ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホン大特集|人気モデル&最新モデルを一挙ラインナップ

スポンサーリンク
広告

昨今のワイヤレスイヤホン・トレンドたるノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)。Apple「AirPods Pro」とソニー「WF-1000X M3」がトレンドの牽引役となり、数多くのノイズキャンセリング対応モデルが登場している。

そこで以下ではノイズキャンセリング対応ワイヤレスイヤホンの中から人気モデル、および主要メーカー品の最新モデルを紹介していく。いかんせんAirPods Pro一強と言われがちの業界だが、ほかにも優秀な製品は数多くあるので、ワイヤレスイヤホン検討の際の参考にしてほしい。

ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホン、人気モデルは以下4機種

今日のノイズキャンセリング対応ワイヤレスイヤホンの中で特に人気なのが、Apple「AirPods Pro」ソニー「WF-1000X M3」パナソニック「RZ-S50W」サムスン「Galaxy Buds Live」の4機種だ。

▼ Apple「AirPods Pro」
【発売】2019年10月 【価格】3万円前後 【Amazonで確認する】
AirPodsの上位版モデル。AirPodsシリーズならではの接続安定性、ストレスフリーな使い勝手に加えて業界屈指のノイズキャンセリング性能を備える。
▼ ソニー「WF-1000X M3」
【発売】2019年7月 【価格】2.4万円前後 【Amazonで確認する】
ソニーのフラッグシップ。ノイズキャンセリング対応&高音質オーディオを売りに、ここ1年ではAirPods Proに並ぶヒット商品に。オーディオをハイレゾ相当音源に補正して再生する「DSEE HX」機能にも対応。
▼ パナソニック「RZ-S50W」
【発売】2020年4月 【価格】2.2万円前後 【Amazonで確認する】
パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン。AirPods Proに並ぶノイズキャンセリング性能、およびワイヤレスイヤホンとしてのストレスフリーな使い勝手を実現した実力作。
▼ サムスン「Galaxy Buds Live」(SM-R180)
【発売】2020年9月 【価格】2万円前後 【Amazonで確認する】
サムスン純正ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」上位版モデル。ノイズキャンセリングに初対応した。イヤホンデザインは豆型採用、軽くて違和感ないつけ心地が好評。

 

人気モデル4機種をクイックレビュー

AirPods Pro

スペック早見表

  評価 コメント
ノイズキャンセリング性能 S 業界トップクラスのノイキャン性能
外音取り込み機能 S ホワイトノイズもなく実用できる
オーディオ性能(音質) B いたって普通、力強さはない
接続安定性 S 従来シリーズから変わらぬ安定感
ペアリング勝手 S OS跨いでも問題なし
バッテリー持ち A ケース併用24時間と業界一般的
充電環境 A ライトニング充電、ワイヤレス充電に対応
マイク性能 S 屋内でも屋外でも問題なく使える
タッチ操作性 S 感圧ボタンなので操作しやすい
防水 B IPX4と無難なレベル

※スペック評価はSが最高、Cが最低

クイックレビュー

業界屈指の安定感とノイズキャンセリング性能を誇るAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」。耳に付けた瞬間に広がる静寂は、まさしくノイズキャンセリングだと万人が理解できる。また、AirPodsシリーズならではの安定感はAirPods Proでも健在。ワイヤレス接続ならではの接続切れ、音切れなど遭遇しにくい。ここらの安定感を求めている人であればAirPods Pro一択だ。

一方でオーディオ性能に難。直販3万円とは思えない普通の出来なので、コスパの観点から言うと購入を躊躇しそうだ。あくまでオーディオ型ガジェットとしての総合力で評価すべきだろう。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

AirPods Pro実機レビュー|Apple初のノイズキャンセリングイヤホンの実力やいかに
ガジェオタから一般層まで幅広い人気を誇るAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods」。その上位版モデルとなる「AirPods Pro」が発売となり、...

