パナソニック「RZ-S50W」レビュー|AirPods Proとガチンコ勝負できるパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク
広告
パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」をレビュー

2020年4月、往年のオーディオメーカーとして名高いパナソニックから意外にも初となる完全ワイヤレスイヤホンの発売が開始された。それが今回レビューする「RZ-S50W」だ。

ノイズキャンセリングはじめとした昨今のトレンドを抑えつつ、安定したワイヤレス品質を実現。業界トップのAirPods Proに真正面から挑める意欲作として仕上がった。

市場価格も2.2万円前後とAirPods Proよりも1万円近く安い。ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンとして、”パナソニック”ブランドのワイヤレスイヤホンとして考えれば非常にお買い得と言えるだろう。

できるだけ大手で安定した使い勝手のワイヤレスイヤホンを探している人におすすめだ。ぜひレビューをチェックしてみてほしい。

【レビュー対象製品】パナソニック「RZ-S50W」

発売時期 2020年4月
市場価格 2.2万円前後 1.5万円前後

カラーリングはブラックとホワイトの2色展開。

パナソニック「RZ-S50W」の評価ポイント
AirPods Pro同等のノイズキャンセリング性能
ワイヤレス接続の安定感
解像度が高く、ドンドン響くオーディオ
 
× ダメなところ
イヤホンサイズが大きめでフィット感が悪い
ワイヤレス充電(Qi充電)非対応
apt-Xコーデック非対応

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「RZ-S50W」レビュー

製品概要

パナソニック「RZ-S50W」は、2020年4月に発売が開始された完全ワイヤレスイヤホン。”パナソニック”名義で初の完全ワイヤレスイヤホンとなる。市場価格は2.2万円前後。

ノイズキャンセリングはじめ、外音取り込み機能、高性能マイク、IPX4の防水(防滴)仕様など昨今のワイヤレスイヤホン・トレンドをふんだんに盛り込んだ。また、長くオーディオ技術を蓄積してきたパナソニックならではの解像度の高いオーディオ品質も魅力の一つだ。

 

同時発表された他モデルについて

当記事でレビューするパナソニック「RZ-S50W」のほか、「RZ-S30W」「EAH-AZ70W」の2モデルが同時発表された。

RZ-S30W」はノイズキャンセリングに対応しない実質的な下位モデル。市場価格9,000円前後で購入できる。

EAH-AZ70W」はパナソニック往年のオーディオブランド、”Technics”名義で発表された実質的な上位モデル(高級モデル)。ノイズキャンセリング&10mmドライバーを搭載している。市場価格は3.3万円ほど。

Technics「EAH-AZ70W」(市場価格3.3万円ほど)

 

外観・サイズ感

カラーはブラックとホワイトの2色展開。今回レビューするのはブラックだ。

ケースからイヤホン本体まで見た目は本当に黒い。よくある電化製品っぽい黒だ。ラバー素材と相まってテレビのリモコンのような雰囲気がある。

ケースサイズはコンパクト。長い方が7cm、短い方が3.7cm、厚さが2.7cmほど。ズボンの小ポケットにもラクラク入るサイズ感なので手ぶら外出時でも邪魔にならない。

イヤホン本体。外側の装飾部分にはノイズキャンセリング用の集音マイクが内蔵される。

イヤホン内側。充電端子(ゴールドの部分)が異様に多い。集合体恐怖症の人には辛そうだ。

装着してみると、なんとも言えぬフィット感の悪さがある。

一般的なワイヤレスイヤホンよりもイヤホンサイズが大きく、耳穴にイヤホンをねじこみにくい。おまけにイヤホン内部が膨らんだ構造なので、イヤホンを耳穴に押し込んでも外側に飛び出そうとする反発がある。

実質的にイヤーピースだけでイヤホンを支えているような状態なので装着感はあまり安定しない。特に耳が小さい人だとフィット感の悪さが避けられぬマイナスポイントとなりそうだ。できれば購入前に家電量販店などで一度試着してみた方がいい。

写真右がRZ-S50W。大きくて膨らんでる(写真クリックで拡大)

