現役ドコモユーザーは「ahamo」に乗り換えるべき?先に確認しておきたい注意点・デメリットまとめ

スポンサーリンク
広告

ドコモのオンライン専用プランとして発表された「ahamo」(アハモ)。

月額2,970円(税込)で月20GBのデータ通信と1回5分以内の無料通話が使える格安プランとして注目を集め、一躍業界に格安ムーブメントを巻き起こした。

他方、ドコモの本サービスとは独立した(実質的な)別サービスブランドとあり、現役ドコモユーザーだと乗り換えに際していくつか注意点やデメリットがある

以下こうした現役ドコモユーザーが「ahamo」に乗り換えるにあたって抑えておきたい確認事項をまとめた。「ahamo」への乗り換えを考えている現役ドコモユーザーは参考にしてほしい。

ドコモ「ahamo」を公式サイトで確認する
[ドコモ「ahamo」の公式サイトを開きます]

ドコモ「ahamo」について

サービス概要

ドコモ「ahamo」はドコモの新料金プラン。月額2,970円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の無料通話が利用できる。

オンライン専用プランと銘打たれ、ドコモショップでの実店舗サポートが受けられない。契約やアフターサポートはすべて専用アプリでチャットなど使って行う。

従来のドコモプラン同様にスマホとのセット契約も可能。iPhone 11やXPERIA 1 Ⅱなど用意している。なお、SIMカード単体でも契約できるので、すでにドコモスマホやSIMフリースマホを持っている人ならスマホを別途購入する必要はない。

 

料金プラン

基本料金プラン

月額料金(税込) 2,970円
回線ネットワーク ドコモ(4G/5G)
月間データ容量 20GB
データ超過時の制限速度 1Mbps
データ容量追加料金(税込) 1GB=550円で追加可能
無料通話 1回5分以内の国内通話無料
最低利用期間 なし
解約金 なし
MNP転出料 なし
初期手数料 なし
付帯特典 5G利用料金込み、テザリング利用料金込み、海外82カ国でのデータローミング対応

無料通話オプション

  月額料金(税込) 内容
かけ放題オプション 1,100円 国内通話料が完全無料に

既存ドコモプランとの料金比較

  月額料金(税込) データ容量 無料通話
ドコモ(5Gギガホプレミア) 7,315円 無制限 家族間通話のみ無料
ドコモ(5Gギガライト) 3,465円〜6,765円 1GB〜7GB
 
ドコモ(ahamo) 2,970円 20GB 1回5分以内の国内通話無料

※すべて割引やキャンペーンなど除外した基本料金を掲載

ドコモ「ahamo」を公式サイトで確認する
[ドコモ「ahamo」の公式サイトを開きます]

 

現役ドコモユーザーが「ahamo」に乗り換える前に知っておきたい注意点・デメリットまとめ

さて本題だ。

現役ドコモユーザーが「ahamo」に乗り換える場合、少なからず以下7点が注意点、デメリットとして挙げられる。

  1. ドコモの契約年数はリセットされる → (改定)契約年数は引き継がれる
  2. 「家族割」は適用されるが割引されない
  3. 家族間の無料通話は一方仕様
  4. ドコモのキャリア決済が利用できず
  5. ドコモ口座は自動解約に
  6. ドコモのキャリアメールは使えなくなる
  7. ドコモショップでの実店舗サポートが受けられない

 

【注意点1】ドコモの契約年数はリセットされる

→ 契約年数がそのまま継続されるようサービス改定された。(追記:2021年2月6日)

ドコモ「ahamo」はドコモの新料金プランと言いながらも実態は別ブランド・サービスの扱いだ。現役ドコモユーザーが「ahamo」に乗り換えるとドコモの契約年数がリセットされるので、ドコモの長期契約割引など適用している人は注意した方がいい。

 

【注意点2】「家族割」は適用できるが割引されない

ドコモ「ahamo」契約者は、既存プランを契約している家族ユーザーとの間で家族割(みんなドコモ割)を組むことができる。

ただ、家族回線としてカウントされるだけで家族割による割引は適用されない。家族回線の数が減り、既存プランを契約している家族ユーザーの割引額が減額されるのを防ぐための救済措置に留まる。

 

【注意点3】家族間の無料通話は一方仕様

家族割(みんなドコモ割)を組んだ既存ドコモユーザーが、「ahamo」を契約している家族ユーザーに発信する場合のみ家族間の通話料無料が適用される。

「ahamo」ユーザー側から家族ユーザーに発信した場合の通話料は無料にならない。一応、「ahamo」は1回5分以内の国内通話は無料になるので、これで代替できるが、5分以上の通話だと通常通り30秒/20円が発生してしまう。

あくまで家族割と同じく既存プランを契約している家族ユーザー向けの救済措置に留まる。

 

【注意点4】ドコモのキャリア決済が利用できず

ドコモ「ahamo」はキャリア決済に非対応。ドコモユーザーにおなじみ「spモード コンテンツ決済サービス」が利用できない

既存ドコモユーザーがahamoに乗り換えた場合、キャリア決済で継続利用しているコンテンツはすべて解約となる。ファンクラブ加入など何かしらキャリア決済を活用している人は「ahamo」乗り換え前に支払い方法を他の手段に変更しておく必要がある。

