格安SIM

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

2021年9月23日

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。

今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。

これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。

この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている

安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。

月額1,000円以下で使える音声通話SIMまとめ

MNO(キャリア・サービス)で月額1,000円以下だと次の3社

月額料金(税込)月間データ容量無料通話(税込)
au「povo」 0円0GB(128kbps制限)なし(30秒/22円)
990円3GB
ソフトバンク「LINEMO990円3GB1回5分以内の国内通話が無料(キャンペーン)
楽天モバイル「UN-LIMIT Ⅵ0円1GB国内通話が完全無料(専用アプリ経由)
1,078円3GB

※au「povo」の990円プランは、「データ追加3GB」(990円、有効期限30日)を購入したと仮定

MNOこと大手キャリア。

自社通信基地を使ってサービス提供しているので格安SIMのような通信速度のムラがない。格安SIMだと辛い昼間の時間帯でも安定した通信速度で利用できる。

au、ソフトバンクはもともと総務省の恫喝を受け、月20GBのオンライン専用プランとしてスタートしたが、現在は小容量の格安プランも提供している。

楽天モバイルは2019年にMVNOからMNOに転身。2021年現在、楽天回線さえ使えれば比較的安定した通信品質で利用できる。

楽天モバイルもすっかり速くなってきた(※楽天回線に限り)

 

MVNO(格安SIM)で月額1,000円以下だと次の3社(抜粋)

月額料金(税込)月間データ容量無料通話(税込)
IIJmio「ギガプラン2GB858円2GBなし(30秒/11円)

IIJmio「ギガプラン4GB1,078円4GB
OCNモバイルONE「1GB/月コース770円1GB
OCNモバイルONE「3GB/月コース990円3GB
nuroモバイル「VSプラン3GB792円3GBなし(30秒/22円)
nuroモバイル「VMプラン5GB990円5GB

※主要サービスかつ月額1,000円以下のものを抜粋

ここ10年で馴染みの存在になった格安SIMことMVNO。

MNOが持つ通信基地を間借りする形でサービス提供している。

MNOよりも通信料金は安価だが、時間帯によって通信品質がまばら。特に昼間の時間帯だと通信速度が遅くなりがち。

昨今は大手キャリア(MNO)の値下げで苦境にあるが、最新スマホとの格安セット販売などで上手い具合にポジションをキープしている。

格安SIMでも各社こぞってiPhoneを取り扱う時代に

 

あわせ技(楽天モバイル+格安SIMデータ専用)で月額1,000円以下だと次のとおり

月額料金(税込)月間データ容量無料通話(税込)
楽天モバイル + IIJmio「eSIM2GB440円2GB国内通話が完全無料(専用アプリ経由)
楽天モバイル + IIJmio「eSIM4GB660円4GB
楽天モバイル + nuroモバイル「VMプラン5GB825円5GB

楽天モバイルと格安SIMの2枚のSIMカードをDSDSスマホで使うあわせ技。

楽天モバイルはデータ通信量が月1GB以内なら月額0円で使える。通話料は専用通話アプリを使えば無料。つまり、楽天モバイルで一切のデータ通信を行わず、通話だけの回線にすれば維持費0円で運用できる。

そのうえで楽天モバイルの代わりにデータ通信を行う格安SIMを調達すればいい。データ専用SIMだとIIJmioのeSIMプランなど安くて大手でおすすめだ。

楽天モバイルは専用通話アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話料が完全無料

 

月額1000円以下のおすすめの料金プランはこれ

最も無難で簡単なのはソフトバンク「LINEMO」(月額990円)

