タブレット

【歓喜】レノボが13インチのAndroidタブレットを日本国内で発売開始(Lenovo Yoga Tab 13)

レノボ・ジャパンは8月6日、13インチのAndroidタブレット「Lenovo Yoga Tab 13」の国内発売を開始した。市場価格は9万円前後。

一応書いておくと、この記事は2021年8月6日時点の記事である。

13インチのAndroidタブレットどころかAndroidタブレット自体が死滅して早数年。何年前の記事が検索で引っかかったのかと心配している人もいるかもしれないが安心してほしい。これは2021年の記事である。

Lenovo Yoga Tab 13 製品概要

Lenovo Yoga Tab 13 は、Android 11を搭載。メモリ8GB、CPUはクアルコムのハイエンドSoc「Snapdragon 870」とまずまずのハイエンド仕様。

本体容量128GB。microSDカードによる増量不可。

画面サイズは13.0インチ(2160x1350)。ディスプレイはIPS。

micro HDMIポートを搭載しており、PCやゲーム機のモバイルモニター(外付けモニター)としても利用できる。

昔なつかし「Yoga Tablet」シリーズでおなじみのキックスタンドを搭載。タブレット単体で自立できる。また、フックを使った壁掛けも可能。

本体寸法は縦20cm、横29cm、厚み0.6cm(キックスタンド部分は2.5cm)ほど。本体重量は830g。

充電ポートはUSB Type-C。バッテリー駆動時間は公称12時間としている。バッテリー容量値が10000mAhとあり、おおよそiPadシリーズと同等のバッテリー性能だ。

生体認証は顔認証のみ対応。指紋認証センサーは搭載せず。

価格はWiFiモデルが9万円前後。セルラー版は用意せず。

2021年8月6日よりレノボ直販サイトや家電量販店での販売を開始。Amazonでは販売しておらず。

レノボ直販サイトで確認する

 

自宅で使える13インチのAndroidタブレットがほしい人には丁度いい(というか、これしかない)

ファーウェイ壊滅により日本国内からAndroidタブレットが消え去り早数年。ようやくのAndroidタブレット登場とあり、もうこれだけでテンションが上がっている人いそう。

これにくわえて、13インチの大型ディスプレイメモリ8GBのハイエンド仕様そこそこ大手の製品

今日の日本でAndroidタブレットを熱望している人のニーズにドンピシャリすぎて憎たらしいほどクリーンヒットしてそうだ。

願わくばセルラー版を用意してほしかったが、もとより13インチだし、自宅利用が主と考えればギリ許容範囲かと思う。

dマガジンやkindleを読んだり、スマホ向けのリッチゲームをプレイしたり、Netflixを視聴したりと使いまわせる。

レノボ直販サイトで確認する

 

11インチのローエンド版(Android)も同時発売

Lenovo Yoga Tab 11

Lenovo Yoga Tab 11

「Lenovo Yoga Tab 13」と同時に発表された「Lenovo Yoga Tab 11」。

こちらは「Lenovo Yoga Tab 13」の実質的なローエンド版。主に以下のような箇所が変更される。

  • 画面サイズが11インチ(2000×1200)
  • Socが「MediaTek Helio G90T」
  • MicroHDMI非搭載(モバイルモニター利用不可)

そのほか「Lenovo Yoga Tab 13」とほぼほぼ変わりない。

メモリ4GBモデル(本体重量128GB)、8GBモデル(本体重量256GB)の2種類を用意。「Lenovo Yoga Tab 13」と違ってmicroSDカードに対応している

メモリ4GBモデル(本体重量128GB)が市場価格4.3万円前後、8GBモデル(本体重量256GB)が5万円前後とコスパよい。どちらもWiFi版。セルラー版の提供なし。

キックスタンド&フックも搭載

もとよりそこまでハードな作業せず、dマガジンやkindle、Netflixのビューアーデバイスとして使う程度であれば11インチ版でもいいかもしれない。

レノボ直販サイトで確認する

2021/9/23

【どれが安い?】月額1000円以下で使える格安の音声通話SIMを比較

総務省の恫喝から始まった携帯電話業界の格安競争2021。 今や格安SIMのような月額1000円以下の大手キャリアプランが相次ぎ登場している。 これに負けじと格安SIM各社も相次ぎ値下げ。安すぎて心配になる新たな格安競争の局面を迎えた。 この記事では、こうした月額1,000円以下で使える音声通話SIMをまとめている。 安すぎてカンボジアのプリペイドSIMサービスかと勘違いしそうだが、間違いなく日本の通信サービスだ。スマホ料金を安くしたい人、安く電話番号をキープしたい人など記事を参考にしてほしい。 目次月額1 ...

続きを見る

2021/9/22

iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェット15選(2021年)

国民的アイドルならぬ国民的スマホとして日本でポジション確立したiPhone。 巷で販売されるガジェットもこぞってiPhone対応をアピール。日夜数多くのiPhone対応ガジェットが登場しては消え去っていく。 かくいう当ブログもこれまで数多くのiPhone向けのモバイル・ガジェットをレビューしてきた。 この記事では、これまでレビューしてきたiPhone向けのモバイル・ガジェットの中から本当におすすめできる、ハズレなしの製品だけを紹介していきたい。 目次iPhoneで使いたい!おすすめモバイル・ガジェットを厳 ...

続きを見る

2021/9/21

【新製品】パナソニックが「Technics」完全ワイヤレスイヤホンの新モデル発表、価格1.6万円〜

パナソニックは高級オーディオブランド「Technics」名義の完全ワイヤレスイヤホンの新モデルを発表。 型番「EAH-AZ60」と「EAH-AZ40」の2機種をいずれも2021年10月15日より発売開始する。 型番「EAH-AZ60」(上位モデル) 「EAH-AZ60」は、昨年4月に発売開始された初代Technics完全ワイヤレスイヤホン「EAT-AZ70W」の実質的な後継モデル。市場価格は3万円前後。 ノイズキャンセリング(ANC)に対応するほか、Bluetoothオーディオコーデック「LDAC」に初対 ...

続きを見る

2021/9/24

ag COTSUBU レビュー|軽くて小さい高音質ワイヤレスイヤホンの大本命

2007年創業の国産オーディオメーカー「final」(事業開始は1974年)。 もともと音響機器のOEM会社(製造委託会社)だったが、現在は自社オリジナルのブランド製品も手がけている。 特に社名&有線イヤホンブランドの「final」は、オーディオオタク御用達のイヤホンブランドとして確立。フィギュアスケートの羽生結弦が愛用していることでも知られる。 そんな「final」が、2019年にワイヤレス専用ブランドとなる「ag」(エージー)を立ち上げ。 今回レビューする「ag COTSUBUこつぶ」は、2021年7 ...

続きを見る

jvc a10t

2021/9/24

JVC HA-A10T レビュー|アンダー5000円で買える国産大手JVCケンウッドのコスパモデル

以前はガラクタが多かったアンダー5000円のワイヤレスイヤホンだが、Bluetooth 5.0の普及ですっかり様変わり。昨今では大手オーディオメーカーの製品も数多く登場している。 今回レビューする「JVC HA-A10T」もそうしたアンダー5000円モデル。国産大手オーディオメーカー「JVCケンウッド」が正味4,500円で販売している紛うことなき格安ワイヤレスイヤホンだ。 アンダー5000円のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラス、いやトップと言っても過言ではない高音質オーディオが楽しめる。安物でありがち ...

続きを見る

-タブレット