写真下がRZ-S50W。膨らんでる部分が耳に入れたときに邪魔になる(写真クリックで拡大)

 

ペアリング勝手

タッチパッドを7秒長押しで新規ペアリングモードに

ペアリング動作は全体的に安定していてストレスを感じることはない。

イヤホンのタッチパッドを7秒長押しで新規ペアリングモードが起動する。あとは普通のBluetooth製品としてペアリングすれば完了だ。なお、Androidスマホであれば専用アプリを使えばほぼ自動でペアリング設定できる。

マルチペアリング対応で最大10台のデバイスとのペアリング情報を記録できる。

マルチポイントには非対応。複数デバイスと同時にペアリング接続できず、都度ペアリング先を切り替える必要がある。

複数デバイス間でペアリングを切り替える場合、Bluetooth設定画面からワンタッチでペアリングが切り替えられる。既存デバイスとのペアリングを逐一切断する必要はない。普段から複数デバイスでワイヤレスイヤホンを使いまわしている人だと重宝するに違いない。

 

オーディオ性能

音の解像度が非常に高く、聞き心地のよいサウンド

原曲に忠実な低音の響き、中〜高音域も出てて、ボーカル音声も聞き取りやすい。そこまでボリュームを上げずとも力強い音が響き、それでいてクリア。9割方の人が満足できる王道イヤホンだと思う。

あまりに音が丁寧すぎて、人によっては低音が弱々しく感じるかもしれない。その場合は、専用アプリのイコライザー調整で低音重視に変更、あるいはイコライザーそのものを調整するとよい。8mmのダイナミックドライバーを搭載しているので、イコライザーさえいじれば、まだまだ低音が出る。

 

ノイズキャンセリング性能

ノイズキャンセリングのクオリティは高い。

自動車の音、風の音など低周波音を中心に除去しており、これぞノイズキャンセリングといった静寂が味わえる。風切り音も発生していない。

人の声や駅のアナウンスなど高周波音は聞こえるが、これはAirPods Proはじめ他のノイズキャンセリングイヤホンと変わらない。一種の安全仕様だ。昨今のワイヤレスイヤホンにおけるノイズキャンセリングとは、もっぱら低周波音を除去するのが一般的だ。

 

外音取り込み機能

外音取り込み機能に対応。イヤホンを付けたままでも周囲の音、人の声が聞き取れる。野外ジョギング中など安全考慮して使うのが一般的だ。

いざ使うと少しばかりホワイトノイズっぽい音(小雨のような音)が聞こえるが、実用水準のクオリティはクリアしている。人の話し声や自動車の走行音は問題なく聞こえるので、周囲の音を聞き取りたいシチュエーションで使うには最適だ。

外音取り込み機能は、イヤホンのタッチパッドを2秒長押しでON/OFFできる。

 

ワイヤレス接続の安定感

接続は悪くない。音楽再生中に音が飛んだり、接続そのものが切れたりすることはほぼ無い(少なからず筆者は遭遇していない)。

ワイヤレスイヤホンなので周囲の電波干渉に引っ張られる可能性はゼロではないだろう。ただ、イヤホンそれ自体のスペックとしてワイヤレス接続は安定している方だと思う。

BluetoothコーデックはSBCとAACのみ対応。aptXコーデックに対応しないせいか、ときたま動画視聴時に映像と台詞の音ズレが見られた。

 

充電環境

充電はUSB Type-Cポートから

USB Type-Cケーブルを使った有線充電に対応。短時間充電機能を備えており、約15分の充電でオーディオ再生60分相当のバッテリーが溜められる。

ワイヤレス充電(Qi充電)に対応しないのは残念なところ。

バッテリー持ちはイヤホン単体6.5時間、ケース併用で最大19.5時間。ノイズキャンセリングOFFの状態で使えばケース併用で最大22.5時間となる。ノイズキャンセリング対応モデルとして考えれば業界一般的なバッテリー持ちだ。

 

そのほかチェックしておきたい細かなところ

通話マイクは良パフォーマンス

“Panasonic”ロゴの下に通話用マイクあり

スマホで一般的なMEMSマイクを搭載。きちんと音声を聞き取ってる印象だ。

集音マイクを活用したノイズカット機能(ビームフォーミング)に対応していることもあり、屋外など騒音の入りがちな場所でも声がきちんと認識される。屋内で使う分には問題すら感じない。テレワーク用途のマイクとしてもうってつけだ。

