パナソニック「RZ-S30W」レビュー|9000円で買えるパナソニック謹製ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク
広告
9,000円で買えるパナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S30W」をレビュー

パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S30W」をレビュー。

2020年4月に発表された同製品。同時発表された3製品の中では末っ子モデルとなる。ノイズキャンセリングに対応せず、一方では市場価格9,000円前後とコスパよく抑えた。

価格に比べて安定したワイヤレス接続を実現しており、屋外で使っても音飛びや接続切れに遭遇しにくい。バッテリー駆動時間も最大30時間とスタミナ仕様なので音楽を聞くための普段使いのワイヤレスイヤホンとして使いまわすのに丁度いい。

コスパよいワイヤレスイヤホンを探している人、パナソニック製品こその購入価値を見いだしている人はレビューをチェックしてみてほしい。

【レビュー対象製品】パナソニック「RZ-S30W」

発売時期 2020年4月
市場価格 9,000円前後

カラーリングはホワイト、ブラック、グリーンの3色展開。

パナソニック「RZ-S30W」の評価ポイント
ワイヤレス接続の安定感
無難に使えるオーディオ品質
最大30時間のバッテリー持ち
9,000円で購入できるコスパのよさ

 
× ダメなところ
ノイズキャンセリング非対応
外音取り込み機能がほぼ機能してない
ワイヤレス充電(Qi充電)非対応
apt-Xコーデック非対応

Amazonで製品をチェック
 

パナソニック「RZ-S30W」レビュー

製品概要

パナソニック「RZ-S30W」は、2020年4月に発売開始したパナソニックの完全ワイヤレスイヤホン。市場価格は9,000円前後。カラーリングはホワイト、ブラック、グリーンの3色を用意。

ノイズキャンセリングに対応しないごくごく一般的なワイヤレスイヤホンだが、”パナソニック”の名を冠した製品とあり、使い勝手はよい。安定したワイヤレス接続品質、ケース併用で最大30時間のバッテリー持ち、無難に楽しめるオーディオ品質など日常使いで文句ない実用水準をクリアしている。

 

同時発表された他モデルについて

当記事でレビューするパナソニック「RZ-S30W」ほか、上位版モデルとして「RZ-S50W」「EAH-AZ70W」の2モデルが同時発表された。

RZ-S50W」はRZ-S30Wの直系の上位版モデル。ノイズキャンセリングに対応している。当初の販売価格は2.2万円前後だったが、最近では1.5万円前後まで下がってきた。

EAH-AZ70W」はパナソニック往年のオーディオブランド、”Technics”名義で発表された最上位モデル(高級モデル)。ノイズキャンセリング&10mmドライバーを搭載している。市場価格は3.3万円ほど。

 

付属品

製品本体ほか、取扱説明書、替えのイヤーピース3種(S、L、ML)、充電ケーブル(USB Type-C to A)が同梱される。なお、初期のイヤーピースはMサイズが装着される。

 

外観・サイズ感

今回レビューするのはホワイトカラー。

厳密に言うと「ホワイト9:グレー1」で混ぜたようなホワイトカラーだ。体温計の収納ケースとかこういう色味だった気がする。

ケースサイズは長い方が7cm、短い方が4cm、厚みが3cmといったところ。男性ズボンのポケットにらくらく入るサイズ感なので文句ない。

”Panasonic”の刻印あり

ケース素材は普通のプラスチック。特にザラザラ加工を施していたりするわけではなく、ただただ成形されたプラスチックのケースだ。価格にしては少し安っぽく感じるかもしれない。

ケースの中身は意外とスペースが空いているが、最大30時間の長時間バッテリーのためと考えればまだ許せる。ケース自体そこまで大きくないので許容範囲だ。

イヤホン本体も全身まっ白。タッチパッド部分を囲うようにシルバーラインが装飾される。なお、シルバーラインの中間部分にある2箇所の穴(黒い部分)は片方がLEDランプ、もう片方が通話マイク。

