(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
開催中
【2024年7月11日〜】Amazonプライムデーで安く買えるワイヤレスイヤホンまとめ

続きを見る

ワイヤレスイヤホン

JVCケンウッド「Victor HA-A30T2」レビュー【2年ぶりリニュアル】

Victorの新作スタンダードモデル「Victor HA-A30T2」。

前作「Victor HA-A30T」の2年ぶりリニュアルモデルとなる同機。新たにマルチポイント機能に対応したほか、ノイズキャンセリング性能を強化。バッテリー駆動時間もケース併用27時間(前作21時間)に向上しました

Victorらしい高音質オーディオも健在。ボーカルを中心に添えつつ、しっかりした低音が鳴るクリアで力強い音。そのうえ価格も9,000円と安価。ワイヤレスイヤホン・デビューしたい人にもおすすめです

この記事では Victor HA-A30T2 をレビューしていきます。

広告

JVCケンウッド「Victor HA-A30T2」の製品概要

発売時期2024年6月
市場価格9,000円
販売元メーカーJVCケンウッド(国産)
Bluetoothバージョン5.3
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
ノイズキャンセリング対応
外音取り込み機能対応
マルチポイント対応(最大2台)
マルチペアリング対応(最大?台)
ペアリング接続先の上書き切り替え
防水性能対応(IPX4)
バッテリー駆動時間イヤホン単体11時間
ケース併用で最大27時間
ケース充電方法USB Type-C(有線)のみ

Victor HA-A30T2は、Victor HA-A30Tのリニュアルモデル。2024年6月に販売開始した。

全体的に機能面がアップグレード。従来モデルを土台に新たにマルチポイント機能に対応。最大2台のデバイスを同時接続できるように。

バッテリー駆動時間もケース併用で最大27時間(前作21時間)に向上。iOS・Android向けの専用アプリにも初対応。アプリ通じたイコライザー調整が可能だ。

Victorらしい高音質オーディオも健在。ボーカルを主軸に添えた音質。低音もしっかり鳴る。ボーカルを中心に音楽を聞きたい人だとオーディオ相性よし。

 

 

JVCケンウッド「Victor HA-A30T2」レビュー

音質

低音(4)
中音(4.5)
高音(3.5)

音質は価格に照らして優秀。国産メーカーらしいボーカルを主軸に添えた音質。それでもって低音もしっかり鳴る。音こもった感じもなく、音場もそこそこ広く、ボーカルくっきり伸びてて聞き心地よい。この価格帯のワイヤレスイヤホンだとヤマハのTW-E3Cと並んで高音質。

iOS・Android向けの専用アプリを使えばイコライザー調整も可能。低音増強、高音増強ほか目盛り単位の細かなチューニングにも対応する。

デフォルトの音質でも十分に完成しているワイヤレスイヤホンだが、よりこだわりたい人だとイコライザー調整を活用したい。

専用アプリからイコライザー調整可能

 

 

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング性能(4)

ノイズキャンセリングは実用水準。高価格ワイヤレスイヤホンのような徹底した遮音ではないものの、周囲の音を中和・低減できてる。イヤーピースを大きめのものに変更すれば、さらにしっかりした遮音効果が得られる。

ノイズキャンセリングに伴うホワイトノイズも発生せず。オーディオ再生を停止させればデジタル耳栓として使える。

 

 

外音取り込み機能(ながら聴き機能)

外音取り込み性能(3.5)

Victor HA-A30T2 は外音取り込み機能に対応。機能ONにするとイヤホンを装着したままイヤホン・スピーカー通じて周囲の音が聞き取れる。

外音取り込み性能は微妙。音が取り込めてはいるものの、そこまで明瞭な取り込みとは言えない。多分に音こもった感じ、音が反響する感じあり、実用性は低い。

昨今だと外音取り込み機能を常時機能ONにして”ながら聴き”のような、骨伝導イヤホンのような使い方をする人が増えてきたが、こうした使い方には合わない。駅のアナウンスを聞き取るために一時的に使うくらいが限度。

 

 

通話マイク品質

通話マイク性能(4)

通話マイク性能は実用水準。自分の声のノイズ除去、周囲の音のノイズ除去ともに機能してる。風切り音が少しばかり目立つものの、もとより屋内でのビデオ通話マイクとして使うくらいなら問題ないかと思う。

 

 