 

タッチパッドは異例の安定感

タッチパッド搭載

ワイヤレスイヤホンのタッチパッドと言うとなかなかに反応が悪い、出来の悪いイメージがあるが、パナソニック「RZ-S50W」のタッチパッドは予想外に優秀だ。ダブルタップなど複数回タップもきちんと認識されており、反応処理が安定していて使いやすい。

タッチ操作コマンドは以下のとおり。

右イヤホンのタッチ操作コマンド

1回タッチ オーディオ再生/停止、(着信時)着信受け
2回タッチ 音楽の先送り
3回タッチ 音楽の前戻し
2秒長押し ノイズキャンセリングON → 外音取り込み機能ON → OFF →(以下繰り返し)※
(着信時)通話拒否、(通話時)着信終了

※2秒長押しごとに「→」の順番でコマンドが切り替わる。

左イヤホンのタッチ操作コマンド

1回タッチ オーディオ再生/停止、(着信時)着信受け
2回タッチ 音量を1下げる
3回タッチ 音量を1上げる
2秒長押し 音声アシスタント起動
(着信時)通話拒否、(通話時)着信終了

 

防水(防滴)はIPX4と最低限

防水はIPX4仕様。なお、厳密にはIPX4は防水ではなく防滴である。

水洗いや潜水利用ができないだけで、雨の日の屋外利用やジムやジョギングなど汗かく環境で使う分には問題ない。

 

専用アプリについて

専用アプリ「Panasonic Audio Connect」がiOS、Android向けに配信される。アプリはかならずしも必要ではないが、以下のようなカスタマイズはアプリでしか行えない。

  • イコライザー調整(音質調整)
  • ノイズキャンセリング調整(ノイズカットの強弱調整)
  • 外音取り込み機能調整(取り込み具合の強弱調整)

これに加えてAndroid版アプリであれば初回のペアリング設定、およびアプリ起動によるペアリング復帰(アプリを起動したデバイスに強制的にペアリングを移す)が可能。iOS版アプリだとここらのペアリングまわりの動作は不安定だ。

 

この記事のまとめ

ここまでパナソニック「RZ-S50W」をレビューしてきた。

パナソニック「RZ-S50W」の評価ポイント
AirPods Pro同等のノイズキャンセリング性能
ワイヤレス接続の安定感
解像度が高く、ドンドン響くオーディオ
 
× ダメなところ
イヤホンサイズが大きめでフィット感が悪い
ワイヤレス充電(Qi充電)非対応
apt-Xコーデック非対応

さすがのパナソニック製品とあり、細かなところも含めて完成度は高い。今日のワイヤレスイヤホン市場においてAirPods Proと真正面からぶつかれる数少ないワイヤレスイヤホンであると太鼓判を押せる。

ただ、イヤホンのフィット感だけが懸念材料としてある。一般的なワイヤレスイヤホンに比べてイヤホンサイズが大きく、人によって明確にフィット感の良い悪いが分かれる。特に耳が小さい人だとイヤホンが耳奥まで入りきらず、不満を覚えそうだ。

できることなら先に実機を試して、イヤホンが耳奥まで押し込めるか、抜け落ちないか確認しておいた方がよい。これさえクリアできれば文句なしにおすすめできる。

 

レビュー対象製品

 

 

関連記事

パナソニック「RZ-S30W」レビュー|9000円で買えるパナソニック謹製ワイヤレスイヤホン
9,000円で買えるパナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S30W」をレビュー パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S30W」をレビュ...
パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー
パナソニック「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー 2020年4月にお披露目されたパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン。 スタンダ...
ヤマハ「TW-E3B」レビュー|ボーカル映えする本格オーディオ仕様のワイヤレスイヤホン
楽器メーカー「ヤマハ」が手がける完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3B」。エントリーモデルに位置づけられ、市場価格7,000円前後で購入できる。 格...
タイトルとURLをコピーしました