格安SIM

【2021年秋】IIJmio「秋の乗り換えキャンペーン」で安く買えるスマホまとめ(10月末まで)

2021年9月5日

格安SIM「IIJmio」を提供するIIJが、9月1日より「秋の乗り換えキャンペーン」を開始。

MNP乗り換えで最安110円(一括価格)からスマホを販売する

キャンペーンは10月31日まで展開。以下キャンペーンで安く買えるスマホをまとめたので「なにかスマホほしいな」と考えている人はチェックしてみてほしい。

IIJmio「秋の乗り換えキャンペーン」で安く買えるスマホまとめ

めぼしいスマホはここらへん。

機種名キャンペーン価格元々の価格割引率
iPhone SE(第2世代、64GB)29,980円39,800円25%
Xperia 10 Ⅲ Lite29,980円46,800円36%
Mi 11 Lite 5G19,980円38,000円47%
Redmi Note 10 Pro9,980円25,800円61%
OPPO Reno5 A17,800円35,800円50%
OPPO A73110円18,425円99%

※すべて税込、一括価格で掲載(分割可)

 

iPhone SE(第2世代、64GB)

キャンペーン価格29,980円
元々の価格39,800円
割引率25%
中古相場(イオシス参考)3万円前後

昨年4月の販売以来ロングセラーを記録しているコンパクトiPhone。

キャンペーンを適用することで新品の64GBモデルを29,980円で購入できる。イオシスの中古価格でも3万円前後なので新品で29,980円は非常にお得。

iPhone SE(第2世代)は、iPhone 8サイズの小型ボディとiPhone 11(2019)相当のスペックを併せ持つ最強サラブレッド。現行iPhoneでは唯一となるTouch ID(指紋認証)搭載モデルであり、マスクしながらの利用もらくらく。

Apple Payやワイヤレス充電(Qi充電)、eSIMなど現行iPhoneに通づる主要機能はすべて揃っているのでスマホ初心者から上級者まで幅広くおすすめだ。

IIJmio公式サイトで端末をチェック

 

Xperia 10 Ⅲ Lite

キャンペーン価格29,980円
元々の価格46,800円
割引率36%
中古相場(イオシス参考)データなし

8月に発売開始したばかりのソニーの新作モデル「Xperia 10 Ⅲ Lite」が早くも値下げ。通常価格から36%引きとなる29,980円で購入できる。

Xperia 10 Ⅲ Liteはソニー初のeSIM対応スマホ

かつ日本国内に投入されたXperiaスマホで初となるDSDS(DSDV)モデル。nanoSIMとeSIMの2枚挿しが可能。楽天モバイルのeSIMなどを使ったスマホ通信料金の節約に活用したいところ。

スペックはメモリ6GBのミッドレンジだが、5G通信やおサイフケータイにも対応しており、メインスマホとして使うにも遜色ない仕上がりだ。

IIJmio公式サイトで端末をチェック

 

Mi 11 Lite 5G

キャンペーン価格19,980円
元々の価格38,000円
割引率47%
中古相場(イオシス参考)3.5万円前後

今年7月に発売され、「最強コスパの5Gスマホ」として売り切れ続いた人気スマホ「Mi 11 Lite 5G」。

発売開始当初のセール価格(2万円前後)を踏襲した19,980円で販売。中古相場も3万円台とあり、重々に狙い目の1品。

スペック的にはメモリ6GBのミッドレンジ。5G通信ほか、リフレッシュレート最大240Hzの6.55インチディスプレイを搭載している。また、同梱の専用充電器を使えば最大33Wの”超”急速充電が可能。

おサイフケータイ(felica)にも対応しているのでメインスマホとしての利用も問題ない。

IIJmio公式サイトで端末をチェック

 

Redmi Note 10 Pro

キャンペーン価格9,980円
元々の価格25,800円
割引率61%
中古相場(イオシス参考)2.5万円前後

シャオミのサブブランド「Redmi」。

今年5月に発売開始した「Redmi Note 10 Pro」は、端末価格を抑えつつ、6.67インチの大型ディスプレイと最大120Hzのリフレッシュレートを兼ね備えたディスプレイ特化モデルに。

メインカメラには1億800万画素レンズを搭載。シャオミ独自の33W急速充電にも対応するなどシャオミならではのコスパ仕様を詰め込んだ。

5Gやおサイフケータイには対応していないが、とかくコスパ重視で使える大型スマホを探している人には丁度いい。

IIJmio公式サイトで端末をチェック

 

OPPO Reno5 A

キャンペーン価格17,800円
元々の価格35,800円
割引率50%
中古相場(イオシス参考)2.8万円前後

「Mi 11 Lite 5G」と並ぶ今年の高コスパ5Gスマホの代表格「OPPO Reno5 A」。

今年6月の発売開始から早くも半額プライスに。新品ながら中古相場よりも圧倒的に安いので、もとより狙っていた人なら重々におすすめ。

OPPO Reno5 Aは、5G通信はもちろんのこと、最大180Hzリフレッシュレート対応の6.5インチディスプレイ、6400万画素のメインカメラなどハイエンドモデルに比べても遜色ないスペック並ぶ。

おサイフケータイやDSDV(nanoSIM2枚)にも対応。ガチ勢でも満足できるスマホとなった。メインスマホとしての運用もよさげ。

IIJmio公式サイトで端末をチェック

 

OPPO A73

キャンペーン価格110円
元々の価格18,425円
割引率99%
中古相場(イオシス参考)1.5万円前後

昨年11月から発売開始となったOPPOのeSIM対応スマホ。今回のキャンペーンで最安となる110円で購入可能

スペック的にはメモリ4GBのエントリーモデル。画面6.44インチの有機ELディスプレイを搭載。端末背面にはフェイクレザーが施される。

一番の製品特徴はやはりeSIM対応だろう。eSIMとnanoSIMの2枚運用ができるので、楽天モバイルなどと一緒に活用すればスマホ料金が節約できる。

今回のキャンペーンで110円で端末調達すれば端末代金も節約できるので一石二鳥だ。

IIJmio公式サイトで端末をチェック

 

【補足】契約に際しての必要となる経費まとめ

MNPキャンペーンを適用するためには当然ながらIIJmioへのMNPが必要。

IIJmioを長期利用する気がなく、とりあえず端末だけいただきたい場合に必要となる諸経費は以下のとおり。

  • 初期費用:1円
  • 契約初月の料金:最大858円(日割り)
  • 2ヶ月目の料金:858円
  • 解約月の料金:858円(満額請求)
  • 違約金:0円
  • MNP転出料:0円

合計:最大2,575円

「秋の乗り換えキャンペーン」期間中は初期費用3,300円が1円に割引。

IIJmioが提供する「ギガプラン」の音声通話プランは最安月額858円で利用可能。

「ギガプラン」は契約翌月末が最低利用期間。最短3ヶ月目で解約できる。この場合、契約初月は日割り、2ヶ月目が満額、解約月も満額請求となる。

IIJmioは音声通話プランの違約金こと「音声通話機能解除調停金」の設定なし。

IIJmioは他社へのMNP転出料金は無料。

IIJmio公式サイトをチェック

 

この記事のまとめ

IIJmio「秋の乗り換えキャンペーン」で安く買えるスマホをまとめてきた。

いずれも中古価格と同等レベルの価格で新品が購入できる。非常に安い。いや本当に。

もとよりIIJmioへの乗り換えを検討している人はもちろん、狙いのスマホがある人ならこの機会にチェックしてみてほしい。

IIJmio公式サイトをチェック

 

関連記事

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-格安SIM
-