 

ソニー「WF-1000X M3」

スペック早見表

  評価 コメント
ノイズキャンセリング性能 S 上の上クオリティだが、風切り音あり
外音取り込み機能 A 多少ホワイトノイズあるも実用は可能
オーディオ性能(音質) S ワイヤレスイヤホンとは思えぬ高音質
接続安定性 B 前作よりも改善されたが不安残る部分も
ペアリング勝手 A 目立った問題はないが、たまに失敗することも
バッテリー持ち S ケース併用32時間とスタミナモデルに
充電環境 A USB Type-C充電に対応、ワイヤレス充電は非対応
マイク性能 C 騒音のある場所だとほぼ使えない
タッチ操作性 B タッチ処理に不安あり
防水 防水非対応

※スペック評価はSが最高、Cが最低

クイックレビュー

ノイズキャンセリング性能&オーディオ性能に圧倒的強み。完全ワイヤレスイヤホンながら音源をハイレゾ相当補正して再生する「DSEE HX」技術にも対応しているので、とかくクリアで力強くて高級感あるオーディオ・サウンドが楽しめる。

一方でワイヤレス接続の安定感に不安あり。従来モデルよりは改善されたが、それでも酷い場合はオーディオ性能を落として接続安定性を優先させる「接続優先モード」でカバーせざるを得ない。また、マイクやタッチセンサー、ノイズキャンセリング利用時の風切り音など諸所使い勝手がよくない部分があるのもマイナス点として挙げられる。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000X M3」レビュー|接続性が改善された最強クラスのノイズキャンセリングイヤホン
2019年に発売されたソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000X M3」。AirPods Proと並び高い人気、知名度を誇り、2020年なおワイヤレス...

 

パナソニック「RZ-S50W」

スペック早見表

  評価 コメント
ノイズキャンセリング性能 S ほぼAirPods Pro同等レベルのノイズカット
外音取り込み機能 A 多少ホワイトノイズあるも実用は可能
オーディオ性能(音質) S クリアで力強いサウンド、音の解像度が高い
接続安定性 A 目立ったトラブルなし
ペアリング勝手 S iPhoneでもAndroidでもストレスフリー
バッテリー持ち A ケース併用19時間とまずます
充電環境 A USB Type-C充電に対応、ワイヤレス充電は非対応
マイク性能 S MEMSマイク&ノイズカット機能搭載で安定
タッチ操作性 A タッチセンサー式にしては安定したクオリティ
防水 B IPX4仕様

※スペック評価はSが最高、Cが最低

クイックレビュー

AirPods Proに直球勝負を挑める数少ないワイヤレスイヤホン。ノイズキャンセリング&オーディオのクオリティの高さはもちろん、AirPods Proに通ずるストレスフリーな使い勝手が魅力。オーディオ性能含めた総合力ではAirPods Pro以上と言っても過言ではない完成度だ。

弱点としてはイヤホンのフィット感が挙げられる。イヤホン筐体が少し大きく、いびつな膨らんだ形状なので、耳が小さい人だとイヤホンを耳奥まで押し込めず、フィット感、ホールド感に影響しそうだ。この1点さえ乗り越えられれば大方満足いくだろう。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

パナソニック「RZ-S50W」レビュー|AirPods Proとガチンコ勝負できるパナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン
パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」をレビュー。 コロナ最中の2020年4月に発売開始した同イヤホン。昨今のワイヤレスイヤホン...

 

Galaxy Buds Live

スペック早見表

  評価 コメント
ノイズキャンセリング性能 B 遮音性が低く、あまり効果は実感できない
外音取り込み機能 機能非搭載
オーディオ性能(音質) A 重低音に特化、12mmドライバー搭載
接続安定性 S Galaxy Budsシリーズの安定感は健在
ペアリング勝手 S アプリで簡単、複数デバイス間でも問題なし
バッテリー持ち A ノイキャンOFFなら最大29時間使える
充電環境 S USB Type-C充電、ワイヤレス充電に対応
マイク性能 S 屋外、屋内ともに問題なく使える
タッチ操作性 C タッチセンサーの場所が不明瞭で押し間違い多い
防水 C IPX2とオマケ程度

※スペック評価はSが最高、Cが最低

クイックレビュー

Galaxy Budsシリーズ初のノイズキャンセリング対応モデルだが、そこまでノイズキャンセリング性能は良くない。いかんせんイヤホンがオープンイヤー構造(耳の穴を完全に塞がない構造)とあり、いくらノイズキャンセリング処理しても物理的に周囲の音が聞こえてしまう。結果的にノイズキャンセリングならではの静寂、没頭感は味わいにくい。

ノイズキャンセリング以外は大方好評価。AirPods Proと並ぶストレスフリーなワイヤレスイヤホンとしておすすめできる。オーディオ(音質)は重低音モデルとして強化されたので、高級イヤホンのような厚みのある音が楽しめる。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

Galaxy Buds Live(SM-R180)レビュー|重低音サウンド&重厚デザインが魅力の”超”軽量ワイヤレスイヤホン
2020年9月より国内発売が開始されたサムスンのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」(SM-R180)を購入したのでレビュー。 ...

