楽天モバイルはエリア外でも使える?パートナー回線(au回線)の使い勝手をレビュー

スポンサーリンク
広告

ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリアとして開始された「楽天モバイル」。

当面の間、KDDIとの協業サービスとして展開される。楽天回線が使えない地域ではパートナー回線ことau回線で通信代替できるので、楽天回線が使えない地域に住んでいる人でもau回線さえ使えれば楽天モバイルが利用できる

この記事では、いざau回線だけで楽天モバイルがどこまで使えるのかを解説&実測レビューしていく。楽天モバイルの契約を検討している地方住みの方など記事を参考にしてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

楽天モバイルのパートナー回線(au回線)について抑えておきたい基本まとめ

楽天モバイルは楽天回線とau回線のダブルキャリア・サービス

2021年現在、楽天モバイルはKDDIとの協業サービスで展開され、楽天回線が繋がらない地域ではパートナー回線ことau回線で通信代替される。楽天回線の繋がらない、もっぱら地方に住んでいる人でもau回線で楽天モバイルが利用できる

  • 楽天回線→楽天モバイルの自社通信基地と直接通信
  • au回線(パートナー回線)→KDDIの通信基地とローミング通信

なお、楽天回線でカバーできている地域でも楽天回線の接続が不安定な状況だとau回線に切り替えて通信代替している。

現在接続している回線が楽天回線かau回線かは専用アプリ各種ツールで確認できる。

 

au回線は月5GBまで、以降は1Mbps制限

楽天回線が繋がらない地域ではau回線で通信代替できるが、au回線で通信できるのは月5GBまで。以降は最大1Mbpsでの制限通信になる。

楽天モバイルの代名詞たる月無制限のデータ通信は楽天回線エリアに限られるので、楽天回線が使えない地方住みの人だとデータ無制限の恩恵はない。

au回線単体での楽天モバイル運用を考えている人は、基本的には月5GBまでのサービスとして割り切るべきだろう。

 

au回線分もデータ利用量としてカウントされ、月々の料金に影響する

楽天モバイルは月々のデータ利用量に応じて料金が変わる従量制プランを採用している。au回線でのデータ通信分もデータ利用量としてそのまま従量カウントされる

▼ 楽天モバイルの料金プラン概略

月々のデータ利用量 月額料金(税込)
1GB以内 0円
3GB以内 1,078円
20GB以内 2,178円
20GB〜(上限なし) 3,278円

au回線の上限である月5GBまで使ってしまうと料金が月額2,178円と中途半端に割高になる。本来なら月20GBまで使えるのに月5GBしか使えず、残り15GB分は最大1Mbpsでの制限通信となってしまう。

そのため、au回線単体で運用する予定の人であれば、理想は月3GB以内に抑えた方が料金的に魅力ある。月3GB以内なら月額1,078円で利用できる。

 

【重要】au回線はバンド18(26)のみ提供

本来ならau回線はバンド1、11、18(26)の3つの周波数帯が利用できる。ただ、楽天モバイルでパートナー回線として利用できるau回線はバンド18(26)だけであり、バンド1、11では通信できない。

SIMフリーとして販売されるスマホまだしも、キャリアスマホだと実質auスマホでしかバンド18(26)に対応していないので注意が必要だ。ドコモスマホ、ソフトバンクスマホだとiPhoneなど一部のスマホを除けばバンド18が削除されている。

 

都市部などではau回線の提供が終了(部分終了)している地域もあり

2021年6月時点において、東京23区や大阪市ではすでにパートナー回線ことau回線の提供が終了。楽天回線オンリーで通信する地域になっている。

楽天モバイルは2026年までの間はKDDIとの協業サービスになるが、楽天回線が普及した地域からau回線の提供を早期終了するとしている。

現在のau回線の提供エリアは以下KDDIのサイトから確認できる。

 

楽天モバイルのパートナー回線(au回線)の通信品質・通信速度をレビュー

楽天モバイルのパートナー回線ことau回線はローミング形式で提供される。格安SIM(MVNO)と違ってauの通信基地と直で通信できるので、昼間の時間帯でも格安SIMのような通信延滞はない。

