ワイヤレスイヤホン

パナソニック「RZ-S50W」レビュー|AirPods Proとガチンコ勝負できるパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン

2020年11月3日

2020年4月、往年のオーディオメーカーとして名高いパナソニックから意外にも初となる完全ワイヤレスイヤホンの発売が開始された。それが今回レビューする「RZ-S50W」だ。

ノイズキャンセリング(ANC)はじめとした昨今のトレンドを抑えつつ、安定したワイヤレス品質を実現。業界トップのAirPods Proに真正面から挑める意欲作として仕上がった。

市場価格も2.2万円前後とAirPods Proよりも1万円近く安い。ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンとして、”パナソニック”ブランドのワイヤレスイヤホンとして考えれば非常にお買い得と言える。

できるだけ大手で安定した使い勝手のワイヤレスイヤホンを探している人におすすめ。以下レビューしていきたい。

目次

パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー

続きを見る

【レビュー対象製品】パナソニック「RZ-S50W」

発売時期2020年4月
市場価格2.2万円前後 1.5万円前後

カラーリングはブラックとホワイトの2色展開。

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「RZ-S50W」製品概要

パナソニック「RZ-S50W」は、2020年4月に発売が開始された完全ワイヤレスイヤホン。”パナソニック”名義で初の完全ワイヤレスイヤホンとなる。市場価格は2.2万円前後。

ノイズキャンセリングはじめ、外音取り込み機能、高性能マイク、IPX4の防水仕様など昨今のワイヤレスイヤホン・トレンドをふんだんに盛り込んだ。また、長くオーディオ技術を蓄積してきたパナソニックならではの解像度の高いオーディオも魅力の一つ。

 

パナソニック「RZ-S50W」の製品特徴




ノイズキャンセリング(ANC)対応
高価格モデルならではの徹底したノイズカットを実現。

オーディオは解像度高めのクリアサウンド
原曲に忠実な丁寧サウンド。専用アプリ(iOS、Android)を使えば低音強めにも変更できる。

バッテリー駆動時間は充電ケース併用で最大19.5時間
ノイズキャンセリングONの場合。ノイズキャンセリングOFFの場合は同22.5時間。

ノイズカット付き通話マイク搭載
テレワーク用のイヤホン&マイクとしても活用可能。

生活防水(IPX4)対応
雨天時の屋外利用、スポーツ中の利用など問題なし。浸水には耐えられず。
Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC、AAC
バッテリー駆動時間
イヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大22.5時間
(ノイズキャンセリング利用時)イヤホン単体6.5時間、ケース併用で最大19.5時間
充電方法USB Type-C(有線)
防水性能○(IPX4)
通話マイク○(ノイズカットあり)
ノイズキャンセリング(ANC)

Amazonで製品をチェック

 

同時発表された他モデルについて

当記事でレビューするパナソニック「RZ-S50W」のほか、「RZ-S30W」「EAH-AZ70W」の2モデルが同時発表された。

RZ-S30W」はノイズキャンセリングに対応しない実質的な下位モデル。市場価格9,000円前後で購入できる。

EAH-AZ70W」はパナソニック往年のオーディオブランド、”Technics”名義で発表された実質的な上位モデル(高級モデル)。ノイズキャンセリング&10mmドライバーを搭載している。市場価格は3.3万円ほど。

Technics「EAH-AZ70W」(市場価格3.3万円ほど)

パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー

続きを見る

 

充電ケースはコンパクト

カラーはブラックとホワイトの2色展開。今回レビューするのはブラックだ。

ケースからイヤホン本体まで見た目は本当に黒い。よくある電化製品っぽい黒だ。ラバー素材と相まってテレビのリモコンのような雰囲気がある。

ケースサイズはコンパクト。長い方が7cm、短い方が3.7cm、厚さが2.7cmほど。

ズボンの小ポケットにもラクラク入るサイズ感なので手ぶら外出時でも邪魔にならない。

 

イヤホンサイズは大きめ、フィット感は悪い

イヤホンサイズがこれまたデカイ。

おまけにイヤホン内部が膨らんだ構造なので、イヤホンを耳穴に押し込んでも外側に飛び出そうとする反発がある。正直なところ、フィット感は最悪だ

耳が大きい人?であればジャストフィットかもしれないが、女性だったり耳が小さい人だとまずフィット感が合わないと思う。ガムを噛んでるだけでイヤホンが抜け落ちそうな不安定さは否めない。

使うなら使うでAmazonあたりに売ってるイヤーフックを購入して別途イヤホンを支えた方がいいと思う。

写真右がRZ-S50W。大きくて膨らんでる(写真クリックで拡大)

写真下がRZ-S50W。膨らんでる部分が耳に入れたときに邪魔になる(写真クリックで拡大)

 

ペアリングまわりのこと

パナソニック「RZ-S50W」の主なペアリング仕様

マルチペアリング対応(最大10台)
初回のペアリングケース蓋を開けば自動でスタート
2回目(2台目)以降のペアリング左右イヤホンのタッチパッドを同時に7秒押しで新規ペアリングモードが起動
マルチポイント×
複数デバイス間のワンタッチでのペアリング切り替え対応

