「Y!mobile」実際どう?現役ユーザーが口コミや評判を検証する(2021年)

スポンサーリンク
広告

ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。

大手3キャリアと同じくキャリア・サービス(MNO)に該当するが、なまじ格安SIM(MVNO)と宣伝されているせいか、口コミや評価がごっちゃになってる感が否めない。

そこでこの記事では巷のY!mobileの口コミを整理。現役ユーザーの筆者が口コミの妥当性を検証していく。Y!mobileの契約を検討している人は記事を参考にしてほしい。

 

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]  

Y!mobileの口コミ検証(料金プラン編)

口コミ「格安SIMにしては料金が高い」

【検証結果】格安SIMよりも高いのは事実だが、そもそもY!mobileは格安SIMではない

Y!mobileは最安プランで月額2,178円から提供。同等プランが一般的な格安SIMだと月額1,000円前後なのでY!mobileの方が高いのは事実だ。

ただ、Y!mobileは格安SIMことMVNOではない。ソフトバンクが自前の通信基地を使ってサービス提供するキャリア・サービス(MNO)に該当する。昼間の時間帯の通信品質など格安SIMに比べて格段に優れており、料金だけで単純比較するのはナンセンスだろう。

(参考)Y!mobileと各社の音声通話プランの料金比較

  月額料金(税込) 月間データ容量 無料通話
【キャリア・サービス(MNO)】
Y!mobile「シンプルS」 2,178円 3GB なし
UQmobile「くりこしプランS」 1,628円 3GB なし
楽天モバイル 1,078円 3GB 国内通話無料(専用アプリ経由)
 
【格安SIM(MVNO)】
IIJmio「2GBプラン」 858円 2GB なし
OCNモバイルONE「3GBプラン」 990円 3GB なし
mineo「1GBプラン」 1,298円 1GB なし
BIGLOBEモバイル 1,320円 3GB なし

 

口コミ「UQmobileに比べると高い」

【検証結果】正しいが、いくつかのシチュエーション下では話は別

KDDIが手がけるauのサブブランド「UQmobile」。同じくサブブランドであり、料金も近いことからなにかと比較されがちだ。

UQmobileは最安月額1,628円から提供。対してY!mobileは月額2,178円から。どちらもデータ容量は月3GB、無料通話は別途オプションなので、単純比較ではUQmobileの方が安い。

▼ Y!mobileとUQmobileの最安料金比較

  月額料金(税込) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 2,178円 3GB なし
UQmobile「くりこしプランS」 1,628円 3GB なし

ただ、以下2つのシチュエーションであればY!mobileの方が安くなる。

1. キャリアメール&留守番電話を使いたい場合

UQmobileはキャリアメールと留守番電話が別途オプション扱い。対してY!mobileは標準提供となる。オプションに加入するとUQmobileは月額2,266円となるため、Y!mobileよりも高くなる。

▼ Y!mobileとUQmobile(+オプション)の最安料金比較

  月額料金(税込) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 2,178円 3GB なし
UQmobile「くりこしプランS」 1,628円 3GB なし
UQmobile「くりこしプラン」+オプション 2,266円 3GB なし

※UQmobileはキャリアメール利用に月額220円、留守番電話利用に月額418円必要

2. 家族割を適用する場合

UQmobileは家族割が適用されない(用意されない)。対してY!mobileは家族割を適用すれば、2回線目から月額1,188円が割り引かれる。2人契約なら1回線あたり実質594円引きとなり、実質月額1,584円で利用できる。

なお、家族割は最大9回線まで適用できる。

▼ Y!mobile(+家族割)とUQmobileの最安料金比較

  月額料金(税込) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 2,178円 3GB なし
Y!mobile「シンプルS」+家族割2人 1,584円(1人あたりの実質料金) 3GB なし
Y!mobile「シンプルS」+家族割3人 1,426円(1人あたりの実質料金) 3GB なし
UQmobile「くりこしプランS」 1,628円 3GB なし

 

口コミ「10分間までの通話無料がお得」

【検証結果】旧プランの情報、現在は無料通話が別途の有料オプションに

Y!mobileが2021年2月まで提供していた「スマホベーシックプラン」だと1回10分以内の国内通話が無料だった。

現在は「シンプルプラン」にリニュアル。無料通話は付いておらず、無料通話を使いたい場合は別途の有料オプションに加入する必要がある。その分、基本料金は旧プランよりも安くなっている。

