充電不要のアクティブトラッカー「MOTHER Bracelet」がMakuakeで予約開始

スポンサーリンク
広告

株式会社メディロムは7月7日、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて充電不要のアクティブトラッカー「MOTHER Bracelet」の予約受け付けを開始した。基本価格は30,800円(税込)。予約締め切りは8月30日まで。発送は12月ころを予定している。

同アクティブトラッカーは昨年のCESで発表。外気と体温の温度差でバッテリーが自動充電できる「体温充電」機能を搭載。USBケーブルなど使った能動的な充電を行う必要なく、充電不要のアクティブトラッカーとして注目を集めた。

あくまでCES発表当時はサンプル品だったが、今回ようやく市販品として一般公開。クラウドファンディングサイト「Makuake」にて予約受け付けを開始した。

アクティブトラッカーとして「歩数・心拍・活動量、体表温、睡眠量」の5つのデータを24時間365日自動で計測できる。データは別途用意するスマホアプリから確認できる。

ディスプレイ表示や通知機能には対応しない。あくまでアクティブトラッカー、データ計測するための1点特化デバイスとなる。時刻表示くらいあってもよかった気がするが、デジタルウェルビーイング(デジタル中毒対策)の観点から言えば理にかなった判断と言えるかもしれない。

5気圧防水であり、入浴時も装着したままで問題ないとしている。ただ、5気圧防水はあくまで常温&真水での利用を想定しているのでお湯や石鹸につけても大丈夫なのだろうかと思うところはある。

製品の開発には三栄電子とキヤノン電子が参加。要となる体温充電は米シリコンバレーに拠点を置くMatrix社が開発した。

Matrix社はすでに体温充電を活用したスマートウォッチ「MATRIX POWER WATCH」シリーズを一般販売しているが、正直そこまでヒットしなかった。体温充電の技術を外部提供したのもそこらの事情があるのだろう。

MATRIX PowerWatch 2

 

▼ MATRIX POWER WATCHはヨドバシカメラなどでごくごくわずかに在庫あり。

なお、今回の「MOTHER Bracelet」を開発を主導した株式会社メディロムは、リラクゼーションサロン「Re.Ra.Ku」を展開するヘルスケア企業。デジタル・ヘルスケア分野にも注力しており、健康管理アプリ「Lav」も手がける。「MOTHER Bracelet」開発もその一環だ。

「MOTHER Bracelet」はクラウドファンディングサイト「Makuake」にて予約可能。基本価格は30,800円(税込)。予約締め切りは8月31日。気になっている人は確認あれ。

24時間365日体調を自動で管理するブレスレット | MOTHER Bracelet《マザー ブレスレット》
タイトルとURLをコピーしました