほぼ非公式の製品なので将来的にどうなるかは知らんが、とりあえず試してみた。

▼ Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル レビュー

Surface ProやSurface Laptopシリーズは、専用端子「Surface Connect」経由でしか充電できない。ただ、充電規格としてのUSB PD充電には対応しており、Surface ConnectとUSB Type-C端子を繋ぐケーブルを使えばUSB PD充電が可能である。それを実現したのが今回レビューする Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル だ。

SurfaceでのUSB PD充電はマイクロソフトも一応認知しており、事実上のUSB PD充電を可能とする純正ケーブル(アダプタ)も存在する。

▼ Surface Connect to USB-C アダプター(純正品)

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-connect-to-usb-c-adapter/92s8zhcs7vfj?activetab=pivot:overviewtab

ただ、純正品は直販9,680円(税込)と高め。対してAmazonで売ってるサードパーティ製品であれば、大方1,500円〜3,000円で購入できるため、こちらを購入してみた。

▼ Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

メジャーな会社の製品は存在せず、ほとんどOEMの同一製品のような感じだったので、あえて高い製品を選ぶ必要はないと思う。購入したAnikks社?の「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」は購入時価格1,799円、プライム発送だった。

商品パッケージ

 

実際に充電してみた

Surface Laptop 2を充電してみる。USB PD充電ではケーブルとは別にUSB PD充電器が必要だ。以下ではAnker社のUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」(最大出力60W)を使ってレビューしていく。

 

充電結果

約28W(14.4V=2.07A)で問題なくUSB PD充電できた。15V=3Aを上限として出力調整され、途中で充電が止まったりせず、フル充電できることも確認した。

専用ACアダプタ(ケーブル)と同じく充電中はライトが点灯する。

最大出力30Wの別のUSB PD充電器でも充電してみたが、こちらもほぼ同出力で充電できた。ただ、異様に積算電流量が低く、先の60W充電器よりも充電時間は遅くなった。

Surface Laptop 2の専用ACアダプタが最大45Wなので、「もしかしたら充電速度が遅くなってる?」とも考えたが、専用ACアダプタで充電しても充電速度は変わらなかった。

充電残量21%時点での充電完了までの時間は以下のようになった。

  • 専用ACアダプタ(&専用ケーブル使用)は2時間4分
  • 最大60WのUSB PD充電器は1時間54分
  • 最大30WのUSB PD充電器だと2時間4分

(専用ACアダプタ)

(最大60WのUSB PD充電器)

(最大30WのUSB PD充電器)

 

この記事のまとめ

サードパーティ製品の Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル を使ってSurfaceがUSB PD充電できることが確認できた。これが当記事の結論だ。

ただ、マイクロソフトはAppleのMFi認証(Apple認証)のような仕組みがなく、からなずしもサードパーティ製品の動作が保証されない。将来的な製品アップデートなどで充電できなくなる可能性もあるので、その点は留意すべきだろう。

100%の動作保証を求めるのであれば、やはりマイクロソフト純正ケーブル(アダプター)を使うほかない。直販9,680円(税込)とお高めだが、安心安全安牌という意味ではこちらが上だ。

▼ Surface Connect to USB-C アダプター(純正品)

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-connect-to-usb-c-adapter/92s8zhcs7vfj?activetab=pivot:overviewtab

▼ Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-充電ケーブル
-,