スマホ

いまさらだが、Xperia 10 Ⅱ(2020)を購入した理由&その使い勝手をレビュー

唐突にいまさらなのだが、つい先日Xperia 10 Ⅱ(2020)を購入した。※記事執筆時点で2021年12月

Xperia 10 Ⅱ(2020)は2020年5月に発売開始したAndroidスマホ。メモリ4GB、CPUにSnapdragon 665を搭載したミドルレンジモデルに相当する。

注目すべきがオーディオ・スペック。BluetoothオーディオコーデックのLDAC、aptX Adaptiveにダブル対応している。特にaptX Adaptiveに対応するスマホとしては業界最安級。市場価格4万円台だが、中古なら2万円〜3万円で手に入る。

かくいう筆者もaptX Adaptiveの検証用端末として購入した口だ。以下、Xperia 10 ⅡのaptX Adaptiveの対応具合も含めてひととおりレビューしていきたい。

Xperia 10 Ⅱ の製品概要

Xperia 10 Ⅱのスペックシートは以下のとおり。

初期OSAndroid 10
画面サイズ6.0インチ(1080×2160)※有機EL
本体サイズ縦15.7cm、横6.9cm、厚さ0.8cm
本体重量151g
メモリ4GB
ストレージ64GB(+microSD)
CPUSnapdragon 665(8コア)
カメラ
外側①800万画素(標準)、外側②1200万画素(超広角)、外側③800万画素(望遠)
内側①800万画素
充電端子USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)×
イヤホンジャック
指紋センサー
そのほかfelica搭載、防水/防塵

※5G通信には非対応

ちなみに、購入したのはY!mobile版だが、ほかにドコモ版、au版、SIMフリー版(MVNO版)がある。

 

Xperia 10 Ⅱ を購入した理由

aptX Adaptive検証端末として欲しかった

唯一にして絶対的な理由がこれ

ここ最近しょっちゅうワイヤレスイヤホンをレビューしているのだが、aptX Adaptive対応スマホを持っていないことに気づき、対応スマホを探していた。

ただ、LDACに比べると対応しているスマホが少ない。iPhone、Galaxy、Pixelあたりの主要スマホはaptX Adaptiveに対応せず。

一応クアルコムの公式サイトにaptX Adaptive対応スマホがリスト掲載してあるのだが、「実際には対応してない」みたいなネットレビューもちらほらあって悩んでいた。

そうした中でXperia 10 ⅡはaptX Adaptive対応と知る。家電量販店に駆け、店員さんに確認したら「んー。たぶん対応してますね」だったのでとりあえず中古の端末を安く調達してきた。

 

aptX Adaptiveで接続できた

Xperia 10 ⅡはaptX Adaptive対応

つい先日、オーディオテクニカの新作ワイヤレスイヤホン「ATH-CKS50TW」をレビューしたのだが、その際にXperia 10 ⅡがaptX Adaptive対応スマホと確認できた。

オーディオテクニカのワイヤレスイヤホンは、専用アプリを使えばどのBluetoothコーデックと接続されているのかが確認できる。これで明確にXperia 10 ⅡでのaptX Adaptive接続が確認できた。

aptX Adaptive接続ならハイレゾ相当の高音質オーディオ再生が可能なほか、動画やゲームを圧倒的な低遅延で楽しめる。詳しい勝手は以下レビュー記事を参考にしてほしい。

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」レビュー|最大50時間のバッテリー駆動可能な最強ズボラ仕様のワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

Xperia 10 Ⅱ、Y!mobile版なら2.7万円くらいでちゃちゃっと買える

Xperia 10 Ⅱの市場価格は4.5万円ほど。ただ、すでにY!mobileでは2.7万円ほどで割引販売されるし、中古相場もAランク品が2.5万円ほどと非常にお買い得。

かくいう僕もイオシスでY!mobile版を中古購入。Aランク品が27,800円だった。イオシスなら赤ロム永久保証が付くのでネットワーク利用制限「△」のスマホでも安心だ。

ちなみに、Y!mobileのスマホは契約なくとも無料でSIMロック解除できる。購入するのはSIMロックがかかった端末でも問題ない。

イオシスでXperia 10 Ⅱをチェック

Y!mobileへの乗り換えを検討している人ならMNPとセットで購入がおすすめ。端末価格46,800円だが、MNP購入なら25,200円に割引。36回分割で月700円(税込)とコスパよい。

