ワイヤレスイヤホン

「あの花」10周年コラボのワイヤレスイヤホンがONKYOから登場【予約受付中】

ONKYOことオンキヨー株式会社は24日、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とコラボしたワイヤレスイヤホンの予約販売の受付を開始した

同製品は有線イヤホン「E700M」をネックバンド式ワイヤレスイヤホンとしてリニュアルしたもの。「あの花」仕様の特別デザインを施すほか、キャラクターデザインを担当する田中将賀氏が描き下ろした「あの花」10周年仕様の製品パッケージを封入する。

「あの花」10周年仕様の特別パッケージ

価格は15,000円(税込、送料込)。製品の1年保証あり。受注生産限定で2021年8月24日〜10月29日までの間、公式通販サイトから予約販売を受け付ける。発送は2022年1月頃を予定している。

 

主な製品スペック

Bluetoothバージョン5.0
Bluetooth対応コーデックSBC
防水性能?(記載なし)
連続再生時間17時間
充電方法microUSB(有線)
通話マイクあり(ノイズカットなし)
ノイズキャンセリング(ANC)なし
型番E720BT

2015年に発売した有線イヤホン「E700M」をネックバンド式ワイヤレスイヤホンとしてリニュアル。

有線イヤホン時代同様に13.5mmの大型ドライバーを搭載。見るからの低音重視イヤホンだ。

ONKYOいわく、

E700M同様の設計思想に よるピュアサウンドを追求し、より繊細な音を再現するネックバンド式のワイヤレスイヤホンです。ひとつひとつ選び抜かれ た13.5mm強磁力希土類マグネット搭載ドライバーにより、音の開放感に優れ豊かな低域とバランス感を両立。本 体の共振を防ぐため、軽量なアルミハウジングを採用。イヤーチップは、ソフトシリコンチップとフィット感と遮音性に優れた ComplyTM製チップを同梱しています。

...としている。

他方、ワイヤレス転送規格が最下位のSBCにしか対応しておらず、音質や遅延性能に不安が残る。半ば業界標準となったAACコーデックは使えない。

価格1.5万円と有線イヤホン時代の価格(13,800円)を参考にしてはいるが、SBCオンリーのワイヤレスイヤホンとして考えると割高。ONKYO製品ながらも、わりとファングッズの趣向が強そうだ。

すでに公式通販サイトから予約できる。あの花ファンはチェックしてみてほしい。

この記事をシェアする

-ワイヤレスイヤホン