(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
開催中
【2024年7月11日〜】Amazonプライムデーで安く買えるワイヤレスイヤホンまとめ

続きを見る

ワイヤレスイヤホン

Galaxy Buds向けケースカバー「Spigen アーバン・フィット」レビュー|高見えする至高のニットファブリック

サムスン純正ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」。

スクエア型ケースを採用している現行Galaxy Buds4機種は、すべてケースサイズが同じ。ケースカバーも使いまわせる。

現行Galaxy Buds4機種

  • Galaxy Buds2
  • Galaxy Buds2 Pro
  • Galaxy Buds Pro
  • Galaxy Buds Live

こうした現行Galaxy Budsを使っている人におすすめのケースカバーが、今回レビューする「Spigen アーバン・フィット」。

布を編み込んだニットファブリック素材を使ったおしゃれケースカバー。高級ブランド小物のような落ち着きと派手さを兼ね備えた印象ある

キーホルダーがてらカバンに引っ掛けておくだけで日常のちらりと光る差し色になること違いない。

広告

Galaxy Buds向けケースカバー「Spigen アーバン・フィット」レビュー

製品概要

購入したのは「Spigen アーバン・フィット」。カラーはブロンズ色(ほかにブラック色あり)。

Spigen(シュピゲン)は韓国のスマホ周辺機器メーカー。2004年創業の中堅企業だ。

サムスン関連アクセサリーのサムスン公式認証制度である「Designed for SAMSUNG」も取得あり。

 

 

両面テープなしで装着可能(重要)

ケースカバーは両面テープではなく、カチッとはめ込むタイプ。

両面テープを貼り付けたままにしておくことによるテープ跡の沈着が防げる。ケース本体をきれいなまま残しておけるので心理的な安心材料になる。

 

 

外装はニットファブリック素材

外装には布を細かく編み込んだニットファブリック素材を使用。手触りは布そのもの。

適度な派手さと落ち着きを併せ持つ。どことなく鞠の雰囲気ある。

ケース底面はポリカーボネート素材を使用。落下させたときの衝撃吸収が期待できる。

充電ポート部分はむき出し。

 

 

色合いはブロンズよりかはピンクゴールドに近い

公式的にはブロンズ色を謳っているが、明らかにブロンズ色ではない

全体的に赤み要素が強く、ピンクゴールドに近い色合いだ。

写真上がレビュー品。写真下がよくあるブロンズ色のケース。

色味それ自体は悪くない。ただ、純然たるブロンズ色を期待している人だと合わないかもしれない。

純然たるブロンズ色のケースカバーを探している人であれば同じくSpigenの「クラシック・フィット」を選んだ方がいい。こっちはブロンズ色そのもの。↓

SPigen

Galaxy Buds向けケースカバー「Spigen クラシック・フィット」レビュー|ラグジュアリー・デザインが好きな人におすすめ

続きを見る

 

 

ケースを開いたイメージ

ケースカバーの厚みは一辺0.4cmほど。一般的なケースカバーよりもぶ厚めだが、致命的にサイズが大きくなるわけではない。

重量はケースカバーだけで16g。付属のカラビナ付けると29g。Galaxy Buds2の装着すると80gほど。Galaxy Budsシリーズ自体が軽量のイヤホン(&ケース設計)ということもあり、ケースカバーを付けても重さらしい重さはない。

 

 

付属のカラビナはやけに高級感あり

カラビナの付属あり。他社メーカー品のような安っぽいカラビナ(100均のカラビナ)ではなく、異様に高級感と重厚感あるカラビナに。

 

 

ケースカバーを付けたままのワイヤレス充電も可能

現行Galaxy Budsシリーズはいずれもワイヤレス充電(Qi充電)に対応。

Spigen アーバン・フィット のケースカバーを付けたままでもワイヤレス充電が機能した。ケースカバーが分厚くて充電できない... みたいなことはないので安心あれ。

 

 

【補足】ケースカバーを取り外す方法は力技

ケースカバーが寸分の狂いなく設計されてることもあり、はめ込むのに結構な力を入れる必要あり。

逆にケースカバーを取り外すときも力技になりがち。充電ポート側のケースカバーの隙間に指をかけ、ゆで卵を剥くようにして取り外す。よくも悪くも簡単にはハズレないので力技で外す。

 

 

【まとめ】ブロンズ色ではないけど色合いは悪くない。デザイン買いしてOK

ここまで Spigen アーバン・フィット をレビューしてきた。

デザインは文句なし。ニットファブリック素材が良い味出してる。適度な落ち着きと派手さが混在した大人な仕上がり。

唯一のマイナス点(あるいは注意点)はブロンズ色を自称するそのカラーリング。明らかにブロンズ色ではない。これはもうピンクゴールド色だ。

色合い自体はよいのだが、ブロンズ色を探している人、期待している人だと実物を見るとがっくりきそう。

ピンクゴールド色のケースカバーとして理解したうえで購入検討したい。デザインや雰囲気は1級品。生活の差し色としておすすめ。

 

このSpigenケースカバーもおすすめ

Galaxy Buds向けケースカバー「Spigen クラシック・フィット」レビュー|ラグジュアリー・デザインが好きな人におすすめ

続きを見る

 

Galaxy Buds向けのケースカバーを探す

Galaxy Budsシリーズ(2/Pro/Live)におすすめのケースカバーまとめ【2023年版】

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ワイヤレスイヤホン
-