Y!mobile公式サイトでXperia 10 Ⅱをチェック

 

Xperia 10 Ⅱを使ってみて感じた(予想外)のメリット

今回あくまでaptX Adaptiveの検証用端末として購入しただけなのだが、思いのほか使い勝手はよかった。かつては僕もXperiaをメインスマホに使っていた時代もあるし、愛機Galaxyを投げ捨ててXperia再デビューしようかと真面目に悩んだ。

Xperia 10 Ⅱの以下のようなところが評価ポイント。

【評価】動作がもっさりしてない

メモリ4GB、CPUはSnapdragon 665。スペック的にはミドルレンジなので多少なりに動作具合を心配していたのだが杞憂だった。

ワイヤレスイヤホンの遅延(音ズレ)検証のために荒野行動をプレイしてみると動作が非常になめらか。フレームレート60にしても動作処理が遅れてもっさり...みたいなことはなくて感動してる。

 

【評価】軽い、細い、持ちやすい

Xperia 10 Ⅱ は本体重量151gと今日のスマホにしては軽量。

これにくわえてXperiaならではの縦長・細長サイズとあり、片手でも持ちやすい。ながらくまん丸のGalaxyスマホを使っていたこともあり、この縦長・細長サイズに非常に新鮮味を感じてる。

一見するとモックのように錯覚するし、ズボンのポケットに入れておいても重力らしい重力を感じない。めでたくなるハードの完成度。

 

【評価】カメラは実用レベルで文句ない

Xperia 10 Ⅱ は標準レンズ、超広角レンズ、望遠レンズの3眼レンズ仕様。

そこまで期待してなかったのだが、ラーメンの写真を取ったり、メルカリで出品する程度の写真ならそこそこさまになるクオリティ。色味も特に編集することなくイケる。日常使いのカメラとして考えれば十分に実用レベルだ。

▼ カメラで撮影した写真サンプル(写真クリックで拡大)

 

Xperia 10 Ⅱ の主たる欠点とか

Y!mobile版の対応バンドはソフトバンク仕様、なおかつ5G非対応

今回Y!mobile版のXperia 10 Ⅱを購入したのだが、やはりというべきか、キャリア版ならではのバンド削りあり。

Y!mobile版はバンド1、3、8、11、28、41、42のみ対応(すべて4G回線、5Gは非対応)。

メインスマホとして使うことを考えた場合、Y!mobileかLINEMOあたりのSIMカードを用意する必要がある。

 

ワイヤレス充電(Qi充電)できない

(ここ数年の)Xperiaはなぜかワイヤレス充電に対応しない。

ワイヤレス充電なんて使わない人も多いかもしれない。ただ、ガジェオタ的な観点として、有線ケーブルならではの端子汚れ、端子ハゲを防ぐために、できるだけワイヤレス充電したいのです。

 

顔認証が使えない

インカメラは搭載するが、顔認証には対応しない変態(変則)仕様。

ロック解除は指紋認証かパターン解除のみ。もっぱら自宅で使っているのでマスク付けてないし、顔認証できたらどれだけよかったか...

 

【まとめ】メインスマホにしたくなる優良スマホ

Xperia 10 Ⅱ をひととおりレビューしてきた。

あくまで僕は、Xperia 10 Ⅱ をaptX Adaptiveの検証端末として調達しただけなのでメインスマホとして使うことは考えてない。ただ、それでもメインスマホでも十分イケるなと感じさせる完成度で悩ましい。

それこそおサイフケータイにも対応してる。防水防塵もある。軽くて細くて片手でも持ちやすい。あれこれ?メインスマホとしてイケるよね?

とはいえ当面はaptX Adaptiveの検証用端末として使っていくつもり。ワイヤレスイヤホンのレビュー記事あたりでちょくちょく登場すると思うので、これからよろしく。

イオシスでXperia 10 Ⅱをチェック

Y!mobile公式サイトでXperia 10 Ⅱをチェック

 

関連記事(aptX Adaptive初検証記事)

オーディオテクニカ「ATH-CKS50TW」レビュー|最大50時間のバッテリー駆動可能な最強ズボラ仕様のワイヤレスイヤホン

続きを見る

-スマホ