Y!mobileの新料金プランを徹底解説|LINEMOとの比較も

スポンサーリンク
広告

ソフトバンクが手がけるサブブランド「Y!mobile」。ソフトバンクと変わらない高品質な通信回線ながら月額1,980円から利用できるとあり人気を集めている。

この記事ではY!mobileの料金プランを解説するとともに、2021年3月よりスタートするY!mobileの弟分ブランド「LINEMO」の料金プランとを比較。今あえてY!mobileに乗り換えるべきかを検討していく。

なお、Y!mobileの使用感については以下記事でまとめているので、こちらも参考にしてほしい。

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます] 

Y!mobileの料金プラン解説

基本料金プラン

  シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金(税抜) 1,980円 2,980円 3,780円
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
制限時速度 最大300kbps 最大1Mbps
無料通話 なし
通話料(税抜) 30秒/20円
最低利用期間 なし
解約金 なし
MNP転出料(税抜) 3,000円
補足 5G利用料金込み、テザリング利用料金込み

2021年2月より新料金プランにリニュアル。データ容量に応じた3つのプランが用意される。

自ら”シンプル”言うだけあって基本料金は従来よりもまどろっこしくない。大手キャリアだと別料金になる5G利用料金も含まれているので、5Gスマホで使えばソフトバンクの5G回線が掴める。

なお、Y!mobileはソフトバンク回線を使った通信サービスなので、ソフトバンクスマホはじめとしたソフトバンク回線に対応したスマホがそのまま利用できる。ソフトバンクユーザーであれば新しいスマホを購入せずに済むので乗り換えコストが軽減されてよい。

 

無料通話オプション

  月額料金(税抜) 内容
だれとでも定額 700円 1回10分以内の国内通話が無料
スーパーだれとでも定額 1,700円 国内通話が完全無料

従来Y!mobileは基本料金に無料通話が内含され、最安月額2,680円からの料金プランだった。

新料金プランでは無料通話がオプション扱いとなり、最安月額1,980円から提供される。そこまで通話しない人ならオプション加入する必要がないので、基本料金をより安くできる。

 

割引

  割引額(税抜) 内容
おうち光割セット 最大月額1,080円 Softbank光、Softbank Air契約者に適用
家族割引サービス 最大月額1,080円 血縁者、あるいは同一住所の契約者2人以上で適用

上記のどちらか片方のみ適用できる。重複は不可。

従来の割引額は500円とオマケ程度だったが、2021年2月の料金プラン改定に伴い1,080円に増額された。割引を適用させることで最安月額900円から利用できるので非常にお得だ。

▼ 割引適用後のY!mobile料金

  シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金(税抜) 1,980円 2,980円 3,780円
▼ 割引適用後(-1,080円)
月額料金(税抜) 900円 1,900円 2,700円
月間データ容量 3GB 15GB 25GB

 

ソフトバンクの料金プランとの比較

  月額料金 月間データ容量 無料通話
ソフトバンク(ミニフィットプラン) 3,980円〜7,480円 1GB〜5GB 家族間通話のみ無料
ソフトバンク(メリハリ無制限) 6,580円 無制限(テザリングは月30GBまで)
 
Y!mobile(シンプルS) 1,980円 3GB なし
Y!mobile(シンプルM) 2,980円 15GB
Y!mobile(シンプルL) 3,780円 25GB

※すべて割引やキャンペーンなど除外した料金、内容を掲載

ソフトバンクは基本的にヘビーユーザーにこそおすすめの料金プランだ。翻って、そこまでデータ通信を使わない、目安としてデータ容量が月25GB以内で済むのであればY!mobileで十分だと言える。

なお、参考までにソフトバンクのミニフィットプランを掲載したが、これは従来の安く見せかけた料金プランなので、あえて契約するメリットはない。同プランでケチるくらいならば、最初からY!mobileのシンプルS(月額1,980円)を契約した方が100倍コスパに優れる。

 

Y!mobileの隠れた強み

Y!mobileが料金的にコスパに優れるのはこれまで説明したとおりだ。ただ、料金とは別のY!mobileならではの強みがある。それが以下2点だ。

  1. 実店舗サポートあり
  2. キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線

1. 実店舗サポートあり

Y!mobileはソフトバンクショップ(厳密にはY!mobileショップ)での実店舗サポートが受けられる。契約もちろんアフターサポートもショップ店員に対応してもらえるので、あまりスマホや通信サービスが詳しくない人でも安心だ。

