格安SIM

【月1更新】楽天モバイルの最新の通信速度(実測)を一挙公開

2021年6月5日

ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとして開始された「楽天モバイル」。

楽天モバイルはキャリア・サービス(MNO)であり、格安SIM(MVNO)ではない。自社通信基地を使ってサービス提供しており、格安SIMだと辛い昼間の時間帯でも安定した速度で通信できる。

この記事では、これまで当サイトで実測レビューしてきた楽天モバイルの通信速度を月ごとにまとめている。最新の通信速度も月1で更新していくので、楽天モバイルの最新の通信速度を確認したい人は記事を参考にしてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

2021年7月の実測レビュー

測定日2021年7月12日(月)
測定時間朝7時、昼13時、夜19時
測定回線楽天回線(自社回線)
測定端末Galaxy S10(SM-G973C)

【朝7時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測42.1Mbps49.3Mbps27
2回目計測56.1Mbps43.9Mbps27
3回目計測50.0Mbps35.4Mbps25

【昼13時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測49.0Mbps46.5Mbps27
2回目計測47.7Mbps42.6Mbps29
3回目計測43.0Mbps37.0Mbps41

【夜19時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測50.1Mbps55.0Mbps27
2回目計測48.1Mbps53.5Mbps27
3回目計測61.8Mbps50.9Mbps21

コメント

先月からの安定感は健在。

楽天モバイルは5月ころまでは平時20〜40Mbps程度の通信速度だったが、6月に50Mbpsを超える確変発生。今月は先月よりかは落ち着いたものの、それでも実用十分な通信速度を維持している。Netflixやdマガジンも問題すら感じずに使える。

楽天回線はエリア内でも通信速度がアットランダムな博打感はあるが、楽天回線が”きちんと”受信できる地域ないし環境にある人なら上記結果と同様の使い勝手が得られると思う。

 

2021年6月の実測レビュー

測定日2021年6月3日(木)
測定時間朝7時、昼12時、夜19時
測定回線楽天回線(自社回線)
測定端末iPhone 12 mini

【朝7時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測70.4Mbps28.2Mbps38
2回目計測84.2Mbps28.8Mbps38
3回目計測75.0Mbps27.0Mbps39

【昼12時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測84.5Mbps31.3Mbps30
2回目計測80.6Mbps12.2Mbps38
3回目計測65.3Mbps31.8Mbps31

【夜19時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測20.4Mbps17.7Mbps40
2回目計測30.9Mbps16.4Mbps40
3回目計測22.4Mbps21.5Mbps41

コメント

先月までに比べて”劇的”に通信速度、通信環境が向上した

楽天モバイルの通信速度は平時20〜40Mbpsが一般的だったが、今月は昼間の時間帯でも80Mbps超え。自宅回線としても文句ないレベルで利用できた。とはいえ、これが一時的な結果なのか、恒久的な結果なのかの判断は次月以降に持ち越し。

夜間の時間帯は従来の楽天モバイルっぽさが残る普通の通信速度になった。あまりに劇的に楽天モバイルの通信速度が向上してしまったため、皮肉にも夜間の通信速度データが一番信憑性がある。

 

2021年5月の実測レビュー

測定日2021年5月17日(月)
測定時間朝8時、昼12時、夜19時
測定回線楽天回線(自社回線)
測定端末iPhone 12 mini

【朝8時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測27.9Mbps18.0Mbps49
2回目計測41.7Mbps17.8Mbps50
3回目計測34.4Mbps16.4Mbps51

【昼12時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測33.8Mbps15.3Mbps31
2回目計測28.4Mbps14.9Mbps30
3回目計測22.3Mbps14.7Mbps33

【夜19時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測18.6Mbps14.0Mbps37
2回目計測16.4Mbps12.2Mbps42
3回目計測22.3Mbps14.3Mbps37

コメント

祝!自宅エリア(というか屋内)でも楽天回線が使えるように。

au回線(パートナー回線)を掴むことなく、バンド固定することなく楽天回線で通信できた。通信速度、PINGともに実用水準にあり、おおよそ従来どおり20Mbps〜30Mbps前後で通信できた。

劇的に通信速度が速いわけではないが、動画は見れるし、dマガジンもダウンロードできる。費用対効果の観点から言えば文句ない。

 

2021年4月の実測レビュー

データなし(定時的に実測レビューを始めたのは2021年5月以降)。

 

2021年3月の実測レビュー(※部分レビュー)

測定日
2021年3月5日(金)※楽天回線
2021年3月6日(土)※au回線
測定時間
昼13時 ※楽天回線
昼14時 ※au回線
測定端末Galaxy S10

【昼13時台】【楽天回線】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測34.6Mbps55.0Mbps37
2回目計測16.0Mbps51.6Mbps37
3回目計測20.1Mbps43.5Mbps38

【昼14時台】【au回線】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測10.3Mbps6.04Mbps 
2回目計測27.2Mbps18.1Mbps 
3回目計測14.0Mbps16.9Mbps 

 

2021年2月の実測レビュー

測定日2021年2月8日(月)
測定時間朝7時、昼13時、夜19時
測定回線au回線(パートナー回線)
測定端末iPhone 12 mini

【朝7時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測38.8Mbps16.5Mbps27
2回目計測39.2Mbps16.2Mbps28
3回目計測42.8Mbps18.3Mbps28

【昼13時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測27.6Mbps17.4Mbps23
2回目計測29.7Mbps17.9Mbps24
3回目計測30.6Mbps17.7Mbps24

【夜19時台】の実測

 ダウンロード速度アップロード速度PING
1回目計測14.2Mbps4.79Mbps29
2回目計測14.4Mbps7.25Mbps29
3回目計測16.8Mbps5.65Mbps28

コメント

パートナー回線(au回線)の実測レビュー記事を作成するために測定。

パートナー回線ことau回線はローミング接続で提供されるため、格安SIM(MVNO)よりも通信速度は安定している。夜間の時間帯を除けば平均して30Mbps前後が出ており、昼間の時間帯でも問題なく通信できた。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

 

関連記事

UQmobileと楽天モバイル、どっちが速い?通信速度を実測で比較する

【2021年4月リニュアル】楽天モバイルの新料金プランを徹底解説|大手キャリア3社との比較も

楽天モバイルで購入すべきおすすめスマホ端末はこの3機種!(2021年)

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-格安SIM
-