ソフトバンクが手がけるオンライン専用ブランド「LINEMO」。

月額990円で月3GBのデータ通信が使える、昔ながらの格安SIMっぽい料金設定となる。

とはいえ、格安SIM(MVNO)とは明確に異なる高品質な通信回線が利用できる

筆者も契約して使っているが、昼間の時間帯でも40Mbps前後の通信速度が出ている。YouTubeやNetflixもらくらく視聴できてる。さすがのキャリア品質だ。

昼12時台でも40Mbps超え、PING値も17msと速い

LINEMO契約者は、LINEアプリで発生するデータ通信量がカウントフリーになる。LINE通話もカウントフリーになるので実用性あり。

また、1回5分以内の国内通話が無料になる専用オプション(月額550円)がキャンペーンで無料提供中。契約から1年間は無条件で同通話料無料が適用されるので活用したいところ。

自宅WiFiなど活用して月3GB前後で済む昔ながらの格安SIMユーザーであれば丁度いい料金プランだろう。

おまけに格安SIMとは比べ物にならぬ高品質な通信回線が使えるので文句なしだ。

LINEMOを公式サイトでチェック

 

ガチ勢はau「povo」(月額0円〜)

povoは2021年9月に大型アップデート。基本料金0円から利用できるようになった。

基本料金0円に加え、「データ追加3GB」(990円、有効期限30日)を購入すれば、実質的にLINEMOのau版として利用できる

あくまでオプションなので適時購入する必要があるが、オプション購入はすべてスマホアプリ上から行えるので面倒くさくはない。

povoは「ギガ活」なるキャンペーンを展開している。

ローソンや松屋、ドトールコーヒーなどで1回500円以上の買い物をすると300MBのデータ容量がもらえる。データ容量の有効期限は3日間だけだが、普段からローソンあたりで昼飯など調達している人なら重々に活用しがいがある。

少しばかり玄人向け、ガチ向けすぎるのが欠点だが、もとより格安SIMなど使ってきた人であれば俄然やる気が出てくるカスタマイズ性だろう。

より節約したい人なら0円運用&ギガ活の組み合わせでやりくりしてみるのも面白そうだ。

povoを公式サイトでチェック

 

DSDSスマホを持ってるなら「楽天モバイル」&「IIJmio」のコンボもあり(月額440円〜)

楽天モバイルはまだまだ地域によっては通信品質が安定しないが、音声通話回線に関しては問題ない。

もっと言えば、楽天モバイルは通話回線として使うだけなら何ら問題ないのである

つまり、DSDSスマホで楽天モバイルを通話回線にして、データ通信回線は格安SIMあたりで補えばいい。楽天モバイルは専用アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話料が完全無料になるので丁度いい。

また、楽天モバイルはデータ通信量が月1GB未満であれば月額0円で運用できる。まさしく通話回線となるべく天命を受けた料金プランだ。

データ通信回線はIIJmioのeSIMデータプランあたりが妥当。最安で月額440円(月2GBプラン)から利用できる。

IIJmioはあくまで格安SIM(MVNO)であり、昼間の時間帯などは遅い。ただ、速い時間は問題なく速いので、もとより昼間の時間帯さえ回避できる人であればIIJmioでも十分だ。

格安SIMでも速い時間帯は速い

どうしても昼間の時間帯の遅さを回避したいのであれば、先に紹介したLINEMO(月額990円)やpovo(月額0円〜)と組み合わせるのもあり。LINEMOとpovoはキャリアなので昼間の時間帯でも安定した通信速度で利用できる。

楽天モバイルを公式サイトでチェック

IIJmioを公式サイトでチェック

 

この記事のまとめ

月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめてきた。

月額1,000円以下と言えば従来は格安SIM(MVNO)の独壇場だったが、今やauとソフトバンクが参入。通信品質が明確に高品質すぎて、よくも悪くも格安SIMの立つ瀬がないのは否めない。

とはいえ、ユーザーからすればそんなこと関係ない。キャリア品質の回線が安く使えるいい時代だろう。

無難かつ簡単な「LINEMO」(月額990円)、少しばかりチャレンジャー向けの「povo」(月額0円〜)、DSDSスマホでの楽天モバイル利用などおすすめだ。ぜひ試してみてほしい。

LINEMOを公式サイトでチェック

povoを公式サイトでチェック

楽天モバイルを公式サイトでチェック

IIJmioを公式サイトでチェック

-格安SIM