2. キャリア・サービス(MNO)ならではの高品質回線

Y!mobileは格安SIM(MVNO)ではない。ソフトバンクと同じくキャリア・サービス(MNO)としてサービス提供される。

格安SIMだと昼間や夕方など通信速度が遅くなりがちで安定に欠く部分があるが、Y!mobileなら24時間いつ何時でも安定した通信速度で利用できる

 

【まとめ】Y!mobileの料金プラン、どういった人が乗り換えるべき?

Y!mobileは以下に該当する人に特におすすめできる。

  1. 月25GB以下しか使ってない大手キャリア契約者
  2. 実店舗サポートがどうしても譲れない人
  3. 家族2人以上で乗り換えたい人

1. 月25GB以下しか使ってない大手キャリア契約者

大手キャリアの料金プランは、大容量プランであればコスパよいが、そこまでデータ通信を使わない人だと割高以外のなんでもない。その目安となるのが【月25GB】であり、月25GB以下しか使わないのであればY!mobileで十分だ。

2. 実店舗サポートがどうしても譲れない人

Y!mobileの料金には実店舗サポート費用が含まれる。それゆえ、料金自体は格安SIMや以下で紹介する格安ブランドよりも割高だ。ただ、それでも大手キャリアよりは安いので、実店舗サポートを必要とする人であれば割のいい料金設定と言える。

3. 家族2人以上で乗り換えたい人

Y!mobileはソフトバンクと同じく「家族割」を提供しており、家族2人以上で契約すれば最安月額900円から利用できる。ソフトバンクはじめ大手キャリアを割高に感じている人であれば、家族単位でY!mobileに乗り換えてしまってもいいかもしれない。

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます] 

 

格安ブランド「LINEMO」との比較

出典:LINEMO(公式サイト)

2021年3月よりソフトバンク傘下の格安ブランド「LINEMO」がサービス開始となる。

Y!mobileから見ると弟分ブランドに該当するが、料金、サービス内容ともに重複している部分が多く、いざY!mobileを契約すべきか、LINEMOを契約すべきか迷うところだ。

以下では「LINEMO」の料金プランを解説するとともにY!mobileとどちらを契約すべきか比較・検討していく。

 

LINEMOの料金プラン

  基本プラン
月額料金(税抜) 2,480円
月間データ容量 20GB
制限時速度 最大1Mbps
データ容量の追加オプション(税抜) 1GB=500円
通話料(税抜) 30秒/20円
通話オプション
月額500円(税抜)追加で1回5分以内の国内通話が無料に
月額1,500円(税抜)追加で国内通話が完全無料に
最低利用期間 なし
解約金 なし
MNP転出料(税抜) ?
補足 5G利用料金込み、テザリング利用料金込み、LINEカウントフリーあり

LINEMOは基本プラン一つのみの展開。

オンライン専用プランとして注目を集めたドコモ「ahamo」を多分に意識しており、申し込みはLINEアプリから、あるいは公式サイトから受け付ける。ソフトバンクショップでは申し込めず、契約後の実店舗サポートも受けられない

サービス自体は「ソフトバンク」「Y!mobile」と同じくMNO(通信キャリア)として提供されるため、格安SIM(MVNO)よりも高品質な回線が利用できる。

 

LINEMOとY!mobileの料金プラン比較

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 1,980円 3GB なし
Y!mobile「シンプルM」 2,980円 15GB
Y!mobile「シンプルL」 3,780円 25GB
 
LINEMO 2,480円 20GB なし

料金だけで見るとLINEMOの安さが際立つ。月額2,480円ながらY!mobileの「シンプルM」「シンプルL」の上位互換とも言える内容になっている。

 

Y!mobileと比較した「LINEMO」の強みと弱み

Y!mobileと比較した「LINEMO」の強み

  • Y!mobileの上位プランよりもコスパよい
  • 標準サービスとして1回5分以内の国内通話料が無料
  • LINEカウントフリーあり

Y!mobileと比較した「LINEMO」の弱み

  • 実店舗サポートなし
  • 申し込みはネットオンリー
  • 「家族割」「光回線割」なし

LINEMOは、とかくコスパがよい。

そのうえ、Y!mobileと同じくMNO(キャリア・サービス)として提供されるので、格安SIM(MVNO)のような昼間の時間帯の通信延滞もない。

一方、オンライン専用プラン(オンライン専用ブランド)として提供されるため、ソフトバンクショップでの実店舗サポートが受けられない。契約からアフターサポートまでチャットなどで対処する必要がある。