少し小さめのイヤホンとあって、つけ心地も悪くない。イヤーピースのサイズさえ調整すれば耳の穴の中にきれいに収まると思う。

上位モデルの「RZ-S50W」は異様にイヤホンサイズが大きく、フィット感の悪さが目立った。これに比べれば「RZ-S30W」のイヤホンサイズは本当にコンパクトで好印象だ。

 

ペアリングの使い勝手

物自体は普通のBluetooth製品なので設定画面からデバイス検出して繋げば問題ない。初回のペアリングはケース蓋を開くだけで新規ペアリングモードが起動するので迷うこともないだろう。

マルチペアリング対応。最大10台のデバイスのペアリング情報を保持できる。

2回目(デバイス2台目)以降の新規ペアリングだが、ケース蓋を開き、左右イヤホンを取り出し、左右イヤホンのタッチパッドを同時に7秒長押しすることで新規ペアリングモードに移行できる。既存デバイスとの再接続が完了した状態だと移行できないので注意。

新規ペアリングモード起動中はLEDランプが赤と青に点滅する

なお、複数デバイス間でペアリングを切り替える際、Bluetooth設定画面からワンタッチでペアリングが切り替えられる。既存デバイスとのペアリングを逐一切断する必要はない。高級モデルだと一般的だが、アンダー1万円のワイヤレスイヤホンで同仕様に対応するの珍しい。

 

オーディオ性能

土台の音は中音〜高音。シャンシャン、シャカシャカ音が強め。価格相応の無難なオーディオといったところだ

ドライバーサイズが6mmとあり低音が弱めだが、無理やり低音ドーピングしているわけではない。ただただ中音〜高音が響き、その中にシャンシャン、シャカシャカ音が残っている。

安いイヤホンでありがちな音がこもった感じがなく、細かい音まで聞き取れるので聞き心地は良い。Jpopソングや女性ボーカル曲を聞くのに最適だ。シャンシャン、シャカシャカ音が気になる人は専用アプリで低音増強モードに変更すれば丁度いい塩梅(あんばい)になるのでお試しあれ。

専用アプリで音質が調整できる

ノイズキャンセリングは非対応

ノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)は非対応。どうしてもノイズキャンセリングが使いたい場合、上位版モデルの「RZ-S50W」を検討あれ。

 

外音取り込み機能

外音取り込み機能を搭載。イヤホンを付けたまま周囲の音、人の声などが聞き取れる。イヤホンのタッチパッドを2秒長押しで機能ON/OFFできる。

ただ、いざ使ってみると完成度は低い。ホワイトノイズ(ザーッという音)だらけだし、周囲の音が聞き取れてる印象もない。というか、ホワイトノイズがうるさくて逆に周囲の音が聞こえにくくなる。

実用性はほぼ皆無だろう。周囲の音が聞きたいときは素直にイヤホンを外した方がいい。

 

ワイヤレス接続の安定感

ワイヤレス接続はしっかりしてる。周囲の電波状況にも左右されるが、比較的人混みの場所で使っても音飛び、接続切れなど起こりにくい。電車の中でも音楽が聞ける。

Bluetoothバージョンは5.0。BluetoothコーデックはSBC/AACに対応。流行りのapt-Xには対応せず。動画を視聴した限りでは見てわかる極度な音ズレは確認できなかったが、音ズレ確認動画でチェックすると気持ちほんの少しだけ音ズレしているように思える。

 

充電仕様(充電の使い勝手)

充電はUSB Type-Cケーブルで

USB Type-Cケーブルを使った有線充電に対応。15分の充電で90分相当のバッテリーがチャージできる短時間充電機能あり。ワイヤレス充電(Qi充電)には対応しない

バッテリー駆動時間はイヤホン単体7.5時間、ケース併用で最大30時間。AirPodsシリーズでも最大24時間前後なので公称値であれ30時間を突入したのは評価ポイントだ。

 

 ▶ Amazonで製品をチェック

 

そのほかチェックしておきたい細かいところ

通話マイクは可もなく不可もなく「普通」

通話マイク

スマホなどでも使われるMEMSマイクを搭載していることもあり、通話音声はしっかりと聞き取っている印象だ。

ただ、マイク利用時のノイズカット機能が搭載されておらず、周囲の騒音が大きい場所だと騒音ごと集音している。自宅テレワークなど静かな環境で使うならまだしも、屋外を歩きながら通話したりするシチュエーションだと騒音が入り気味で辛いかもしれない。