 

【注意点5】ドコモ口座は自動解約に

ahamoに乗り換えるとドコモ口座(d払い残高)が自動解約となる。残高は返金されるが手数料として550円が発生する。

 

【注意点6】ドコモのキャリアメールは使えなくなる

ドコモ「ahamo」はキャリアメールの提供なし。現在使っているドコモのキャリアメール(@docomo.ne.jp)も乗り換えると削除される。

 

【注意点7】ドコモショップでの実店舗サポートが受けられない

散々言われるよう、ドコモ「ahamo」はオンライン専用プランだ。ドコモショップでの実店舗サポートは一切受けらない。

契約からアフターサポートまで専用アプリやチャットを使う必要がある。ここらの勝手に慣れていない人だと、いざトラブルが起きたときに四苦八苦しそうだ。

 

結局のところ、どういった現役ドコモユーザーが「ahamo」に乗り換えるべき?

実店舗サポートなしでやっていける人

まず絶対にこれ。ドコモ「ahamo」はドコモショップでの実店舗サポートが受けられず、代わりにチャットなどを使ったオンラインサポートが中心となる。

従来のドコモプランとは勝手が大きく異なるので、乗り換えに際して最低限のITリテラシーは求められる。目安としてテザリングやSIMロック解除が理解できる程度の知識は必要だろう。

 

既存ドコモプランで月20GBも使ってない人

既存ドコモプランは、月額7,315円の月無制限プランか、あるいはコスパの悪い段階定額プランの2つしかない。

ヘビーユーザーであればまだ月無制限プランが選択肢に入るが、ライトユーザー、ミドルユーザーなどデータ通信量が月20GB以内に収まる人であれば「ahamo」に乗り換えてしまった方がコスパよい。

それこそ月1GBで月額3,465円が発生する段階定額プランよりもお得なのは明白だ。

既存ドコモプランとの料金比較

  月額料金(税込) データ容量 無料通話
ドコモ(5Gギガホプレミア) 7,315円 月無制限 家族間通話のみ無料
ドコモ(5Gギガライト) 3,465円〜6,765円 月1GB〜7GB
 
ドコモ(ahamo) 2,970円 月20GB 1回5分以内の国内通話無料

※すべて割引やキャンペーンなど除外した基本料金を掲載

 

既存ドコモプランを1人で契約している人

既存ドコモプランは「家族割」を前提に料金設計している側面が強く、1人で契約すると割高になりがちだ。

対して「ahamo」は家族割による割引が提供されず、1人で契約しようが何人で契約しようが月額2,970円ポッキリで利用できる。既存ドコモプランで1人契約による割を食ってきた人であれば「ahamo」乗り換えによる節約効果が大いに実感できるだろう。

ドコモ「ahamo」を公式サイトで確認する
[ドコモ「ahamo」の公式サイトを開きます]

 

この記事のまとめ

現役ドコモユーザーが「ahamo」に乗り換える際の注意点、デメリットについて解説した。主に以下のとおりだ。

  1. ドコモの契約年数はリセットされる → (改定)契約年数は引き継がれる
  2. 「家族割」は適用されるが割引されない
  3. 家族間の無料通話は一方仕様
  4. ドコモのキャリア決済が利用できず
  5. ドコモ口座は自動解約に
  6. ドコモのキャリアメールは使えなくなる
  7. ドコモショップでの実店舗サポートが受けられない

そのうえで乗り換えるべきドコモユーザーの特徴だが、

  1. 実店舗サポートなしでやっていける人
  2. 既存ドコモプランで月20GBも使ってない人
  3. 既存ドコモプランを1人で契約している人

ここらに該当する人なら「ahamo」に乗り換えても問題ない。

ドコモ「ahamo」は、あくまでドコモの料金プランとあり、格安SIMの比ではないドコモならではの高品質な通信回線が利用できる。

現役ドコモユーザーからすれば格安SIMよりも妥当、順当と言える乗り換え先なので、既存の料金プランを高いと感じている人なら乗り換えてしまって損はないだろう。

ドコモ「ahamo」を公式サイトで確認する
[ドコモ「ahamo」の公式サイトを開きます]

 

関連記事

ドコモの新料金プラン「ahamo」のメリット・デメリットを徹底解説
ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)。昨年12月に発表され、月額2,970円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話が使えるお得すぎるプ...
【2021年春】ドコモ・au・ソフトバンクのオンライン専用プラン(新料金プラン)を徹底比較
昨年12月に発表されたドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)を皮切りに相次ぎ登場した大手キャリアのオンライン専用プラン。 ドコモは月額2,9...
ドコモの新料金プランを徹底解説|どれがお得が比較シミュレーションしてみた(2021年版)
月額2,700円で使える新料金プラン「ahamo」(アハモ)の登場で盛り上がりを見せるドコモの料金プラン。 2021年4月より既存の大容量プランも...
タイトルとURLをコピーしました