※旧プランの料金情報

▼ 新料金プラン「シンプルプラン」概略

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
シンプルS 1,980円 3GB なし(別途オプション)
シンプルM 2,980円 15GB
シンプルL 3,780円 25GB

※すべて税抜き表示(旧プランとの比較のため)

 

口コミ「家族割がお得」

【検証結果】正しい、親族だけでなく同一住所に住んでる人とも適用可能

Y!mobileは家族割を提供。家族や同一住所に住む2人以上で契約をまとめると、2回線目から月額1,188円が割り引かれる。割引は最大9回線まで適用できる。

2回線目から月額1,188円の割引なので、2人契約時は実質1人あたり月額594円の割引に。3人契約だと実質1人あたり月額752円の割引となる。

▼ 「家族割」適用時のY!mobile料金まとめ

  月額料金(税込) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 2,178円 3GB なし
Y!mobile「シンプルS」+家族割2人 1,584円(1人あたりの実質料金) 3GB なし
Y!mobile「シンプルS」+家族割3人 1,426円(1人あたりの実質料金) 3GB なし

 

口コミ「割引は期間限定、以降は高い」

【検証結果】古い情報、現在は期間限定の割引なし

2021年2月まで提供していた旧プラン「スマホベーシックプラン」だと契約から最初の半年は月額700円ほど割引するキャンペーンを展開していた。そのため、契約から半年もすると提示された料金から割高になったように感じてしまう側面はあった。

※旧プランの料金情報

現在は新料金プラン「シンプルプラン」にリニュアル。割引キャンペーンなしの文字どおりの”シンプル”プランとなるため、契約最初から最後まで料金は変わらない。

 

口コミ「余ったデータ容量が繰り越せない」

【検証結果】古い情報、2021年8月より繰り越し可能に

Y!mobileは以前は余ったデータ容量を繰り越せなかったが、2021年8月より繰り越し対応する。翌月末まで繰り越せる。

 

口コミ「無制限プランがない」

【検証結果】ほぼ正しい、ルーター向けプランならかろうじて残る

Y!mobileの現在のプランである「シンプルプラン」だと最上位プランでも月25GB止まり。月無制限プランは提供していない。

なお、スマホ向けプランではないが、ルーター向けプランとして提供される「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」に「アドバンスオプション」を加入させると月無制限で利用できる(厳密に言うと3日で10GB制限があるので完全な無制限ではないが…)。

 

口コミ「テザリングが無料で使える」

【検証結果】正しい、別途の申し込みも必要なし

Y!mobileはテザリングを標準提供。別途の申し込みも必要ない。SIMカードをスマホに挿れればそのままテザリングも利用できる。

 

口コミ「留守番電話が無料」

【検証結果】正しい、大手3キャリア同様に無料で提供

格安SIM界隈だと留守番電話を別途の有料オプションで提供する会社が大半だ。ただ、Y!mobileは大手3キャリアと同じく標準サービスとして留守番電話を提供。追加料金は必要ない。

留守番電話が標準提供される大手3キャリアを契約している人だと「何を言っているんだ?」と思われがちの口コミだが、もっぱら格安SIM(MVNO)契約者だと気になるところだろう。

 

口コミ「キャリアメールが使える」

【検証結果】正しい、大手3キャリア同様に無料で提供

Y!mobileはキャリア・サービス(MNO)となるため、大手3キャリア同様にキャリアメールが利用できる。「@ymobile.jp」のメールアドレスが用意される。

 

口コミ「LINEMOの方がお得」

【検証結果】ケースバイケース、料金だけ見ればお得かも

2021年3月より提供を開始したオンライン専用ブランド「LINEMO」(ラインモ)。

Y!mobileと同じくソフトバンクが手がける通信サービスであり、キャリア・サービス(MNO)準拠の高品質回線が利用できる。

そのうえで月額2,728円で月20GBのデータ通信が使える。Y!mobileの中間プラン「シンプルM」と比べると実質上位互換にあり、なかなかに魅力的な料金だ。

▼ 新料金プラン「シンプルプラン」概略

  月額料金(税込) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 2,178円 3GB なし(別途オプション)
Y!mobile「シンプルM」 3,278円 15GB
Y!mobile「シンプルL」 4,158円 25GB
 
