楽天モバイル実測レビュー|楽天回線の実際の通信速度を一挙公開(2021年版)

スポンサーリンク
広告

ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリアとなった「楽天モバイル」。

格安SIM(MVNO)ではなく自社通信基地を使ったキャリア・サービス(MNO)としてサービス提供されるため、24時間いつ何時でも安定した速度で通信できるメリットがある。

ーーーとはいえ、実際にどの程度の通信速度なのか気にかかっている人も多いだろう。そこでこの記事では楽天モバイルの通信速度を実測レビュー。使い勝手も解説していく。

楽天モバイルの契約にあと一歩踏み切れない人がいたら参考にしてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

先に確認しておきたい楽天モバイルの基本

楽天モバイルは自社通信基地を使ったMNOサービス

楽天モバイルは格安SIM(MVNO)ではなく、自社通信基地を使ったキャリア・サービス(MNO)だ。

格安SIM(MVNO)だと大手キャリアの通信基地を部分的に借り上げているだけなので、どうしても通信混雑する時間帯だと通信速度が遅くなるデメリットがある。

対して楽天モバイルは自社通信基地を使っており、格安SIMの比ではない安定した速度で通信できる。格安SIMだと辛い昼間の時間帯も乗り切れるので実用性は文句ない。

 

楽天回線が使えない地域ではau回線で通信代替される

2021年現在、楽天モバイルはau(KDDI)とパートナー契約を結んでおり、楽天回線が使えない地域ではau回線を使って通信代替している。

まだまだ地方だと楽天回線が使えないことが多いが、au回線が使える地域であればau回線で通信代替できるので心配する必要はない。

なお、楽天モバイルとau(KDDI)とのパートナー契約は最長2026年までとしており、楽天回線でカバーできた地域から徐々にパートナー回線の提供が終了する見通しだ。

 

一部地域では5G通信も可能

ごくごく一部の地域に限られるが、すでに楽天モバイルでも5G通信が利用できる。基本プランに5G利用料金が含まれており、5G対応スマホを使えば5Gならではの超高速通信が可能だ。

 

楽天モバイルを実測レビュー

筆者が契約している「楽天モバイル」SIMを使って速度計測。楽天回線とau回線(パートナー回線)下で計測している。

計測スマホはGalaxy S10(楽天モバイル版)を利用した。

楽天回線

もっぱら都市部で使える楽天回線。昼13時台で以下のような通信速度となる。

  ダウンロード アップロード
1回目計測 34.6Mbps 55.0Mbps
2回目計測 16.0Mbps 51.6Mbps
3回目計測 20.1Mbps 43.5Mbps

昼13時台は格安SIMだと魔の時間とも言える混雑時間帯だが、楽天モバイルならダウンロード速度で大方20Mbps〜30Mbps程度はキープしている。

twitterやニュースアプリ操作はもちろん、YouTube動画なども普通に見れる。格安SIM(MVNO)に比べれば安定した通信品質だ。

なお、筆者が見た限りの楽天回線の通信速度の目安だが、40Mbps〜50Mbps出てれば御の字、平時は20Mbps〜30Mbpsほど、調子悪いと10Mbps以下といったところだ。

 

au回線(パートナー回線)

パートナー回線のau回線を使って計測した(昼14時台)。

  ダウンロード アップロード
1回目計測 10.3Mbps 6.04Mbps
2回目計測 27.2Mbps 18.1Mbps
3回目計測 14.0Mbps 16.9Mbps

au回線だと10Mbps〜30Mbpsといったところ。上限値として気持ち30Mbpsあたりで抑えられているのは1ユーザーとして強く感じてる。

あくまでローミング接続なのでau系格安SIM(MVNO)よりも速度は安定している。格安SIMだと辛い昼間の時間帯も乗り越えられる。実用性の観点から見れば問題ないかと思う。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

 

楽天モバイルの通信制限についての補足

楽天回線下では「1日10GB以上」使うと翌日まで通信制限あり

楽天モバイルは楽天回線エリアであれば月無制限でデータ通信ができるとの煽りだが、1日あたりの通信上限はもうけており、実質的には月無制限ではない

1日あたりの通信上限は10GBであり、これ以上使うと翌日まで速度制限される。

テザリングで固定回線代わりに使ったり、ビデオ通話を数時間と使ったり、Netflixを高品質で視聴し続けると案外1日10GBなどすぐに消費してしまうので注意した方がいい。

 

au回線で通信できるのは月5GBまで、以降は最大1Mbpsに速度制限

パートナー回線のau回線だが、月5GBまでしか使えない。月5GBに達すると最大1Mbpsの制限通信に切り替わる。

月無制限のデータ通信は楽天回線エリアのみの提供となる。月5GB以内で済む人まだしも、月5GB以上のデータ通信を使う見込みの人は楽天回線が使えることが絶対条件だ。

 

この記事のまとめ

楽天モバイルを実測レビューした。

そこまで爆速というわけではないが、格安SIM(MVNO)と違って昼間の時間帯も乗り越えられるのでコスパと実用性の観点から言うと非常にバランスの良いサービスだと思う。

また、楽天回線が使える地域に住んでいる人であれば月無制限(※1日10GBまで)のデータ通信が使える。WIMAXやポケットWiFiに近いポジションで運用するのも現実的だ。

楽天モバイルは最低利用期間や違約金、MNP転出料をもうけておらず、いざ合わなかったら即日で無料で解約(MNP)できる。気になっている人は、とりあえずで試してみてはどうだろうか。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

 

関連リンク

【2021年4月リニュアル】楽天モバイルの新料金プランを徹底解説|大手キャリア3社との比較も
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとしてサービス開始された「楽天モバイル」。 2021年4月より新料金プラン「Rakuten...
楽天モバイルのエリア外でも使える?パートナー回線(au回線)の使い勝手をレビュー
ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリアとして開始された「楽天モバイル」。 まだまだ新参キャリアとあり、楽天回線が使えない地域ではパー...
楽天モバイルがモバイルルーター代わり(固定回線代わり)に使えるか試してみた
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとなった「楽天モバイル」。 月額2,980円で月無制限のデータ通信が使えることからモバイル...
タイトルとURLをコピーしました