iPhone 12 miniケース「memumi」レビュー|厚さ0.3mm、iPhoneのための薄くてクリアなスマホケース

スポンサーリンク
広告

iPhone 12 mini購入に伴い、当サイト恒例「memumi」ケースを購入したのでレビュー。

memumiは薄くて上品なクリアホワイト色が魅力のスマホケースブランド。厚さ0.3mmを謳う”超”薄型ケースとあり、一見すると何も付けていないように見える。できるだけスマホそのもののデザインを損ねたくない裸族志向の人にうってつけのスマホケースだ。

かれこれ筆者としても今回で3度目の購入とあり、当サイトのリピーターの方であれば、もうレビューを見るまでもなく「memumiならハズレなし」と言うレベルのクオリティであることはご理解いただけるかと思う。とはいえ、せっかく購入したので自慢がてらレビューしたい(笑)。

レビュー対象製品

※当記事でレビューするのはクリアホワイト色

製品概要

memumi(メムミ)は香港を拠点とする三友集団が発売するスマホケースブランド。日本国内ではAmazon通じて販売。価格1,570円。購入後180日の製品保証、ケース破損時の交換対応が受けられる。

ケース素材はポリプロピレン(PP)。主にタッパーケースで使われる素材だ。適度な硬さと柔らかさ、そして気持ち30%くらい透けるスケスケ感を併せ持つ。

写真クリックで拡大

ケースを装着すると、やはりその最大の特徴たる0.3mmの”超”薄型デザインが光る。見てほしい写真を。ビジュアル的にも物理的にも全くスマホケースの存在感がない。さもケースがiPhone 12 miniのベゼルデザインかと勘違いするレベルの薄さだ。

厚み0.3mm(写真クリックで拡大)

あまりに薄すぎて落下時の衝撃吸収などは(おそらく)期待できないが、まーそんなことは関係ない。本当は裸族がいいんだけどスマホ本体に傷が付くのが嫌だから泣く泣くクリアケース、TPUケースを付けているような人であれば、まず間違いなく満足いくだろう。

林檎ロゴも透ける

ちなみに、ケースの重さは6gと業界最軽量級だ。iPhone 12 miniのせっかくの軽さ(133g)を汚さずに済む。これもまたmemumiの強みだろう。

ケースと保護フィルムを付けても140g止まり

memumi をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます] 

 

外観レビュー

正面

まずは正面。厚さ0.3mm。ビジュアル的にも物理的にも非常にすっきりしている。一見すると何も付けていないよう。

iPhone 12 miniは5.4インチのコンパクトスマホとあり、手で持った時の収まり具合に定評があるが、memumiケースを付けた状態でもiPhone 12 miniのコンパクトさは残っている。というか、ほぼそのままだ。今日最もiPhone 12 miniのコンパクトデザインを活かせるケースと言っても過言ではないだろう。

 

側面

各種ボタン回りは寸分の狂いなく切り抜かれている。

ボタンの出っ張りとケースの厚みが同化しているのでボタンの場所を指腹で確認しにくくなるが、iPhone 12 miniの場合、右側には電源ボタンしか付いていないので、他の機種よりは同デメリットを感じにくい。

端子おろかスピーカー穴1つまで寸分の狂いもないぴったしサイズ。

側面の高さはディスプレイよりも気持ち0.1mmほど高く設計されている。よくあるTPUケースだと側面がディスプレイよりも0.3mmほど高くなっているので、手で握ったときに妙な引っ掛かりを感じるが、memumiの場合はそうした違和感はない。これもまたmemumiならではだ。

 

背面

今回購入したのはクリアホワイト色。うっすらと林檎ロゴが透けるスケルトン仕様だ。このスケルトンがまた筆舌に尽くしがたき色味で、iPhone 12 miniの持つ元々の色味を補正した本体プラスアルファの白さを演出している。

クリアを超えたクリア感とでも言うのだろうか。完全なクリアケースでないにもかかわらず、本体色と馴染みすぎていて一見するとケースを付けていないような目の錯覚を抱く。結果としてmemumiのミニマル感を補正している。

ケースを付けたままのワイヤレス充電(Qi充電)も問題ない。

カメラ周りだが、レンズ部分だけ切り抜かれている。レンズ部分を全面保護するガラスフィルムなど貼り付けているとケースが付けられないので注意。

カメラレンズ回りには0.2mmほどの段差があり、レンズを下に向けて机に置いたときなどレンズが擦れないよう設計されている。ただ、さすがに不安なので筆者はカメラレンズフィルムを貼り付けている。

▼ 筆者使用中(おすすめ)

※iPhone 12とiPhone 12 miniのレンズサイズは同じ

なお、背面端にはロゴが印字されているが、さして気にならない。光の当て方を工夫しないと全く見えないので、この手のロゴが嫌いな人でも許容範囲内だ。

“memumi protection from memumi!”の印字あり

memumi をAmazon直販で確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

この記事のまとめ

memumiをレビューした。安定のmemumiは健在だ。memumiならではの薄型デザインとiPhone 12 miniならではのコンパクトボディがマッチしていて、一見するとApple純正ケースかと勘違いするレベルに仕上がっている。透明なTPUケースを使うくらいならmemumiを使えと強く言いたい。

一方で、毎度ながらケースの取り付け、および取り外しが難しいのも変わらない。あまりにジャストフィットでケース成形されているので力まかせに脱着するとケースが破損する恐れがある。とはいえ、購入後180日以内であれば公式で交換対応してくれるのでmemumi初心者でも安心して破損してほしい(筆者談)。そしてiPhone 12 miniを機にmemumi沼にハマっていただければ筆者としても喜ばしい。

レビュー対象製品

過去のmemumiレビュー記事

Galaxy S10の薄型ケース「memumi 0.3mmケース」レビュー
Galaxy S10の薄型ケース「memumi 0.3mm」を購入したのでレビューします。 よくある中華製の薄型ケースくらいの気持ちで購入したので...
iPhone SE(2020)の超薄型ケース「memumi」レビュー
iPhone SE(2020)の超薄型ケース「memumi」を購入したのでレビューします。 以前Galaxy S10のケースとしても紹介した筆者お...

 

関連記事

iPhone 12 mini、ここがすごい!ここがダメ!【実機レビュー】
2020年10月に発表されたiPhone 12シリーズの一つである「iPhone 12 mini」を購入したのでレビュー。 iPhone 12シリ...
この記事をシェアする
広告

この記事のカテゴリー&関連キーワード

スマホ
100GB(百ギガバイト)
タイトルとURLをコピーしました