 

ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホン、最新モデルを一挙ラインナップ

ここ1年で発売された最新モデルを紹介。主要メーカー品のみ抜粋して取り上げる。今後当サイトでレビューするかも。

1万円台

▼ TaoTronics「TT-BH1003」Amazonで確認する】
2020年8月発売、Amazon直販で9,980円で販売される国内最安級のノイズキャンセリング対応モデル。TaoTronicsとは、RAVPower充電器で知られる中国SUNVALLEY社が展開するオーディオブランド。
▼ JVCケンウッド「HA-A50T」Amazonで確認する】
2020年11月発売、市場価格1万円前後。国産オーディオブランド「JVCケンウッド」から登場した低価格ノイキャンモデル。10mmの大口径ドライバーも搭載。
▼ ファーウェイ「FREEBUDS 3i」Amazonで確認する】
2020年6月発売。 直販価格1万円前後。前作「FREEBUDS 3」の後継機でノイズキャンセリング対応ながら1万円まで値下げした。ファーウェイスマホで使えばポップアップ接続も可能。
▼ Happy Plugs「AIR1 ANC」Amazonで確認する】
2020年10月発売、市場価格1.5万円前後。Happy Plugsは2011年に設立されたスウェーデンのガジェットメーカー。日本国内では完実電気が正規代理販売を行う。
▼ OPPO「OPPO Enco W51」Amazonで確認する】
2020年9月発売。市場価格1.5万円前後。OPPO初の完全ワイヤレスイヤホンにしてノイズキャンセリング対応モデル。
▼ ファーウェイ「FREEBUDS 3」Amazonで確認する】
2019年11月発売。市場価格1.5万円前後。ご存知ファーウェイが手がけるワイヤレスイヤホン。AirPodsに似た伸びたうどんデザインが特徴的。
▼ ソニー「WF-SP800N」Amazonで確認する】
2020年6月発売、市場価格1.9万円前後。ソニーの完全ワイヤレスイヤホン・シリーズのスポーツモデルに該当。ノイズキャンセリングに加えてIPX5相当の防水加工を備える。

 

2万円台

▼ ヤマハ「Empower Lifestyle TW-E7A」Amazonで確認する】
2020年9月発売、市場価格2万円前後。国産オーディオ「YAMAHA」初の完全ワイヤレスイヤホン。当初は2020年1月に発売予定だったが、開発遅れか発売延期が続いていた。
▼ オーディオテクニカ「QUIETPOINT ATH-ANC300TW」Amazonで確認する】
2020年5月発売、市場価格2万円前後。TWS仕様なので一部のAndroidスマホとセットで使えば非常に強固なワイヤレス品質で楽しめる。
▼ オーディオテクニカ「Sound Reality ATH-CKR70TW」Amazonで確認する】
2020年11月発売、市場価格2万円前後。徹底したオーディオ品質を謳うオーディオテクニカの新作モデル。専用アプリで細かくチューニング可能。
▼ Jabra「Elite 75t」Amazonで確認する】
2019年11月発売、市場価格2万円前後。ワイヤレスイヤホンとして高評価を受けた「Elite 65t」の後継機に該当。高音質そのままに新たにノイズキャンセリングに対応した。
▼ ファーウェイ「FreeBuds Pro」Amazonで確認する】
2020年11月発売、直販25,080円。多分にAirPods Proを意識したファーウェイ新作ノイキャンモデル。11mmの大型ダイナミックドライバー搭載。
▼ Jabra「Elite 85t」Amazonで確認する】
2020年11月発売、市場価格26,800円前後。「Elite 75t」の後継機で12mmドライバーを搭載した最新モデル。

 

3万円台

▼ Bose「Bose QuietComfort Earbuds」Amazonで確認する】
2020年10月発売、価格3.2万円前後。BOSE初のノイズキャンセリング対応ワイヤレスイヤホン。
▼ パナソニック「Technics」(EAH-AZ70W)Amazonで確認する】
2020年4月発売、価格3.2万円前後。パナソニック往年のオーディオブランド「Technics」初の完全ワイヤレスイヤホン。先に紹介したRZ-S50Wの上位版モデルとなる。
▼ ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless 2」(M3IETW2)Amazonで確認する】
2020年4月発売、価格3.6万円前後。ドイツの高級オーディオブランド「ゼンハイザー」(Sennheiser)初のノイズキャンセリング対応ワイヤレスイヤホン。

 

タイトルとURLをコピーしました