ワイヤレスイヤホン

「あの花」10周年コラボのワイヤレスイヤホンがONKYOから登場【予約受付中】

ONKYOことオンキヨー株式会社は24日、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とコラボしたワイヤレスイヤホンの予約販売の受付を開始した

同製品は有線イヤホン「E700M」をネックバンド式ワイヤレスイヤホンとしてリニュアルしたもの。「あの花」仕様の特別デザインを施すほか、キャラクターデザインを担当する田中将賀氏が描き下ろした「あの花」10周年仕様の製品パッケージを封入する。

「あの花」10周年仕様の特別パッケージ

価格は15,000円(税込、送料込)。製品の1年保証あり。受注生産限定で2021年8月24日〜10月29日までの間、公式通販サイトから予約販売を受け付ける。発送は2022年1月頃を予定している。

 

主な製品スペック

Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC
防水性能?(記載なし)
連続再生時間17時間
充電方法microUSB(有線)
通話マイクあり(ノイズカットなし)
ノイズキャンセリング(ANC)なし
型番E720BT

2015年に発売した有線イヤホン「E700M」をネックバンド式ワイヤレスイヤホンとしてリニュアル。

有線イヤホン時代同様に13.5mmの大型ドライバーを搭載。見るからの低音重視イヤホンだ。

ONKYOいわく、

E700M同様の設計思想に よるピュアサウンドを追求し、より繊細な音を再現するネックバンド式のワイヤレスイヤホンです。ひとつひとつ選び抜かれ た13.5mm強磁力希土類マグネット搭載ドライバーにより、音の開放感に優れ豊かな低域とバランス感を両立。本 体の共振を防ぐため、軽量なアルミハウジングを採用。イヤーチップは、ソフトシリコンチップとフィット感と遮音性に優れた ComplyTM製チップを同梱しています。

...としている。

他方、ワイヤレス転送規格が最下位のSBCにしか対応しておらず、音質や遅延性能に不安が残る。半ば業界標準となったAACコーデックは使えない。

価格1.5万円と有線イヤホン時代の価格(13,800円)を参考にしてはいるが、SBCオンリーのワイヤレスイヤホンとして考えると割高。ONKYO製品ながらも、わりとファングッズの趣向が強そうだ。

すでに公式通販サイトから予約できる。あの花ファンはチェックしてみてほしい。

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-ワイヤレスイヤホン