おすすめはどれ?楽天モバイルの0円端末(0円スマホ)を徹底比較

スポンサーリンク
広告

ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとなった「楽天モバイル」。月額0円から使える料金プランで業界を賑わせている注目株だ。

月額0円とともに注目を集めているのが「0円端末」こと楽天オリジナル製品。特に昨年12月に発表された新作スマホ「Rakuten Hand」は売れすぎて生産が追いつかず一時販売中止になった人気ぶりだ。

この記事では、こうした楽天モバイルが取り扱う0円端末を一挙紹介。製品の特徴やおすすめポイントを比較解説していく。

楽天モバイルへの乗り換えを機に何か新しい端末が欲しいな、スマホが欲しいなと考えている人は記事を参考にしてほしい。

楽天モバイルを公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

楽天モバイルの0円端末とは

楽天モバイルは、「Rakuten」名義の自社開発製品(OEM製品)を複数展開。端末価格を2万円以下に抑え、総務省ルールの割引上限となる2万円分のポイント還元を行うことで実質0円を実現している。

こうした楽天モバイルの0円端末は2021年2月時点で3機種あり、いずれも楽天モバイル契約時に同時購入することで実質0円が適用される。

楽天モバイルの0円端末(3機種)

▼ Rakuten Hand
2020年12月発売。生産が追いつかず一時販売休止に追い込まれた人気スマホ。0円スマホながら3〜4万円クラスのスマホのように使える安定感あり。 公式サイトで見る
▼ Rakuten Mini
2020年1月発売。世界最小・最軽量を謳う”超”小型Androidスマホ。おサイフケータイ対応のモバイルルーターとして使うのに最適。 公式サイトで見る
▼ Rakuten WiFi Pocket
2020年12月発売。楽天モバイルをWIMAXやポケットWiFiのようにして使いたい人に向けた0円ルーター。 公式サイトで見る

以下この3機種について詳しく見ていく。

 

楽天モバイルの0円端末を詳しく解説

1. Rakuten Hand

スペック抜粋

メモリ 4GB
本体容量 64GB
microSD ×
CPU Snapdragon 720G
画面サイズ 5.1インチ
本体重量 129g
カメラレンズ 2枚(標準、深度測位)
おサイフケータイ
スペックシート詳細
初期OS Android 10
画面サイズ 5.1インチ(1520×720)
本体重量 129g
 
メモリ 4GB
本体容量 64GB
microSD ×
CPU Snapdragon 720G
 
カメラ 外側①4800万画素(標準)、外側②深度測位
内側①1600万画素
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 ×
指紋認証 ◯(ディスプレイ内)
顔認証
おサイフケータイ(felica)
防水/防塵
そのほか eSIM専用、楽天回線以外のVoLTE通信に非対応
Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

おすすめポイント

2020年12月に発売開始した楽天オリジナルスマホ「Rakuten Hand」。2021年2月時点で生産が追いつかず一時販売休止中の人気スマホだ。

0円スマホだが、正味3万〜4万円くらいのスマホといっても過言ではない。特にカメラは4800万画素のレンズに加え、ポートレート撮影用の深度測位レンズも備えており、簡単にボケ写真が撮影できる。いざ撮影すると、とても0円スマホとは思えぬクオリティで驚く。

Rakuten Handで撮影(ボケ撮影)

Rakuten Handで撮影(通常撮影)

端末のサイズ感も魅力の一つ。画面サイズ5.1インチ、本体重量129gと圧倒的に小さくて軽い。そのうえ1日使い回せるバッテリー性能を保持しているので、実用的な小さなスマホを探している人には丁度いい。

手で握り込めるジャストフィットサイズ

楽天モバイル契約と同時にスマホも機種変したい人であれば、まず第一候補としてRakuten Handがおすすめできる。

0円スマホながら圧倒的な安定感。メインスマホとして使うならこれ1択。
Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

2. Rakuten Mini

スペック抜粋

メモリ 3GB
本体容量 32GB
microSD ×
CPU Snapdragon 429
画面サイズ 3.6インチ
本体重量 79g
カメラレンズ 1枚(標準)
おサイフケータイ
スペックシート詳細
初期OS Android 9
画面サイズ 3.6インチ(1280×720)
本体重量 79g
 
メモリ 3GB
本体容量 32GB
microSD ×
CPU Snapdragon 429
 
カメラ 外側①1600万画素(標準)
内側①500万画素
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 ×
指紋認証 ×
顔認証
おサイフケータイ(felica)
防水/防塵
そのほか eSIM専用、楽天回線以外のVoLTE通信に非対応
Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

おすすめポイント

2020年1月に発売開始。画面3.6インチ、本体重量79g、Android OS搭載スマホとしては世界最小・最軽量を謳う”超”小型スマホ。

中身は普通のAndroid OSとあり、おサイフケータイやテザリングなどそのまま利用できる。さながらおサイフケータイ対応のモバイルルーターといったところだ。

他方、そのサイズと引き換えにバッテリー持ちの悪さは否めず、メインスマホとして1日使い回すのは辛い。

どちらかと言うとサブスマホ、サブデバイスとして使うのが理想だろう。おサイフケータイ専用デバイスとして、テザリングメインのモバイルルーター代わりとして使うと丁度いいかと思う。

男性ズボンの小ポケットにも突っ込める圧倒的コンパクト

世界最小・最軽量のAndroidスマホ。おサイフケータイ用、テザリング用のサブデバイスとして活用するのに丁度いい。
Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

