Apple WatchとGARMINスマートウォッチのSuica比較|使える機能・使えない機能を一挙まとめ

スポンサーリンク
広告

Apple Watch以外では初のSuica対応スマートウォッチとなったGARMIN(ガーミン)スマートウォッチ。

Androidユーザーでも使える唯一無二のSuica対応スマートウォッチとあり、Apple Watchが使えなかったAndroidユーザーから大いに注目を集めている。

他方、Apple Watch版Suicaとは異なる独自仕様のSuicaとなるため、Suica定期券やグリーン券が使えないなど欠点もある。

以下こうしたGARMINスマートウォッチのSuica機能ついて、Apple Watch版Suicaと比較したうえで解説していく。

それぞれのレビュー記事は以下からどうぞ

Apple Watch Series 3レビュー|2万円で購入できる王道スマートウォッチ
Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」。今回レビューするのは2017年に発売された第3世代モデルの「Apple Watch Series...
Suica対応スマートウォッチ「GARMIN vivomove 3S」レビュー
2020年、Apple Watch以外で初となるSuica対応スマートウォッチが登場した。それがGARMINスマートウォッチだ。 GARMIN(ガ...

Apple WatchとGARMINスマートウォッチのSuica比較|使える機能・使えない機能を一挙まとめ

Suica発行

  Apple Watch GARMIN
Suica新規発行
既存のSuicaカードの引き継ぎ ×
既存のモバイルSuicaの引き継ぎ ×
年会費 0円 0円

Apple WatchのSuicaは、iPhoneのSuicaアプリ上のアカウントをそのまま吸い上げて利用できる。

対してGARMINのSuicaはすべて新規発行のみ。専用アプリ「GARMIN CONNECT」上で発行される独自仕様のSuicaとなる。プラスチックカード、モバイルかかわらず、既存のSuicaアカウントを引き継ぐことはできない。

 

Suica残高チャージ

  Apple Watch GARMIN
チャージ上限金額 2万円 2万円(※)
クレジットカードチャージ
オートチャージ ×
店頭や券売機での現金チャージ

※Suicaアカウント発行から2週間ほどは上限5,000円に制限される

Apple WatchはApple Payに登録したクレジットカード、またはモバイルSuicaアプリで登録したクレジットカードでチャージできる。

対してGARMINはGoogle Payに登録したクレジットカードでチャージを行う。Google PayはGoogleアカウントにクレジットカード情報を登録するだけで使えるので、iPhoneユーザーでも問題ない。

 

定期券・グリーン券の対応有無

  Apple Watch GARMIN
Suica定期券の購入・利用 ×
Suicaグリーン券の購入・利用 ×

GARMINのSuicaは定期券、グリーン券ともに非対応。

 

通常Suica利用

  Apple Watch GARMIN
鉄道利用
バス利用
買い物(Suica決済)

ここらは特に比較しようなく、Suicaが使える場所なら問題なく利用できる。

 

新幹線乗車

  Apple Watch GARMIN
タッチでGo!新幹線
新幹線eチケットとの紐付け
スマートEXとの紐付け
エクスプレス予約との紐付け ×

どちらも通常のSuicaと同じくSuica ID番号が発行されるので、これを各種サービスと紐付けることで新幹線の入場用Suicaとして登録できる。

 

JRE POINT

  Apple Watch GARMIN
JRE POINTとの紐付け
JRE POINT経由のSuica残高チャージ ×

JR東日本が提供するポイントサービス「JRE POINT」。こちらも各々発行されるSuica ID番号を登録することでポイント付与対象のSuicaとして紐付けられる。

ただ、JRE POINT特典のポイントを使ったSuica残高チャージに関してはApple WatchのSuicaのみ対応となる。GARMINのSuicaにはチャージできない。

 

機種変更・再発行など

  Apple Watch GARMIN
機種変更(残高引き継ぎ) ×
再発行 ×
払い戻し
払い戻し手数料 220円 220円

GARMINで発行したSuicaは他のデバイスに引き継げず。買い取りに出す際は払い戻しを行う必要がある。機種変更の場合でも「払い戻し→新規発行」の手順を踏む。

 

そのほか

  Apple Watch GARMIN
Suica利用履歴の確認 ○(即時) ○(翌日)

Apple WatchのSuicaの場合、Suicaアプリ上からそのまま利用履歴が確認できる。

対してGARMINのSuicaの場合、Suicaアプリではなく専用アプリ(GARMIN CONNECT)上での利用履歴の確認となる。利用履歴は翌日に一括更新されるので、即時、即日のタイミングでは確認できない

 

この記事のまとめ

Apple WatchのSuica、GARMINのSuicaの機能を比較した。

特にニーズが強いであろうSuica定期券は現状Apple Watchでしか使えないため、この点、まだまだApple Watchの強みと言える。

とはいえ、Suica定期券以外の機能に関しては、おおよそApple WatchでもGARMINでも変わりない。電子マネーとしてSuica決済を使うくらいであればなおさらだろう。

関連記事

Suica対応スマートウォッチを一挙ラインナップ|最新モデル&おすすめモデルを紹介
昨今、続々と登場しているSuica対応スマートウォッチ。 これまでSuicaが使えるスマートウォッチと言うと「Apple Watch」に限られてい...
タイトルとURLをコピーしました