LINEMO 2,728円 20GB なし(別途オプション)

対してY!mobileのLINEMOに比べた優位点だが、以下のような点が挙げられる。

  • 余ったデータ容量の翌月繰り越し可能(2021年8月より)
  • ソフトバンクショップでの実店舗サポートあり
  • キャリアメールあり
  • 留守番電話あり
  • PayPayやヤフー関連サービスでの優遇あり

なお、LINEMOはキャリアメール、留守番電話がオプションとしても提供されないので注意。

 

口コミ「解約金がかかる」

【検証結果】古い情報、現在は解約金ほか一切の手数料かからず

Y!mobileは以前は大手3キャリア同様に1万円前後の解約金(契約解除料金)を設定していたが、現在は撤廃。いつ解約しても解約金は発生しない。

 

Y!mobileの口コミ検証(通信品質編)

口コミ「他の格安SIMと速度がさして変わらない」

【検証結果】大方正しいが、Y!mobileは格安SIM(MVNO)ではない

Y!mobileの通信速度だが、ダウンロード速度で実測で20〜30Mbps前後といったところだ。時折調子のいいときだと40〜50Mbpsくらいだろうか。

いざ格安SIMと比較すると時間帯によっては格安SIMの方が速いシチュエーションがある。

ただ、Y!mobileは格安SIM(MVNO)ではなくキャリア・サービス(MNO)だ。格安SIMだと辛い昼間の時間帯も含めて20〜30Mbps前後の通信速度をキープしているので、そこはやはりMNOとMVNOの品質差が見て取れる。

 

口コミ「昼間の時間帯でも遅くならない」

【検証結果】正しい、最近だと20Mbps前後はキープ

MVNOこと格安SIMだと昼間の時間帯の通信延滞が避けられない。対してY!mobileはMNO、キャリア・サービスであり、昼間の時間帯でも通信速度が安定している。

2021年6月時点で、おおよそ20Mbps前後は昼間の時間帯でもキープしている。動画も視聴できるし、dマガジンのダウンロードも問題なく行える。

昼間の時間帯でも20Mbpsキープ(2021年6月時点)

Y!mobileの最新の通信速度は以下記事で継続チェックしているので参考にしてほしい。

[

 

口コミ「ソフトバンクの通信障害の影響を受ける」

【検証結果】正しい、運命共同体

Y!mobileはよくも悪くもソフトバンクが運営し、ソフトバンクの自前の通信基地を使ったキャリア・サービスとなる。ソフトバンクで通信障害が発生するとY!mobileも当然ながら影響を受ける。

特に被害が大きかったのが2018年12月の大規模障害。ソフトバンクだけでなくY!mobileもろもろ通信障害の影響を受けて通信できなくなった。ここまでの大規模障害はまれではあるが、通信基地やインフラ設備をソフトバンクと共有しているY!mobileならではのリスクとして記憶に残った(筆者談)。

 

口コミ「回線が掴みづらい」

【検証結果】ケースバイケース、土台はソフトバンク回線なので地域によっては可能性あり

Y!mobileはソフトバンク回線を使った通信サービス。ソフトバンク回線に対応しているスマホを使い、ソフトバンク回線が受信できる地域に住んでいる人であれば大方問題なく使えると思う。

国内版iPhoneは「iPhone 6」以降の機種なら大方問題なし

ソフトバンクの4G回線はバンド1、3、8。特に重要なのがプラチナバンドであるバンド8だ。iPhoneやSIMフリースマホ、ソフトバンクスマホであれば問題ないが、ドコモスマホやauスマホだと非対応の機種が多いので中古スマホなどSIMロック解除して使おうと考えてる人は注意した方がいい。

Y!mobile公式の動作確認端末は以下ページから確認できる。

 

口コミ「5Gでも通信できる」

【検証結果】正しい、通信速度も500Mbps超え

ソフトバンクは2021年2月より5Gサービスの提供開始。ソフトバンクの5Gが使える地域であれば、Y!mobileでもソフトバンクの5Gインフラで通信できる。追加料金などは必要ない。

筆者もさっそくY!mobileの5G通信を試してきたが、ゆうに500Mbpsを超える速度で通信できた。4G通信だとY!mobileは20〜30Mbps前後が一般的なので、わりかし本気で感動した。

