Y!mobile実測レビュー|新料金プラン移行後の最新の通信速度をチェック

スポンサーリンク
広告

ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。2021年2月より料金プランがリニュアルされ、5G通信が使えるようになるなど今まさに改革期にある。

この記事では2021年2月現在のY!mobileの通信速度をレビューしていきたい。いざ実際どの程度の通信速度で使えるのか、Y!mobileへの乗り換えを検討している人は参考にしてほしい。

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]  

先に確認しておきたいY!mobileの基本情報

Y!mobileは格安SIM(MVNO)ではなくキャリア・サービス(MNO)

Y!mobileはソフトバンクが提供するキャリア・サービス(MNO)の一つ。

メインブランドの「ソフトバンク」と同じく、ソフトバンクの通信基地と直で通信している。格安SIMことMVNOのように大手3社の通信基地を間借りしているわけではないので、格安SIMの比ではない高品質な回線が利用できる。

 

3日単位の通信制限はなし

他社だと通信混雑を避けるために「3日で10GB」程度の通信制限があったりするが、Y!mobileは一部ルーター向けプランを除けば通信制限を行っていない。

2021年2月にリニュアルされた新料金プラン「シンプルプラン」に関しても3日単位の通信制限はもうけておらず、わりと自由に通信できる。

 

5Gも利用できる

2021年2月の新料金プランへの移行に伴い5G通信が解禁された。そっくりそのままソフトバンクの5Gインフラを活用しており、ソフトバンクの5G回線に対応したスマホであれば、追加料金なしで5G通信が利用できる。

 

Y!mobileを実測レビュー

【朝7時台】【昼13時台】【夜19時台】の時間帯に3度づつ速度計測した。すべてiPhone 12 miniで計測している。

なお、測定はY!mobileの新料金プランへの移行後となる2021年2月22日(月)に行った。

朝7時台(平日)の実測レビュー

  ダウンロード アップロード
1回目計測 37.7Mbps 4.35Mbps
2回目計測 27.1Mbps 4.35Mbps
3回目計測 34.9Mbps 4.36Mbps

朝7時台は極めて快適に通信できた。

一見すると地味な数値に見えるが、Y!mobileは4G通信時の上限速度(理論値)がダウンロード75Mbps、アップロード25Mbps止まりなので、上記計測値は気持ち「上の下」「中の上」くらいのまずますの数値だ。

 

昼13時台(平日)の実測レビュー

  ダウンロード アップロード
1回目計測 13.3Mbps 3.49Mbps
2回目計測 11.1Mbps 1.15Mbps
3回目計測 15.2Mbps 1.62Mbps

格安SIM(MVNO)だと絶望的な速度になる昼13時台。

Y!mobileも朝方に比べると通信速度が下がっているが、ダウンロードで10Mbpsは確保しており、最低限の実用性が担保される。

10MbpsだとSNSやニュースアプリ程度なら問題ないし、YouTube動画も普通に見れる。dマガジンはダウンロードに少しばかり時間がかかるが、使えないわけではない。

 

夜19時台(平日)の実測レビュー

  ダウンロード アップロード
1回目計測 46.6Mbps 4.08Mbps
2回目計測 33.7Mbps 6.48Mbps
3回目計測 26.1Mbps 5.56Mbps

夜19時台は一番快適だった。PING値も20msを切っていて問題らしい問題は見られない。

 

(参考)Y!mobile 5Gの実測レビュー

Y!mobileは新料金プラン(2021年2月18日〜)移行に伴い5Gが使えるようになった。4G回線と同じく5G回線もソフトバンクのものをそのまま使っている。

利用できるエリアはごく一部だが、いざ試してみると平均200Mbps超、最大で600Mbps超で通信できた。Y!mobileとは思えぬ数値に驚き超えて感動した。

Y!mobileの5Gに関しては以下記事でレビューしているのでチェックしてみてほしい。

 

この記事のまとめ

Y!mobileを実測レビューした。

Y!mobileは理論上の上限速度がダウンロード最大75Mbps止まりなので、取り立てて爆速というわけではないのだが、大手キャリア以下、格安SIM以上の実用的速度と安定感は重々に感じられる。

特に昼間の時間帯も実用レベルの速度が出るので、格安SIMならではの昼間の時間帯の通信延滞で割りを食ってきた人におすすめできる。

Y!mobileはソフトバンクショップか公式サイトで契約できるが、公式サイトで契約すれば事務手数料3,000円が免除されるので公式サイト経由の方がお得だ。乗り換えの際には公式サイトを活用あれ。

Y!mobileを公式サイトで確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]  

 

関連記事

Y!mobileの新料金プランを徹底解説|LINEMO(ラインモ)との比較も
ソフトバンクが手がける通信サービス「Y!mobile」。 「ソフトバンク」に続く2番目のサービスブランド、サブブランドに位置づけられ、格安SIMの...
Y!mobile(ワイモバイル)レビュー|使ってわかったメリット・デメリット
ソフトバンクのサブブランドことY!mobile(ワイモバイル)。メインブランドである「ソフトバンク」の廉価版サービスであり、最安月額1,980円から利用...
大手キャリアからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換える手順と注意点まとめ
ソフトバンクの廉価版サービス「Y!mobile」(ワイモバイル)。ソフトバンク直々に手がけるサブブランドであり、最安月額1,980円から利用できる。 ...
タイトルとURLをコピーしました