USB PD充電ケーブルの選び方|種類ごとのおすすめケーブルも紹介

Apple製品はじめ、スマホ、タブレット、ノートPC、NintendoSwtichまでも充電できるUSB PD。便利さ一方、その充電ケーブル選びで迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで以下では、USB PD充電で使える充電ケーブルを種類別に一挙解説。USB PD充電で使える充電ケーブルの端子形状、出力制限など解説しながら充電ケーブルを紹介していきます。

USB PD充電ケーブルを選ぶために知っておきたい基本3つ

1. USB PD充電はUSB Type-C端子を使った急速充電規格

USB PD充電は、USB Type-C端子で充電することを前提にした急速充電規格です(一部例外を除き)。microUSB端子やUSB Type-A端子などUSB Type-C端子以外の充電ケーブルでは、そもそもUSB PD充電が行えません。

 

2. ライトニング端子を使ったUSB PD充電ケーブルはApple公式の例外品

USB PD充電は、USB Type-C端子を前提にした急速充電ですが、Appleはライトニング端子とUSB Type-C端子を繋いだ特殊なUSB PD充電ケーブルを発売しており、同ケーブルを使えばiPhone、iPad ProなどでもUSB PD充電が可能です。

 

3. Surface Connect端子を使ったUSB PD充電ケーブルも例外だが、ほぼ非公式

SurfaceデバイスでおなじみSurface Connect端子。ライトニング端子を使ったUSB PD充電ケーブル同様に、Surface Connect端子とUSB Type-C端子を繋いだUSB PD充電ケーブルがあり、同ケーブルを使えば、一部SurfaceでUSB PD充電が可能です。

ただ、同充電ケーブルはサードパーティが勝手にやってるだけで、マイクロソフト公式というわけではありません。”理論上”充電できるだけであり、将来的にどうなるかは不明です。

 

USB PD充電ケーブルを種類ごとに一挙解説

USB Type-C to USB Type-Cケーブル(通常版、最大60W)

▶ ケーブル両端が【USB Type-C】の充電ケーブル。USB PD充電ケーブルの基本形となります。

USB PD充電できる主なデバイス

  • Androidスマホ、タブレット
  • USB Type-Cポートを搭載したiPad
  • MacBook Airなど薄型ノートPC
  • MacBook Pro 13など一般ノートPC
  • USB Type-Cポートを搭載したSurface
  • Nintendo Switch

ケーブル説明

USB PD充電ケーブルのスタンダード。最大60W以内のUSB PD充電をサポートします。市場に出回るUSB PD対応デバイスの大半は60W以内で充電できるので、大方の充電はこれで問題ありません。

おすすめ製品

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

Ankerが発売するUSB PD充電ケーブル。1000円前後の製品にしてはケーブル太めで耐久性に優れます。とりあえずの1本におすすめ。

直販価格:1,199円(税込)

 

USB Type-C to USB Type-Cケーブル(上位版、最大100W)

▶ ケーブル両端が【USB Type-C】の充電ケーブル。USB PD充電ケーブルの上位版であり、理論値最大100Wまでの充電をサポートします。

USB PD充電できる主なデバイス

  • 61W以上で充電するUSB PDデバイス(もっぱらMacBook Pro 15、16など)

ケーブル説明

USB PD充電ケーブルの上位版。通常版だと最大60Wまでしかサポートできませんが、上位版は最大100WまでのUSB PD充電をサポートします。なお、上位版ケーブルはeMarker(安全装置としてのICチップ)の内蔵が規格仕様として義務付けられます。

おすすめ製品

エレコム USB-Cケーブル(USB3-CC5P10NBK)

エレコムの最強コスパケーブル。最大100WのUSB PD充電に対応するほか、USB 3.1(Gen2)仕様なので、データ通信ケーブルとしても優秀です。

Amazon価格:1,366円(税込)

Apple USB-C充電ケーブル(Apple純正ケーブル)

全MacBookシリーズに付属してるApple純正ケーブル。eMarker内蔵、最大100Wまで対応なので言うことなし。単品購入だと少し高めなのがネック。

直販価格:1,980円(税込)

  

ライトニング to USB Type-Cケーブル

▶ 【ライトニング】端子と【USB Type-C】端子が繋がったUSB PD充電ケーブル。iPhone、iPad ProをUSB PD充電するのに使います。

USB PD充電できる主なデバイス

  • iPhone(iPhone 8以降)
  • iPad Pro 10.5
  • iPad Pro 12.9(第1世代、第2世代)

ケーブル説明

iPhone、iPad ProをUSB PD充電できる特殊ライトニングケーブル。同USB PD充電はApple純正ケーブル、サードパーティ製品ではMFi認証(Apple認証)を取得したケーブルに限られます。MFi認証を取得していない野良ケーブルではUSB PD充電できません。

おすすめ製品

Apple Lightning USB-Cケーブル(Apple純正ケーブル)

言うことなしの純正品。サードパーティ製品ならではのMFi認証の有無のチェックだったり、この手のケーブル選びが面倒くさい人におすすめです。

直販価格:1,980円(税込)

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

MFi認証を経たサードパーティ製(Anker製)のUSB PD充電ケーブル。Apple純正ケーブルよりも安く、カラーリングも黒と白の2種類を展開。

直販価格:1,599円(税込)

  

Surface Connect to USB Type-Cケーブル

▶ 【Surface Connect】端子と【USB Type-C】端子が繋がったUSB PD充電ケーブル。

USB PD充電できる主なデバイス

  • 最新Surface(もっぱら2017年以降のモデル)

ケーブル説明

Surface Connect端子経由でのUSB PD充電を可能にする充電ケーブル。ほぼほぼ非公式ですが、充電仕様としては問題ありません。

おすすめ製品

Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル

ほぼ中華OEM製品。安かったので筆者購入したモデル。同ジャンルのケーブルは、メジャーな会社の製品は存在せず、似たような中華OEM製品が多めなので、購入するにしても安いので十分かと。

Amazon価格:1,799円(税込)

  

関連記事

Anker充電ケーブルの選び方|充電用途に応じたケーブルを種類別に一挙解説
人気充電器メーカー「Anker」。充電器と同じくらい力を入れているのが充電ケーブルです。王道のライトニングケーブルからUSB PD充電に使えるケーブル、...
タイトルとURLをコピーしました