マルチポイント・ペアリング切り替え勝手

マルチポイント対応(最大2台)
マルチペアリング対応(最大?台)
ペアリング接続先の上書き切り替え

マルチポイント機能に新対応。最大2台のデバイスを同時接続。なにかしらオーディオ再生を開始したデバイス側に自動でオーディオ出力先が切り替わる。

ペアリング接続先の上書き切り替えは非対応。特定2台のデバイス間ならマルチポイントで事済むが、マルチポイント接続外の3台目〜のデバイスに接続する場合、先に現在のペアリング接続を解除する必要あり。

 

 

【注意】新規ペアリングモードの起動コマンド(起動ボタン)なし

マルチポイントに対応するワイヤレスイヤホンではあるが、なぜか新規ペアリングモードに切り替えるための操作コマンドやボタンを搭載せず

2台目以降のデバイスと新規ペアリング設定する場合、既存のペアリング済みデバイスのBluetoothをオフにして再ペアリングできない状態にする。この状態でケースからイヤホンを取り出して数秒待つとペアリング迷子の状態になり、自動で新規ペアリングモードに切り替わる。3台目〜も同様だが、かなりめんどい。

 

 

バッテリー持ち・充電環境

バッテリー性能(4.5)
(イヤホン単体11時間、ケース併用で最大27時間)
ワイヤレス充電非対応

バッテリー駆動時間は中の上クラス。昨今だとケース併用24時間前後だが、同27時間使える。イヤホン単体でも11時間使えるため、在宅ワークで半日近くイヤホンをつけっぱなしにしてても問題なし。

ケースのワイヤレス充電(Qi充電)には非対応。USB Type-Cケーブルを使って有線充電する必要あり。

 

 

イヤホンの装着感

イヤホンの装着感(4.5)

イヤホン形状は小さめ。耳の大きさ問わずねじこめる。イヤーピースが4サイズ分が付属するため、サイズ調整すれば大方の耳にフィットする。

ただ、前作モデル同様に横一直線のイヤホン形状。イヤホンを耳奥まで押し込めず、イヤホンが外に飛び出るような妙な気持ち悪さ残る。イヤホンのフィット感でハズレを引きやすい人だと注意。

 

 

まとめ

【Good!】よかったところ

  • ボーカルくっきり、低音しっかりした高音質オーディオ
  • 実用水準のノイズキャンセリング性能
  • マルチポイント対応

【Bad...】気になったところ

  • 新規ペアリングモードに切り替える操作コマンドやボタンなし
  • イヤホン形状が特徴的(イヤホンのフィット感の合う・合わないあり)

Victor HA-A30T2は価格9,000円のワイヤレスイヤホンとして考えると非常に優秀

この価格帯のワイヤレスイヤホンだと多機能を売りにした製品が多いが、純然たる高音質オーディオで攻めた。音楽、動画、ゲームまで無難に楽しめる。Victorブランド商品として恥ずかしくない完成度。

マルチポイントにも対応するのでスマホ・PC間でワイヤレスイヤホンを使いまわしたい人にも最適。ただ、新規ペアリングモードを起動するための操作コマンドが用意されないのは注意(↑詳しく)。

 

関連記事

【おすすめ抜粋】Victorで買うべきワイヤレスイヤホン7選(2024年)

続きを見る

Victor HA-A20T レビュー|6000円で買える。紛うことなき王道スタンダードなワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

 

JVCケンウッド「Victor HA-A30T2」のおすすめ代替候補

Anker「Soundcore P40i」(価格7,990円)

機能性をとにかく重視する人ならこれ。ノイズキャンセリング、マルチポイント、空間オーディオ再生などもろもろ使える。バッテリー駆動時間は60時間と業界トップクラス。専用アプリを使えばイコライザー調整も可能。

 

ヤマハ「YAMAHA TW-E3C」(価格6,000円)

音質的にVictorと似た路線にあるヤマハ。ボーカルを中心に添えた高音質オーディオを搭載。プラスαで高音域の描写に磨きをかけた。楽器の音など楽しみたい人だとVictorよりもヤマハを選びたい。マルチポイントにも対応する(レビュー記事を見る)。

 

iPhone向けのおすすめワイヤレスイヤホンを探す

iPhoneと相性よし!おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

 

Androidスマホ向けのおすすめワイヤレスイヤホンを探す

Androidスマホと相性よし!おすすめワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

Galaxyスマホと相性よし!おすすめワイヤレスイヤホンまとめ(2024年)

続きを見る

 

最近のワイヤレスイヤホンを探す

【2024年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品&人気製品まとめ(発売予定含む)

続きを見る

Amazonで買ってよかったもの

どれを買ってもハズレなし。おすすめのAmazon商品をまとめました

記事を見る

― この記事をシェアする ―

-ワイヤレスイヤホン