3. Rakuten WiFi Pocket

スペック抜粋

連続通信時間 10時間
待受時間 300時間
充電端子 microUSB
無線LAN b/g/n(2.4GHz)
SIMサイズ 標準SIM
同時接続台数 最大10台
スペックシート詳細
本体サイズ 縦9.5cm、横6.1cm、厚さ1.7cm
本体重量 103g(バッテリー込み)
 
バッテリー容量 3000mAh
連続通信時間 10時間
待機時間(待受時間) 300時間
充電端子 microUSB
 
対応4Gバンド 1,3,8,11,18,19,21,28,41
無線LAN b/g/n(2.4GHz)
SIMサイズ 標準SIM
テザリング台数 最大10台
Rakuten WiFi Pocket 公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

おすすめポイント

楽天モバイルが手がける純正モバイルルーター。

楽天モバイルは月額2,980円で月無制限のデータ通信が利用できるので、最初からWIMAXやポケットWiFiのようなポジションで運用する人が多い。そうした人に向けた0円ルーターだ。

ルーターとして問題らしい問題はなく、バッテリーも連続駆動で10時間、待機状態なら300時間持つので下手な激安ルーターよりもしっかりしている。もとより楽天モバイルをルーター経由で使いたい人なら購入してしまって損はない。

端末背面に楽天パンダ

楽天モバイルをWIMAXやポケットWiFi代わりに使うための0円ルーター。
Rakuten WiFi Pocket 公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式商品ページを開きます]  

 

0円端末、どういう人におすすめ?

Rakuten Handがおすすめできる人

メインスマホとして使いたい人

Rakuten Handは、とかくメインスマホとして使うのに最適だ。0円スマホとは思えぬ安定感、正味3万円〜4万円クラスのスマホ性能を持ち合わせており、メインスマホとして文句なく利用できる。

実用的なコンパクトスマホが欲しい人

コンパクトスマホの観点から言うとRakuten Miniの方が小さくてよい。ただ、Rakuten Miniはサイズと引き換えにバッテリー持ちが悪い。対してRakuten Handはコンパクトスマホながら1日使い回せるバッテリー持ちなので実用的だ。

おサイフケータイは譲れない人

Rakuten Handは、おサイフケータイが利用できる。モバイルSuicaや楽天Edyはもちろん、Google Payアプリを使えばkyash、LINE Pay、VISAタッチ決済も利用できるので、とかく1台で幅広く活用できる。

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

 

Rakuten Miniがおすすめできる人

とかく小さなスマホが欲しい人

Rakuten Miniはとかく小さい。男性ズボンの小ポケットにも入ってしまう、言うならミニマリズムの権化のようなデバイスだ。手に取るだけでそのサイズ感を愛おしく感じる。

おサイフケータイが使えるモバイルルーターが欲しい人

Rakuten MiniはベースはAndroidスマホとあり、おサイフケータイやテザリング機能などそのまま利用できる。サイズがサイズなだけにおサイフケータイ対応のモバイルルーターと言っても過言ではない。

メインスマホ、タブレットのサブポジションで使おうと考えている人

Rakuten Miniはメインスマホとして考えるとバッテリー持ちの悪さがネックだ。あくまでサブポジションで、おサイフケータイ&テザリングを使うためのデバイスとして使うのに丁度いいだろう。

Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

 

Rakuten WiFi Pocketがおすすめできる人

楽天モバイルをWIMAXやポケットWiFiの代わりに使いたい人

Rakuten WiFi Pocketは、楽天モバイルをWIMAXやポケットWiFiのようなポジションで運用したい人に向けた0円ルーターだ。最初から楽天モバイルをルーター経由で使おうと考えている人であれば、そのまま選んでしまって問題ない。

Rakuten WiFi Pocket 公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]  

 

この記事のまとめ

楽天モバイルの0円端末3機種を紹介した。

いずれも実用性が担保された意外と使える端末だ。特にRakuten Handはおおよそ0円スマホとは思えぬ安定感があって、生産が追いつかず一時販売休止に追い込まれたのも理解できる。

また、Rakuten Mini、Rakuten WiFi Pocketもしっかりと作り込まれていて、使うシチュエーションさえ間違えなければ十分に活用できる。

楽天モバイル契約時には0円ついでに0円端末をぜひ試してみてほしい。

Rakuten Hand

Rakuten Hand を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます]

Rakuten Mini

Rakuten Mini を公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式サイトを開きます] 

Rakuten WiFi Pocket

Rakuten WiFi Pocket 公式サイトで確認する
[楽天モバイルの公式商品ページを開きます]  

 

関連記事

楽天モバイル版「Galaxy S10」レビュー|5万円で買える最強フラッグシップ
楽天モバイルで販売される「Galaxy S10」をレビュー。 Galaxy S10は2019年度のGalaxyスマホのフラッグシップモデル。発売当...
Rakuten HandとRakuten Miniを徹底比較|楽天モバイルのオリジナルスマホ、どっちを買うべき?
楽天モバイルの0円スマホとして注目を集める「Rakuten Hand」と「Rakuten Mini」。いずれもコンパクトで軽量でおサイフケータイに対応し...
楽天モバイルでiPhoneは使える?使えない?実機で解説
ドコモ、au、ソフトバンクに続く国内4番目の通信キャリアとなった楽天モバイル。 まだまだ発展途上の部分が多く、SIMフリースマホだと一部機能が使え...
楽天モバイルでセット購入できるおすすめスマホ端末はこれ!厳選5機種をピックアップ
ドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の通信キャリア(MNO)として本サービスが開始された「楽天モバイル」。大手キャリア3社と比べても遜色ない自社スマホ...
タイトルとURLをコピーしました