 

イヤホンのタッチ操作は問題なし

タッチセンサー

タッチセンサー仕様だが、意外にもタッチ反応処理が安定している。

2度押しがきちんと2度押しとしてカウントされる。ワイヤレスイヤホンのタッチセンサーは出来が悪いものも多く、物理ボタンで代替している製品もあったりするが、RZ-S30Wはタッチセンサーままで問題なく使える。

タッチ操作コマンド

初期状態では以下のとおり。

  左イヤホン 右イヤホン
1回タッチ 再生/停止
2回タッチ 音量を下げる 曲送り
3回タッチ 音量を上げる 曲戻し
2秒長押し 音声アシスタント起動 外音取り込み機能ON/OFF

なお、通話対応の場合、1回タッチで着信受け、着信中に2秒長押しで着信拒否、通話中に2秒長押しで着信終了となる。

オーディオ操作、通話対応ともに専用アプリを使えばすべてのコマンドが変更できる。

 

防水(防滴)はIPX4仕様とそこそこ

AirPods Proと同じくIPX4の防水(防滴)仕様。プールでの利用は推奨されないが、雨降る中で使ったり、ジムやジョギングなど汗かく程度の水分であれば問題ないだろう。

 

専用アプリは意外と使う

iOS、Android双方に専用アプリ「Panasonic Audio Connect」を提供。アプリは使わなくても問題ないが、所々カスタマイズするにはアプリが必要となる。

アプリで可能な主なカスタマイズ内容は以下のとおり。

  • イコライザー設定
  • タッチ操作コマンドの割り当て変更
  • Alexa設定

Android版アプリであればアプリを使った初回のペアリング設定が行える。また、アプリ起動による強制ペアリング復帰にも対応。イヤホンのペアリング先をアプリ起動したデバイスに強制的に移せる。複数デバイスで同一ワイヤレスイヤホンを使いまわしている人だと重宝すること違いない

 

Amazonで製品をチェック

 

この記事のまとめ

ここまでパナソニック「RZ-S30W」をレビューしてきた。

パナソニック「RZ-S30W」の評価ポイント
ワイヤレス接続の安定感
無難に使えるオーディオ品質
最大30時間のバッテリー持ち
9,000円で購入できるコスパのよさ

 
× ダメなところ
ノイズキャンセリング非対応
外音取り込み機能がほぼ機能してない
ワイヤレス充電(Qi充電)非対応
apt-Xコーデック非対応

同時発表された3製品の中の末っ子モデル、スタンダードモデルに位置づけられるが、そのわりに完成度は高い。ワイヤレスイヤホンとしての安定感と実用性を兼ね備えていて、これはこれでワイヤレスイヤホンとして完成している。

ノイズキャンセリングに対応しなかったり、外音取り込み機能がほぼ機能していないといったデメリットはあるが、いずれもプラスアルファの検討材料だ。からなずしもワイヤレスイヤホンに必須の機能というわけではない。

ただただ音楽を聞くためのワイヤレスイヤホンと考えれば、「RZ-S30W」はコスパよく、安定したパフォーマンスの製品としておすすめできる。ワイヤレスイヤホンデビューにも丁度いいだろう。

 

レビュー対象製品

 

関連記事

パナソニック「RZ-S50W」レビュー|AirPods Proとガチンコ勝負できるパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン
パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」をレビュー 2020年4月、往年のオーディオメーカーとして名高いパナソニックから意外にも初とな...
パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー
パナソニック「RZ-S50W」「RZ-S30W」を比較レビュー 2020年4月にお披露目されたパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン。 スタンダ...
ヤマハ「TW-E3B」レビュー|ボーカル映えする本格オーディオ仕様のワイヤレスイヤホン
楽器メーカー「ヤマハ」が手がける完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3B」。エントリーモデルに位置づけられ、市場価格7,000円前後で購入できる。 格...
タイトルとURLをコピーしました