従来から格安SIMを契約していた人などITリテラシーが高めの人なら問題ないが、これまで大手キャリアを契約しており、事あるごとにキャリアショップに頼ってきた人だと少しばかり大変かもしれない。

 

【まとめ】Y!mobileとLINEMO、どちらを選ぶべき?

Y!mobileを選ぶべき人

  • 実店舗サポートが必要な人
  • 「家族割」「光回線割」が適用できる人
  • 小容量プラン(月3GBプラン)で十分な人

Y!mobileは実店舗サポートを含めた包括的なサービスを売りとしている。コスパの観点から言うと「LINEMO」に劣るが、ソフトバンクはじめとした大手キャリアから乗り換える人だと、Y!mobileの方がこれまでと勝手が変わらず安心できると思う。

なお、「家族割」を適用すれば月額1,080円引きで、最上位プラン(月20GBプラン)が2,700円とLINEMOよりも安くなる。割引が適用できる人であればY!mobileでもよさそうだ。

▼家族割を適用したY!mobile料金一覧

  月額料金(税抜) 月間データ容量 無料通話
Y!mobile「シンプルS」 900円 3GB なし
Y!mobile「シンプルM」 1,900円 15GB
Y!mobile「シンプルL」 2,700円 25GB
 
LINEMO 2,480円 20GB なし
Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます] 

 

LINEMOを選ぶべき人

  • 従来から格安SIMを使ってきた人(実店舗サポートが不要な人)
  • 安くて高品質で大容量の料金プランを探している人
  • 1人で契約して使う予定の人

LINEMOは、格安SIMユーザーのための格安ブランドと言って過言ではない。実店舗サポートが受けられないが、もとより実店舗サポートなど必要ない格安SIMユーザーであればデメリットでもなんでもないだろう。

「家族割」など適用されないので、家族で複数人で契約するメリットは薄い。翻ってシングルユーザーでも月額2,480円均一で利用できるのが強みとなる。

LINEMOを公式サイトで確認する
[LINEMOの公式サイトを開きます]

 

この記事のまとめ

Y!mobileの新料金プランを解説、および「LINEMO」と比較した。

料金だけで見るとどちらも似たような感じだが、プラスアルファでY!mobileは実店舗サポートを、LINEMOはコスパのよさをセールスポイントとしている。

そのため、実店舗サポートが必要な人であればY!mobile一択だ。特に大手キャリアから乗り換える人であれば、Y!mobileの方がこれまでと勝手変わらず、乗り換えによるストレスが軽減されてよい。

また、2021年春より「ソフトバンク←→Y!mobile」間で乗り換える際の契約解除料はじめとした各種手数料が撤廃される。ソフトバンクユーザーであれば時期を選ばず乗り換えられるので重々にY!mobileがおすすめできる。

実店舗サポートが必要ならY!mobile、必要なければLINEMOでも十分

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]  

関連記事

Y!mobile(ワイモバイル)レビュー|使ってわかったメリット・デメリット
ソフトバンクのサブブランドことY!mobile(ワイモバイル)。メインブランドである「ソフトバンク」の廉価版サービスであり、最安月額1,980円から利用...
Y!mobileでセット購入できるおすすめスマホ端末まとめ|厳選5機種をピックアップ
ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。ソフトバンクが手がけるもう一つのキャリア・サービスとあり、取り扱うスマホの種類も豊富だ。最新iPhone...
iPhoneでY!mobile(ワイモバイル)を使うための基本まとめ
ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。ソフトバンク回線を使ったキャリア・サービスとなるため、ソフトバンク回線に丸々対応している国内版iPhon...
大手キャリアからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換える手順と注意点まとめ
ソフトバンクの廉価版サービス「Y!mobile」(ワイモバイル)。ソフトバンク直々に手がけるサブブランドであり、最安月額1,980円から利用できる。 ...
タイトルとURLをコピーしました