Y!mobileの5G通信の使い勝手は以下記事でレビューしている。

 

Y!mobileの口コミ検証(そのほか使い勝手など)

口コミ「用意しているスマホの種類が少ない」

【検証結果】大方正しい、iPhone以外のハイエンドスマホは少ない

Y!mobileは大手3キャリアのように自社スマホ、キャリアスマホを用意している。

ただ、大手3キャリアに比べるとラインナップは地味め。ハイエンドスマホはiPhoneシリーズのみで、そのほか3万〜4万円台の格安モデルが中心となる。

特にAndroid系のハイエンドスマホを探している人だと不満に感じそうだ。Y!mobileはSIMカードだけの契約も可能なので、場合によっては中古スマホなど調達して使った方がいいかもしれない。

 

口コミ「制限通信(低速通信)に切り替えられない」

【検証結果】正しい、UQmobileと比較してよく言及される

Y!mobileは任意のタイミングで高速通信と制限通信を切り替えられない。

Y!mobileのライバルとしてよく比較されるauのサブブランド「UQmobile」だと切り替えられ、高速通信分のデータ容量が節約できる。そのため、UQmobileと比較したうえでY!mobileのデメリットとして言及されがちな口コミだ。

 

口コミ「LINEの年齢認証ができる」

【検証結果】正しい、ソフトバンクグループの特権

大手3キャリア同様にY!mobileでもLINEの年齢認証が可能。年齢認証することでLINEのID検索が解禁される。

すでに大手3キャリア時代に年齢認証を行った人であれば必要ない作業だが、子供や高齢者など初めてスマホを持つ人だとLINEのID検索のためには年齢認証が必要となる。大方の格安SIMだといまだにLINEの年齢認証ができないので、Y!mobileで年齢認証できるのは地味に堅実にY!mobileのメリットだ。

 

口コミ「ソフトバンクショップでサポートしてもらえる」

【検証結果】ほぼ正しい、大半のY!mobileショップはソフトバンクショップと併設

Y!mobileは大手3キャリア同様にキャリアショップ(実店舗)を展開。とはいえ、大半の店舗はソフトバンクショップに併設する形で展開されており、ソフトバンクショップが事実上のY!mobileショップとなっている。

契約、解約、アフターサポートまで店頭で対応してもらえるので、これまで大手3キャリアを使ってきた人、あまり通信サービスに詳しくない人でも安心だ。

Y!mobileショップは以下ページから検索できる。

 

口コミ「ソフトバンクから乗り換えれば無料」

【検証結果】正しい、更新月関係なく契約解除料金が無料に

2021年3月よりソフトバンクのグループ間での乗り換え(MNP)に際する各種手数料が撤廃された。

ソフトバンクユーザーがY!mobileに乗り換える場合、更新月にかかわらず契約解除料金が無料に。また、Y!mobileの初期手数料3,300円も免除される。

将来的にY!mobileからソフトバンクに出戻りする場合でも同じく手数料が無料になるので、ソフトバンクユーザーであればお試し程度にY!mobileに乗り換えてみてもいいかもしれない。

 

口コミ「口座振替できる」

【検証結果】正しい

Y!mobileは口座振替に対応。これまで口座振替してきた人でも問題ない。

 

この記事のまとめ

巷のY!mobileめぐる口コミを検証してきた。

全体的にY!mobileを格安SIMとして評価したうえで、「格安SIMに比べると料金が高い」「格安SIMの中では通信品質が安定している」といった口コミが多い印象だ。

あくまでY!mobileはキャリア・サービス(MNO)であり、サービス仕様からして格安SIM(MVNO)とは勝手が異なる。この点を理解したうえでY!mobileの口コミを見直してみると新たな気付きがありそうだ。

 

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]  

 

関連記事

【月1更新】Y!mobileの最新の通信速度(実測)を一挙公開
ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。2021年2月より新料金プラン「シンプルプラン」にリニュアルされ、5G通信にも対応するなど変革期にある。...
「UQmobile」実際どう?現役ユーザーが口コミや評判を検証する(2021年)
auのサブブランド「UQmobile」。auの運営会社であるKDDIが直々に手がける通信サービスであり、au顔負けの高品質回線を最安月額1,628円から...
タイトルとURLをコピーしました