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「RZ-S50W」を実際に使ってみた感想とレビュー

オーディオはクリアで満足度高い

音の解像度が非常に高く、聞き心地のよいサウンド。

中〜高音域が中心に出てて聞き疲れない。そこまでボリュームを上げずとも力強い音が響き、それでいてクリア。音の広がりもある。9割方の人が満足できる王道イヤホンと言っても過言ではない。

あまりに音が丁寧すぎて、人によっては低音が弱々しく感じるかもしれない。その場合は、専用アプリのイコライザー調整で低音重視に変更、あるいはイコライザーそのものを調整するとよい。8mmのダイナミックドライバーを搭載しているので、イコライザーさえいじれば、まだまだ低音が出る。

 

ノイズキャンセリング性能も一級品、徹底したノイズカット

ノイズキャンセリングのクオリティは高い。

自動車の音、風の音など低周波音を中心に除去しており、これぞノイズキャンセリングといった静寂が味わえる。風切り音も発生していない。

オーディオ再生している状態であれば、ほぼ周囲の音が聞こえない。オーディオ止めれば耳栓としても活用できる。

なお、人の声や駅のアナウンスなど高周波音は聞こえるが、これはAirPods Proはじめ他のノイズキャンセリングイヤホンと変わらない。一種の安全仕様だ。昨今のワイヤレスイヤホンにおけるノイズキャンセリングとは、もっぱら低周波音を除去するのが一般的。

Amazonで製品をチェック

 

外音取り込み機能は実用レベル

外音取り込み機能に対応。イヤホンを付けたままでも周囲の音、人の声が聞き取れる。

いざ使うと非常に音がクリア。取り込み音の下手な増強や反響もなく、実用するのに問題ないレベルに仕上がっている。

外音取り込み機能は、イヤホンのタッチパッドを2秒長押しでON/OFFできる。

 

通話マイクは良パフォーマンス(ノイズカットあり)

"Panasonic"ロゴの下に通話用マイクあり

スマホで一般的なMEMSマイクを搭載。きちんと音声を聞き取ってる。

また、集音マイクを活用したノイズカット機能(ビームフォーミング)に対応していることもあり、屋外など騒音の入りがちな場所でも声がきちんと認識される。屋内で使う分には問題すら感じない。テレワーク用途のマイクとしてもうってつけだ。

 

タッチセンサーの感度は問題なし

タッチパッド搭載

ワイヤレスイヤホンのタッチセンサーと言うとなかなかに反応が悪い、出来の悪いイメージがあるが、パナソニック「RZ-S50W」のタッチセンサーは予想外に優秀。

1回タッチは1回タッチとして、複数回タッチもきちんと認識される。常用するのにストレスない使い勝手だ。

タッチ操作コマンドは以下のとおり。

右イヤホン左イヤホン
1回タッチオーディオ再生/停止
2回タッチ音楽の先送り音量を1下げる
3回タッチ音楽の前戻し音量を1上げる
2秒長押しノイズキャンセリング←→外音取り込みの切り替え音声アシスタント起動

(左右共通)通話対応は1回タッチ、通話終了は2秒長押し、着信拒否は2秒長押し

Amazonで製品をチェック

 

パナソニック「RZ-S50W」の気になったところ(あるいはデメリット)

イヤホンサイズがデカい、(人によって明確に)フィット感に難あり

全体的に欠点の少ないイヤホンだが、イヤホンのサイズ感だけが数少ない、というか唯一無二の懸念材料だ。

一般的なワイヤレスイヤホンよりも大きめサイズなので人によって、耳によって明確にフィット感に合う/合わないが出る。

特に耳が小さめ、イヤホンのフィット感でハズレを引きやすい人だと合わない可能性が高い。

これもう本当にイヤホンのフィット感さえ問題なければ諸手を上げておすすめできるワイヤレスイヤホンなので惜しいところ

Amazonで製品をチェック

 

この記事のまとめ

パナソニック「RZ-S50W」をレビューしてきた。

さすがのパナソニック製品とあり、細かなところも含めて完成度は高い。今日のワイヤレスイヤホン市場においてAirPods Proと真正面からぶつかれる数少ないワイヤレスイヤホンであると太鼓判を押せる。

ただ、イヤホンのフィット感だけが懸念材料としてある。一般的なワイヤレスイヤホンに比べてイヤホンサイズが大きく、人によって明確にフィット感の良い悪いが分かれる。特に耳が小さい人だとイヤホンが耳奥まで入りきらず、不満を覚えそうだ。

できることなら先に家電量販店などで試着してみて、イヤホンが耳奥まで押し込めるか、抜け落ちないか確認しておいた方がよい。これさえ... これさえクリアできれば文句なしにおすすめできる。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

パナソニック「RZ-S30W」レビュー|パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン(エントリーモデル)

続きを見る

パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー

続きを見る

ソニー「WF-1000XM4」レビュー|ハイレゾ再生(LDAC再生)できる世界初の完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

【日本製】国産メーカーの完全ワイヤレスイヤホン、おすすめモデルを一挙紹介(1万円以下)

続きを見る

【2021年】完全ワイヤレスイヤホンの新製品情報まとめ(発売予定含む)

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン
-