UQmobileをiPhone SE(2020)で使ってみた【実機レビュー】

スポンサーリンク
広告

auのサブブランド「UQmobile」。au回線を使ったキャリア・サービス(MNO)となるため、au回線に丸々対応している国内版iPhone SE(2020)であれば、UQmobileがそのまま利用できる。

この記事ではiPhone SE(2020)でUQmobileを使う際に覚えておきたい基本事項をまとめていく。UQmobileのiPhone運用を考えている人は参考にしてほしい。

UQmobileを公式サイトで確認する
[UQmobile公式サイトを開きます] 

iPhone SE(2020)でUQmobileを使ってみた

初期設定

SIMフリー版iPhone SE(2020)の場合

SIMフリー版に限り、事前のプロファイルインストールが必要ない。SIMカードを挿れるだけで通信が開始できるので非常に楽だ。

逆になにかしらのプロファイルがインストールされた状態だと通信できないので、事前にインストールしたプロファイルがあれば削除しておく必要がある。

au版iPhone SE(2020)の場合

SIMロック解除は不要だが、事前のプロファイルインストールが必要となる。プロファイルは公式サイトからインストールできる。

ドコモ、ソフトバンク版iPhone SE(2020)の場合

SIMロック解除、および事前のプロファイルインストールが必要となる。

 

音声通話&SMS

どちらも問題なく行える。SMSはオプションではなく標準搭載なので追加料金なしで利用できる(※SMS送受信料は発生する)。

 

データ通信

UQmobileで測定、昼間でも速度出る

UQmobileはau回線を使ったキャリア・サービス(MNO)本格なので、au回線に丸々対応している国内版iPhone SE(2020)であれば問題なく通信できる。

 

テザリング

問題なくテザリングできる。APN設定の書き換えなどは必要ない。

なお、データ通信専用SIMを使う場合のみテザリング機能が封じられるとの公式説明がある。iPhone SE(2020)をあえてデータ通信専用SIMで運用するのもレアケースかと思うが、該当する場合には注意した方がいい。

 

専用アプリ

契約者専用アプリ「UQ mobile ポータル」が利用できる。使ったデータ容量の確認、高速通信のON/OFF、追加データチャージなどが可能だ。

iOSウィジェットの提供もあり、ワンタッチで高速通信のON/OFFが行える。データ残量も確認できる。

UQmobileを公式サイトで確認する
[UQmobile公式サイトを開きます] 

 

iPhone SE(2020)でUQmobileを使う際のリスク・デメリット

データ通信専用SIMの場合はテザリング不可

iPhone SE(2020)はじめ、iPhoneシリーズでUQmobileを使う場合、音声通話SIMに限りテザリングが解禁される。

データ通信専用SIMではテザリングできない謎ルールがあるので、仮にデータ通信専用SIMでのiPhone運用を考えている人は注意すべきだ。

 

留守番電話は別途オプション

iPhone SE(2020)よりかはUQmobileのデメリットだが、UQmobileは留守番電話サービスが月額380円(税抜)の有料オプション扱いとなる。

iPhone SE(2020)本体の留守番機能を使えば問題ないが、本体の電源が入っていないとき、圏外のときなどは留守番が使えないので、その点は理解すべきだ。

 

UQmobile版iPhone SE(2020)はSIMロックあり

出典:iPhone SE|UQmobile

2020年8月より取り扱いが開始されたUQmobile版iPhone SE(2020)だが、例のごとくSIMロックがかけられている。UQmobileで使う分には問題ないが、将来的に他社で使いたい場合はSIMロック解除する必要がある。

現在、UQmobileは公式にiPhone SE(2020)のSIMロック解除を受け付けており、UQmobile解約後でも解除できるのでSIMロック解除できずに途方に暮れるおそれはない。

 

この記事のまとめ

UQmobileのiPhone SE(2020)事情についてひととおりまとめた。

特段使っていて問題らしい問題に遭遇することはない。もとより自社スマホとしてiPhone SE(2020)を用意していることもあり、初期設定なども非常にシンプルでわかりやすい。

UQmobileをiPhone SE(2020)で運用するのは十分すぎるほど実用的なので、気になっている人は試してみて損はないだろう。

UQmobileを公式サイトで確認する
[UQmobile公式サイトを開きます]

関連記事

auのサブブランド「UQmobile」レビュー|メリット・デメリットを徹底解説
auのサブブランドことUQmobile。au(KDDI)直々に手がける通信サービスの一つであり、廉価版auのようなポジションにある。 そんなUQm...
UQmobileでセット購入できるおすすめスマホ端末まとめ
auのサブブランド「UQmobile」。2020年10月よりau直々に手がけるキャリア・サービス(MNO)に格上げされ、従来の格安SIM(MVNO)時代...
大手キャリアからUQmobileに乗り換える手順と注意点まとめ
auのサブブランド「UQmobile」(ユーキューモバイル)。最安月額1,480円から利用できるauの廉価版サービスだ。 ほぼほぼauと変わらぬ使...
タイトルとURLをコピーしました