以下、格安SIMだと辛い【朝7時台】【昼13時台】【夜19時台】に3回づつ速度計測したが、いずれの時間帯でも安定した速度で通信できた。

▼ 朝7時台(平日)

  下り 上り PING
1回目 38.8Mbps 16.5Mbps 27
2回目 39.2Mbps 16.2Mbps 28
3回目 42.8Mbps 18.3Mbps 28

▼ 昼13時台(平日)

  下り 上り PING
1回目 27.6Mbps 17.4Mbps 23
2回目 29.7Mbps 17.9Mbps 24
3回目 30.6Mbps 17.7Mbps 24

▼ 夜19時台(平日)

  下り 上り PING
1回目 14.2Mbps 4.79Mbps 29
2回目 14.4Mbps 7.25Mbps 29
3回目 16.8Mbps 5.65Mbps 28

すべてパートナー回線ことau回線下で計測したが、なんら支障ない。

一見すると格安SIMと変わらぬ通信速度に見えるが、サーバーからの応答速度であるPING値が20ms台と高速だ。格安SIMだと調子のいい時間帯でも40〜50ms台が一般的なので、やはりローミング接続と格安SIMとでは通信品質に雲泥の差があるよう思える。

昼間の時間帯でも20Mbps台をキープしているのでSNSやニュースアプリだけでなく動画まで見れてしまう。格安SIMならではの昼間の時間帯の通信延滞に苦しんできた人にもおすすめできる。

 

パートナー回線(au回線)下でも無料通話アプリ「Rakuten Link」は使える

楽天モバイルは契約者専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話料が完全無料になる。

同アプリはau回線下でも問題なく利用できる。au回線しか使えない地方住みの楽天モバイルユーザーであっても通話料無料が適用できるので安心してほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

 

この記事のまとめ

楽天モバイルのパートナー回線(au回線)の使い勝手についてひととおりまとめてきた。

au回線が使える地域に住んでいて、バンド18(26)のau回線が受信できるスマホを使っている人であれば何ら問題ないと思う。通話料が無料になる専用アプリ「Rakuten Link」も利用できるので、au回線単体でも十分に楽天モバイルが運用できる。

ただ、au回線は月5GBまでしか高速通信できない。2021年4月の新料金プラン導入に伴い、月5GB利用すると月額2,178円と中途半端に割高な料金になってしまうので少しばかり注意して使う必要がある。

楽天モバイルは最低利用期間と違約金が設定されていないので、お試し程度に挑戦するには丁度いい。格安SIMなど使っていて、少しばかり勝手を理解している人であれば試してみてはどうだろうか。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

 

関連記事

UQmobileと楽天モバイル、どっちが速い?通信速度を実測で比較する
巷で人気高い「UQmobile」と「楽天モバイル」を実測比較。 いずれも格安SIM(MVNO)ではなくキャリア・サービス(MNO)となるため、一般...
「楽天モバイル」実際どう?現役ユーザーが口コミや評判を検証する(2021年)
国内第4の通信キャリアとして2020年に本サービスを開始した「楽天モバイル」。まだまだ新参キャリアとあり、ネット上を見渡すと嘘か本当かわからぬ口コミが出...
【2021年4月リニュアル】楽天モバイルの新料金プランを徹底解説|大手キャリア3社との比較も
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとしてサービス開始された「楽天モバイル」。 2021年4月より新料金プラン「Rakuten...
楽天モバイルで購入すべきおすすめスマホ端末はこの3機種!(2021年)
ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリアとして本サービスが開始された「楽天モバイル」。 自社回線に特化した自社スマホ、キャリアスマホも...
楽天モバイルでiPhoneは使える?使えない?実機で解説
【記事更新】(2021年5月15日付) 楽天モバイルのiPhone公式対応に伴い記事の内容を大幅にリニュアルしました ドコモ、au、ソフトバンクに続...
auから楽天モバイルに乗り換えるメリット・デメリット・注意点まとめ
月額0円から使える新料金プランで注目を集める「楽天モバイル」。 楽天モバイルは2026年までの間、KDDIとの協業サービスとして展開される。パート...
タイトルとURLをコピーしました